社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

2018年週刊少年ジャンプ27号感想その2

また今週もこんな更新になってしまいましたorz


アンケ順
鬼滅の刃
アクタージュ act-age
ぼくたちは勉強ができない


・食戟のソーマ
・火ノ丸相撲


アクタージュ act-age


いよいよ撮影も大詰めになりました

台風のために予期せぬスケジュール変更を強いられて、それでも予定日数内に終わらせるために
リスクのある撮影を強行するスタッフと役者たち

そのすべてを支えているのは百城のプロ根性とプロ意識でした

もともと映画の成功は主演に掛かっているわけですから、撮影自体の成否を背負うことも迷うことはないという感じですかね

…いや、景が理解した百城のイメージはそういうことじゃないのか
作品の成功のためなら何だってする、今回はその中に「撮影現場全体の意識的コントロール」も入ってきたと言うだけ

共演者のNG救援とかそういうのと同じレベルで今回の現場コントロールもやってるんですね

なるほど…


ようやく俺も百城というキャラがわかってきましたが、景もそれを感じることで
ファーストコンタクトの時とは違う感情が生まれてきたようです

役者という存在の第一線で活躍している百城の勇ましさと強さと美しさ
実感を持ってそれを察した景は、どうやら百城に対して尊敬のような感覚を抱き始めたんですかね

百城の考え方とそれに基づく行動に対して尊敬の念を抱き始めたことで
景の中にはそれに協力するという発想も出てきたんでしょうか

ラストの「私も必ずあなたを守る」というのは、あなたが大事にしようとしているものを守る
言い換えると撮影の無事終了と映画の成功を守る

すなわち、私は今ならあなたを庇って死ねる、と
そういう意味でしょうか

「”カレン” あなたを守る」
とはそういうことではないかと思われます

メソッド演技の景としては、本心からそう思えたのならその芝居に心配はないということになりそうですが
逆にそのせいで余計な仕草や言葉が出てしまったりするんですかね

しかしラストの「カレン」には、百城に対しての感情変化を彼女が演じるカレンに向けることができているという意味で
芝居のための冷静さと言うか、俯瞰の姿勢自体はしっかり残っているというのも含まれているのかなと思ったり


…でも、どうでしょうか

どうも本作に関してはこの2週ほどツッコまれまくっているので自信がなくなってきましたよorz


ぼくたちは勉強ができない


思ったよりさくさく進んだ感じだ…

先週の引きで描かれた3人の「え?」を今週全部明かしてくるとは思いませんでしたよ

うるかは衣装がなかったからで、
桐須先生は衣装が変だったからで、
文乃はキスシーンに気づいたから、と

それぞれのヒロインたちが順番に騒動を起こしていって、成幸がそれを1個ずつ処理していくみたいな感じだろうと思っていましたが
桐須先生とうるかの話が同時進行で進むとは

どうやらこの文化祭編、かなり構成を練った上で始められているようですね

それにしても、桐須先生は変な衣装に気づいた時点で着なければよかったのにねえ(小並感

着替えた上に、焦って窓から脱出してるとか…
そのスカートで窓から出たら、上を向いて歩きたくなっちゃうじゃないですか

正しくコスプレヒロインとしての地固めが進行している先生ですが、モブ先生たちが用意した本来の衣装はどんなのだったんでしょうかね
たとえばバニーガールとかだったりした日には、水泳部の間違い衣装のがマシって話になりそうですが


成幸が思いついた解決策は例によって全くこちらには予想がつかないものですが、まあそれなりに何とかなってるものなんでしょう

うるかと桐須先生の話を同時に展開して、解決も同時っぽい?のは先日の回で2人がどういう関係・位置づけにあるのかを見せられたからでしょうか

桐須先生から見ると、うるかは才能をきちんと発揮しようとしている生徒であり
うるかにとってはアスリートの先達として尊敬と憧れの対象である、と

次回描かれる解決法も、この関係性が前提にあるからこそのものだったりすると
これまであしゅみー先輩とばかり絡むことの多かった桐須先生が学内のシーンにおいて今後登場回数を増やすことが考えられます

それは理珠と文乃の中にある苦手感情にも影響してくることになるでしょう

割と練った上で始まったらしいこの文化祭編
物語の上では結構な節目になりそうな感じがありますね


食戟のソーマ


あ、あれ…
先週はしっかり新章開始って雰囲気だったのに、今週を見ると新章っていうより単なる中休み回みたいな感じが

官能の唐揚げ編みたいなちょっとした脱線回って印象が強くなったんですけど、どういうことですかね


創真と田所さんが温泉街にやってきたのは、学園と提携している旅館が突然休業したから理由を調べてこいという話でした
うーむ

学園総帥が調査指示を出す案件であることはわかるんですが、どうして十傑が行く必要があるんですかね
十傑は料理のスペシャリストではあっても探偵みたいなことはできないでしょうに

自由で気まぐれな創真には特に無理じゃね?とか思ったんですけども
常連客まで放ったらかして休業した、ってところに引っかかりを覚えたのか、急にやる気になった様子

これはまさかアレか?
城一郎がいきなり「ゆきひら」を休業したのと似せようとしてるんでしょうか

創真を遠月に入れて、自分は海外でフリーランスの料理人みたいなことをするっつって「この店暫く閉めるわ」とか1話で言い出しましたが
きっと店の常連客はかなりの衝撃を受けたことでしょう

官能の唐揚げ編の時、ほんの少しだけその常連客の様子が描かれたことがありましたが…
この展開はその辺と被せる意図があるんですかね

つって、行くのは別に十傑じゃなくても良くねっていうのはやはり拭えないわけですが

国内有数の学園なんだから、そういう時のための黒服的な職業の人は普通に何人もいておかしくないでしょうに
でもまあ野暮なツッコミなんでしょうねこれは


ラブコメ脳としては、高校生の男女が学校公認で温泉宿に2人きりお泊り旅行という一大イベントを喜ぶべきであるのは間違いありません

早くもその事実に気づいてあたふたし始めた田所さん

まずは風呂が混浴かどうかから調べるんだ
浴衣着てるんだからすでに風呂入った後だろっていう無粋なツッコミは禁止ですよ

それから、部屋に布団が何組敷かれているかを確認するんだ
あの真面目で几帳面な緋沙子ちゃんですから、経費節約のために一部屋しか取ってない可能性は充分あるはずですよ

何とかって旅館の休業理由なんぞよりそっちのほうが遥かに重要だと俺は思うんですが、みなさんいかがでしょうか


ときに、「そよっ…」の田所さんが超大人っぽいですね

不意に吹き込んできたそよ風に揺れる前髪
肩に沿って流れる浴衣のライン
花飾りの髪留めがいい感じにワンポイントのアクセントになってくれています

この田所さんはなかなかに素敵


引きでは何やら血のついた包丁らしきものを持った犯沢さんが出てきましたけども

この包丁、血が付いてるのは今しがた魚でも捌いたばっかりとかそういうことだったりしないよね?
実食リアクション以外で人の血を見るシーンとか、このマンガではなかなかない感じなんですが

この宿も俺のものだ、ってのは食戟で奪ったのかな?

板長らしき人が倒れてるのは、リアクションのせいなんでしょうきっと


それから、えりな様の言う「侵略者」の意味がまだ不明ですね
今回明かされたのは提携先の旅館がいきなり休業したってだけで、そこに「侵略」という表現を使うほどではないはずなんですけども

何を侵略するかといえばもちろん遠月学園、あるいはえりな様の政権なのでしょう
この件について「侵略」という表現を使えるだけの情報をえりな様がすでに持っているということなら、
創真と田所さんにはそれも一緒に伝えておいてもらったほうが動き方も変わってくるはずなんですが

読者に伏せるためにしても、行けばわかる、はちょっと不親切じゃないかい?

新章と言う割にはそんなに長くやる感じじゃありませんが、まあおいおい明かしていってもらいましょうか


火ノ丸相撲


どこまでもどす黒く燃え盛ろうとする火ノ丸に対して、まるで聖光気でも目覚めたかのごとく白く輝き出した大典太

初戦だけにわかりやすく対比的にしていますね

刃皇が「誰でもが堕ちうる」と言ってたように、大典太も火ノ丸につられて黒くなりかけましたが
兄貴から名を呼ばれて我に返っていました

すなわち、修羅の相を深め続ける火ノ丸に必要なのがこれってことですね

「こっちを向いてよ」なんて祈る前に、レイナが自分から声をかけること

蜻蛉切との一戦では取り返しの付かないところまでは落ちることのなかった火ノ丸ですが
今は再び、支えてくれる周りを顧みようとすることなくただ自分が満足するためだけの相撲を取ろうとしています

心配する周りの顔を見ることもなく、ただ土俵の上でひたすらに死線を追い求めるだけ

そんな火ノ丸を修羅の淵から連れ戻せる希望であるレイナもレイナで、
「こっちを向いてよ」と受身の姿勢

そのために、結局2人はお互い向き合うことができない

両方ともに相手が動くのを待ってるみたいな状態になってるのがいけないですね

いや、火ノ丸のほうは別にレイナが何かするのを待ってるわけではないんでしょうけども
「自分はこれでいい」って一番視野を狭めてるせいで、それ以外のものを見ようというつもりがない状態ですね

なればこそ、火ノ丸の目を覚まさせるには周りの方から動いてやらないといけないわけですが…
肝心のレイナが「こっちを見てよ」とか思ってる状態ではまだまだ難しいようです

組み合ってる時は顔の前で固く握られていた両手が、水入りになったら一旦舌に下がってるのは
対戦してる両者だけでなく見ている方もまた水入りによって一息つくことになったという細かい描写ですね

きっと、勝負が再開されたらまたレイナの両手は顔の前で組まれることになったのでしょう


この勝負、こんなに露骨に白と黒の対比しておいて
火ノ丸が白星取ったら余計に修羅の相が濃くなるだけですけどどうなるんでしょう…


 




鬼滅の刃がいつも以上に光りまくっていた2018年週刊少年ジャンプ27号感想その1

今週も記事遅くなりそうな予感があるので、書き上がってる鬼滅だけ先に更新します


鬼滅の刃




祝アニメ化。


うむ

めでたいですね

先週センターカラーからの今週が表紙&巻頭カラーで、アニメ化決定の大発表

表紙に義勇さんいるのがなおのことめでたいよね
普通ならここでは主人公のパーティ的なメンツとして、善逸と伊之助が登場しておかしくないはずなんですが

それをあえて義勇さん
もちろん第1話で決定的な役割を担うキャラであり、その後も炭治郎の知らないところで彼に命を懸けてくれていた大恩ある人物であるからでしょう

アニメ化発表っていうこの節目と朗報の表紙に、義勇さんを出してくるこのセンス
相変わらずいい発想してるわあ吾峠先生

とりあえずボルト邪魔


アニメ化記念にご新規さんいらっしゃい企画の鬼滅奇譚百景もなかなかの出来でございました
ていうか「鬼滅奇譚」って、本作タイトルのボツ案じゃないですか
こんなところで使ってくるとは…


カラー扉のくす玉と紙吹雪もいい感じですよ
背景に初日の出みたいな太陽が出てるのが特にいいよね

物語の中では鬼を滅する象徴である太陽
鬼に対する最強の呼吸法としてのお日様

物語の前途を祝福する意味でも、アニメ化の祝いとしては実に相応しいじゃないですか


キービジュアルも何すかこれは
めっちゃカッコええやん…

炭治郎が超おっとこまえですよ
主人公力が半端ない顔してます

そんで禰豆子ちゃんがものすごく女の子…

このキービジュアルは義勇さんと出会ったあの雪山のシーンを切り取った場面になるんでしょうけども
おかげでまだ禰豆子ちゃんが竹筒をくわえてないわけですね

だから彼女の整った顔立ちがとってもよく分かることになっております

猫の目のような瞳で、口元には牙を見せる姿は明らかに人外のようでありながら
しかし兄貴にがっちりしがみついた様子は、しっかりと妹

あとはまあ…
御御足の太ももが艶めかしいよね

鬼とは思えない柔らかそうな肌をしております
鬼とは思えない淑やかそうな艶をしております
鬼とは思えない健やかそうな色をしております

素晴らしい…


吾峠先生のコメントもなかなかおもしろいことになってますね

作画崩壊の呼吸てw
普通にクスッとしたわw


ただね
1こ不満があるとしましたらね

キービジュアルと一緒にあるコピーがね
違うの使ってほしかったかもしれないなーってチラッと思ったんですよね


「兄妹の絆は 斬れない」

そんなコピーが一緒に描かれてるらしいんですけどもね


俺的には新宿駅のアレを使ってほしかったねー

「日本一慈しい鬼退治」とか、めっちゃ炭治郎に相応しいコピーやん?
人気投票でこれ考えた人に票が入りまくったのがよくわかるやん?

作品の紹介としては実に端的なコピーだと思うのですけどもどうでしょうか



さて、こっから本編の話ししますよ

巻頭カラーの1ページ目は、鬼急襲の知らせに騒然となる里全体の様子でした
蜜璃ちゃんじゃなかったのが残念極まりないのである

そこはほら吾峠先生、せっかくアニメ化なんだからカラーで蜜璃ちゃんのキレイなお姿を見せてくれてもよかったじゃないですか
せっかくの谷間…じゃなかったせっかくのアニメなんだから

あと2ページ早く来てくれたらカラーに間に合ったのに


しかし玉壺の術で作られたらしい壺魚相手に、ものすげえアクロバティックに斬りつけましたね蜜璃ちゃん
そんな短いスカートで宙を翻ったら、周りの目が鬼出現よりも大変なことになると思うんですけども

彼女がまず向かったのは里の長のところでした

さすがに鍛冶の里に警備の鬼殺隊員もいたのはいたんですね
上弦の鬼が作り出した化物を相手にするには力不足だったようですが…

体真っ二つになっとるやんけ…
何となく女性隊員っぽく見えるのが余計にヤバさを煽ってくれます

ポニテ隊員尾崎さんの時といい、吾峠先生時々容赦ないな


この壺魚、手足がわけわからん生え方してやたら巨大だなと思ったら
背中に壺が4つあるんですね

蜜璃ちゃんがさっき斬ったのは1個ずつだったようなので
壺の数がそのまま強さのレベルになってるんでしょうか

こいつらを作り出すのに玉壺のキャパがどれくらい消費してるのかは全然わかりませんけど
時透を相手にしながらもこいつらを何体も自動操縦してたんでしょうか


で、到着した蜜璃ちゃん

何その刀…
うねうねしてるんですけど

刀の範囲超えてね?
里で最も優れた技術を持つ長が打ったとか言って、それはもはや刀の範疇を超えてませんか?

そんで恋の呼吸の型がついにお披露目されたわけですが…

初恋のわななきって何ぞwwwww
そんな日本語初めて聞いたww

OKちょっと待て
まずは「わななき」をググろう



恐怖・緊張・寒さなどのためにふるえること。



戦慄き(ワナナキ)とは - コトバンク

戦慄くって変換も初めて見たよ…

何か震えるみたいなニュアンスは知ってる単語でしたが、どうやらどっちかといえばいい意味でふるえているのではなさそうです

ということは初恋のわななきっていうのは…
初恋というものに対する恐怖や緊張などのためにふるえる、技としてそれを表現したものなんでしょうか

なるほど、わからん

それとも、鬼殺の技であることを踏まえるなら「わななく」のは鬼の方なのか?

まるで蛇のようにうねってねじれる刀を使って、女体の柔らかさを活かした自由な動きでもって、まるで鞭のようにしならせつつ斬れ味を発揮する…とか

これは他の型もかなり難解な名称がついていそうです
壱の型が初恋なら、弐以降だとちょっと段階が進んでたりするんですかね

告白のおののき
とか

手繋ぎのうそぶき
とか

いや、意味は自分でもわかりませんよ
雰囲気だけで今作ったんで

九とか拾の型に「浮気の~」とかがあったらどうしよう
色んな意味で恋の呼吸の最終奥義みたいな感じが(;^ω^)

でもわかりにくい技を使ってる蜜璃ちゃん自身はとってもわかりやすいキャラでいいですね
「キュンとしないの」のセリフは、実に彼女らしい決め台詞ですよ

里が襲われていると知って、最初に長であり自分の刀の鍛冶師である鉄珍のもとへ向かった彼女は
登場当初の時透と小鉄少年を思い返すとものすごく対照的ですね

里長元気そうで何よりなんですが、元気なら蜜璃ちゃんから離れとこうか
ん?


援軍となる蜜璃ちゃんが時透と炭治郎のどちらに来るのかはまだ不明
ひとまず里全体に広がってるっぽい玉壺の魚を潰していく感じになるんでしょうか

禰豆子ちゃんとともに気絶してピンチだった炭治郎は、先に目を覚ました禰豆子ちゃんに抱えられて何とか無事でした
それでも上弦の鬼相手に2人きりでは劣勢も劣勢

逃げ回りながら次の手をどうするのかと思っていたら…

爆血刀とは予想外の手段が来ましたよこれは
禰豆子ちゃんよくこんなん思いついたな

刃に爆ぜる血をまとわせて、炭治郎の黒い刀が赫く染まる

いいじゃないですかいいじゃないですか

赫き刀っつったらもちろん思い出すのは煉獄さんしかいないでしょう

猛る炎をまとった刀はまさしく炎柱煉獄さんの刀ですよ

柱の生き様と鬼殺隊の誇りを堂々見せてくれた煉獄さん
守るべきものを背負って単身上弦の鬼に挑み、見事退けた煉獄さん
炭治郎にとって大きな大きな背中を見せてくれた煉獄さん

爆血刀はその胸を借りる刀ではないでしょうか

おそらく長く持つものではないでしょうが、それでも燃える刀とヒノカミ神楽の呼吸の相性が悪いとは思えません
あるいは上弦陸相手に1度だけ成功したヒノカミ神楽と水の呼吸の融合という手段もあるでしょう

いいですね
いいですね

アニメ化記念の表紙&巻頭カラーで、主人公の刀が超パワーアップ
くっそ上がる展開じゃないですか


…て、あれ?
刀パワーアップ?

零式から出てきたアレは?

爆血の効果が切れて、普通の刀に戻っちゃって「ヤバイヤバイヤバイ」みたいなタイミングで
満を持して37歳が持ってくるのかな?


 




食戟のソーマの新章開始が興味深すぎる2018年週刊少年ジャンプ26号感想簡易版

ソーマ感想が長くなりすぎたので今週は簡易版


○アンケ順
鬼滅の刃
アクタージュ act-age
ぼくたちは勉強ができない


・食戟のソーマ


鬼滅の刃


何か次号巻頭カラーで重大発表とか言ってますけど、これはもしかしてもしかするともしかしちゃうのでしょうか

まじですか?
まじで期待しちゃっていんでしょうか

これはワクテカが止まらないかもしれない…

とりあえず、11巻表紙の妖艶な禰豆子ちゃんを眺めながら落ち着いて次号を待つことにしましょうか


センターカラーは時透と玉壺
ムカデみたいな感じの玉壺がすこぶる気持ち悪いですね

全身から手を生やして、顔は口と目が逆位置になってて、口の数は増えてる、と
こいつも元は人間だったとか信じらんねえな
半天狗のほうがまだ人型ですよ

鬼になった途端にこの姿だったとも思えませんから、力をつけていった結果こういう姿に変化したということなんでしょうねえ

サブタイはそんな玉壺の性格を揶揄したもの
捕らえた人間を喰うんじゃなくてオブジェみたいに飾っちゃうとは、こいつはやべえやつですね

何の捻りもない外道ぶりが普通にキモいのである…

何がキツイって、真ん中のちょっとイケメンな人ですよ
捕まってる5人の中で唯一瞳と口が見えてるおかげで、一番強く表情が窺えるのです

まさしくそれは断末の瞬間と言うに相応しいように見えて、最も強い存在感を放っています

断末魔を再現ってのはまさかこの状態でまだ生きているとは思えませんが…
声を上げられるのは、玉壺の能力でその機能だけ残しているとかそういうことなんでしょうか


その「作品」に使われた5人はもちろん鉄穴森さんの既知の人
存在を秘匿するため鍛冶の里はそれほど規模が大きくないのだとしたら、みんな基本的に顔見知りなのかもしれませんね
それでも、殿って呼んでる人と、呼び捨ての人は特に親しいような感じがあります

小鉄少年の身内も含まれていたのは、すでに彼の家も襲われてしまっているとかそういう意味でしょうか


そうしてとってもどストレートに玉壺のキモさを強調したところで、時透が割って入る
定番の演出ですね

しかし上弦の伍がそう簡単に殺られるはずもなく…

任意の場所に壺を出現させた上で、その壺の中に移動できるのが能力の1つなんでしょうか
めんどくさい能力だな

移動先となる壺の出現条件と制約を把握しなければ倒せないんですかね


しかも、壺は移動先としてだけではなく攻撃手段を出現させることもできるようです
特殊金魚やら水やら

鉄穴森と小鉄少年を迷わず庇って鬼の毒針を浴びた時透のカッコよさよ
無表情で針に刺されまくってる姿はまるで主人公なんですけど

しかしこれは明らかに形勢不利ですね
妓夫太郎の毒を浴びた宇髄と同じ状態ですよ
長引くほど勝てなくなるやつです

とか思ってたら、壺の形をした水の中に閉じ込められてしまいました
玉壺の血鬼術が初めて明確に披露されたわけですが、壺の任意出現と移動の能力はこれと別なんでしょうかね

何にしても、それぞれ固有の呼吸によって人外の化け物と戦える力を得ている鬼殺隊にとって
水中に押し込められることで息ができなくなるのは最悪の攻撃と言えそうです

いくら柱といえど、いくら自分に合った呼吸を極めていようと、
そもそも息ができないのであればどうしようもない

たとえば霞の呼吸に大技があったとしても、呼吸ができない水中ではそれを発動できるはずはないでしょう
時透もまだ冷静でいるようですが、これは実にヤバい状況ですね


鍛冶の里が壊滅すれば、呼吸とともに鬼殺の必須条件である刀が使えなくなる
そうなれば、鬼の側にとっては殺られるリスクを最小限に抑えながら攻勢に転じられる
非常に都合のいい作戦です

口ぶりからすると、玉壺の掴んだ情報とは鍛冶の里のことだったんですかね
別に緑壱零式の刀は無関係だったのかな


玄弥は描写不明
炭治郎と禰豆子ちゃんは気絶
時透は水中で呼吸不可

劣勢どころか負け戦状態だったところに、援軍登場はまさかの蜜璃ちゃんでした

これは来たね

乳柱…じゃなかった恋柱という彼女の実力がいよいよ明かされるんでしょうか
胸の呼吸…じゃなかった恋の呼吸の戦い方が全然想像つかないんですけども
おっぱい狩り…じゃなかった鬼狩りの反撃を表紙&巻頭カラーでぜひとも見せてもらいたいところです


アクタージュ act-age


百城との枕投げは結局お預けでした

彼女が枕投げに応じなかった理由を、周囲は余計な怪我の危険があるからと解釈していますが
当の本人としては天気による撮影スケジュールのズレを危惧して監督たちの元へ行ったようです

…つまり、彼女はこの天気だと景と演じるクライマックスを無しにされると察して動いたんですかね

それにしては、後を追っかけて部屋まで行った景の方が先に監督と話してますけど
このタイムラグには意味があるんでしょうか

枕投げのあの場から、部屋に戻ることなく真っ直ぐこの部屋に向かったのなら
景の後にやってくるのは時間的に変な感じなんですけども

最初は無しにしてもらうつもりでいたのを、景と監督の話を聞いて気が変わったとかなんですかね
それはそれで仮面の百城っぽくないような…

どっちにしても、百城が景とのクライマックスを望んだ理由は、文字通り自分と景との「役者の違い」を見せつけるためですかね
並べてる理由は全部建前でしょうか

テストもNGもなしの撮影でどんどんスケジュールを巻きまくって、台風が過ぎたるまでに屋内シーンも終えて
台風行った後は予定より少なくなった残りの日数で屋外のシーンも全部終わらすと

その上で、クライマックスもしっかりしたものにするのだと

景と一緒のシーンだけでなく、撮影の現場全部を使って自分という役者の格を示そうとしてると捉えていいんでしょうか

だって景の方はNG連発しそうですからねえ
百城が調子よく巻きまくってる一方で、景は1つのシーンを終えるのにNG出しまくってそうですもんね

だから景のせいでクライマックスの撮影が間に合わなくなりそう、というのがこの後の展開でしょうか

一緒にクライマックスに臨むために、百城の方はしっかり役目を果たしているのに自分の方は明らかに足を引っ張っている
景はそれでめげてしまうような脆い娘ではないでしょうが、しかし不安定くらいにはなるでしょう

そうすると演技の俯瞰もうまくできなくなって、メソッド演技の性質が強くなり、よけいに求められる演技と違う芝居をしてしまう…とか

うーむ
そんな予想をしてみたはいいものの、そっからどうケリを付けるのかがわからんな


ぼくたちは勉強ができない


文化祭編始まりの模様

ざわざわしながら準備してる風景の中に、トカトントンとか出てきてるのが何か細かいような
いつだったか理珠と一緒に勉強してた時に出てきた擬音ですよね


ラブコメ定番イベントの文化祭ですから、やはりそれぞれのヒロインたちに個別のシーンがあるようです

…いや、というよりそれぞれの応援キャラたちが何やら企んでしまう内容といったほうが正しいんでしょうか

文乃を見守る猪鹿蝶に、理珠を後押ししようとする関城さん
うるかは部の方で海っち川っちに何か乗せられてんな?

応援キャラと呼べる人がいない感じの桐須先生は、どうなんでしょう
美春が押しかけてくるってのも強引な展開に思えますが、むしろ主人公のが桐須先生を手伝ったりすることになりそうですかね

唯一学校外にいるあしゅみー先輩は、母校の文化祭に顔を出すくらいは不自然ではありませんが
浪人している身でそんな余裕あるわけ無いと考えるほうが彼女のキャラとしては自然です

しかし親父に言われたら已む無く行くのでしょう

「文化祭を!」
「一緒に!」
「まわらないなんて!」
「本当に付き合ってるのかね!?」

とか謎ポーズで言われたりすれば渋々行くしかないと


突然出てきたジンクスについては、ただのフリであることに違いはありませんから特に言及する必要はないでしょうね
理珠が想像してる通り、物理的に何かが絡まってそれを結ばれたっていうオチにするんでしょうから

別に主人公とヒロインの誰かがそうなるとも限りませんし
脇やら同士でくっついてたあの2人、えーと小林と海っち?だっけ?このカップルでもいいわけですし

まあ4週前後くらい掛けますかね
筒井先生がどんな力技で状況を用意してくるのか、それも含めて楽しみにしてみましょうかw


食戟のソーマ


おっふ…
エピローグとして定番のキング・クリムゾンが発動している…

みんな学園に残って、何やら楽しくやってるようです
いなくなったのは薊と、卒業しちゃった3年生だけ

寿司屋の人とかスイーツの人とか、まあ順当に活躍してるところを見ると
何であんたらセントラルやってたんや…って感覚が拭えないんですけども

そのおかげで、竜胆先輩と司先輩が一緒になって密林?で狩りとかやってるのが意外すぎるのです
これは竜胆先輩のホームグラウンドに司先輩がついてきたってことだよな?

確かな実力の第一席として、卒業後はそれなりに就職口はたくさんあったでしょうに
それを蹴ってわざわざ僻地でゲテモノ希少食材を扱おうとしてるとか

今までの司先輩の印象からすると、全く正反対の場所ですよね
竜胆先輩が無理やり誘ったって感じではありませんから、きっと自らついてきたんでしょう

番外編も含めて諸々の様子を見る限り、竜胆先輩→司先輩って感情の矢印はもともとあったように思えますが
司先輩→竜胆先輩の矢印は今まで全然表には出てきていませんでしたね

ないわけではなかったけども、薊に乗せられてから一層強くなった料理道の追求によって分厚く覆われていたとかでしょうか

それが、創真とえりな様にあてられて何かを思い出したように、情熱が表に出てくるようになった…とか


今までの自分の得意分野や嘱望されていた将来を差し置いて、自分を好いてくれている女とともに歩もうとする…
全く同じではないでしょうが、城一郎と創真ママの出会いもこれと似た形だったんじゃないかと思えて興味深いですね


まあそれはそれとして、榊さん何で髪切ったんだー?
数少ないロングヘアの正統派美少女だったはずなのに…

このエピローグで一番残念だったのはそこです
時間すっ飛ばしのために、なんとなく見た目の変化くらいないとそれっぽさが出ないという事情はわかるんですが
それなら髪の長さではなくで単に髪型を変えるだけにしてほしかったのである

せっかくのロングヘアを短くするなんてとんでもない


その他の面々として登場した葉山黒木場アリス嬢は、月饗祭の時よろしくギャースカいいながら仲良くやってるようです
3人とも十傑に所属して、それぞれ四席五席六席になってるとか
割と高いな…

えりな様もえりな様で、総帥としてしっかり役目を果たしている模様
学生の身分でもあるはずでしょうに、その辺は別に問題なく運営できてるんですかね

迷いのなくなったえりな様のカリスマ性なら大抵の大人は黙り込ませることができてるようですが
緋沙子ちゃんとの仲も前より進んでいるようで、秘書以上友達未満って感じでしょうかw


で、何やら新展開の話は「侵略者」の排除とか言う中身のようです

薊政権に対する創真たちが「反逆者」って言い方でずっと統一されていましたが
えりな様政権になると「侵略者」になるんですね

別にそこを対比的にする必要はないような気がしますが

総帥えりな様の命を受けて動いたのは、第一席創真と第十席田所さん

田所さんも十傑はいってるー!

これはめでたいな

いや実力的には充分なものがあるはずの彼女ですが、生来の性格ゆえにどうしても今ひとつ押しが弱いところがありました
たぶん十傑の1人に加わるのにも相当遠慮したんだろうと思われるだけに、末席とはいえ田所さんにもその肩書がついていることには
なかなかの感慨があります

そんで創真もね
あれから4か月…っつって、まだ一席を名乗ってるってことはあれから殺到しただろう食戟にしっかり全部勝ってるってことなんでしょうね

自ら暫定の席次だと言い切って、別に対価も要らないからいつでも挑んで来いと大見得をきった創真
その言い方自体はスタジエールを終えたあの時と殆ど変わらないものですが、対決の名乗りはあの頃の比ではなかったことでしょう

それでも全部退けて来ているのなら大したもんです
黒木場とかだけじゃなく、上級生だって対決相手にいておかしくないはずなんですけども

叡山とか何してんだろうねw
1回くらい創真に挑んでないのかな

今のところ明かされた十傑の席次は

一席に創真
四席に葉山
五席に黒木場
六席にアリス嬢
十席に田所さん

二席、三席、七席、八席、九席の5人がまだ不明です

一色先輩に久我先輩、あとタクミや美作とかも入ってておかしくないはずなので
誰がどの席次になっているかですね

それでも枠が余ってるんですが、あと誰だろう?
緋沙子ちゃんは十傑やるとえりな様の秘書業務に集中できなくなるのでやってなさそうです

…肉魅とか?


というかそもそも、十傑という集団を今までと同じノリで認識していていいのかというところから疑問なんですよね

仙左衛門体制下において、厳しいふるいにかけられた中で選ばれた十傑は確かに一般生徒とはかけ離れた実力を持っていたでしょう
そのメンツをあてにして組織された薊のセントラルは、模倣による調理を強制したことで
現十傑のメンバーが卒業した後に同じくらいの実力を持った十傑を再生産することが困難であるという致命的な欠陥を抱えていたわけですが
作中でそれが言及されることはありませんでした

で、そのセントラルに対抗して「勝ったほうが十傑の席総取り」との条件で開かれた連隊食戟
結果としては創真たちが勝利し、勝負に加わったメンツは10人いないけど十傑の席をすべて得ることになりました

連隊食戟に参加したメンツの中で、女木島先輩は3年でしたから司先輩たちと一緒に卒業してるでしょう
えりな様は総帥になっちゃったので十傑の座には就けません

すると、ただでさえ8人しかいなかったのが6人だけになってしまって
その6人で十個の席を得たことになります

6人全員で十傑になったとして、椅子はまだ余っています
葉山に黒木場にアリス嬢の3人が加わっていることが今週明かされたのは、余る4つの席のうち3つを確定させたということなんでしょうね

で、そういう形でメンツが大きく入れ替わった遠月学園十傑評議会
従来の制度のままなら席次に応じて料理界の中で行使できる権限がいろいろあるってことですが
それはまだ生きてるんですかね

一般生徒からの人気や評価はまあ従来と比べて極端に悪いってことはないのでしょう
むしろ十傑に対する食戟のハードルが下がったぶん親しみやすさは上がっているのかもしれませんが

ひょっとしたら、自ら暫定といい切った創真の実力を認めない業界の重鎮もいるかも知れません
一席の創真を認めないとしたら、二席以降も同様でしょう

それを覆すには、とにかく席次の防衛を繰り返していって少しずつでもその席に座る自分の実力の正当性を示していくしか無いわけですが

そう考えてくると、今まで創真が目標としてきた「十傑」という存在や立場と、
えりな様が総帥となり創真が一席となった「十傑」を今までと同じような形で認識していいのかというのは疑問ですね


それからもう1つ
最大の疑問は、えりな様政権下における学園運営の方針です

具体的に言うと、問答無用の退学決定は今でも実行されているのかどうかということですよ

仙左衛門体制下でのそれを否定して、薊は総帥となりました
個人の訓練と修行に任せて、至らない奴は速攻でクビというのを全生徒に向けて否定し、
懇切丁寧にハイレベルな技術を教えてやるからそれを真似ることだけしていろと

それに異を唱えて勝負を挑んで勝利したえりな様

じゃあえりな様が総帥となった今、退学制度はどうなっているのかというのが地味に重大なところですよね

今週描かれた一般生徒たちのワーキャーな様子からは、退学に怯えている感じはありませんでしたが
それはエピローグに余計なノイズを入れないための方策とも考えられます

そもそも創真たちが反発していたセントラルの方針は、調理方法を強制されるという部分であって
退学しなくて良くなるよ、十傑レベルの料理をすぐ覚えられるよ、というお題目の方ではありません

仙左衛門体制下での速攻退学も、「こりゃやべえな」とは思いつつ、そのやり方自体を強く否定しようとすることはありませんでした
つまり自由に研鑽できる代わりに、それが一定以上のレベルに認められなければすぐに追放されるという代償は
ある程度合理的なものとして受け入れていたわけです

だからこそ余計に研鑽にも身が入るということで、「退学はそりゃ怖いが、退学にならないように精一杯努力すればいい」というのが
従来の創真たちの姿勢でした

えりな様はもちろん美食の眷属として、自分が退学になる可能性など微塵も想定しておらず、
仙左衛門が実行している退学制度には特に違和感も何も持っていませんでした

そう考えてくると、えりな様が総帥となった学園でこの退学制度がどのように扱われているのかは
新たな学園の運営方針として非常に大きな意味を持つものであるでしょう

薊がやったような方針演説をえりな様もやったのかどうかはわかりませんが、新総帥の方針を表明する場はどこかであったでしょうから
その中には退学制度に関することも言及されていたはずで

どうなってるでしょうねそこんとこ

まあ普通に想像すると、仙左衛門体制の時ほど極端にはやらないがよっぽどレベルが低いまま改善されないようならやむを得ない、みたいな
中間点におちついてるのが妥当なところかなと思われますが


それからまだもう1つ触れておかなければなりません
最大の疑問、とか言った後にまだ続くのは自分でもどうかと思いますが、これはスルーするわけにいかない部分です

何って新章に決まってるでしょうよ


えりな様の命で、創真と田所さんが何やら温泉街にやってきた

創真と、田所さんが、温泉街にやってきた






これ完全に田所さん編じゃね?




いやビビりましたよ今週の引き

どう見ても田所さんルートの展開じゃないですか

いやまじビビったわー


今までの遠月革命編は明らかにえりな様メインのシリーズであり、創真とえりな様の関係性を大きく変化させることになりました

出会った当初は散々に嫌いまくっていたのに、自ら部屋を訪ねて取り留めのない相談をしてみたり、
創真の品を参考にした必殺料理を作ってみたり、今やえりな様は創真に対して一定以上の実力と器を認めるようになったわけです

その上で、創真は再度出会った当初と同じセリフをえりな様に対して繰り返しました
絶対俺の料理でお前に美味いと言わせてみせると

間違いなく裏テーマが意識されている部分ですよね


食戟のソーマにおける物語構成その1 主人公の在り方とその目指す先

食戟のソーマにおける物語構成その2 主人公とヒロインたちとの関係と「裏テーマ」

食戟のソーマにおける物語構成その3 二つの柱の行く末と今後の展開


前にこんな形で本作の物語構成を俯瞰してみたことがありましたが、次回から始まる新章は間違いなく「裏テーマ」における田所さんルートが展開する話となりそうです

考察のうち、「1つ目の柱」としたものは創真が一足飛びに第一席になってしまったことと、かつての城一郎が一席として相応しい実力を持っていたことにより
その存在感を薄くすることになりました

あのとんでもない親父でも届かなかった第一席という頂点
創真がそこに至ることは、親父を超えるという意味で少年マンガとして王道のパターンとなる展開だったわけですが
みずから暫定一席と創真が自覚している現状ではそのカタルシスは全くありません

その座をこれからずっと守り続けていくことで、一席としての実力を自他ともに認められるようになった時には
改めて親父超えの演出が描かれたりするかもしれませんが、今の段階ではそれを実現することは不可能です

だからなのでしょうか
この新章が、田所さんと一緒に学外へ出ていって何かやるという内容になっているのは

えりな様と田所さんは本作における二大ヒロインとして、それぞれ創真とのフラグを積み重ねてきています
それが、今までの遠月革命編はえりな様メインのシリーズだったせいもあってえりな様のフラグばかり強化されてきており
田所さんとのフラグはさほど変わっていないという状態


ならばそのバランスをとるためには、この遠月革命編に匹敵するくらいの田所さんメインシリーズがないと無理じゃないかと思っていました

上記考察記事のその3でもこんなふうに書いていましたが


合宿編と選抜編で、えりな様ルートと田所さんルートはそれぞれ対比的な進展を見せていましたが
じゃあこのえりな様編に対する田所さん編がこの後何かあるのかというと、そんなことはない気がするんですね

あのえりな様がここまで窮地に陥ることになった今回のシリーズ
これに匹敵するほどのピンチが田所さんに訪れるなんていうのは、全く想像がつきません

それこそ、田所さん実家の旅館が何かの理由で破綻しそうになるとか、そんなことくらいですよ思いつくのは
舞台が遠月学園になりそうな気がしないのです





田所さん編をやるとしたら遠月学園が舞台ってのは無理だろうなと思っていたのです
だって学園自体と田所さんには別にそれほど関係はないですからね
自分の一族が総帥として仕切ってるえりな様はともかく、田所さんはただ通ってる学校ってだけですからね

じゃあ田所さんと深い深い関係があって、そこがピンチになることで田所さん自身もヤバくなるっつったら
実家の旅館とかかなあと思っていたんですけども

官能の唐揚げ編くらいの短さならともかく、遠月革命編に匹敵するくらいの長さと濃さのシリーズを
学園と無関係なところでやろうとするのはいろいろと面倒だろうなあと

既存キャラの登場は制限されるし、出てくる奴らは新キャラばっかりになるし
舞台が変わった結果マンガの印象も変わったみたいなことになりかねないなと

そしたらですよ
えりな様の指示で創真と一緒に学園の外に出て、行き先は温泉街と来ました

えりな様の指示であり、かつ「侵略者」とやらを排除するってことで、シリーズの舞台の一端をギリギリ学園に残しています
それでいて、実際の場所は学園の外であることで田所さんが心置きなくフラグを強化できるようになっていて
さらに温泉街とくれば、実家が旅館を経営している田所さんにとってはホームに近い場所であるでしょう

これはもう存分に創真と仲良くなっていける環境です

今回の新シリーズ、裏テーマがどれだけ深化していくかというのを期待していきたいと思います


 




ぼくたちは勉強ができないが響きまくっていた2018年週刊少年ジャンプ25号感想

2018年週刊少年ジャンプ25号感想

お客様の中に、表紙を見てスポソルを思い出した人はいらっしゃいませんか?



アンケ順
ぼくたちは勉強ができない
アクタージュ act-age
新連載 キミを侵略せよ!


・紅葉の棋節
・鬼滅の刃
・火ノ丸相撲
・食戟のソーマ


ぼくたちは勉強ができない

今週なにげに一番深さを感じたのは本作だったりします

導入で「水泳」って単語が出てきた時にはうるか回かと想像したんですけども
実際見てみたら先生回でした

いや、うるかもほぼメインのような扱いで登場してはいましたけども
最も主役だったのが桐須先生であったことは疑いないでしょう


そういえばそもそも、今まで桐須先生とうるかの絡みって全然なかったんですね
あっておかしくないはずなのに、こんなにまともに会話している場面は思い返せば不自然なくらいありませんでした
その不自然さを今まで意識させないでいた筒井先生のバランス感覚
すげえですよ

そんな2人の絡みで描かれたのは、「才能」をフイにしてしまった桐須先生から「才能」を持つうるかへの贈る言葉でした


あのアドバイス、めっちゃいいこと言ってますよね

今までの本作は、才能を重視する桐須先生のスタンスを作中悪とまでは言わないまでも、どちらかと言えば否定的なニュアンスで描いてきました
主人公にそれと反対の立場を取らせ、その上で苦手克服に向けて努力する理珠や文乃、あしゅみー先輩の様子を描くことで
読者の心情もそちらに寄っていくように仕向けられていたわけです

しかしそこに、ある意味では満を持してと言うか、今までありそうでなかった絡みとして描かれたこの2人の会話

「才能」を活かしきれなかった先達から、今まさに「才能」によって飛躍を掴みかけている現役へ、深く、重く、響くその言葉
それは、うるかという読者の親近感の非常に強いキャラを介してこちらにも一気に届くこととなりました

そこには、俺たち読者の中にあった上述の印象を一瞬でひっくり返してしまいかねないほどの衝撃がありましたよ

相談というよりつぶやき、またはちょっとした質問に近いようなうるかの話に、ぱっと見では非常に淡々と答えている様子の桐須先生
まるでアドバイスや励ましのようなつもりは一切なく、ただ思ったことを口にしているだけのような態度です

あるいは本当にただ思っただけのことを返したのかもしれませんが…

だとしても、あんな内容を返せるというのは先生の中にある「戒め」がどれほど大きいものであるかを如実に浮かび上がらせてくれると言えるでしょう


ただ、ただね
最後の最後だけはしっかりアドバイスなんですよね

「かみしめていらっしゃい」

この締めがもうね…

今しか味わえないものを、今だから巡り合えるものを、かみしめていらっしゃい

その時に臨んだならばそうするのが一番自然であるかのごとき表現です

プレッシャーや緊張に対して、それに打ち勝つか押し潰されるかではなく、かみしめる
きっと、うるかにとっては思いもしなかった選択肢だったことでしょう

それにですよ
「いらっしゃい」ってのが何とも優しくていいんですよ

何でしょうね
これは俺自分でもよくわからないんですが、すげえ優しく感じるんです

かみしめてきなさい、でもなく
かみしめてくるといいわ、でもなく

かみしめていらっしゃい

何か一番優しい言い方のように思えます


こんな言い方されたらそりゃ沁みますよ…


そんでこっからもう1つ深読みしたいのは、桐須先生の「才能」についてです

フィギュアスケートの才能があったのを、途中で違う道を選んだことで戻れなくなった
今就いている教師という仕事がその時選んだ別の道と同じなのかどうかはわかりませんが、
うるかへの返事や主人公への泳ぎの練習、先日の模擬面接などを見る限り、「教える」ということについても彼女は適性を持っているように見えます

担当科目である世界史を教えるのにも、主人公が2時間も集中して取り組めるほど上手で
それはまるで教師の「才能」を持っているかのよう

だとすれば、桐須先生は今しっかり自分の才能を活かした仕事をできているということになるでしょう
そしてそのことにより確かに導けている生徒がいるということにもなるでしょう

そう考えてしまうと、桐須先生がどういう理由で教師という職を選んだかというのが気になってきます
教職とは、フィギュアスケートと異なる道として選んだのとはまた違うものであるように思っていますが、
ではなぜ教師だったのか

自分の犯した取り返しのつかない選択ミスを、次の世代に繰り返させたくないとの気持ちからでしょうか
もちろんそれはあるとしても、それだけでもないような気がします
あるいはフィギュアに戻れなくなった失意のうちに、取り立てて理由もなく選んだのか



何にせよ、いまだ彼女に苦手意識を持つ理珠と文乃に対して、むしろ尊敬するとうるかが言い切ったことは
主人公を含む今後の彼らの関係において非常に大きな意味を持つでしょう

「才能」を持ち、それを活かそうとしているうるかと、「才能」を支援したい桐須先生
「才能」を持ちながら、傍目には明らかにそれと異なる道を選ぼうとしている理珠と文乃
「才能」が何か取り立ててあるのかどうかはわかりませんが、苦手な分野に進もうとしているあしゅみー先輩

彼女たちの間で、「努力」の味方と自ら言った主人公は果たしてこれからどのような立ち位置となっていくのか

面白いのが、「できない」を克服する教育係として主人公もまた「教える」のが上手いことですよね
つまり桐須先生と同じような「才能」を持っている可能性があり、今彼はそれを活かしているのではないかと考えられること

「才能」を活かして苦手克服の「努力」の味方をする
まるで自家撞着のようにも見えますが、そんなことないようにも見えます

うるかと桐須先生の関係の変化は、物語にどのような転換をもたらすことになるのでしょうか


アクタージュ act-age

ラストの撮影前に前座と言うか前哨戦のような形での撮影となった再会シーンは
景の負けというにはしっかりOKが出ており、しかし引き分けと言うには景は思った演技ができていなかった

百城の仮面を壊せというのも、外側の1枚に手をかけることは出来たようですが
しかしその下からは全く同じ顔をした同じ仮面が出てきたと

百城がどれだけの覚悟と技術で「百城千世子」を維持しているかということですねこれは

台詞終わりにいきなり景が泣き出したのは、その重ねられた仮面を見て百城を可哀想だと思ったから
泣き出すのが不自然なシーンではありませんでしたからそのまま撮影も続きましたが、
景に合わせて百城もしっかり泣いてくれたことでバランスが取れたのは間違いないでしょう

一流の役者はスイッチを入れるようにいつでも泣ける
百城もまたその域にいるということですね


景本人としてはこの撮影は不満が残るもの
不自然でなかったとは言え途中素に戻って芝居を忘れた撮影にOKが出たのは、役者としては確かに不満でしょう

まるで台詞噛んだのを百城のアドリブでごまかされた茜ちゃんのようですね
あのときの茜ちゃんとだいたい同じこと言ってる気がしますよ

しかし百城も百城で、あんな仮面を何重にもかぶって芝居を続けているのを「可哀想」と言われて怒りに震える様子を見せていまぃた

そりゃあね
彼女が商品としての「百城千世子」を維持するのにどれだけの覚悟と犠牲を払っているかというのは想像に難くありませんから
それをぽっと出の初心者役者に可哀想とか言われたらムカついて当然でしょう

とは言っても、それを言われて怒ってしまうということは、彼女の中にも同様の感情が多少なりあることを示していると考えられます
心から「これが一番いい」と思って続けているのなら、周りから否定的に言われたところで「そういう考え方もあるかもね」と参考程度になるだけで
怒りを見せるほどにはならないはずだからです

言われて怒りを見せてしまうのは、わずかでも図星だから

だとすれば、景と同じように百城もまた自身の芝居について「このままではよくない」との感情がどこかにあることになりますが…
景のメソッド演技や、二枚舌監督のお膳立てで「百城千世子」は一皮むけることになるんでしょうか


新連載 キミを侵略せよ! 稲岡和佐

これもGIGAからでしたっけねー
でも先週のと違ってこっちはパターンが無限にありそうなので第1話もいい感じに新作っぽかったですね
ただGIGAでの1話を覚えてないだけなんですが

アホなヒロインがどうにかして主人公の秘密を暴こうとおかしな方向に頑張るコメディ
そのうちラブコメ的部分も出てくるんでしょうけども、複数ヒロインになるとゆらぎ荘や僕勉には敵わないでしょうから
両思い系という立ち位置を続けてほしいですね

両思い系ラブコメに必要なのは、一にも二にも可愛いヒロイン
その点で行くと、相場さんは充分及第点に達していると言えるでしょう

おバカ属性による怒涛のボケ連続はなかなか面白く読むことが出来ましたよ

「次は5分で」が結構好きでした
何がバカって、原稿用紙に横書きマス無視で3行とか自由すぎるのである

でも一番気に入ったギャグは、首鳴らし過ぎな先生なんですがw
毒男教師の前でラブコメ繰り広げるとか、そりゃあ首の往復速度も上がりまくるでしょうよww


ただヒロインのおバカで押していくだけでなく、独身先生がいい味を出していました
こういうスパイスを今後も上手に使っていけるなら、コメディとしてとっても質のいい作品になるのではないでしょうか

期待していきたいと思います


紅葉の棋節

GIGAでの先入観があるせいですかね
どうしてもキャラで押せてないように見えて、今ひとつ話の中に入っていけないですよ

序盤はどうしてもGIGA時代と似た展開になるんだろうなあとは思いつつ、どこをどの程度変えてきているのかというのを見るのに
GIGAを見返す気にはならないという…

2話目にして早くも感想書きにくいな…


鬼滅の刃

炭治郎の作戦は、飛ぶ相手の勢いを利用して禰豆子ちゃんたちのもとに戻ることでした
なるほど
日の呼吸全然関係なかったのか

しかし戻ってきた炭治郎が目にしたのは、錫杖の雷に全身を打たれている禰豆子ちゃんの姿

激おこ鬼は杖を禰豆子ちゃんに刺しっぱでどうするんだろうと思ったら、手からもう1本作り出してしまいましたよ
武器を持ってる鬼が珍しいと思っていましたが、自分自身から作り出す武器だったわけですか

分裂した上でそれぞれ異なる性格と能力と武器を持つ
それが半天狗の性質なんですかね

禰豆子ちゃんの爆血が超効いてるのは、そんだけ血を流しまくったからと考えていいでしょうか
それとも禰豆子ちゃんの力が上弦にも通用するほど強くなっていると考えてもいいんでしょうか

空中に現れた楽鬼は先週禰豆子ちゃんに芭蕉扇を逆利用されてふっ飛ばされたやつでしたっけね
腹いせのつもりなのか、炭治郎と禰豆子ちゃん相手に本物の使い方を見せてくれました

凄まじい圧力のために、扇の形に床が抜けるとは驚異的です
そりゃ2人とも気ぐらい失うわ…

しかし上弦の鬼の前で動けなくなることは敗北と同義
炭治郎が戻った時から玄弥の姿がありませんでしたが、アイツが何とかしてくれるんでしょうか

それとも、半天狗の方も「トドメじゃ」っつってる時3体しかいませんから、玄弥はもう1体の相手をしてるんでしょうか


そこで場面は切り替わって、時透

37歳が必死になって作業してる小屋に辿り着いていました
鉄穴森と話もできていますが、その口ぶりからすると時透用の刀もある模様

これは時透のパワーアップフラグか?

しかし玉壺もまた同じ場所に来ていた

…ひょっとして、玉壺は鬼殺隊の鍛冶の里に関する情報を掴んだんじゃなくて
緑壱零式の中に入ってた刀=日の剣士のための刀?の情報を得たとかだったりしないだろうな

狙いは今まさに37歳が調整してるあの刀で、青い彼岸花の手がかりだったりする…とか

名称以外の情報がいまだ明かされない青い彼岸花と、まだまだ謎の多い日の呼吸
関係があってもおかしくはなさそうです


最速で柱になった天才剣士時透と、上弦伍の玉壺
妓夫太郎との戦闘を振り返る限りでは、いくら天才的剣士と言っても1人で上弦を相手にするのは相当厳しいように思えますが果たして

刀が刃毀れしてるってことですからなおのこと苦戦は必至でしょう
しかも同じ場所には足手纏いが2人いる上に小屋の方も気にしてないといけないとか

玉壺の狙いがあの刀を壊すことではなく、調整が終わったものを持って帰るということであれば
小屋の方と37歳はひとまず気にしなくてよくなりますが果たして

やっぱ上弦2体相手に戦力が4人じゃ明らかに足りないように見えますが、どうなんですかお館様


火ノ丸相撲

高校時代の第一部では実現することのなかった大典太との「再び」

その始まりは実に激しい打ち合いとなりました

これまで、「再び」と名のつく一番ではすべて勝ってきた火ノ丸ですが
今回の勝負については全く予想がつきません

互いに負けられない理由があるのはこれまでと同じ
その負けられない理由のために、この日まで必死で稽古してきたのももちろん同じです

しかし、「死地に活路を見出す」と言って自らをどす黒く追い込んでいく火ノ丸の姿には
見ているこちらも不安ばかり大きくなっていってしまいます

よしんば大典太に勝てたとしても、2日目3日目以降は余計にひどいことになって
取り返しがつかなくなるのではないかと

客席の一番外から、直立した姿で祈るように土俵を見つめるレイナが痛々しくてしょうがないですよ

顔の前で握りしめた両手が祈っているのは火ノ丸の勝利ではなく無事
もちろん勝つに越したことはないでしょうが、それよりもただ無事であってほしいことを最も強く願っているのでしょう

土俵から一番遠いところにいるのも、無事を祈らずにはいられないほどのリスクを自ら取りに行こうとする火ノ丸を
近くで見ていることが出来ないから

TV中継ではなく会場まで来れるようになったことは以前に比べてレイナが精神的に成長した証拠と言えるでしょうが、
それでもまだ客席の一番外が精一杯

火ノ丸が頂へと至るのにレイナの力も必要であるとするならば、まず今必要なのはレイナの方の覚悟ですね

今のように勝利と無事を天秤にかけるのではなく、勝った上で無事であることを願う覚悟です
勝った上で自分のところに無事に帰ってくることを願うこと

レイナが勝利と無事を天秤にかけるのは、火ノ丸の中で自分のことよりも相撲のほうが大きいと思っているから
火ノ丸は勝利を求めていますが、レイナは火ノ丸の無事を願っている
だから2人の感情が天秤にかけられているんですね

そこに割り込んで、相撲も私も大事にしろと押し切ってみせる覚悟が彼女には必要なんですね

それがあってこそ、火ノ丸には負けられない理由が1つ増える

今の火ノ丸は、自分を死地に追い込みすぎるあまり、土俵の上で死ねたら本望という状態だからですね
彼女から「勝った上で無事でいろ」と言われるのは「死にたがり」をふっ飛ばす何よりも効果的な薬であることでしょう

2人の関係がそんな境地に到れるのはこの9月場所のどの時点なのか
初日の大典太との勝負は、それを占うための重大な一戦と言えるでしょう


食戟のソーマ

何というか…
行くとこまで行っちゃったなーって感じですげえ残念ですよね

創真が第一席にってあたりから「おや?」とか思いましたが
仙左衛門が新たな総帥は誰かとか言い出してニヤリとしたところからは
げっまじかとむしろ真顔になりました


いや、えりな様の総帥就任はまだいいと思えるんですけども
現実的にそれでいいのかという問題は置いといてですね

このタイミングで創真が第一席ってのはいかんでしょ

連隊食戟で賭けていたのが十傑の席全部だったとはいえ、創真が一席に収まっちゃうのは
明らかに位と実力があってないでしょ

たとえば一色先輩と勝負したらたぶん負けるじゃん?
そんで好戦的な創真のことですから、一席に見合う対価を相手が持ってなくてもほいほい勝負に応じそうじゃん?
すっごい束の間の一席になりそうなんですけど


それに、かつて本作の物語展開においてどのような構成と布石が張られてきたかという点を考察したことがありましたが
創真が第一席を獲るということには物語の上で非常に重大な意味があるはずでした

関連
食戟のソーマにおける物語構成その3 二つの柱の行く末と今後の展開

この記事で予想した内容は、今となってみれば一部あたっているようで何よりなんですけども
それでも創真が第一席を獲るということの重大性については今回あまりにもサラッと流されてしまったような印象が強いです

城一郎がたどり着けなかった第一席
学園の頂点たる第一席
創真が「親父超え」を果たすという意味で第一席を獲るというのは象徴的な出来事となるはずだったのですが
あまりにも普通に流されてしまいました

いや、城一郎が一席になれなかったのは料理の実力よりも普段の素行の問題であるとか
十傑のトップっつってもえりな様が総帥に就いた以上、明らかに上がいるとか
そういう側面はあるでしょう

しかしそれは、かつて広げた風呂敷を自ら矮小にしてしまうというか、せっかくの布石の意味をあまり効果のないものにしてしまう展開なのではないかと思えます

今回の食戟で、えりな様の方は見事に父親超えを果たしたと言えるでしょう
以前はあれほど怯えていた薊に向かって真正面から対峙して、どんなに嘲られようと堂々と皿を出してみせた

その上でしっかりその味を認めさせたことは、かつての「教育」によって籠の鳥だった彼女が
その壁を打ち破って外に飛び出したことを意味するものでしょう

薊の想像を超えた成長を遂げたえりな様は、もはや父の手を離れて自分の道を歩き始めたのだと

ならば創真の方の父親超えはどうかっつーと、急に第一席ですよ
この連隊食戟における彼の功績は認めるとしても、さすがにどうなのよという感じが振り切れません

いいんですかほんとに


 




ゆらぎ荘の幽奈さんが相変わらず見事な作劇だった2018年週刊少年ジャンプ24号感想

2018年週刊少年ジャンプ24号感想

キーボードが壊れていたせいで今日まで掛かってしまいました
そしてちょっと作品数は簡易版気味です

アンケ順
鬼滅の刃
アクタージュ act-age
ぼくたちは勉強ができない


・新連載 紅葉の棋節
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん


鬼滅の刃

サブタイトルは「死なない」

これは今戦っている炭治郎たち全員のことを指しているんでしょうねえ

ぱっと見には意味深に引きとして描かれた玄弥を示しているんでしょうけども
禰豆子ちゃんのことも炭治郎のことも含まれていると考えることが出来ますね

禰豆子ちゃんは、鬼同士の戦闘となるために基本的に殺られることはないからですね
動きを封じられて夜明けまで放置されれば別ですが、そんなことは炭治郎がさせないでしょう

つって、今週の禰豆子ちゃん、上弦相手に結構ヤバいくらいの戦闘してますけども

腕もげながら腹に穴あきながら相手の手も千切ってるとか、もう戦い方が完全に人外
堕姫の時も似たような感じでしたけども、あれよりも遥かに激しいことになってます

なのに、芭蕉扇持った瞬間の姿がやけに美しく決まってるんですよ

千切れた敵の脚が腹に残ったままなのに、芭蕉扇を握った敵の腕を掴んで体を翻す姿が何だか妙に美しく見えるのです
これは吾峠先生の作画力の勝利だよなー

哀絶の脚と芭蕉扇までが一本の線のようになっていることで、その間を縦に貫く禰豆子ちゃんの体が随分と強調されているように感じます

特にね
脚のすぐ上にある2つの大きな山がね
なかなかの存在感を放っていると思うのです

そんな姿に見惚れていたら、敵の力を逆利用した攻撃に移るとかね

今までの鬼で武器を持ってる敵ってのはそういえば初だったような気がしますけども、それを禰豆子ちゃんが簡単に使っちゃうのも変だと思われるところ
武器を持ったまま千切れた敵の腕を持つ、という形にすることで、禰豆子ちゃんがその武器を使えてもおかしくないような描写をすることに成功しています
これはワンクッションを挟んだ吾峠先生がとっても上手いと言えるでしょう


炭治郎の「死なない」は、単純に心意気の話

こんなところで死んでたまるか、禰豆子ちゃんを人に戻すという本懐を果たすまでは、と
そういう気持ちであるのが炭治郎の「死なない」であるでしょう

禰豆子ちゃんと玄弥を心配する炭治郎は、何やらリスクのある行動に出るようです

ヒノカミ神楽と関係あるのかな?
それとも緑壱零式との訓練で敵の行動予測とともにもう1つ何か会得してたりしたんでしょうか


玄弥の「死なない」は明白というか、明らかにその能力または体質を表現したものですね
不死川という苗字のことも含まれていると考えてもいいでしょうか

この苗字は特に意味のないものだと風柱の登場当初は思っていたんですが、もしかしてヒロアカばりに能力名を表す名前だったりするんでしょうかね

だとすると、風柱も同じ力を持っていると考えられますが、玄弥は宇髄が「得体の知れない」と評していた岩柱の継子でもあります
さらに、同じ時に鬼殺隊に合格した炭治郎たち5人はそれぞれ五感の1つがずば抜けた体質として描かれてきました

玄弥のそれは消去法により味覚であると思われますが、「死なない」の力は果たしてそれと関係しているのかどうか
銃を使う時に岩の呼吸が発動しているようでもなさそうですし、ずば抜けた味覚と不死川の能力とが別であるとするならば
玄弥の秘めている実力は結構なものがあると言えそうです

上弦の鬼をして「何なのだお前は」と言わしめる玄弥の「死なない」力
100年を超えて生きる人外の化け物から人であることを疑われるわけですから、これは相当におかしな話です

念仏唱えたら死なずに済むとか…
それはむしろ詠唱と言ったほうがより正確なのかもしれないw


アクタージュ act-age

引き続き応援票でございます

両極端な2人が激突する場面に向けて、今回はまだ繋ぎというよりタメの回であるようです


主役の演技に飽きたかのような言い方をして、端役の初心者に「何とかして」と言い切った監督
良くも悪くも周りを騒がす端役の初心者を、「しっかり締めてね」と主役に丸投げした監督

2つの才能が監督の思惑でどのように交差することになるのか、非常に見ものです


対照的な芝居を実践する2人ですが、実はその意識には明確な違いがあるのがポイントになるでしょうか

景は自分のメソッド演技を「今のままじゃいけない」と強く認識して、改善しようと奮闘していますが
百城は自分の俯瞰演技(仮称)を「これが正解」と結論づけた上で、その通りに振る舞っています

自身の才能を出発点とした「芝居」に対する結論もまた、それぞれ真逆の方向になっているんですね
この撮影がどのような終着点を迎えるかというのはそこの部分も大きく関わってくると考えられるでしょう


さらに言うと、実際に芝居をしようとしている時にやっているのは実は似ているというのもミソなんですよね

景の芝居を否定するつもりで「現実は美しくないから、嘘たる芝居は美しく加工しなければならない」と思っている百城
しかしその目の前で、景は対峙する百城を友達だと認識するために、すでにいる友達のイメージから百城の「友達像」を加工して作り出しています


でも根本はまったく別

芝居に心は要らないという百城
芝居を好きだという景に謝った百城

そこだけ見ると、まるで百城は「これが正解」と信じる現状に致命的な不満を抱えているようにも感じられますが果たしてどうなんでしょう

クライマックスのシーンの前座となるらしい今回の撮影
仮面にヒビは入るんでしょうか
それとも景が返り討ちにあうんでしょうか


ぼくたちは勉強ができない

珍しく関城さんの回でした

これ人気投票の期間中にやってれば順位変わりまくってたんじゃないかって内容ですね
投票結果を発表した次の回に持ってくるとか筒井先生なかなかにいやらしい…

2回目の人気投票の時にはすっかり印象が薄くなってる可能性が大じゃないですか


相変わらずというか、内容としては非常に高度に纏まっているもんですからなおさら惜しいとか思ってしまいます

主要ヒロインの応援役な立場の娘をこんだけ深掘りできるなんて見事なもんですよ

山積みの缶コーヒーや超おしゃれした服装に綿密な行動プラン、それらでしっかり関城さんのその日への期待を描いた上で
ヒロインへの思い遣りのために、全部を投げ捨てられる潔さと決断力を見せてくれたのは
読んでいて非常にグッと来るものがありましたよ

それでいてしっかり最後には報われるようになっていて、お約束の発動も関城さんにとってマイナスばかりではないハプニングになっていると
隙がないですね


何が上手いって、これ前回の話からの続きとも読めるんですよね

桐須先生の圧迫面接によって「才能」とは異なる「長所」というものに焦点が当てられた前回
理珠をあれだけ大好きな理由が描かれた今週の関城さんは、「他人の感情に左右されない」というのが理珠の長所だと教えてくれました

それは連載開始の時から彼女の欠点として言われていた「他人の感情の機微に疎い」ことを裏返したもの
視点を変えればプラスに転じたりもする…とは作中でも触れられていましたが、前回の圧迫面接で「長所」というものを取り上げた上で
長所と短所が表裏一体であることを描いたのが今回という捉え方ができるでしょう

さてそうすると、文乃やうるかなど他のヒロインたちの「長所」を理解する存在は誰か出てくるのかなーというのが深読み好きの悪い癖なんですが
どうなんでしょうか


新連載 紅葉の棋節 里庄真芳

タイトルの変換がめんどくせえ(;^ω^)

呪術廻戦に続いて、GIGAで連載していた作品がまた1つ本誌に登場することになったようです
1話の内容としてはGIGA掲載時とほとんど変わらないのが何とも言いづらいところがあるんですが…

まあそれは仕方ない部分が多いのでしょう
読み切りで人気が出て連載、という時にも、読み切りとして仕上げるのに1度全霊を込めた作品を
連載用としてもう1度第1話として完成させるというのは非常にきつい作業であるそうです

1回掲載されたことによる反響を見て多少の変更を施すとしても、盛り込むべき大筋は変わらないわけですから
同じ話を2度描き上げることに近いそうな

俺だって、例えば1回書き終えた感想記事がエラーで全部消えたからもっかい、なんてことになったら非常に辛いです
こういうのってその瞬間瞬間で思ったことや感じたことを発露するものですから、2回同じことしようとするのってすごくしんどいんですよね

それでも連載の仕組み上それをやらなければならないのは致し方ないのでしょうけども…
読み切り無しでいきなり連載にこぎつけられるような幸運はそうそう訪れないのでしょうからね


とりあえずヒロインの自由な感じはまあ有りかと思ったので、彼女をどんなふうに可愛らしく描けるかがひとつの分かれ目になるのではないでしょうか


食戟のソーマ

おさずけでしたー!!

コメ欄で総ツッコミされた通り、先週の俺の予想は大外れでした
くそう

田所さんとアリス嬢が見開きに来てるあたり、佐伯先生はわかってらっしゃいますね

純朴な田所さんとセレブなアリス嬢の下着対比はとっても見事に決まっていると思います

でも竜胆先輩の黒の方がエロい…
あの野性味あふれる竜胆先輩もちゃんとこんなにやらしい下着つけてるんだなーって思えて、安心して興奮します

竜胆先輩が「さずけられてしまった」ことに驚いた司先輩
思わず創真とえりな様の方に目を向けたのは、それほどのおさずけを発動させた2人に衝撃を覚えて、ということなんでしょうけども
創真とえりな様も脱げてるんじゃないかと思って確かめた、という発想が出てきたのはたぶん俺だけですよね


ところでこのおさずけ、一体どういう基準で波及していくんでしょうか

緋沙子ちゃんが勇気を出して言いたいことを言い切ったタイミングで脱がされたのはどういうことなんでしょう
えりな様の笑顔が、まるで脱がされた緋沙子ちゃんの様子を面白がっているように見えるw
何ていうタイミングでしょうかこれは

そして緋沙子ちゃんの下着がすごく手抜きなのである…
何ぞこれ
下手したら田所さんよりも垢抜けないような
それは従者としての矜持の一部だったりする…のか?


…さて

連隊食戟決着となった今回
ポイントとして見ておくべきことは3つでしょうか

1つ目に、えりな様の勝因はやはりその品を「食べる人」を思っていたかどうかという点にあったことですね

「誰かに美味しいと思ってもらいたい」という情熱
非常に端的なフレーズで表現されましたが、薊と創真たちの対決はまさにこの点をめぐる勝負でした

考察記事にて予想した対戦カードとは少し異なる形でしたが、核心に当たる部分は間違っていなかったと思っていいのでしょう

その情熱を否定する薊の言葉に司先輩が同調しなかったのも、司先輩には熱がないわけではなかったから
あくまで皿の上から自分の熱を消し去ることが彼のスタイルというだけであり、熱そのものは存在しているからですね


2つ目には、作中で初めて創真ママが登場したこと
後ろ姿だけというものではありましたが、これまで作劇の上では明らかに避けられていた部分ですから
それがわずかでも解禁されたのは非常に大きな意味があります

袖周りにゆとりのあるシャツにジーンズ?
少しロング掛かった髪型
とっても美人な後ろ姿です

創真を真ん中に、両親がそれぞれ手を繋いでいる姿
とっても普通に幸せそうな家族の光景です

創真ママについては今まで何の情報も明かされることがなく、それこそ作中に登場しないだけで生死すら触れられることはありませんでした
「既に亡くなっている」ことが雰囲気だけで何となく示されていただけですね
亡くなっていたとして、時期も不明だったわけですが

それが今回、創真にも母の記憶と思い出があるくらいには存命だったことが明かされました

小さな定食屋を営みながら、家族3人慎ましく…
創真にとって、そして城一郎にとって、最も幸せだった時間なのでしょう


3つ目は、創真ママが作中に登場したことで一層謎を深めることになったえりな様ママの存在です

創真ママと同じくえりな様の母親についてもこれまで一切描かれてきませんでしたが、ここに来て創真ママのほうが先に描かれることになりました
とすると、まだその詳細を秘匿されるえりな様ママについては創真ママ以上の核心的な何かがあると考えられるわけです

なぜならえりな様の母ということはすなわち薊の妻であるからですね
薙切の直系、仙左衛門の娘であることだけが設定上明かされているだけで、それ以外の情報は一切描かれていない彼女

創真と葉山との勝負時、もう1人の仙左衛門の子供としてアリス嬢の父である宗衛が登場しましたが
その時も、えりな様ママと彼の関係が兄妹なのか姉弟なのかさえ触れられませんでした

そして、創真ママと同じく生死は不明
亡くなってるらしいことが雰囲気で示されていた創真ママと異なり、えりな様ママの方はそういう雰囲気は少ないと言えます

とはいえ、ここに至っても登場してこないところを見ると、こちらも既に亡くなっていると考えるのが自然なように感じますが…

えりな様ママに関する謎として最も大きいのは、いかにして薊と連れ添うに至ったかということであるでしょう
薊も今はこんなですが、かつては遠月学園で第一席に辿り着いたほどの実力者です

城一郎の挫折によって歪んだ部分はあったでしょうが、それを隠していたのか、仙左衛門が1度は認めて薙切家への婿入りを許した男
この夫婦が、互いに望んでの恋愛結婚だったのか、それとも何かの思惑に基づく政略結婚だったのかという疑問は
そのまま薊がセントラルという機関を立ち上げる発想へ至った過程へと結びついていくことになります

それはすなわちこの連隊食戟の大本にあたるもの
出発点は城一郎の挫折ですが、そこから先の過程において重大な存在となる人物にあたるわけです


創真たちの勝利で連隊食戟が決着したことは、創真たちが十傑の席を総取りすることが決まったことになります
それはすなわち十傑過半数の賛同を得て学園総帥に就任した薊が、同じ方法で失脚することを意味するものであり、
おそらくは仙左衛門が総帥の座に返り咲くことになるのでしょう

学園の役職の方はそれでいいとして、あとは事後処理とその辺の因縁と過去にケリを付けることが必要ですね

回想とかガッツリ入ってくる感じになるのかなー


ゆらぎ荘の幽奈さん

センターカラーはヒロインの中でも上位の攻撃力を誇る3人娘の水着
ありがたやありがたや…

でも横向きのカラーは電子版だと首を傾けないといけないのがちょっとつらいのである
PCで見てる立場としては、せっかく電子版なんだから何とかならんかね、という気持ちもしてきます


そんな大きな娘さんたちのカラーの横に示されたサブタイは、コガラシくんちっちゃくなるというもの

ははーん、コガラシくんがちっちゃくなることとヒロインたちの大きさを対比させるカラー扉でもあったわけですね?
さすがミウラ先生考えることが一味違いますなあ


コガラシくんがちっちゃくなるというのを見て、幼くなっちゃうのはすでに1回やったなあと思いつつぺーじをめくりましたが
今度は体が縮小してしまったという話でした

うむ
なんでもアリ系ラブコメの鉄板ネタですね

そこで主な今週の担当となったのは千紗希ちゃん

今週の話は、基本的にコガラシくんを巡る戦線とは無関係なバカ回ですが
作中で最もノーマルなヒロイン(胸以外) である千紗希ちゃんが今週のお肌担当だったことにはとっても感謝の念に耐えないですね

いや、大体こういうのって複数のヒロインを順番に渡っていく形で次々に堪能していくはずなんですけども
今回ミウラ先生はあえて1人に絞って濃密に描いていくことになさいました

霊符の誤発動という原因であるゆえに、雲雀が外されて
小さくなって水着に入り込むという展開の性質上幽霊な幽奈も不可
狭霧はラストにコガラシくんを叱ろうとする側だから無理、という消去法ですかね


それにしても、胸も脇もお尻もおへそも色々と余すところなく描き切ったミウラ先生の構成力はさすがという他ないでしょう

サービスカット以外にも、シャワーの水滴が滴ってることで幽奈の位置に気づいた千紗希ちゃんが声をかけてるさりげない様子とか
指定水着の裏のパッドとかその用途という耳寄りな情報まで、微に入り細を穿つ迫真の構成にもなっておりました

ミウラ先生お見事です


 




リカの時間が結構面白かった2018年週刊少年ジャンプ23号感想

2018年週刊少年ジャンプ23号感想

次号の発売日的には、先週より今週号のが合併号っぽいな


アンケ順
鬼滅の刃
アクタージュ act-age
特別読み切り リカのじかん


・巻頭カラー 火ノ丸相撲
・ぼくたちは勉強ができない
・ノアズノーツ
・食戟のソーマ
・ゆらぎ荘の幽奈さん



鬼滅の刃

何やら時透が急に人が変わったようになってきていますね
炭治郎の台詞に影響されたことで、何かスイッチが入りやすくなてきているんでしょうか

ちょっと回想まで入り始めたのは、シリーズのメインを担う今回の柱が時透であることを示すものなのでしょう
とすると蜜璃ちゃんは単なるゲスト的出演だったんだろうか…

その回想で明かされたのは、時透が記憶喪失らしいこと
おそらくは鬼に襲われて身寄りを失ってしまったとかそういう感じでしょうか

その時のショックで記憶を失ったというのはいかにもベタなパターンですが…

記憶を失ったことをお館様が「霞」と評しているのが巧妙ですね

霞の呼吸を使う剣士として2か月で柱になったという時透
その彼の頭の中には霞がかかっていると

お館様の声が時透に響いているのは、f分の1ゆらぎのためでしょうか

色々と割り切った考え方でマイペースな態度だったはずの時透が
積極的に状況に流されている様子はまるで少年漫画の主人公のようです

これは読者への印象転換という点では非常に上手い方法ではないかと思います


本物の主人公の方は、分裂して強くなる上弦肆を相手に、何か狂気すら含んだ表情を見せ始めていますよ

分裂の度に強くなるわけではないことに気づいて若干の勝機か希望を見出したのはいいんですけど
何すかあの顔は

主人公が見せる顔じゃないような気がするんですけど

でも「お前もな」とかやだちょっとカッコいい…

このまま新たな刀が来るまで耐えることになんのかな?
玉壺のほうは鉄穴森のほうを襲ってるとすれば、柱が向かったことはとりあえず初動としてOKなんでしょうけども…


アクタージュ act-age

やはり監督は対照的な2人をあえてぶつからせる撮影をしていた模様
彼女たちが持つ正反対の資質に気づいているんですね

思い返してみれば2人は代わりばんこに監督のもとにやって来ては
それぞれ「アイツを何とかしてね」と言われていました
完全に監督の狙い通りなのでしょう


先週の感想で「主演夜凪状態」だと書きましたが、今週は百城が主役の座を取り戻す百城のターンでした

感情を直接ぶつけられるシーンにおいて、静かに美しく佇んでいられるというのは
それだけで目を奪われてしまうもの

思いがけない動作で注目を集める景に対して、
予想以上の仕草で存在感を示す百城

動と静のような対比がそこには込められていると考えてよさそうです


だから、やはり撮影のクライマックスは2人の場面
景にとって演じにくい内容になっているのは当然の展開ですね

百城をかばって死ぬ演技
危惧していたとおり、景の中で納得できない台本になっているようです

その時置かれた状況で「自分」はどう動くか、を演じてしまうメソッド型において
「たぶんそんな風にはできないだろうな」と事前に思える行動が台本に書かれているのは致命的なことです

前提としては、景が百城に対して「この状況でなら代わりに死んでもいい」と思わなければならないわけですが
それ自体はただの必要条件です

その条件の上でメソッド演技の欠点である「俯瞰」を景がどのように駆使・会得するのかというところが描かれなければ
このデスアイランド編は幕を引けないでしょう

そこを作者がどう処理するか、楽しみにしましょう


特別読み切り リカのじかん 仲間りょう

すいません
面白かったのは面白かったんですけど
感想超書きづらいですwwww

とりあえず、「くばれ」と「くたばれ」は結構好きwwwwwww


巻頭カラー 火ノ丸相撲

今週はもう刃皇会議が全部持ってった感じだよなーw

部長の番付公開も注目するところだったんですけど
刃皇会議て

あれは卑怯だろ…

どう見てもマサルさんです本当にありがとうございました

刃皇はいくつもの顔を持ってる、って話から脳内で会議し始める展開になるとかどんな横綱だよw
横綱は神同然みたいな話だったのに、こんな神がいてたまるかwww

48回もすんなwwww


しかし、あえて煽る結論を出した刃皇に対するレイナの反応がやっぱり今ひとつですね

刃皇の言う相撲への愛について、レイナは火ノ丸以上にそれを抱いてる力士はいないと思っている
それ自体は火ノ丸を認めているという点でいいことなのかもしれませんが、裏を返せばレイナの劣等感にもなっているんですね

火ノ丸の中で、自分の存在が相撲以上になることはないと思っている
だから死にたがろうとする火ノ丸に対しての接し方に惑いが出てしまうのです

つまり、レイナの方に覚悟が先にいるってことになりますかねえ
火ノ丸の中には相撲に対する誰よりも重い愛があることを理解しながら、自分のことも想ってもらえるように

そのために火ノ丸に何をしてあげればいいのかってところで悩んでいるレイナですが
まずは自分と相撲を比べるのをやめるところからなんでしょうねえ


ぼくたちは勉強ができない

おお…
桐須先生がマジで1位取ってくるとは思わなかったよ…

可能性はそこそこあるかなーとは思いつつも、1位はうるかだろうと思っておりました
だって一番ラブコメしてるヒロインですからね

自覚的にラブコメやってるヒロインだし、褐色だし、D判定だし、そら1位になるだろうなあとばかり思っておりました

それがまさか先生とは…


センターカラーの水着がやたら美しいじゃないですか
なかなか似合ってると思います

以前海で失くしてたビキニとはだいぶ違うデザインのようですが、カラー用に綺麗な水着にしてくれたんですね筒井先生


そんで2位が文乃ってのもだいぶ以外だったんですよ
1位うるかで、2以か3位あたりに桐須先生が入って、次に理珠と文乃が続けて入ってくるくらいかなーとか思っておりました

まさか2位とは
ごめんなさい舐めてました

ときに、どうして「唯我文乃」票は別集計なんでしょうかw


主人公が割と上の方に入ってくるかなーというのも思ってましたけどもね
一部じゃヒロインはむしろ主人公とか言われてるらしいので、ひょっとして3位くらいに来るんじゃないだろうなとか

まあ7位っつっても結構高いほうな気はしますけども…


本編の方はねー
ちょっと今までとは若干毛色の異なる中身でしたね

わかりやすいシチュエーションでヒロインの誰かがお肌を晒すことになるのではなく
ただ主人公の脳みそがバグっただけという

桐須先生がメインだったのは1位のお祝い的な側面もあるのかもしれませんが、
それにしたって先生の身には今回何も起こってません

ただ主人公の脳みそがバグって視覚情報の処理に不具合をきたしただけです
コスプレ回のような形でいろんな衣装を桐須先生に着せてはいますが、実際に先生が着たわけではありませんね

主人公の脳内に現れた姿がやけに具体的かつ精緻に描かれただけです

その辺がね
明らかに都合のいいシチュであっても一応状況づくりをしてきた今までからすると、ちょっと意外かなと言う感じがしました


しかしそれ以外の本筋的部分ではしっかり深く描かれていると言えるでしょう

桐須先生が主人公がこれまでやって来たことを「長所」という形で認めたこと
これは結構大きいのではないでしょうか

もちろん今までの回でもそれなりに認めているかのような描写はありましたが
酔いにまかせたくらいで、ここまではっきり言われたことはなかったんじゃないかと
俺が忘れてるだけ?

「才能」の味方である桐須先生が、主人公の「長所」を認めた
じゃあ「才能」と「長所」とはどう違うかというのが疑問として浮かんでくることになりますね

似ているような気はしますが、全く同じものでもないでしょう


そしてもう1つ
大学受験のための面接ということで、練習のための模擬面接をやった今回

最初のコメディ部分で理珠と文乃が揃って桐須先生の圧迫面接に撃沈していましたが
オチではそれを悔しがる2人が面接対応の勉強に必死になっている姿が描かれました

ここで重要なのは、悔しさとともに必死になってる2人の様子はそのままあしゅみー先輩が言ってたことと重なるってことですね

「向いてない」という言い方とはまた異なる部分で不十分なところを突きつけられた2人が
それでもめげずに頑張ろうとしていること

桐須先生の圧迫面接は、2人の反骨精神をさらに強めてくれたわけです

高3になっても諦めることなく1話を迎えていた時点でそれなりに反骨精神があったと言っていいんでしょうけども
今回それがさらに鍛えられたと

うるかが今回の面接に出てこなかった理由もそこにあります
彼女は別に「できない」ことを目指そうとしているわけではないからですね

うるかの「できない科目」は英語ですが、別にアメリカ留学とかを目指しているわけではありません
スポーツ推薦における試験科目の1つに英語も入ってしまっているというだけで、「得意」に付随する障害なんですよね

水泳が得意なのに陸上をやろうとしているわけではありません
英語が苦手なのに通訳になろうとしているわけでもありません
うるかがやろうとしているのはあくまで水泳

もちろん将来的にその成績と実力を認められて海外の大会に出たりするようになれば
多少の英語くらいできないと困ることになるでしょうが、絶対に必要というわけではありません

才能と逆の分野を目指そうとする理珠と文乃にはあしゅみー先輩の言う反骨精神が必要ですが
うるかの動機として必要なものはまた別にあるということですね


読者サービスの部分はともかくとして、物語の大事なところはしっかり深められていた回だと思いました


ノアズノーツ

新キャラは男だった模様
ミライちゃんが水着で出てきた時点で新ヒロインの線はなくなったと判断しました

先週わずかに抱いた希望はただ儚いものだったか…

でも岬ちゃんがなかなかいい感じなので許したい
この娘の攻撃力はなかなか侮れない数値を持っていそうですね

ミライちゃんと岬ちゃんは番外編とかで絡みがあるのを楽しみにしたい…


新キャラの方は、悪友とか言いつつ、何やら喧嘩っ早いところも見せているところからすると
まあ昔から張り合ってる仲だってことなんでしょうね

それでも教授が自分から連絡して呼んだわけですから、それなりの信頼はあるものだと考えていいのでしょう

次はセイレーンの歌とバミューダトライアングルが出てくる模様
どんなハッタリをかましてくれるんでしょうかね


食戟のソーマ

化けるふりかけそのまんまだったー!

ええー…
それはちょっと残念だな

何か一捻りと言うか一工夫してくるもんだとばかり思っていましたが、そのまんま使ってくるとは
いや、ふりかける対象がごはんじゃないだけ工夫されてるんですかね

それを見せられても薊の姿勢は全く揺るがないようです

皿も否定し、それを作り上げるために全身全霊を込めたえりな様の姿すらも否定
そんな必死になる熱なんてものは全く不要なものなのだと断じてしまいました

それは、自分の皿に熱は不要だと言い切った司先輩と重なるようでありながら実は違うものですね

薊が言っているのはもっとスマートに、静かに余裕を持って一皿を作り上げろということで
言い換えれば、一皿一皿にいちいち思い入れを持つなということです

しかし司先輩が信条としているのは、調理する際に込められた自身の熱を皿の上に表現しないこと
思い入れは存分にあるんですよね

あるからこそ「完成」にこだわりもするわけで

熱を否定する薊の言葉の次に、創真とともに司先輩が描かれたのはそういうことなのでしょう

しかしえりな様はそういう薊の言葉も受け止めた上で、「それでも」と応じる
それは仙左衛門が教えた「わがまま」の範疇なんでしょうか

薊が父であることも認識し、その教えも認めた上で、「でも自分はそうは思わない」と答える
だから「不良娘」と自称したんですね

もちろんSHINO'sで創真が作った料理名のトレースです
えりな様がそんな事情まで知ってるとは思えないんですが、まあいいとしましょう


その品を口にした薊は、予想外の味に驚きを見せながらもこれまでの姿勢をさらに頑なにしていました
食べる前に完全否定したえりな様の料理に対して、思いがけず認めかけてしまっていることの裏返しなのでしょう

つまりいよいよクライマックスということですね
この頑固な親父がいかにしてえりな様を認めるに至るのか

作者に期待してページをめくったら…

…何か急に誰か来たみたいですよ
すっごい不自然な展開なんですが、何なんでしょう

ちょっと予想してみましょうか


①城一郎がやって来た

とりあえず一番ありそうなのがこれですかね
この連隊食戟を焚き付けた当人であり、そもそも薊の動機の根本になっている張本人である城一郎

直前まで薊が回想していたのは城一郎のことですから、ここに彼がやってくるのは
話を進める上でおかしなことではないでしょう

えりな様の品によって薊に変化が現れたっていう感じじゃなくなるのが気になりますが

ていうかそもそもを言うなら、この連隊食戟に一番関係ある奴なんだから最初から会場にいろよって話ですけど
自分を対価に差し出しておきながら、今までどこで何やってたんでしょうか


②頑なな薊の様子を見て仙左衛門がキレた

城一郎じゃなかったら次に何かしそうなのは元学園総帥の仙左衛門ですよね

仙左衛門が来た、でもいいんですけど、お題の提案をした時から会場内にいたはずなので
彼が音を立てる何かをしたとするならその辺の壁でも蹴ったのかと

まあここで仙座衛門が割って入るのはすごい不自然なので、
やるならせいぜいどっかほっつき歩いてた城一郎を連れてきたってくらいでしょうけども


③惨敗しまくった叡山が薊に反旗を翻した

こっから展開予想としては大穴です

創真に負けてタクミにも負けて、すっかり恥を晒しまくった結果
ブチ切れた叡山が手下のチンピラたちとともに蜂起した、とか

何か「きゃあ」とか言ってるんで襲われた感がないこともないんですよね


④テロリスト集団が会場を襲撃した

誰もが授業中に必ず考えるアレですね

教室になぜか突然武装したテロリストの集団がやって来て、大混乱する中でなぜか自分だけが活躍するという

バァンバァンとかまるで銃声みたいな音がしてますからね
「きゃあ」と合わせてもおかしくない展開です

それをここでやるとすると、連隊食戟会場をテロリスト集団が突如襲撃して
ギャラリーはおろか審査官たちも創真たちも十傑たちも襲われようとする中で
なぜか薊が大活躍して事態を収拾する

それによってみんな薊万歳となって勝敗も決し、連隊食戟は終了
心を入れ替えたえりな様も創真も薊に従うようになり、学園の改革も料理界の浄化も順調に進んでめでたしめでたし

『食戟のアザーミ』完!

…みたいな

あれ?


ゆらぎ荘の幽奈さん

【速報】狭霧の胸はスライム

幽奈の時はマシュマロだったっけか?
狭霧はスライムか
ほうほうふむふむなるほどね

…すみませn取り乱しました


狭霧回です

お風呂で洗うのは左手から!
ってその情報いるのか?

ファンレターとかで質問が多かったんでしょうか
扉絵描くついでに明かしてやるかみたいなことなんでしょうか
それを聞きたがる人がいることは知っていますが、その心理はわからんな…


朧の自覚から、告白した雲雀が一歩進んだ立場となり、先日までのデスアイランド編惚れ薬ゲームを経て
狭霧の自覚に踏み込んだ話を持ってくるとはさすがミウラ先生
構成に隙がありませんね

しかも最後は結局別に自覚するに至ったわけではないあたり、まだまだ焦らす意図が窺えます


しかし朧が自覚したことを自ら狭霧に話すとは意外でしたね
取り立てて秘密にしておくキャラではないんでしょうけど、最初に話すのが狭霧とは

愛人志望の意味が分けのわからない方向に進化しているのも意外

「いつの間にそこまでこじらせた!?」って狭霧のツッコミがすごい軽快なのである


浦方に相談した結果、惚れてる皆がやってることを狭霧もやってみるという展開になるのが完全に頭悪いです(褒め言葉)
こういう時に浦方は便利ですね

「あーん(ハート」が「あ~ん!?(ビキビキ」になるのは鉄板のパターンですがやはりウケました

天井に下着姿で張り付いてる姿もやたらとシュールです
ていうかコガラシくんは少しくらい気づかないのか?
明らかに霊力使って天井に張り付いてるのに、ちょっとくらい何か感知しないのか?


その上「布団に忍び込ませてくれ」と言われて、普通に寝てられるとか
コガラシくん超大物

生来の真面目さ故に意味不明な任務内容を本人に許可取ろうとする狭霧も狭霧ですが
やむなくそれに応じて、そんで普通に寝ていられるコガラシくんもすげえですよ

さすがのイケメンですね

コガラシくんくらいのイケメンになると、寝言でときめかすことさえ可能と


…で、3つ全部やってみた結果全然平気じゃなかったということになったみたいですが

まあね
読者からすれば、ほんとに嫌ならそもそも実行しようとしないわけですからね
「何をやっているんだわたしは?」と疑問を抱きながらも実行してる時点でお察しなんですけども

ミウラ先生はまだまだ引っ張るようです
まあヒロインズにおける彼女の特殊性というか、特徴的な立ち位置ですから
そう簡単に失くしてしまうわけにはいかないのでしょう

あるいは、狭霧については「気づいたらお前しかいなかった」みたいなルート展開が構想されているのかもしれません
何かこう自然に「そういうことになっていきました」的なね

いやまだまだこの作品からは目が離せませんな


 




鬼滅の刃で重大情報が明かされていた2018年週刊少年ジャンプ21・22合併号感想

2018年週刊少年ジャンプ21・22合併号感想

次号予告ページ、水曜発売の事実に火ノ丸キレ過ぎだろw


アンケ順
鬼滅の刃
アクタージュ act-age
食戟のソーマ


・ぼくたちは勉強ができない
・ノアズノーツ
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん


鬼滅の刃

扉絵は分裂した鬼を前に戦慄している炭治郎と禰豆子ちゃん

禰豆子ちゃんはその状態になるな、って言われたはずなのにまだ解除してないですね
ツノまでは出てないようですが…

半天狗の急所は頸ではない
急所を隠したり移動したりする力を持っているということでしょうか

炭治郎が敵の性質に気づくのが早すぎるような気もしますが、まあいいでしょう

斬ったら斬っただけ分裂するとは面倒な相手です
その上分かれたそれぞれが異なる能力を持っている模様

台詞からすると喜怒哀楽それぞれに応じた性格なんでしょうか
すでに先週の時点でそれを看破している人もいたみたいで、すごいですね

喜怒哀楽なら4体までですけど、まだ分かれることはあるんですかね
4人揃った状態が一番強くなるのはもちろんでしょうが、倒すチャンスも4人揃ってないと生まれないようにも思えます

ただしそいつは上弦肆の鬼
4体の連携とかコンボ能力とかがどうなのかはわかりませんが、倒すチャンスなんてそうそう見つからないでしょう


妓夫太郎戦の怪我がようやく癒えてきたばかりだと言うのに、上空からふっ飛ばされてまたしても大ダメージな炭治郎

必死に繰り出したヒノカミ神楽で、自分を掴んでいる敵の足を斬ったはいいが、その足から顔が再生してくるとはヤバイ状態ですよ
今しがた食らった口からの攻撃を、今度は全く動けない状態で食らおうとしてるんですから洒落にならない状態です

これは誰か来ないと切り抜けられないんじゃないか…?

そもそも4体に分裂した上弦相手に禰豆子ちゃんまで入れても3人しかいないんじゃ
数で負けてるんですよね

上弦を相手にするのに柱の存在は必須ですが、人数さえ負けてるようでは話になりません

じゃあ誰が来てくれるのか


ここはぜひカナヲちゃんに来てほしい

同じ試験に受かった5人のうち、いつも伊之助と善逸とばかり一緒だった炭治郎
せっかくここに玄弥がいるのなら、残る1人カナヲちゃんも参加してほしいなと言う気がします

玄弥もカナヲちゃんも、まだ作中での実力描写は全然ありませんからねえ

5人それぞれ五感の1つずつをずば抜けた才能として持っている彼ら
今までの内容からすると、玄弥は味覚でカナヲちゃんは視覚に秀でていると考えられます

頸が急所ではない半天狗に対して、弱点はどこか見極めるんだと炭治郎のモノローグ中にありましたが
「見極める」となると視覚のカナヲちゃんの得意分野になるのではないでしょうかね

里に来た理由は、病み上がりの炭治郎が心配だったでもいいし、襲撃の事前情報にお館様が気づいてたとかでもいいですよ
個人的には、刀はどうもなってないけど何とかして里に行くためにしのぶさんをごまかしたとかだといいな


遠くに飛ばされた時透は、急いで戻る途中に術で作られた鬼の刺客と戦う小鉄少年を見かける

やはり、急に反応して見せていたのは炭治郎のあの台詞だったようです
今なんて?とか聞き返した割にしっかり覚えてるんじゃねーかw

やっぱお館様から前に言われた言葉だったりするんですかねえ
それくらいでもないと、あの台詞に反応するだけでなく影響されて行動まで変えちゃうことの説得力が弱くなりそうですけども

そしてやはり玉壺はフリーなのか?
小鉄少年を襲っていたのは陽動的なアレで玉壺がばら撒いた刺客の1つだったりとか



いつもは話が始まる前のページにある鬼殺隊報が、今回は後ろに載ってました
何となく見てたら何か重大情報が書いてあるんですけど

柱になるには、階級を一番上の甲まで上げることと、鬼50体か十二鬼月を倒すことが必要だそうな

いずれ作中で出てくるんだろうと思ってた部分がこんなところに書いてあるとは…
ていうか時透はこれを2か月でやったのか
ヤベー奴だな

階級はともかくとして、50体か十二鬼月ですか
柱合裁判の時にお館様が「十二鬼月を倒しておいで」って炭治郎に言ったのは、つまり柱になっておいでって意味だったんですかね

十二鬼月は下弦の陸でもよかったんですかねえ
元下弦陸なら割と初期の頃に炭治郎倒してましたけど

そんで「倒す」っていうのもどの範囲までを指すんでしょうか
サシでの戦闘じゃないとダメなんですかね

煉獄さんに助けられて下弦壱の魘夢を倒せたこととか
宇髄との共闘で上弦陸を斬れたとか
そういうのじゃだめなんですかね

鬼一体が相手でも複数人でかかるのが基本的な戦術なんでしょうが、その中で「主力」と見なされるだけでもだめなんですかね

今の柱たちが基本的に継子以外を連れずに行動しているっぽいところからすると
実力や階級が高くなっていくに連れて単独での任務割合が多くなるんでしょうか

そういや煉獄さんが亡くなった後の炭治郎たちは割と単独任務にも行ってましたね
倒した鬼の数は単独任務の時しか計上されないのかな

柱になるにはおよそ5年かかるとされているとか
十二鬼月と遭遇しなければ、年間10体の鬼を倒さないといけないわけですか

1度負傷すればその完治に何ヶ月かかかることを考えると、年間10体はかなり厳しい条件ですよ
単独任務の時しか計上してもらえないならなおさらです

でもそれが普通くらいの基準なんですね

1度や2度の戦闘で全治数ヶ月の負傷をしているようじゃ話にならないと
全然負傷することなくサクッと斬って、そのままインターバルなしに次の任務に行けるくらいじゃないと柱なんてなれないということでしょうか

十二鬼月を倒すというのもねえ
鬼殺隊には伝わってないでしょうが、今となっては下弦が解体された十二鬼月は六鬼月ですからね

上弦最弱の妓夫太郎相手にあんだけ掛かったわけですから、それ以上の肆や伍を単独で倒すなんて無理な話でしょう


さらにもう1つ、呼吸の種類についても興味深い話が載っていましたよ

呼吸の派生について、何と蛇の呼吸は水の呼吸の派生だそうです
マジか

水から蛇てどういう派生なんだ…
じゃ虫もか?虫も水とかなのか?

そんで、音の呼吸は雷の呼吸から派生しているとか
これは何かわかるような気がしますね

ていうか、それなら善逸と宇髄の共闘はやっぱ要注目なやつじゃないですか

雷の呼吸を使う隊士にして、聴覚に優れた善逸と
雷の呼吸から派生した音の呼吸を鍛えて柱となった宇髄
超興味深い戦闘じゃないですか

なのにどうしてそれがなかった…


極めるべき呼吸は日輪刀の色で判別されるとか
これ、すでに色と呼吸の関係がわかってるならいいんですけど、はじめての色が出た人はどうすんですかね

炭治郎の黒はどの呼吸の色なのかわからないというのは最初から言われてましたが
他にもそういう色あるんじゃないでしょうか

恋の呼吸とか何色だったんだよ
ピンクか?


アクタージュ act-age

前回フレームの外でゲロを吐きながら本番撮影を乗り切った景
見事に周りからゲロ女と呼ばれるようになっているようです

ゲロ女て
そこはゲロインだろジャンプ的に考えて

でもゲロ女ゲロ女言われてるところで景が着てるTシャツが変なカエルなのは絶対作者わざとだよな…
あれでしょ、ゲロゲーロみたいな?
アホかw

本番撮影時のゲロは良くも悪くも現場に大きな影響を与えている模様
まあそりゃそうでしょう

すでに有名になっているスターズの役者たちはどちらかといえば否定的
中でも一番は百城ですね

正反対の性質を極めている彼女ですから当然の反応でしょう

カットがかからなかったことで台本にない飛び込みを実行した景のおかげで、その日の撮影は予定より3時間遅れで終わったとか
これは初日、他人のNGさえキャンセルして3時間早く終わらせた百城とのわかりやすい対比であるのでしょう

しかしその芝居自体には監督も好意的なようです
今のところは、ですが

現場の状況を見かねた百城が直接文句を言いに来ましたが、殺し合いみたいでいいじゃない、とは意外な返答でしたよ

殺し合いの映画を撮ろうとするのに、現場や共演者の空気までそれに似せて緊張させるようにする
映画監督のやらしい撮影技術としては確かにありそうな感じですが、この監督の狙いはそれだけではないようにも見えます

そもそも、景の演技に対する賛否の感情で現場の空気が変わっているということは
今の撮影の状態が「主演夜凪」であるとも言えます

もちろん百城だって別のところで撮影は進めているんでしょうけど、それはおそらく周囲にとってはいつもどおりの光景
景の予想もつかない芝居と行動に対する感情が強く出ているのだとしたら、景の存在感が現場を支配して百城を食ってしまっているということになるのです

だから監督は「いつものようにまとめあげて」と言ったんですね
お前主役だろ、と

あるいはさらに、この2人が正反対の性質を持っていることに気がついているのだとしたら
共演者をまとめようとして状況俯瞰をいつもより強く発揮する百城に、その俯瞰技術を少しでも盗もうとして余計に予想外の芝居を見せる景とをぶつけることで
何か面白いことになるかもしれない…とか考えている可能性も出てくるでしょうか

つなぎの回だった今週
次に話が動きそうなのは、百城と景がともにカメラに映るシーンでしょうか

場面の内容にもよるでしょうけど、想像するだけでめちゃくちゃになりそうな予感がしますよ


食戟のソーマ

えりな様の必殺料理お披露目

…のはずでしたが、まだ焦らすようです

薊の前に司先輩と竜胆先輩に食わせて軽くジャブ
わざわざワンクッション挟んできましたよ

もったいぶるのは、それだけこの品にぶっ込んだ要素が多すぎるからなんでしょうね


まずこの品が親子丼であるという断言
それはもちろん、SHINO’sで創真が作ったアレを意識しているものでしょう

フレンチの概念で親子丼を再構築したあの一皿
先の前菜に合成した品の1つですから、それを超えるためにえりな様が作った品に同じ要素があるのは不思議ではありません

創真がフレンチの概念で再構築したものを、えりな様はそれ以外の技術と概念まで取り入れてさらに組み上げたと考えられます

しかしそんなことよりも注目するべきは、食戟の勝敗と自分たちの将来とが懸かったこの最終局面で
審査員の親父に出す料理が親子丼だったというところであるでしょう

えりな様と薊の間にあるもの
かつての「教育」や学園を巡るいろいろよりも先に、まず親子であるという前提を持ってきたわけですね
それを、いろいろ駆使して「再構築」した

つまりそれは、自分たちの親子関係に対する感情をもえりな様はこの一皿に込めたのだということができるでしょう
果たしてそれは如何ほどのものなのか

見ただけでわかると切って捨てる薊に、神の舌を持つえりな様が皮肉で応じるのはなかなか強気だと思いましたが
それだけこの皿に込めた感情が強いからなのでしょう

そしてゲソピーとはもちろん、創真が好んで作っていたゲテモノ料理
それすらも取り入れて味を完成させることで、創真以上の領域にいる自身の実力を示したわけです


さらに、最後に示されたもう1段階の変化
「化ける」との表現があえて使われているのは、創真がえりな様に初めて食べさせたあの品が意識されているからでしょう

手にした小皿に何が入ってるのかは知りませんが、とりあえずふりかけるんでしょうねえ

親子丼に何をふりかけたらどう変わるのかってのは全く予想が付きませんが

ただしこの「化ける」においては、薊の反応は非常に重要なものとなります
なぜなら、あの時創真の品を前にしたえりな様と同じ状態であるからですね

かつてのえりな様は薊の教育の残滓を抱えたまま、高級美食の一面に囚われていました
それゆえ、創真が見せた品に対して先入観からの大否定を繰り返していたわけですが…

ここでのえりな様と薊はまさにその再現です

ならば、この品に対して薊がどう反応するかというのは、あの時からの物語の進行を象徴する重大なシーン

食うと言ったからには食うのでしょう
問題はその後

かつてのえりな様は、その味に腰砕けになりながらも意地だけで「不味いわよ」の言葉を絞り出していました
果たして薊もそのような反応を示すのかどうか

予想もしなかった味に動揺して、おさずけまで超発動させながらも涙目で「ダメだ」とかつぶやいたりするのか否か

じゃあ次にはその判定をどうやって覆させるのかというのが問題になってくるわけですが
ここにもう1つ見落としてはならない要素が残っています

某マロンな方も指摘されていましたが、本作では今まで、勝負や食戟の審査員と名のついた人たちは
出されたその品に対して味の評価を偽らないんですよね

個人同士の食戟や合宿や選抜での審査員はもちろん、叡山が仕組んだ八百長食戟の審査員や
進級試験で謀略を仕組んだ審査員たちでさえ、口にした品が美味ければそれを偽ることはない

ろくな材料を用意しないという方法を仕組んだ進級試験のクソ教員たちは、それでも創真たちが何とか作り上げた品が美味ければ
不本意な顔をしながらも合格と判断していました

叡山が連れてきた八百長審査員たちも、創真の品を食ったからにはしっかりその味を認め、判定ボタンを押していました
甲山先輩の食戟の時は食う前にボタンを押していましたからね

食べればその味に嘘は言わない

これが本作の審査員における暗黙の理解なのです

然るに、それを守らなかった人物がただ1人
えりな様ですね

創真の入学試験で、「化けるふりかけごはん」を口にしたえりな様は
その味に明らかに身悶えするほど蕩けながらも、「不味いわよ」との評価を下しました

これが、作中で唯一味の審査に不正があった瞬間
そしておそらくは、えりな様が初めて舌に嘘をついた瞬間

だとすれば、それを再現している今回の薊が、えりな様の必殺料理を口にした結果として
崩れるように負けを認めてしまえば、あの時舌に嘘をついたえりな様よりも薊のほうが「まとも」だということになってしまうでしょう

ここまで物語と学園を引っ掻き回したラスボス的存在の薊がそんなことでは済むはずがありません

食べても認めずに、美食に関する御高説をのたまうのでしょう
まあそもそもお題が真の美食ですから、それ自体が間違っているわけではないんですけども

では真の美食というお題に対して、創真とえりな様の品はどのように位置づけられるのか
創真もえりな様も、それぞれの一皿に対して物語の今までを踏まえた色んな要素が組み込まれてはいますが
結局のところお題に対してそれがどうなのかというところに勝敗は委ねられることになります

そこがねー
今いち予想がつかないと言うか
どんな理屈を持ってくるのかわからないところなんですよねー

創真とえりな様、司先輩と竜胆先輩
それぞれのコース料理がそれぞれの価値観を表していることはわかるんですよ

セントラルは、皿の調和や味の完全性を重視するゆえにコース料理もそれぞれの品がしっかり合うような料理を作り上げました

対して創真たちは、俺のお前の食戟でもあるんだぜというように、調和どころか互いにぶつかり合う始末
それは、自由な発想を持つ料理人同士が研鑽することでさらなる高みへ登っていくという
仙左衛門体制下における学園の理念が体現されているものです

革命の是非が連帯食戟の出発点でもありますから、その最終戦がそうした勝負になることはおかしくないんですが
では決着をどのように理屈付けるかというとちょっと浮かんできません

残る伏線として、竜胆先輩の怯えとやらが関わってくるんですかね
それともこんなお題を提案した仙左衛門の意図が何かしら働くのでしょうか

まあまずは次回
すました顔の薊がどんな反応を見せるのかを楽しみにしておきましょうか


ぼくたちは勉強ができない

理珠に文乃にうるかと来て、今回はあしゅみー先輩
しっかり順番通りになってるんですけども…

登場順としては桐須先生が先なはずなのに、この前2学期が始まったばかりの時もうるかの次はあしゅみー先輩だったことといい
なぜなのかがよくわからんな

年齢順なのか?


左手を捻挫した先輩と、それに責任を感じる主人公とでコメディを作りつつ
痛みを我慢していた彼女の本音を知った主人公というところでガチなところも描いています

しかしまあ相変わらずあしゅみー先輩は小悪魔的なヒロインとして描かれますね
それでも読者に反感をもたせるような描写になっていないのは筒井先生のバランス感覚なのでしょう

主人公への態度はともかくとして、頑張ってる娘であることは間違いないからですね


そして主人公はブラジャー外すのに慣れてますね

ラブコメの主人公でブラジャーのホック外すの慣れてる奴とか初めてかも知れん…
筒井先生はまたラブコメの新しい地平を開拓したんでしょうか

ていうか、いくらカーチャンのバイト先で外した経験があるからって上手くなるもんなのか?
話としてはだいぶ前の内容だぞそれ

それとも責任感からくる集中力が未知の構造を合理的に解釈させることに成功したんでしょうか


そして親父は今までにも増して馬鹿なのである…

娘好きなあまりうざがられるほどベタベタして、彼氏とか絶対認めようとしない理珠父
家にいることもほとんどなく、いたらいたで威圧的?らしい文乃父
娘とラブラブな彼氏の存在を手放しで喜び、式や孫のことまで妄想するあしゅみー父

5ヒロインのうち3ヒロインの親父がそれぞれ異なった描かれ方をしていますが、これは対比的になってるんですかね

うるかは親父ではなく母親が登場しています
そんで別に何か飛び抜けてるわけでもなく、普通のお母さんですね

娘の感情を察するのに長けていたりする様子は、同じ女としての経験値なのでしょう
父親が登場する3ヒロインは、それぞれの形で父親がルートの「障害」になっていると捉えることができますが
弁当作りをニヤつきながら見ていてくれるうるか母は、むしろうるかルートを支援するポジションにいると言えるでしょう

桐須先生の場合、登場しているのは親ではなく妹でした
親とは何やら関係がよろしくないらしいことが匂わされていますが、妹も妹で勝手に勘違いをこじらせているので
ルートの障害か支援かといえば障害に近いかもしれません

でもまあ誤解が解ければ支援の方になる可能性は残っていますから、現時点ではどちらでもありうるというのが正確ですかね

こうしたそれぞれの親や家族との関わりも注意しておいたほうが、より話を楽しめるでしょうか

つって、エンディングに向けた一番の障害は主人公の妹であろうことは間違いないんでしょうけども(;^ω^)


ノアズノーツ

脱出すでに終わってたw
これはテンポいいなw

見つけたアイテムの中身はともかく、今週もしっかりミライちゃんはバカでした


「書けるか!」が結構好きwww
風呂入りながら1人でボケて1人でツッコんでるのが割と気に入りましたよ
確かにそら書けんわw

「先生とイタリアなう」じゃ駄目なんでしょうね
居場所を自らバラすことになりますからね

あれ、でもこんなアホヒロインならツイートの現在地情報とかオンのままな気もしますが


持って帰ってきたアイテムからは、期待通り重要な情報が見つかったようです
それを受けての次の調査には新キャラも登場してくる模様

女…か?
立ち姿のコマからすると、胸部には若干の膨らみがあるように見えますが

頭が悪くて胸のでかいギャルヒロインに対して、頭が良くて胸は小さなボクっ娘ヒロインとすると
それなりに対照的なヒロインの位置づけになりそうですが

どっちかな?


火ノ丸相撲

鬼丸の9月場所新番付は前頭三枚目
十三枚目からずいぶん上がりましたね

その番付表を持って火ノ丸が向かうのは、墓参りでした

レイナの初運転でとはなかなか大変でしたね(;^ω^)

レイナめっちゃ猫背w
いや緊張してるのはわかりますけども

素直に一番左の車線走ってればいいのに、右の車線いっちゃってるあたりがもう心配すぎるのである
いやもうすぐ右折するところなのかもしれませんけども


今までもこうして番付表が出る度にお墓に届けてたんですかねえ
2か月ごとに、上がった時も下がった時も

いや、下がった時は持っていかなかったかな?

墓参りの後は親代わりの祖父母宅にも
雰囲気にごまかされますが、どう見てもレイナの親紹介なのである…

夏の間は何もなかったとか言って、今回進展してるじゃねえか

相手の実家で楽しく団欒して、花火とかして、そんで同じ部屋で寝てるとか
どう見ても進展してますね

ただそれは傍から見たらと言うだけで、本人たちに全くそんな気はしていないのでしょう


どうやらこうしてみると、覚悟が必要なのはレイナの方であるようにも思えますね

先週の感想で触れた「帰る場所」というのは、まずはレイナが火ノ丸にそれを言えるほどの覚悟を固めなければならないということになるでしょうか

おばあちゃんが何やら持ってきたディスクは「火ノ丸の」の後があえて隠されているようです

「気が早いって怒られそう」「母親に似てるような気がする」
ここから推測するに、火ノ丸のお嫁さんになる人へ、とかそんな感じでしょうか

亡くなる直前に準備された火ノ丸母のビデオレターですかね
火ノ丸宛ではなく火ノ丸を大切に想ってくれる人へ向けたメッセージ

レイナが覚悟を固めるのに、それはなかなか打って付けなものなのかもしれません


そのディクスの中身は明かされずに数日後

それぞれの意気込みを示すものとなるのか、インタビューを映した番組が流されるようです
インタビューと取材の内容も気になりますが、それよりも咲ちゃんのほうが俺は気になる

柴木山部屋に普通にいるけど、そこは長門部屋じゃなくていいのかw

それともレイナとの関係のことで何かぶっ込んだりしてくれるんでしょうか


ゆらぎ荘の幽奈さん

ゆらぎ荘のデスアイランドまさかの完結

え、早くない?
3週で終わりかよ?

先週と先々週とあんだけいろいろ考察してみたのに、特に何の意味もなく普通に終わんのかよ

マジかー

それでもあえて何か見出すとするなら、千紗希ちゃんや幽奈がそれぞれ今まで以上に本気になったというところでしょうか

薬に頼るなど本意ではないとしても、コガラシくんが自分以外に惚れた姿は見たくない
かるらが口にしたこの言葉がそのまま千紗希ちゃんと幽奈にも当てはまるわけですね

告白も含めたコガラシくんへのアプローチに対して、かるらや雲雀に比べて今ひとつ遅れている2人
その2人がかるらに認めさせるほどの本気を示した

今回のシリーズはそこに重点があったと考えられるでしょうか
雲雀が何の見せ場もなく流れ弾といかいうしょぼい形でやられてしまったのも、雲雀は既に本気になっているからなのでしょう

今回特に重要だったのは、惚れ薬はわらわのものじゃと言い切ったかるらに「させない」と応じた千紗希ちゃんでしょう
水鉄砲なコガラシくんが眼の前でそれを聞いてるはずなのに、「そんなのさせない」と言わずにはいられなかったわけですね

それに対するコガラシくんのリアクションは今回描かれてはいませんが、あとで思い出したりする形ででも触れられるとありがたいですね


巨大化千紗希ちゃんと無限回復の幽奈に、水流操作でチート状態のかるら
めちゃくちゃな戦闘状態になった3人を力づくで抑え込んだのは夢咲先生の術暴走でした

このために夢咲先生もメンツに入ってたのか?

サキュバスの能力で水鉄砲状態なのに興奮しまくったコガラシくん
そこにちゅっとかしちゃったらそら暴発するよ

もう見開きが大変なことになっております


…で、オチは夜々
紫音と合わせて下級生組全然出てこねーなと思ってたら、どうやらわざとだったようです

まったく戦闘に参加することなくバカンス状態とか予想外だったぜ…

ていうかトロピカルスタイルの紫音が結構可愛いんですけど
黄色の髪に赤い花の髪飾りがよく似合っている…
これはカラー版大勝利だな

結局優勝は夜々
惚れ薬も普通にそのうち効果が切れるものだったとか、もう俺の考察激しく無意味だったぜ

夜々にただ魚料理出しまくるだけで済んでるとか、肩透かしもいいとこなのである

くっそう…


 




«  | ホーム |  »

カレンダー+最終更新日

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター