社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

信念に殉じたバカエロコメディ 『E-ROBOT』 山本亮平

E-ROBOT1.jpg

E-ROBOT 山本亮平

全2巻

買いました

いやそりゃ買いますよ
結果的には打ち切りになっちゃったとはいえ、あんだけ期待していた作品ですからね
迷わず買いますよ


少年誌上における「エロ」をテーマとして、いかにそれを登場させるかに苦心した山本先生の意欲作

山本先生の作品については、これまでたくさんの記事を書いてきました
それだけの期待を持って連載開始を迎えて、楽しみに読んでいたわけですが…

結果は11話で打ち切りでした

これは山本先生もさぞかし無念だろうとちょっと同情していたんですよ


ただですねえ
そう思ってコミックスを読んでみると、ちょっと物足りなかったなあというのが否めなくってですね

何って、作者の言葉が少なかったんです


コミックスを買う動機の1つには、その作品や作者のことをもっと知りたいと思う気持ちがあるのは誰でもそうだと思います

特に、期待していたのに打ち切りになっちゃった作品とくれば、作者はどんな気持ちで描いていたんだろうというのは
みんな気になるところのはずで

このE-ROBOTの場合も、初連載作に意気込んだ山本先生が打ち切り・コミックス発売という流れについて
どんな感慨を持っていたのかを知りたかったんですが作者コメントは1巻も2巻も一行だけという状態でした

そもそも表紙からして「んん…?」と思ってしまったんですよ

メインヒロインであるアイの顔と体が半分だけ映った表紙
最初はそういうデザインもまあ有りといえば有りか、くらいに思っていたんですが、
2巻の表紙にもう半分が描かれているのを見て「ああ…」という感じになってしまったんです

別に手抜きとかそんなことは思いませんけれども、もうちょっと違うデザインのほうが
個人的には良かったかなあと思ったり…


そんで中身を見てみると、空きページにはちょうどニセコイと同じ要領でその回にちなんだ小さなラクガキがあるくらいで
それ以外には特になし

初めての連載作品が初めてコミックスになったはずなのに、割とあっさりしているというか
懸賞ページのイラスト描いてた経験があることで、コミックスが出たからってそこまでの感動は別段なかったんでしょうか



そして2巻では、変わらず空きページにラクガキはあって、最終話の後には描き下ろしのオマケ漫画として、
ショートショートみたいなギャグシーンがいくつか描かれていたりして、コミックスを買ってくれた読者へ
それなりにサービスしようという意図は窺えます

しかし、2巻にも作者の言葉や語りはありませんでした
唯一、一番最後のページにキャラたちが全員集合して「ありがとうございました!」と言っている一枚絵がある程度で

あとがきみたいなものは全然なかったんですね


これは何だかもったいない


ただ、11話では2巻分にならないページ数を埋めるために、過去の読切2作品が収録されていたのは意外でした

エロボットが初めて登場したNEXT2013年夏号の読切
この連載作の最も初期のプロトタイプですね

そしてもう1つ

『SUPER hERO』ですよ


山本先生がトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した投稿作品です

投稿作品がまさかのコミックスに収録されてしまったわけです


どんな話かはこちらの記事から読めます

少年マンガのど真ん中青春ヒーロー物語! 『SUPER hERO』 山本亮平



この2作品が収録されたのは、おそらく原点だからなのでしょう

NEXTの読切は、この作品の原点

『SUPER hERO』はマンガ家山本先生の原点


だからこそ、時期としてはだいぶ前となるこの2作品があえて選ばれてきたのだと思います

そうした製作上の意図が感じられることは、この作品に対する製作側の感情を推し量る材料となり
作者の語りがなかった物足りなさをいくらか埋めるものではあるのですが


でもやっぱり欲しかったですねえ、作者の語り

特に信念に惚れて気に入った方なだけに、その考え方を少しでも見られるかと思っていたんですが…


色んな意味で惜しい作品でした











 




COMMENT▼

No Subject

買っていないので断言は難しいですが、記事を読む限り嫌な気配が漂ってますね。
「バイバイジャンプor筆を置いた」
作者コメントは本当に苦手としている方もいらっしゃいますので判断基準外としても、
紙に起こされていないSUPER hEROまで載せてきたのが何とも。
アイアンナイトとまではいかないまでも、加筆やオマケ短編くらいは許してもらえたはずです。
それをせずに紙に起きていない作品を載せて結果山本先生の作品は集英社にない状態。
この点が非常にまずい。バイバイジャンプなら良いのですが、理想とのギャップに
打ちのめされてしまったのではと不安が過ぎります。
経験不足なだけで決して実力不足ではないので、また描いてくれると期待しておきます。

この作者にとくに思い入れのない自分から見て、このSUPER hEROの方が断然面白いです。エロボット連載<<エロボット読み切り<<<<SUPER hERO
作者も編集者も自らの面白さを客観視出来てないのではないでしょうか?
作品を重ねる事に人間味と本当のエロさを失っている感じがします。
SUPER hERO・・・人間味があってエロくてバカらしさもある。
エロボット読み切り・・・エロくてバカらしい。ギャグ寄り
連載・・・ギャグ寄りのまま、エロさは半減して記号化。見せ方も×。バカらしさだけが浮いていて上滑りしている。

連載が終了しても正直どうでもいいと思ってましたが、このNEXTの読み切りを今回初めて読んで非常にもったいないと思いました。
rexelさんには辛辣かもしれませんが、編集者もファンの読者もちゃんとした評価をしてあげて導いて欲しかったと思います。

だいまおーさんへ

エロボットこそ結果が奮いませんでしたが、このSUPER hEROがあるからこそ
私はこの作者の次回作に期待しています。上手くハマれば結構な作品生み出せると思うので。
私としては一度エロを離した読切を描いて欲しいですね。少しこだわりすぎています。
1~10を知って5を描くではなく5しか知らないで5を描いている気がするんですよ。

No Subject

うーん、連載時には読みましたけど、僕には合わなかったですねぇ

正確には「笑ったがそれだけ」
終わっても別に・・・って感じでしたね(´~`;)

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

やはりこの作品に対しては色々と思うところがあるみたいですね。

SUPER hEROの方が面白いという意見は、間違いなくそのとおりだと思います。
作品を追うごとにだいまおーさんの「人間味とエロさを失っている」というのも、非常に的を射てるんじゃないかと…

期待感だけが突っ走ってしまって、的確な評価ができなかったとすれば、非常に悔やまれるところです。

でもやっぱり、ラグエルさんと同じく『SUPER hERO』があるから山本先生を諦めきれない。
期待も捨て切れません。

まさか早くもバイバイジャンプとは思いたくはないですが…

根本的な設定

エロボットの最大のミスはエロボットが完全なロボットだった事だったのではと思いました。恥じらっているように見えても所詮ロボットだと思ってしまいますし、一旦技発動すると結局大胆でその後の恥じらいも全然足りないんですよね。普通の人間の女の子が改造されてアンドロイドになった設定のが良かったのでは。あ、それだと少年誌的にはアウトなのかもしれないですが(^^;

Re: 根本的な設定

生身じゃないという設定は、やはりネックではあったでしょうね。
体中のパーツが世界一エロいということにするにはロボットでなければ不可能な設定なんですが…

生身のヒロインが改造されて、という仮面ライダー的設定は…
どうなんでしょう。
できなくもない気はしますが、あんまり解決にはならないのかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/992-a64111b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター