社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

「付き合ってから」のラブコメには修羅場がついてくる…? 『死神様と4人の彼女』

死神様と4人の彼女

死神様と4人の彼女 原作巣山真 作画CHuN

全3巻


ちょっと前、何だか急に「非ジャンプ漫画を読みたい症候群」に襲われて、買ってしまった作品です
密林のオススメ作品として並んでいるものの中から何となく気になったので注文してみました


リア充じゃないことで死神に命を狙われて、死にたくない一心でフルネームを知ってる4人の女子にラブレターを書いたら
まさかの全員からOKが出てしまったという4股男が主人公となるこの作品

死神が滞在できる限界期間の3か月の間、それがバレなければ命が助かるということになり
必死で4股を続けようとする主人公の奮闘がメインの話となります


コメディといえばコメディとして修羅場が面白おかしく描かれているのかなと思って買ってみたら
思ったより修羅場してました


女の子同士が鉢あって取っ組み合ってとか、感情的になった女の子にぶっ飛ばされたりとか
そういう暴力的なものではありませんが、話の性質上「いかにして主人公が場を取り繕うか」が焦点となるだけに
そうしたイベントは次から次に発生していたからですね


しかし、主人公は何と言っても元はぼっちの非リア
4股を上手にごまかせるようなコミュ力は本来持ち合わせていないのを、必死で考えた言い訳と
女の子側の素直な理解によって何とか最悪の事態を回避していたのは、まあ主人公特権と言うしかないものだったでしょう

そこにおいては、同じく「計算」によってラブコメをやろうとしていた『神のみぞ知るセカイ』の方が性質としては
上だったように感じました

ギャルゲーマスターとして、たとえ複数の女子相手でもゲーム理論を駆使してきっちりフラグの管理をやろうとしていた『神のみ』は
4股どころか5股を狙ってやっていましたからね

非リアな主人公がなぜか巧妙な言い訳を思いつく展開としては、『神のみ』の方が主人公特権という印象が薄められていたと言えるでしょう



しかし、そうしたマイナス印象も作画の綺麗さによって許したくなってしまうのがこのマンガの誘惑です

記事冒頭にはあえて2巻の表紙画像を載せたのですが、まあ見事に可愛らしい娘たちばかりですね

この娘たちが、時に本気で照れたりしながら見せてくれるラブコメは、高い画力のおかげで非常に読みやすく仕上がっています


それらプラスとマイナスの印象に対して、両方に働きかけることになっている特徴が1つ

通常のラブコメと違って、この作品は「付き合うことになってからの話」であることです


『神のみ』も含めて、大体のラブコメは付き合うようになるまでの過程を面白おかしく描くのが普通ですが

このマンガの場合は、元々の設定のせいで「付き合うことになってからの話」なんですね


そのため、「別の女といるところを見た」という時には、全力で問い詰めようとしてきます
そのことがこの作品の肝である「修羅場の発生と、それを回避しようとする主人公の巧妙さ」という部分に繋がっており

また一方で、「恋人なんだから」と恥ずかしいながらも寄り添ってくれたりしようとする可愛らしい姿を見ることができたりするんですね


そうした形で、「付き合うことになってから」のラブコメを見せてくれていたこの作品ですが
何やら唐突に終了してしまいました

このいきなり感は、ひょっとして打ち切り的なアレなのかと思ってしまうんですが


付き合っている4人の彼女たちのうち、誰かが自分と同じように死神に命を狙われているという事実が発覚するのです

もう1人の死神の登場により、4人の中の誰かは、自分と同じ理由で恋人を探していて、
そこにちょうど自分からの告白があったことでそれに応じたのだという経緯が発覚し

さらにその娘はあと1週間以内に彼氏とキスできなければ死神に命を刈られるということまで
明らかとなります


またしても『神のみ』っぽい(;^ω^)


しかし、その娘を特定するまでの流れは割とあっさりしていました
それまでの付き合いによって「自分を好きになった理由」がそれなりにありそうだという2人は早々に可能性から除外され、
残る2人のどちらかだ、ということで話が進んでいくからです


そのまま一気に、判明・救出という急展開を辿って物語は終了してしまいました
伏線自体はまだ残っていたように思うので、もったいないというか何というか

4股がバレるかどうかという修羅場とその回避が面白さの主な部分となるこの作品は、もともと長く続けるには不向きな面も持っていたと言えますが
それでもこれはさすがに速すぎたように感じます


とはいえ、死神に狙われた娘も含めて彼女たちが主人公に惹かれていたのは間違いありませんでした
なので、完結のその後を読みたくなってしまったという意味では確かに面白さを持った作品ということができるのでしょう


万人にオススメ…というわけではありませんが、ラブコメが好きな人ならば読んでみてもいいのではないかと思う作品ですね














[タグ] ラブコメ




COMMENT▼

No Subject

あ、これ連載初期に立ち読みして見切ったやつだwww
絵は良くてかなり好みなんですが、肝心の中身が浮いてるというかなんというか…
上澄みを掬っている様な印象を受けた作品です。そっかこれだったかぁ~

以前迷ったといって替わりに(正しくは勝手に)私が買ったベルベットキスよりは面白い。

Re: No Subject

やはりラグエルさんもご存知の作品だったんですね。

仰るように深さはもう少し欲しかった作品でしたね。
絵柄は結構なレベルで、女の子たちは相当に可愛く描けているんですが。


3巻で完結しているというお手軽さも手伝って買ってみた作品でした。

No Subject

2巻から急激につまらなくなりました。。。。ラブコメなのでラブをメインにして欲しいのにハラハラする場面ばかりで見てて疲れますし。3巻からもう読むの止め様と思う(しかし気付いたら最終巻)このラブコメのラブの微妙さに呆れました。だったらサスペンスなのかと言えば違う。ラブコメにしてはラブ展開が少なく、ジャンルとしては中途半端に感じました。

サスペンスか?と思わせる様な主人公の無駄な追い詰め方が楽しめませんでした。その分視聴者サービスが過激でも多いわけでも無いですし。バランス悪いです。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。名無しさん

中途半端な感じは確かにありましたね。話のキモが4股ですから、いかにそれを隠そうとするかを描くのに修羅場シーンばかりになってしまったためでしょう。
絵は綺麗だったことで、少し描かれているヒロインたちのデレシーンは美味しかったんですけども。

そういったあたりが突然終了の原因だったりしますかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/986-593a6863

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター