社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

構成力が光る傑作スーツマンガ第9巻!テーマは「コートを巡る冒険!」

王様の仕立て屋9巻

王様の仕立て屋 ~サルトリア・ナポレターナ~ 第9巻

傑作スーツマンガその第9巻です

今巻もまた、コミックス1巻の収録で完結するシリーズが描かれており、それぞれの巻ごとに違った読み味となる構成に
新たなパターンを添えてくれております


今回のテーマは「コート」


スーツを着る上で必ずしも必要なものではありませんが、外を歩く際にはどうしても上に着ることになるコート
人と会うのがちょうどよく空調の効いた室内ばかりでないことを踏まえれば、コートを羽織った姿もまた
装いの調和として考えなければならない部分なのでしょう

コートをテーマに据えた今回のシリーズでは、その価値の証明に「父親から譲り受けた形見」としての存在感を付与していました
父の跡を継いで代表を務めることとなった会社で、その威を借りる効果もあった形見のコート

それを、ホテルに勤める表紙の新キャラ・ニナがクロークで安物と取り違えてしまったことが物語の発端となります
つまり、コートというものにはそうした価値や役割もあることが初手から示されて話が始まってくるわけですね

その上で、そもそもコートというもののスーツにおける意味や由来を説明してくれる

おそらく本来の順番としては逆なのだろうと思いますが、素人な読者にわかりやすくするための構成なんですね


こうした構成の巧みさが、本作品の魅力の1つでもあります

ただ装いにおけるそれぞれの要素をテーマとするのではなく、そこでシリーズを貫くことになる「軸」を用意してやること
それによって、その軸の変遷と結末を追いかけることを本線としつつ、「脇見」として装いや仕立ての話が出てくるわけです
だから薀蓄や雑学の類のような感じで読みやすく読んでいける

今巻においては、その取り違えによって紛失してしまったコートの持ち主が、長い付き合いのよしみで訴訟沙汰とするまで
1年の猶予をくれた、という出来事がその軸となっています

ミスを起こしてしまったニナ嬢が、何とかしてそのコートの行方を探していこうとする中で出会う色んな人のコートにまつわる事情をオリベが解決していく…というパターン


前巻では、ナポリの服飾教室に通う期待の若手ジョナタと、リッカルドの腕試しが軸として設定され、
その中でモードとクラシックの違いや価値が説明されていきました

シャツをテーマとしていた7巻では、ヨーロッパに進出してきたアメリカの社長が
ヨーロッパ流の着こなしをシャツを中心に学びつつ、彼が再会を企図していたかつての恋人に対して何をしようとしているのかというのが軸となっていました

さらにその前第6巻では、ウエストコートの名人パウエル親方に対して懸賞金をかけて強引に居場所を突き止め、自分の注文を再優先させようと意図する下品な成金との攻防に端を発して、親方の仕事を欲しがるイギリス中の着道楽の思惑が入り乱れていく様子がシリーズを通して緊迫感を醸し出していました


話の展開の中に確かに通底しているこうした要素があることで、その推移を見守りつつ服の話を娯楽的に楽しむことができるという構造に本作品はなっているんですね

それはひとえに、巧みな構成力を持った作者の実力によるものでしょう



それと今巻の見所はもう1つ








王様の仕立て屋9巻_1



これですよ


やっと何か華やかになった

男だらけで話が進んでいた前巻
描き下ろしでさえようやくラウラママが登場するだけだったことで、女っ気にかなり飢えていたんですが


期待通り華やかになってくれました

これ今巻収録の最初の扉絵なんですけどね

見た瞬間心躍りました

熱心な読者なら、この娘が誰であるかすぐにわかったことでしょう
そうです

スイカップのバーテンダーとして有名なイレーネですよ

ピンクレディばかり注文されるという悩みを抱えて、旧友であるクラリッサを頼ってジラソーレを訪れていたあの娘です
その時の縁でオリベとも知り合い、コートのことで悩む友人ニナ嬢をオリベの元へよこす…という役割を負ってくれていました

もちろん彼女の役割はそれだけではありません









王様の仕立て屋9巻_2

うむ


そうそう
そういうことですよ


やはり、優れた部分というものはアピールしてこそだと思いますよね


何の話かって?

大河原先生の画力に決まってるじゃないですか




でもこうなるとニナ嬢がちょっと目立ってないのがもったいない気がします
せっかく彼女もいいものを持ってるはずなのに、イレーネの添え物的な扱いになっているのは残念です


ここはニナ嬢ももうちょっと前に出てもらっても…









王様の仕立て屋9巻_3

うむ 苦しゅうない





やはり大河原先生はよくわかってらっしゃるわあ










[タグ] 大河原遁




COMMENT▼

不死身ラヴァーズって漫画オススメですよ

Re: タイトルなし

えーと、記事とは全然関係ない内容ですけど、一応ご紹介ありがとうございますと言っておきましょうか。

ぐぐってみたら、マガジンのラブコメみたいですね。
何やら謎に満ちた重厚な設定があるようですが、これは…

ちょっと喪失感が大きそうですな。
両想いになった瞬間の喪失感が読んでてあまりにもデカそうです。
これはまだやめとこう…かな?

わざわざググってくれてありがとうございます、そして記事とは関係ない返信をして申し訳ない>_<

たしかマガジンの公式HPに一話が無料公開されてるんで、機会があれば読んでみてください

Re: タイトルなし

教えて頂いてありがとうございますー。
よく考えたら、何かオススメっていう時に書き込めそうな場所がないんですね。
だからその時の最新記事に書き込みいただいたんですね。

今日は無理なんで、そのうち読んでみたいと思います。

No Subject

サルトリア・ナポレターナになってから一巻完結の話が展開されていますし、前作で登場したキャラを上手く使って新しい切り口で復職に切り込んでいっていますね。
でももうそろそろ前作で印象的だった織部の父や織部に思いを寄せるエレナなんかも登場させてほしい所ですね。
特にこの二人は織部が自分の店を構えた事を知ってどういうリアクションになるのかが非常に気になります。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
電子の海から名無し様
って言うと呼び捨てみたいになるんでしょうかこれは(;^ω^)

第1部でのキャラクターたちがちゃんと存在感を持っているので、こうした形で再登場するのがファンサービスの一環ともなっているのでしょう。

お父ちゃんが息子の店を見にやってきて、そこにたまたまエレナも鉢合わせて、何となく気に入られようとして頑張ってしまうエレナ、なんてシーンは楽しそうなんですけれどもw

巻数二桁目からは少し違った構成になったりとか…はしないかな。

返信ありがとうございます

返信ありがとうございます。

名前はデフォだったため、これからは別の所でも使っている「そそ」で統一させてもらいます。

サルトリア・ナポレターナになってから早二桁代の巻数になろうとしていますね。カモッラとのつながりが切れて店を構えた織部ですがまだまだ店としては新参なので、これからどう店を盛り上げていくかも見てみたいですね。

個人的には王様の仕立て屋が最終回を迎えるとしたら、独立した弟子たちがエレナと店を営む織部を訪ねるという構図で締めてもらいたいと思っています。

Re: 返信ありがとうございます

どうもです。
電子の海から(ry改めそそさん

第2部を振り返ってみれば、服と人との関わりや種類ごとの着こなしや意味合いといったものはよく描かれていますが、オリベの店の経営やマルコたちの修業の様子はさっぱり出てこないですね。

「しっかり経営してるヒマワリさんすげー」みたいなことを言ってる場面が何度かあったように思いますが、収支に悩みながらも結局はその巻のテーマに則したお客に掛かりっきりになることで、経営面の話はどこかに行ってしまっています。

職人として、というよりサルトの主としての側面や器がきちんと描かれたことがないように思えますね。それに悩んだオリベがジラソーレ各支店長と話をする…みたいな場面があってもいいかもしれませんね。そうした中で職人としての教示にばかりこだわっていたオリベが、恋愛的なことも意識するようになるといったことがありえるならば、真っ先にエレナが関わってくることになるでしょうか。

確かに織部はペリーニ伯の試練を突破した際にサルトの長としては未熟と称していましたし、サルトの長として研鑽を積む為に店を出した面もあるので、
ここらで仕立て職人から仕立て屋に成長する必要があるのかもしれませんね。
そういった事も出来て織部はようやく師匠を越える事が出来るのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/982-870f5e88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター