社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

僕のヒーローアカデミアが注目要素ばかりだった2015年週刊少年ジャンプ14号感想

2015年週刊少年ジャンプ14号感想

次のNEXTでべるぜバブが完結…だと……?!


今週のアンケ順
ワールドトリガー
火ノ丸相撲
新連載 Ultra Battle Satellite


その他
・食戟のソーマ
・ONE PIECE
・改造人間ロギイ
・僕のヒーローアカデミア
・暗殺教室
・ブラッククローバー
・カガミガミ
・ニセコイ
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

今週は何か長く書いちゃった作品が多くて時間足りなくなったので、
斉木楠雄と学糾法廷とアゲハは省略です


ワールドトリガー

ちょっとした中休み的な回なのに、こんなにも読ませてくれるのはどうしてなんでしょう
やはりキャラと世界観がしっかりしてると違うなー


空閑が村上に負けたと言って、色んな所で話題になっているようです
それだけ空閑の強さも知られていたということですね

有名だった村上のサイドエフェクト
その力とセンスによって攻撃手としてみるみる成長していったことが
荒船さんの狙撃手転向の理由になった、とは推測なんですね

あんだけ思わせぶりな引きで語られていたことではありましたが、
実際とのところは本人しかわからないようです


そんな話を皮切りに始まるそれぞれの作戦起案の様子
この瞬間がたまんないんですよね


なぜって、そりゃもちろんオペレーターっ娘が登場してくれるからですよ

このマンガで地味に期待している部分です
可愛い可愛いオペ娘ちゃんたち


…だと思ったのに、登場してくれたのは1人だけでした
来馬隊の今ちゃん
可愛いというより美人な方寄りですね

そして姉貴的な感じですね
いいですね


那須隊の方は、オペ娘ちゃんはアバターでの登場でした
描き方も表情も雑なんですけどw

でも、もしかしてもしかすると那須隊はガールズチームなんですか?
そうなんですか?

これは期待ですね
何か病弱な様子の隊長とか
ワケあり?な感じの茜ちゃんとか

伏線はしっかり増やしてくれています
隊長さんは、トリオン体で戦うから体が病弱でも戦えるってことなんですかね


で、もちろん空閑にもスポットがあたります

いつか迅と話した屋上で、今度は林藤支部長との語らい
親父が考えたシステムだったというのはいいですね

迅が言ってた「楽しいこと」
それをまさに今謳歌しているわけですね

何だかちょっと原点に戻ってきた感じ

迅も試合を見に来たようで、それもまた話題になるでしょう


本部の方の様子が知りたいのもやまやまですが、とりあえずは彼らの「楽しい」様子を
こちらも微笑ましく見せてもらいましょう


火ノ丸相撲

何か久々にアンケ入れました
とってもよくまとまっていたというか収まっていたというか

オチに使われたレイナも含めて、非常によくできていたからですw

桐仁の体の事情
三ツ橋くんの意地

三ツ橋くんに真意を語る桐仁の様子が何かおかしいなと思ってたら、やっぱりわざとだったんですね

ただそれでも全部が全部嘘ばっかりではなかったことで、本心だと感じさせるものが絶妙だったのでしょう
だから三ツ橋くんも本気で悔しかった

けれど、しっかり桐仁を監督と呼んでるんですよね
國崎に勝った後、満身創痍のくせに桐仁に食って掛かろうとするセリフの中で
しっかり彼を監督と呼んでいるんです

細かい演出ですが、これがなかなかいいですよ
あんなことを言われても、三ツ橋くんは桐仁を監督と認めた
もちろん腹立たしさもあったとしても、自分もチームの戦力となるためには誰かに教えてもらうしかない
その相手が今眼の前にいるのなら、監督と呼んで教えを請うしかない

正面からの描写は省略されましたが、そんな三ツ橋くんの男らしい葛藤と結論を想像すると
なかなかにグッと来るものがあります


そんな男の世界を覗き見ていたレイナは、本当に「男」を見せられて赤面で帰るという…w
廻しが外れてしまったのを三ツ橋くんの勝ちの理由とすると同時にレイナにも繋げる構成は上手いですね

もちろんここでは、レイナがそんな男の世界にまだ入り込めないことの暗喩の意味もあるのでしょう


これで、新人戦からの桐仁登場という流れが一旦区切りとなりました
次回からは特訓の様子が描かれるようになるのかな?

で、稽古しまくってたら洗濯やら掃除やらの雑用をやるのが結構大変で
マネージャー的な人がいてくれたらなーっていう展開になっていったり…

…はしないのかな


新連載 Ultra Battle Satellite 打見佑祐

表紙がとっても雰囲気出てて、とってもいいと思います
ちゃーんと目を引くヒロインもいて、この表紙は結構好きだな…


トレジャー出身の打見先生
2014年第21号に掲載した読み切り『あばれ猿』を元にして、大胆な設定変更も加えての連載となりました

ストリートファイトを素材としたガチの格闘ケンカバトル
ルール無用、反則なしの裏バトルものですね

冒頭に登場する爽やか君がその残虐性を強調するいい役割を果たしてくれています
普通に良い奴で、普通に爽やかな奴だった早川くんが、若気ゆえに深く考えずに参加しようとしたことで
返り討ちよりも非道いリンチのような目に遭ってしまうこと

タイトルに名付けられたUBSというこのシステムがいかに残虐なものであるかが一発で表現されていますね
そしてそれは、読者の期待というか想像通りのものでもあって

そこに現れた主人公がブチ切れるのも、またそのバトルシステムに魅力を感じるのも想像通り

あとは、いかに主人公がカッコよく勝つかというところで、それも見事でした

喉を潰して「これで助けは呼べない」
凶器での不意打ちを、握った手を狙うことで軽く躱して
そして、「カンシャしな 俺はてめーみたくしつこくいたぶったりはしねーよ」からの
見開き顔面一発トドメ


ガチで顔の真ん中にイッてること、昂揚感に溢れた表情とが
なんとも言えないカタルシスとなって表れています


そんな主人公に、何やら素質と可能性を感じてゾクゾク来ちゃってるヒロイン
そのゾクゾク感は、今まさに読者が感じたものと同一のもので

それをヒロインも感じちゃったことで、ますます主人公への注目を強化することになっています

これはお見事



いいですね
いいですね
やはり今期の一番期待作はこれですね


食戟のソーマ

今回は、研修編の最初の区切りですかね

無双しまくりのえりな様に加えて、皿洗いをしつつひたすら下がってきた皿を見つめていた田所さんも
その上に残っているものの様子から、1つの案に辿り着きました
えりな様をも唸らせたその発想力はなかなかのものじゃないですか

星を取ろうかとしている店のシェフをやり込めるとは、田所さんもすっかり成長したなあ…


で、問題の創真緋沙子ペア

自分たちがいなくなったら店はまた以前の状態に逆戻りということに今頃気づく緋沙子ちゃん
秘書業はお手の物なのに、そういうとこは抜けているのねw

そこから導き出した答えは、予約制でした

捌けないほどに客が訪れて、てんやわんやになるのなら
捌ける程度に抑えてしまうこと

もちろんどれだけ予約が入るかは未知数ですが、味はしっかりしていることを信じたのでしょう
昔なじみのお客さんでそれが表現されていました



目に見える実績

えりな様は、調理手順や味付けに細かく指示を出して、全体的な味を大幅に向上させました
田所さんは、お客にとっての不便を1つ解消して、店のサービスの質を上げました

創真は、手早い調理と接客技術によって店の回転率を上げたことに加えて
予約制の発案によって店の回転率を固定、店の経営が生き残る道を提案しました

緋沙子ちゃんは、創真に乗っかる形ではありましたが、正確で要領の良い接客と事務によって
店の経営を補助し、予約制を効率化するシステムを見つけました


「目に見える」というのがどこまでのことを指すのかは、多少不明瞭なところではありますが
「明らかに店の質を向上させた」かどうかで言えば、4人とも間違いないでしょう


ただそれを「第一のスタジエール合格」と評されていることが気になります
選抜編を終えての新章「研修編」が、たった1週間の研修を描くものではずいぶん短いなと思ってましたが
この店を終えたら、さらに別の店に研修に行くということが続くんでしょうか

で、ひょっとしたらその度にペアが変わる…?

次の研修先に行く前に1日2日くらいのインターバルがあるなら、その間に緋沙子ちゃんと一緒だったことを
創真が誰かに話したりして、巡り巡ってえりな様の耳に届いたりして…?


うむ

期待と想像と妄想が止まりませんな


ONE PIECE

ポーネグリフ出てきたー
ここへ来て急に話に絡む感じになってきましたよ>扉絵連載


で、本編は予想通り見開きによるピーカ撃破

とっておき的な新技はいいんですけど、飛びながらポエムってるのはやり過ぎじゃあないですかねw

斬魄刀の解号じゃあるまいし、飛んでる風圧で顔曲がりながら唱えてるのは
どうにもカッコ悪いんですけどw

さすがにそれはOSR貯まらないだろ…
いや、ワンピはOSRバトルシステム採用ではなかったと思いますけどもw


改造人間ロギイ

ありゃ
まだ主人公の設定は明かされないのね

描かれたのは女の子大好きという性格のほうですか

ただまあ、ひねくれ系と言うには真っ直ぐで
正統派というには深く考えずに自分の都合優先で

中途半端ではなく、いい感じに主人公の存在感が出てると思います

報酬っつって助けた姉ちゃんの番号もらって心ぴょんぴょんしてるのとか
見てて微笑ましいw


とは言え、液状化する改造人間を普通にぶっとばせるなんて言う主人公特権は
説明がほしいところではありますね

ひたすらそういう「意味不明な強さ」を描いて主人公の特異性を煽ってからの
設定暴露という流れは王道ではありますが

かつての読み切りを知っている人向けに、「それ」はいつ明かされるのかというのも
期待の1つとして残しているんでしょうかね


僕のヒーローアカデミア

対戦表発表

出久の相手いきなり普通科のあいつかよ!
最初の実践訓練でもかっちゃんあいてだったことといい、クジ運があるんだかないんだか
主人公補正は間違いなくあるみたいですけどw
でもこの場合は悪いほうか?w


かっちゃんとお茶子ちゃんは注目バトルだな!
わざわざ順番が最終試合になってるのが堀越先生やらしいよ
こんなもんどう見ても気になるだろ…


それ以外では、飯田くんと明ちゃんも気になる組合せですね
何か、戦うというより明ちゃんの発明品を飯田くんに使わせるような雰囲気ですが

それと八百万ちゃんと常闇くんもさりげに注目バトル
今度こそ八百万ちゃんの暴力的な発育を体感できるのでしょうか…


扉絵に登場した尾白くん
プライドに殉じた君はとてもカッコ良かったよ…

君のお陰でなんかやたら可愛いモブ娘ちゃんが再登場してくれたよ
ありがとう
実にありがとう

サイドテールなモブ娘ちゃんにはこれからも注目していきたい…

あれ
何か注目注目ばっか言ってるなw


普通科心操くんの個性は人の操作ですかね
質問に答えた相手を操れるって感じでしょうか

操作系能力者はバトルでは定番のキャラです
ここはぜひとも気合や根性以外でぶち破って欲しいところですが…


暗殺教室

茅野さんの正体
E組の前担任の妹でした

本名雪村あかりちゃん

イトナが発狂したノーメンテの触手に、1年間笑顔で耐えてきた執念は
聞くだけで恐ろしいものがあります


たまに断片的に挟まれていた殺せんせーの回想に登場する女性が、その姉の雪村先生なんでしょうか

理事長はひょっとして茅野さんの正体を知っていたんでしょうか

タメられてきた伏線が一気に回収されようとしているようです
作中時間とリアル時間を合わせてこの3月で終わるんじゃ、なんてことを思ったりしましたが
とてもあと3回や4回で終われそうな感じではないですね

ここからどれだけダークな話になって、どれだけ彼らが戸惑い、悩むのか
そしてそれをどう導くのか

教育をテーマにするマンガの真骨頂を見せていただきましょう


ブラッククローバー

予想通りの展開になりました

驚異的な素質を持つユノは金色の夜明け団に
魔力を一切持たないアスタは、変わり者の黒の暴牛団へ

どんな形であれ魔法帝になるという夢を初めて認めてくれた相手に
それなりに感じるものがあったアスタは青臭いといえば青臭いですが
まあ爽やかさ優先でいいですね


行くか
ということで、笑顔で袂を分かった2人
展開上仕方ないのは仕方ないんですけど、片方の出番が限定されてしまうのはもったいないですね


で、やって来た黒の暴牛団の住処

見事にカオスな感じですが、しっかり見開きの一番目に入るところに
エロいおねーさんが配されているのが巧妙ですね

醸し出されるエロさはもうちょっとな感じではありますが、
田畠先生こういうのも描けるようになったのか

まずは、この新キャラ共の紹介からですね


カガミガミ

やーっぱり何か地味だな…

いや、地味な作品は他にもありますけれど、これは悪い方の地味になってるような


キャラたちが「ただなんかやってるだけ」っていう感じなんですよね

先週危惧したような「一回取り逃がした上で、改めて主人公とペアで捜索する」じゃなかったのは
よかったですけど、それでも結局片方は主人公を軽視してるのは変わりないんですよね


本当にもう見るべきところというか注目点がおねショタくらいしかないという
岩代先生本当に大丈夫か…?


ニセコイ

早速鶫にも計画を話して、味方になってもらいました
組織よりも先にお嬢に忠誠を誓った、という鶫

その覚悟の程は、今まで描かれてきていますから
そのセリフだけで充分鶫も本気だということがわかりますね

対照的に、千棘よりも組織に忠誠を誓っている立場となるのがポーラなのでしょうかね
プールのお掃除回で千棘と初対面の時、ボスの娘となる千棘に挨拶はしていましたが
その時の表情と態度は明らかに「一応」でした

ボスの娘だから、挨拶のひとつくらいしておかないとという程度だったように思えます
あの流し目とか、喋り終わった後さっさと立ち上がって移動したところとか


またあとで…
って言ってる時のコマから溢れる死亡フラグ感が半端無いのは俺だけでしょうか

たぶん古味先生もわざと描いてるんだと思いますが


自ら言い出したこととはいえ、隙な男の家に住むことになるということに
ドキドキが止まらない千棘

鶫もそうですが、千棘ほどではないようですね

誕生日プレゼントにもらったぬいぐるみを抱きしめてキラキラしちゃってる千棘は
すっかり乙女ですね


そこに早速訪れるクロードの妨害活動

部屋に出発直前まで軟禁するという強硬策に出ました
これは千棘パパ怒んないのか?

鶫の反逆にも、あえて処分をしないことで本気を示すクロード


だから千棘が泣き喚く姿も、扉の前で立ち尽くす鶫の姿も、見事に映えています

また後で、が最後の言葉になるなんて、それは哀しいですね
ずっと悩んでいたとはいえ、皆に見せてた最後の顔が仏頂面とは寂しいですね
残るつもりでいたことで、何より伝えたいことを言えてないのは切ないですね

ニセコイがいつの間にかマジコイになっていた千棘の本当に本当の気持ち
ニセコイ関係に疑問を持たず、また知らされもせずにいた鶫だからこそ自然に認識できる千棘の本気

だから鶫も本気になる

組織よりもお嬢に忠誠を誓うことの本当の意味
組織を敵にしてでも千棘の味方であること

ポーラとの対決の時以来となるでしょうか
黒虎のガチな瞳

上述の対比により、きっと阻止役としてポーラが登場してくることは間違いないと思われますが
そこで鶫が何かを語るか語らないか

千棘の救出作戦に加えて、そのあたりの流れも要注目ですね




…しかし、今回の転校騒ぎは古味先生が久々に(?)ぶつかり合うキャラたちの本気を描いているようです
これまでは当番ヒロイン制と揶揄されるほどに、修羅場を避けてきたこのマンガでは
楽以外のキャラにおいて、利害や思惑が真剣に対立する構図となる展開はあまりありませんでした

しかし、そうした「本気」こそはマンガを最も面白くするものであり
また、キャラが生きている古味作品においても最も面白くなるものだったように思えます

読者として一歩引いた目で見れば、この転校は結局はキャンセルされるのだろうと思いつつも
しかし騒ぎの中でキャラたちがそれぞれの意図と気持ちのもとに動こうとする展開は
かつての古味作品にはあったようでなかったような部分かもしれません

この騒ぎの終息までを古味先生がどのように読ませてくれるのか
普通に楽しみな感じもしてきました


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

今回の主役は母上

なんかよく分かんないままに買い物して敵と出会ってバトルして仲良くなっちまったぞww
何だよこの茶番はwww

主婦がチンピラみたいに絡んでくるってどんな世界だよwww
ママさんファイト制度の陳腐さとか、都合よく登場する審判的なばーさんとか
ほんとその辺はどうでもいいんだなwwww

母上の「何かいい話」で結局和解した後、なんで扇形作ったwwww

久々にマジでわけがわからんwww


 




COMMENT▼

No Subject

>暗殺
そういえばプリン回の掲載って丁度1年前の先週だった様な・・・

雪村先生は3月まで担任だったわけですから、その終わり~4月頭までに
・殺せんせー、雪村先生殺害
・あかり、シロの研究所から触手を盗難
⇒触手を理解、制御
が入ってくるわけですか。濃いですね。
触手の制御状態は使用者の執念に依存すると言ってましたが、姉の復讐が目的となると、そう簡単に離れてはくれなさそうです。
この辺りも含め、どういう形に締めるのか、予想がつきません。

No Subject

火の丸。蛍の「心」が輝いた回でした。ちょっと掲載位置が気になりますけど…
不浄負けを喫したのが佑真だったらレイナどんな反応してたかな…とか考えちゃいましたw

UBS。ええ、そのまま略称に使っちゃいましょうw
期待してましたが期待以上!しかもヒロインの市松人形wも結構可愛いときたもんだ!
でもこのヒロイン、絶対強いよね?管理サイドの人間だとは思いますが絶対強いよね?
肝心要の戦闘時の身体描写はかなりのレベル、格闘技に精通していなければ描けないレベル。
主人公のトドメもえげつなさがでていて最高ですね!
人中に頭突き→金的に膝→後方に倒しながら打ち下ろしの左で地面とサンドwww
この主人公の実力から見て間違いなく「頭蓋骨骨折」
あばれ猿よりもジャンプ誌に合わせた事もあり、人気出る予感がすっごくします!

ソーマ。なんてタイムリーなwww
要は小規模な「再建」ですよね?思わず笑っちゃいましたよ。ホントなんてタイムリーwww

僕アカ。ヤバい!期待が膨らみすぎてて「楽しみに待つ!」以外出来ない状態に陥ってるwww

ニセコイ。さて、どっちの千棘がベストショットに来るかな?www
しかしどう風呂敷を畳むつもりなのか全く読めなくなりました。
鶫のこの蜂起はどう転んでも組織からの破門に繋がる結果になりそうだからです。
千棘を拉致して集英組に移籍、ビーハイブが日本に残らざるを得ない状況にするつもりなのか?
ビーハイブは千棘の奪還を狙いつつも別敵対勢力からは守る。そう利用するとか…

法廷。記事外ですが一点。法に抵触して集めた証拠は証拠として扱えません。勉強しろ少しは。

No Subject

>トリガー
あのサイドエフェクトは・・・ほすぃ(´・ω・`)

>ヒーロー
つ、続き、続きはよ(禁断症状)

>ニセコイ
シリアス展開ktkr!!!
どうなるか楽しみ2424

>暗殺
そう来たかorz

>OP
前口上は多分大事(^^;
トリコのプリショットルーティンや戦隊モノの変身シーンとかと同じかとw

>法廷
ラグエルさん、僕も思いました。
それ証拠にならんやろ(^ω^;)
しかも恥ずかしい写真てポルノ法じゃ・・・

No Subject

火の丸
三ツ橋君もまた男だった。
彼の独白が個人的に非常に気に入っています。キャラクターにありがちな聖人君子な思想だけでなく「人数が少なくて出れてラッキー」とか「レギュラーに入れてよかった」という非常に人間味あふれたところが実に現実感があって素晴らしい。
そのうえでちゃんとギャグにしつつも現実的な勝ち方で勝たせるあたりが・・・川田さん上手いわなぁ


しかしこの組み合わせはあれですよね。絶対後に三ツ橋がフルートの訓練方法を桐仁に教えて、彼の20秒を伸ばして代理選手として出る展開がありますね。


ニセコイ
読めん・・・まったく展開が読めない・・・いやはや古味直志の本気が読めて実に満足ですわ。

アーデルトさんとしては組織で定めた指令に従っている以上クロードを罰することが出来ないですからねぇ。
月刊連載とかでこの話のページ数が増えていたら組織の長としての立場と娘を案じる父としての立場でゆれるアーデルトさんとかがあっても面白かったでしょうね。

ロギィの感想飛ばしてたので追記

液体化人間をぶっ飛ばしたアレですが、飛散した水滴全部ぶっ飛ばしたってことでしょう。
私はそれよりも全身液体化とか改造パーツの域超えてない?と思いました。

No Subject

僕アカのサイドテールの子は拳藤ちゃんっていうそうです
かわいいですよね!
堀越先生も気に入ってるのか分かりませんけど
先生のツイッターに彼女の絵がアップされています
興味あるならぜひ

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

>暗殺教室
最終章の始まり方としては実に衝撃的な導入でした。プリン回がちょうど1年前とかどこまで計算してるんだ松井先生。

>火ノ丸
体と技が劣るなら、心で負けてはいけない。火ノ丸が信条とするものを三ツ橋くんも体現していたのは素晴らしい展開でしたね。國崎への勝ち方も違和感がないもので、非常に上手いです。

しかし、フルートの経験を活かしての肺活量改善とは思いつきませんでしたよ。そんな展開がホントに来たら熱いどころの騒ぎじゃないような…

>UBS
略称はこれしかないですよねw
1話目としては見事な出来となっていましたので、ある意味1話よりも重要な2話目に要注目です。核となる設定と、そこで主人公がどんな可能性を示すのかという部分と、魅せるべきものがしっかり描かれていた第1話。それを受けて、2話目で何を示すか、あるいは目指すのかが描かれる必要があると思われます。

裏バトルにおける「最強」の座を主人公が目指すことは確定事項として、そこにどんな価値や希望を付与するのか。桜ちゃんが大いに感じちゃってることとも合わせて、UBSという裏バトルに何があるのかを2話目で見せて欲しいところです。

>ニセコイ
何となく思うところを別記事で書きましたので、そちらで。
ベストショットは、どっちかなんてのは迷いませんでした。

>ヒーローアカデミア
この作品も何だかぐだぐだ言いたくなくなってきた感があるな…。もう普通に楽しみたいというか。

拳藤ちゃんの情報ありがとうございます。光の速さでお気に入りしました。
堀越先生、俺みたいな奴のニーズを想定していたというのか…!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/961-5ed3b666

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター