社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

食べっぷりは豪華だが何だか物足りない感もあった… 『ラーメン大好き小泉さん』第2巻

ラーメン大好き小泉さん2巻

ラーメン大好き小泉さん 第2巻

本格派ラーメングラフィティ第2巻です

『渡くんの××が崩壊寸前』と同時発売された鳴見なる先生の意欲作ですね

1巻のレビューはこちらからどうぞ


ラーメンが大好きなあまりにラーメンのマンガを描き始めたという鳴見先生
今巻でも色々なラーメンが登場し、それらを食する小泉さんの幸せそうな表情もたくさん登場します


…が、今巻についてはちょっと残念というか物足りなかった印象が強かったというのが正直な感想でした



小泉さんがラーメン食べてるだけになってるんです



前巻第1巻では、小泉さんのクラスメイトである大澤さんを視点キャラとして
拒絶されても拒否されても小泉さんと何とか仲良くなろうと奮闘する健気さを通して、
読者も小泉さんを知っていくことのできる構成になっていました

ラーメンをテーマにしながらも、それを前面に出すのではなくラーメンを好きな小泉さんを主役として配することで
小泉さんというキャラを形作る最重要要素としての「ラーメン」を読者に印象づける…
ということを可能としていたのです

それは、「マンガにとって何よりも大切なのはキャラである」という鉄則に則った見事な構成でした


然るに、今巻では小泉さんよりもラーメンのほうが前に出てしまっているように思えます

その原因は、視点の分散です
分散というよりバラバラと言ってもいいかもしれません


1巻では、大澤さんを中心に彼女の友達である委員長の潤ちゃんとモテカワ美沙ちゃんとが
それぞれ小泉さんと接する中で各種ラーメンが登場して、そうしたラーメンを大好きな小泉さんの本質に触れる、
という作りになっていたのが

今巻では、大澤さん達ももちろん登場はしますが、小泉さんのモブとの共演率もやたら高かったんですね


ドイツ人のようじょとか坊主頭とか野郎4人とか
いや、うち1人は大澤さんの兄貴で、坊主頭は美沙ちゃんの弟のようではあるんですが

視点キャラとするにはあまりにも小泉さんとの接点が薄いです
ファーストコンタクトが描かれているのだとしても、大澤さんたちとの繋がりもまだまだ出来上がっていない状態で
それはまだ早い


これらの回は、ぽっと出のキャラが小泉さんと遭遇して、その食べっぷりに衝撃を受けるというのが基本的な内容ですが
視点キャラが視点キャラなせいで読者には何の感情も湧いてこず、ただラーメンをかきこむ数コマの小泉さんを見るだけになってしまっているのです


せっかく1巻で小泉さんが気になるようになったのに、これでは逆効果です


求めていたのは、小泉さんというキャラの掘り下げ


ラーメンの中でもどのラーメンが特に好きなのか
とか

お店のマスターに顔を覚えられたりはしていないのか
とか

うどんでは、そばではだめなのか
とか

小泉さんにとっての理想のラーメンとは
とか

1巻ラストでインスタントラーメンのアレンジ料理で小泉さんをもてなした大澤さんは、
小泉さんともっと仲良くなるためにさらなるアレンジを特訓したりしないのか
とか

一緒にラーメンを食べるのは良しとするのに、大澤さんからの好意をあくまで拒絶しようとするのはなぜなのか
とか

聞かれれば語り出すのなら、小泉さんは食べてる時以外の表情に乏しいだけで実は普通に人懐っこいんじゃないか
とか


そういうのを見たかったんですよ


そういうのを見たかったんですよ



大事なことなので2回言いました


別にドイツ語が喋れることは小泉さんには求めてなかったよ…
そこで「え」と思ってしまったことも、作品がぶれているように感じた一因でしょう

ハワイでもラーメン屋に行ってたというのは1巻で話がありましたから、海外も知っているというのはわかるんですけど
そう唐突にドイツ語ペラペラなんてところを描かれると、「え」となってしまいました

他に気になっているところは描かれないのに、そういうところは明かされるのかと
それともラーメンとドイツというのは深い関わりでもあるんでしょうか
その関係故に、ラーメンを愛する小泉さんはドイツ語も覚えた、ということならわかるんですが
そういうことならそこまで描いて欲しい…


ラーメンを食べるシーンを強調して描くことは、作品として間違ってはいないことだと思いますが
その魅せ方がどうしても今巻では気になってしまいました


あるいはこのマンガの読み方としては、俺は間違ってるんでしょうか…










 




COMMENT▼

No Subject

個人的にはタイトル通りだと思います。これが「ラーメン~と愉快な仲間たち」なら話は別ですが。
小泉さんはラーメンのためならとことんアグレッシブになります。
・早起きも辞さない
・暑い日は冷やしで行く
・海外ラーメンも食す。そのためなら語学も習得する
・立ち食いもOK
・付け合せはたっぷりと盛る派
・見知らぬ人にアイコンタクトを飛ばすこともある
・コンビニ麺も嗜む
・ラーメンライスもお手の物
・キワモノも行っちゃう
・衝動的に県を跨ぐ
と、小泉さんがどれだけラーメンが好きかを表現しています。間違っていないと思います。

話題がズレますが…
この巻のマイベスト小泉さんショットはカップラーメンをむぐむぐしている小泉さんです。

もしかして…

ストーリー漫画として読んでませんか?これラーメンをテーマにしたグラフィティ漫画ですよ。
基本はラーメン紹介がメイン。ただ、このラーメンはどうこうで…とういう従来の形式を取らず、
小泉さんを通してラーメンの魅力を伝える、より漫画的な手法で描いているだけです。

今後、マスターに覚えられているとかあの兄や弟も絡んでサイド方向を強く絡めた話はあるかもしれませんが、
「どのラーメンが一番好きか と そばやうどんでもいい」
の展開だけは絶対ないと思います。そう思う理由は「全てのラーメンを等しく愛してこその小泉さん」だから。
作劇的にいえば、ラーメングラフィティ漫画で優劣を付けたりラーメン以外を出すのは愚の骨頂だから。

上手く飛べないかも…

なんとなく、rexelさん好きになりそうな予感がした料理漫画です。
あ、買いの薦めではなく読みの薦め。こんなのもあると知ってくれたならそれでOKです!

「食キング」←ショッキングと読みますw
続編もあって巻数はかなりのもの。さらにこの作者は他にもかなりの料理漫画を描いてます。
上手く飛べなかった時ように下記にもうひとつ。YAHOOのが一番ページ多い。


http://viewer.bookstore.yahoo.co.jp/?cid=131518&u0=1&rurl=http%3A%2F%2Fbookstore.yahoo.co.jp%2Fshoshi-131518%2F&u4=1

http://manga-tameshiyomi.blog.jp/%E9%A3%9F%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0.html

Re: No Subject

ああ、やっぱり読み方が間違ってたんですね。

あくまでメインはラーメンであって、主人公としての小泉さんはラーメンを食べることとラーメンの魅力を表現するための存在であると。

基本的にはラーメンを食べるためだけに存在しているキャラであるとするなら、2巻程度では掘り下げがなされないのはたしかに当然かもしれません。


で、ご紹介の作品は、また中途半端なところで切れましたね。
ただ再建請負人とは、奇抜なようでいて主人公のポジションとしては結構ありな感じもします。
こんな料理漫画もあるんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/960-721d9057

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター