社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

その表情が秘める真意と本音と真実は… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

今週のジャンプヒロインズベストショット集!

さあさあ今週も恒例のこの企画です

今週も、エントリーカットは全部で3枚

何か画像数3枚というのが定着してきたというかデフォになってきたな…
以前は4枚とか5枚が標準だった気がするんですが

ヒロインたちの活躍ぶりが減ってきているのか、
それとも俺の求めるハードルが上がってしまっているのか

どちらかはわかりませんが、それでもエントリーしてくれているヒロインたちは
確かな魅力にあふれていると言うことができるでしょう



それでは早速見ていきましょう

今週の1枚目はこちらです!





























































2015年WJ11_3 双葉ちゃん

A級6位攻撃手の双葉ちゃんです


えーと、まず最初にお断りをしておきますね

このカットのエントリー理由は、双葉ちゃんだったからです


もうそれ以上でもそれ以下でもありません
ただ、双葉ちゃんが映ったカットだったのでセレクトしました

双葉ちゃんじゃなかったら選外です

それを最初にお断りしておきたいと思います


木虎に挨拶を返しているのに、この冷たい表情
双葉ちゃんは、木虎が嫌いなんでしょうか

何か理由が?

これだけ冷たい瞳はなかなかできないと思うんですけども
13歳の少女にそれをさせてしまう木虎は、一体何をやったというのでしょう

それとも何もしなかったから、疎まれているとか…?


すでにこの企画では3回目の登場となる双葉ちゃん
当ブログではこれからも双葉ちゃんの動向を追いかけて行きたいと思います



では続いて2枚目はこちら!









































2015年WJ11_2 エプロン姿の肉魅

エプロンを付けた肉魅です

やってきた肉魅にエプロンを貸してあげる田所さんもしっかり可愛かったんですが
しかし今週はこの肉魅のほうが高い攻撃力を秘めていましたね


ていうか、料理マンガなのにエプロン姿の女子がちゃんと可愛く描かれたのって
ひょっとしたら今回が初めてだったりするのか…?

今までは、基本的に調理服のような白い衣装を着て作業にあたっていることのほうが多かった気がします
だとすると、制服の上からエプロンなんて色んな意味でグッと来る姿は
実は非常に貴重なのではないでしょうか

女子高生が制服の上からエプロン姿とか…
こんなありがたいカットもなかなか無いでしょう

それに水玉模様のエプロンなんて、可愛いの持ってるじゃないですか田所さん



見た目も中身もすっかり丸くなっちゃった肉魅のこの可愛らしさは、
新展開研修編とその後における裏テーマとなるだろう「ラブコメ」において
どうしても必要となってくるものでもあります

えりな様や田所さんに比べて、何となく一歩遅れているような感もある肉魅
こういうところでさりげなくアピールしてくるとなると、まだまだその存在感を忘れることはできないでしょう


裏テーマにはこれからじっくり注目していきたいですね



それでは最後

すなわち、今週のベストショットはこちらです!
















































2015年WJ11_1 何とも言えない表情の鶫

複雑な表情を見せる鶫です


うん
今週もこれしかないですね

ひと通り読み終わった後には何も思い浮かびませんでしたが、読み直していてふと目が止まった1コマ
今週最も感情が込められていたカットはこれだと思うのです


突然の転校とアメリカ行きを告げられて、動揺しているのは千棘と同じくらいと思われますが
それでも今回は千棘のショックを大きく描くという作劇の関係で、鶫の感情については
それほど強調されることはありませんでした


しかし、ただ1コマ描かれたこの無言の感情

もちろんこれは、転校という事実にショックを受ける千棘に対して同情や共感を示すものなのですが

しかしそれとは別にこの表情に込められている、また秘められている気持ちを想像すると
鶫が抱いているショックも千棘に劣るものではないことがわかるのです


千棘と同じく転校することになりながら、千棘ほどには動揺を見せない鶫

あくまで自分は千棘の従者であり、組織の一員であること
おそらくはその自覚が、千棘ほどにショックを露わにすることに歯止めをかけているのだと思われます

ただ、その自覚があるからこそよけいに沸き起こってくるのが千棘への申し訳無さ

鶫にとって何が辛いって、千棘を残していけない理由が身辺警護の問題であることなんですよ

誕生日も名前も思い出も温もりも、あらゆるものを分け与えてくれた千棘という存在に対して
心からの感謝とともに、「あなたを守り通す」ことを鶫は約束していました

なのに、「自分1人だけでは守りきれない」ことが理由となって転校による千棘の苦しみに加担してしまっている
鶫にとってこんなに悔しいことはないでしょう

しかもその事実を、他の誰でもない自分の口から伝えなければならなかった現実
「守れる人になる」と約束して、今まさにそんな自分を頼りにしてくれたというのに
しかし自分だけではどうにもならない現実がそこにはあったこと

悲しそうで、切なそうなこの鶫の表情には、ショックを受ける千棘に対する憐憫だけではなく
約束を果たせない自分へのやるせなさもあるとは考えられないでしょうか


そしてさらに、もう1つ
ラブコメ的に見落としてはならない感情がありますね

すなわち、このまま千棘とともに転校していくことは、自分もまた楽と別れることを意味することです


これは、この表情を見る限り、鶫自身がそれを自覚しているのかどうかは疑問なところですね

今回の話は「ニセコイ関係」の当事者である千棘と楽の2人に絞って、その心のうちが描かれているため
ここでの鶫の表情もただ千棘を思ってのものであるように捉えるのが、普通で自然な解釈ではあるのですが


しかし、その鶫もしっかりヒロインズの一角を担っているんですよね

仕える千棘と実は同じ相手を好きになってしまっていること
千棘とともに街を離れることは、その相手とも離ればなれになることであること
しかしそれによる自分自身への憐憫は、この表情の中には含まれていないように思えます

とすると、まだ無自覚というか、自分でも衝撃だったことと、取り乱す千棘を前にして
自分の本心にはまだ気がつけていないということになるでしょうか

とは言っても、ちょっと冷静になればすぐにわかる現実ですから
鶫もまた、千棘の知らないところで1人取り乱すことになるだろうことは想像に難くありません

あるいは、この表情がその一連の葛藤をすでに乗り越えた上でのものだとしたら
大したもんですが…


この作品の中で特殊な立場にある鶫だからこそ見せることのできたこの絶妙な表情

この何とも言えなさは、実際描くとなったら相当に難しいものであったでしょう
それを見事に描ききった古味先生の表情描写力
凄まじいものです



込められた感情と秘められた真意が最も強く感じられたこの鶫のカットが
今週のベストショットでした


それでは今週はここまで…



 




COMMENT▼

すみません、私はニセコイ専用機です

つぐみは、自分の気持ちに気づかないように、正面から向き合わないように、自らしている分、感情が表情の形で表現されていて、それがつぐみの魅力になっていますよね。

私的つぐみのベストショットは、
3巻シアワセの初コイに落ちたその時の顔と
14巻オンナハの「ありがとう一条楽」の笑顔です。

No Subject

なんだろう…ベストショットの選出理由に微塵も不服が無く、それゆえにコメントが浮かばないw
とある漫画的に言うなら論破されちゃった感じ。
くそうwwwwwww

No Subject

取り敢えず双葉ちゃんの理由だけ異議を申し立てておきますw
つぐみんや肉魅と比べて理由が浅すぎますというか・・・それ理由ですか?
もっとしっかりしてくだしあ( ̄Д ̄メ)
反抗期かなぁとか、他チームだからライバル視か、とか色々想像の余地は有るでしょうにw
個人的に動揺した木虎がツボですたw

という訳で記事書き直し(←



つぐみんは異論有りませんがね。

Re: すみません、私はニセコイ専用機です

皆様コメントありがとうございます。

コメントは書きたいところだけ書いていただくだけでもありがたいので、そんなに恐縮とかされないでもいいですよ>mickさん


鶫がベストショットとなったのは、ひょっとしたら今回が初めてだったでしょうか。
今週は間違いなく鶫しかいませんでしたね。

みんなでババ抜きをやってた時、小野寺さんと千棘の影で鶫もポーカーフェイス出来てませんでしたね、そういえば。ヒットマンとしては「すぐ顔に出る」というのは致命的な気もするんですがw

ただまあそれでも、一種の哀しさを含む今回の表情よりも、湧き上がった感情にを身を委ねた瞬間であるmickさん的ベストショットのほうが魅力的であることはもちろんでしょう。


双葉ちゃんに関しましては、大変申し訳ありません(;^ω^)
もう双葉ちゃんだからということしか頭になかったので何とも書きようがありませんでしたw

でもそうか…
反抗期っていう可能性があるのか…
それに気づかなかったとは何たる不覚。

精進しますorz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/947-5e5c07ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター