社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

ニセコイ16巻同梱OAD これはスタッフの中にマリー派がいるな!

ニセコイ16巻同梱版

ニセコイ OAD

14巻に引き続いての特別仕様となりましたOAD付きコミックス
コミックス自体のレビューはまた後日としまして、本日は同梱アニメの仕上がり具合を
じっくりと見ていくことにしましょう











nisekoioad2-01.jpg

2話収録の1つ目は、マリー回となる「オシゴト」ですね

小野寺さんが全く出てこない回であるため、小野寺派である当ブログとしてはレビューするのにちょっと困りますが
まあ小野寺さんとマリーには親和性が高い一面もあるため、マリー回のアニメでマリーの可愛らしさを追いかけて行くことは吝かではないでしょう

実際、スタッフの中にもマリー派がいると思われるほどに今回のマリーの作画には気合が入っておりました








nisekoioad2-02.jpg

ミスを恐れないというよりミスをミスと思ってないこの顔
何かやけに丁寧に描かれている気がするのである

繊細さを前面に出しているというか
言ってる内容が図太いことだけに、それ以外の部分では細さを見せることで
マリーの特別な感じを出そうとしたのでしょうか








nisekoioad2-03.jpg

しかし、原作では立ち姿の1カットだけとなっていた「働くマリー」の姿をいくつも描いてくれていたのは
非常に新鮮でしたね

描かれているポーズやシーンとしては、おそらく他の作品でもよく使われているようなテンプレ的なものだと思いますが
それでもそれをやっているのが、つい先程「特別な仕事ぶり」を見せてくれたマリーであることで
何だか違ったように感じられるから不思議です



そして、お待ちかねの三つ巴戦争寸前シーン








nisekoioad2-04.jpg

原因を作ったのが自分であることも、なぜ男たちはいがみ合っているのかもさっぱり理解しないまま
ただ困り果てる店長さんの様子に気づいて動いたマリー

ここの叫び声を阿澄佳奈さんがどう演じるかが地味に楽しみで、
思わずヘッドフォンを両手で耳に押し当てる格好になってしまいました


できるだけ低めの、しかしちゃんと彼女の声であることは分かるようにして叫んでみせた阿澄さん

見事です









nisekoioad2-05.jpg


帰り道

話題はもちろんマリーの無双っぷりのことでした

普段は、楽の好きな「女性らしい女性」たるべくお淑やかで上品な振る舞いを心がけているはずのマリーが
なぜバイトのためにあれだけ大声を出して暴れ回ったのか


そこの違和感に気がつける楽がちょっとイケメンなのである

気づいてもらえたことが嬉しくて、秘密にしておくつもりだったバイトの目的を話すマリー
楽と暮らす理想の家を買うための資金とするつもりだと語るマリーに、驚く楽と千棘


マリー版シンコンが特典として封入されていたOADでこの話というのは、もちろんスタッフは狙っているのでしょう
特典については最後に触れるつもりでいますが、ここで1つだけ言及しておくと、しっかり「理想の家」が建っていましたよ


「いたって大マジメなんですよ?」と語るマリーの構図が、原作とは違っていましたね

原作では楽の表情を見せずに、マリーの顔だけが見えるアングルとなっていましたが
アニメでは楽の表情も見えるところから映されていました

それによって、きょとんとしている楽の表情が明確に描かれるとともに
ニッコリ笑った顔が本当に本気であることを感じさせるマリーの表情も際立つようになっています


だから、「ただただ感心するわ…」と皮肉でもなんでもなく素直につぶやく千棘の言葉に真実味が宿る
同じ男を好きだと言っていながら、これほどまでに違う「好きへの覚悟」
目の前でまざまざと見せつけられた千棘は自分とあまりにも差があることに圧倒されているのです

もちろん千棘だって楽を好きな気持ちは負けるつもりはないでしょう
とは言っても、マリーは10年にもわたってひたすら一途に想いを温めてきたという事実があります
会えない相手をじっと想い続けたその永さと濃さと強さと深さ

時間を根拠とした真実の前には、どうしても勝てない千棘の姿がそこにはあるんですね


ラストの「…フフッ(ハート」も声がついたら結構な破壊力になっていましたよ

もうこれは本当にマリー派にとっては俺にとっての「タイフウ」回に匹敵するようなありがたい回だったのではないでしょうか



でも一番可愛かったカットを俺が選ぶとしたら、これですね





nisekoioad2-052.jpg


両手を上げて空を仰ぎつつ、理想の家を語るマリーですよ

このね
顔の角度と目の輝き具合がね
この後のシーンを待たなくても本気だってことがよく伝わってきましてね

直後の角度がまっすぐになったポーズよりも、こっちのほうが断然いいです

マリー派の方々にとってはどうでしょうか











…で、「シンコン」のほうですよ

小野寺さん版と同じく夢オチであろうことはわかっていますが、大事なのはその中身


1コマだけ公式から公開されていましたが、これも相当楽しみにしていたものでした

設定時期は小野寺さんと同じく1年目の結婚記念日のようです
まあ、中身にはあんまり触れないようにしておこうかと思いますが


でもいくつか言及してみるなら

・小野寺さんもそうでしたが、料理の腕はさらに上達しているマリーが作った記念料理は小野寺さんを超えていました
・まさかのとげちー連続出演
・望んでいた子どもの順番はどうやら違ったものとなった模様
・小野寺さんの時と同じく、楽もその夢を見ていました

てな感じでしょうか


次には鶫版のシンコンが付いてくるとか…

パターンはやはり同じようなものとなるのでしょうが、鶫エンドの形ということは
つまり千棘を押しのけて鶫がいくところまでいってしまったことになるんですよね

それをどうコメディやギャグちっくに描けるんだろうと思うと無駄に心配です
公式で公開された1コマを見る限り、何かありえないことになってるみたいですけど

そしてとげちーがまさかの3作連続出演するのかも注目したいところです


明らかに千棘をモチーフとしている犬のとげちー
マリーの理想の家庭像の中に「大きな犬」もありましたから、そういうことだとすれば特に不自然ではありませんが

しかし問題なのは小野寺さん版にもこの犬は登場していたという事実ですね
犬まで含めて「シンコン」のパターンなのだとすれば、それが意味するところは
千棘版の「シンコン」はないということです


そして、それはつまり…

(ry

…という可能性が考えられるわけですね


違う意味でも鶫版「シンコン」には注目が必要ですね







nisekoioad2-10.jpg

COMMENT▼

No Subject

………マリーがとんでもなく可愛い……買い直そうかな同梱版で……

No Subject

ほう、そんな事になっていましたかw

No Subject

でも、羽姉さんのシンコンは、作られる気がしないのはなぜ?

私の気のせいですかね?

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

おや、ラグエルさんが乱心してらっしゃるようですね。
まあ無理もありませんがw


羽の「シンコン」は…

 そ う い え ば 


確かにありそうな気が全然しないですね。

今くらいの存在感ではどうしても仕方ないのでしょうね。
かと言って、出番増やしまくっても派閥的なアレは別にして、話のつながりが変になってしまいそうです。

あれ、羽のターンは詰んでるのか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/943-09c7bb8d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター