社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

コミックス背表紙のデザインパターンを考える

何かまた変なことに気づいたというか思いついてしまったというか…

今日の話は、コミックスの背表紙です


ちょっとマンガ読もう、とか思って本棚眺めてる時にふと思ったんですよ

そういやコミックスの背表紙にも色んなパターンがあるなって


そもそも背表紙とは、ある意味で表紙より最もアピールしなければならない部分とも言えるんですよね
なぜなら、本棚に並べられている時にはそこしか見えないからです

売れ筋とか人気作品なら、書店でもわざわざスペースを取って表紙が見えるようにして並べられたりもしますが
大体は背表紙のみが見える状態で並んでいるのが普通です

それは家の本棚でも同じことで

とすると、ある意味最も目に入ることになるコミックスの背表紙が
どんな風にデザインされているかというのは、ちょっと考えてみる価値があるかなーと思いました


 








とりあえず家にある本棚をずっと眺めてみた感じでは、そのデザインパターンは6つに分かれているようです


1.表紙の一部を載せる


コミックス表紙の一部が、そのままあしらわれているものですね



表紙の一部_ニセコイ

たとえばこんな感じですよ

たぶん一番多いのがこのパターンでしょう
例としてここではニセコイのコミックスを持ってきてみました
OVAつきの特別版な14巻は、わかりやすくするためにどけています


他にはたとえば食戟のソーマも同じでした



表紙の一部_食戟のソーマ

表紙の一部分を持ってくる
それによって読者にどんな訴求効果があるのかはよくわかりませんが、まあ一番単純な方法であり
製作側としても特に深く考えなくて済む方法でしょう



2.キャラを1人ずつ登場させる


表紙とは無関係に、レギュラーキャラたちを1人ずつ登場させるパターンです

たとえばSKET DANCEがそうでした



キャラ1人ずつ_SKET DANCE

全巻写したらやたら横に長くなるので、サーヤまでです
いや別に意味は無いんですけど

登場する順番は、1巻が主人公というのが鉄板で、2巻はヒロインかまたは主人公の相棒とかですね



キャラ1人ずつ_ヒロアカ

僕のヒーローアカデミアもどうやらそのパターンで行くようです
まだ2巻なので気が早いといえば早いかもしれませんが
2巻にオールマイトが登場しているのは、相棒というより最も身近な師としての立ち位置からでしょう

巻数少ないおかげで、他のと同じように撮ったら縦にばかり長くなるので
タイトルは入れられませんでした



3.表紙の一部+キャラを1人ずつ載せる


先の2つを複合したパターンです

たとえばワールドトリガーがそうですね




表紙&キャラ_ワールドトリガー

表紙に1人ずつキャラを描き、そいつを背表紙に載せることで
表紙の一分を載せる形でありながらキャラを1人ずつという形式にもなるものです

他には斉木楠雄のΨ難も同じパターンと言えるでしょう



4.規則性を持たせる


表現がうまいこと見つからなかったので、この見出しだけではちょっとわかりにくいかもしれませんが
こういうことです




オリジナル_ハイキュー!!

ハイキュー!!のコミックス背表紙
キャラが1人ずつ登場している形ではありますが、みんな同じポーズになっていますね

バレーボールマンガということで、上げられたボールに視線をやっている様子なのでしょう
清水さんがそのポーズになってるのはちょっと新鮮な感じですねw

ただキャラが登場しているというのではなく、作品にちなんだ動きなりポーズなりをしていることは
そこでも世界観を感じさせる効果があるだろうと思います


他には、ぬらりひょんの孫でも同じことをしていました




オリジナル_ぬら孫1

何か片足を上げてナナメになってる姿勢をみんなでとってます

これは何のポーズなんでしょう?





オリジナル_ぬら孫2

最終巻に登場する羽衣狐様
同じポーズをしているようでしてなくて、でも何か妖艶な姿になってるのが上手いです

苔姫はちょっとカッコつけた感じになってるなw

ぬら孫といえば、コミックスの表紙が全部一直線に繋がる構図になっていました
こんなところでも遊び心を加えていたんですね



5.繋がる背表紙


繋がるといえば背表紙が繋がるようになってるものもありましたよ



ひとつなぎ_七つの大罪

七つの大罪です
順番に並べることで、イラストがどんどん繋がっていくようになってますね

これはマガジンの作品ですが、ジャンプ作品では確かドラゴンボールがそうだったでしょうか
最近の作品ではちょっと浮かんでこないな…

そういや、コミックスではなくジャンプ本誌で繋がる背表紙ってのをやってたことはありましたね



6.意匠なし


最後は、特に何も意匠がないというパターンです
デザインしないデザインとでも言いましょうか


たとえば、てとくち




意匠なし_てとくち

見事に何もないですね

他の作品では表紙の一部なりキャラなりが登場している部分に、大きく巻数が表示されていて
何かが載るようなスペースがない状態になっています


他にはラルグラド




意匠なし_ラルグラド

これも特に何も載せられてないんですね
あえて言うなら、その巻のサブタイがあることでしょうか

文字の下になんか紋様があるのは…何でしょう


で、一番不可解なのがこれなんです





意匠なし_ダブルアーツ

ダブルアーツですよ

何が不可解かといえば、パターンが統一されてないんです、これ

意匠が特にない、というのは全3巻ともそうなんですが
1巻と2巻は、表紙の一部が背表紙まで広がっているのに対して、ラストの3巻では
表紙のイラストが背表紙部分でぶった切られているんです

わかりにくいと思うので、別の画像で見てみましょう



ダブルアーツ3巻背表紙

タイトルの後ろに行ってるキリの髪は特に何もされていませんが
長く広がるスイの髪の毛は、背表紙部分で見事にぶった切られています

別に背表紙部分まで広がらせてもよかったんじゃないか…と思うんですけど
どうしてなんでしょうね

並べた上の画像でわかるように、3巻だけ巻の数字の下が不自然に空いてるような感じになっています

どうしてこうなった
別に意味は無いのか?







…ということで、全部で6つのパターンを見てきましたが、これで全部ということはたぶんないでしょう
他にはどんなパターンがあるかな?

COMMENT▼

No Subject

ウチにあるのをザッと調べてみました。

7.表紙から裏表紙までが一枚絵
例:からかい上手の高木さん

がありました。恐らくこの7種類だけかなと。強いて挙げるなら…

8.主人公のパターン変化
例:高橋さんが聞いている

9.2色を交互に使い分ける。
例:http://blogs.yahoo.co.jp/w650vtr250/GALLERY/show_image_v2.html?id=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-85-21%2Fw650vtr250%2Ffolder%2F1839793%2F41%2F66303741%2Fimg_0%3F1375577048&i=1

くらいでしょうか。

No Subject

ほう、背表紙ですか。
また細かい所に注目しますね(^^;


ダブルアーツは・・・・・・・きっとスタッフの黒歴史になってるんじゃ・・・orz

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

おお。やっぱり他のパターンもありましたね。

「主人公のパターン変化」は、そういえば『コナン』もそうですね。
ジャンプ系では…見たことないかな?

「2色の使い分け」は、他のパターンとの混合でもよく使われてますね。
『D.Gray-man』や『双星の陰陽師』で黒と白が交互になってました。そういえば。


パターンとしては、だいたいこんなところでしょうか。

ダブルアーツがスタッフの黒歴史というのは…
何か色んな意味が感じられてしまうんですけど。orz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/929-87ed0cab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター