社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

ファンタジー×ラブコメ×エ○ゲ的展開!? 『結婚指輪物語』 めいびい

結婚指輪物語1巻

結婚指輪物語 めいびい

か、買っちまった…

試し読みを読んでみて、何かよさげだなと思ってしまいました


「異世界新婚ラブコメ」と銘打たれたこの作品
ファンタジーな世界観で、主人公とヒロインが新婚で、ラブコメを繰り広げるというのは
ジャンプ読みとしては『magico』を思い出すところですが、この作品が決定的に違っているのは
「嫁が複数いる」というところでしょうか

それなんてエロゲ?


この第1巻で嫁となるのは正ヒロインのような幼馴染ですが、他にも嫁候補がいるようなのです

タイトルにもなっている「結婚指輪」
その指輪の力でもってその世界を救うというのが、選ばれてしまった主人公の使命らしいですが
幼馴染の彼女以外にも4人の嫁を娶らなければ指輪の力が完全なものにならない、とか

つまり嫁候補が全部で5人いて、その全員の公認のもとに全員と重婚しろという


だからそれなんてエロゲ


いや、冗談は別にしてもホントにゲームっぽい印象はあるんですよね

何かどっかのRPGにあるんじゃないかという感覚
ひょっとしてどっかのゲームのコミカライズか?とか思ってしまったり

実際には全然そんなことはないみたいで、普通にめいびい先生の最新作というだけのようですが…


あるいは、そうした印象を感じ取ってしまったことは
まだこの作品にそれほど入り込めていないことを示していると言えるものでしょうか


その原因として自分で思うのが、物語のテーマとラブコメとの比重というかバランスの問題です

主題としてはかなり近いところに位置していると思うのですが、ちょっと難しそうなものを感じたんですね

それは、嫁候補が複数いるにしては、この第1巻において
正ヒロインらしい幼馴染との絆の深化にやけにページを割いてるなということなんです


「向こうの世界」では普通の幼馴染だったはずの2人が、彼女にとっては元の世界の
主人公にとっては別世界にやってきたら2人は夫婦になることになった

その一足飛びな関係の変化に対して、互いの認識や意識を深めたり擦り合わせたり一致させたりする流れが
実にじっくりと描かれているんですね

しかし、そうして深まる2人の絆に悶えたり微笑ましくなったりしながら読んでいたら
その後のページでは「他の嫁」の話が出てきて雰囲気ぶち壊し…みたいな

ひょっとしたらラブをコメらせるものとしての「恋のライバル」的なつもりが作者にはあるのかもしれませんが
この1巻を読む限り、それをやるにはラブの加減が強すぎるような気がしたんですね

特に、2人がすでに互いを想い合っている関係であるということに一番の原因がありそうです
そこに新たな嫁として自然に加わるには、よほど上手なキャラの描写をしないことには
不自然さがついてくることになり、その違和感は作品全体に対するそれへと繋がりかねないもの

その辺の懸念が頭をよぎったことで、エロゲ的展開に期待感を覚えつつも
一抹の懸念も同時に抱いてしまいました


中でも、展開の可能性を読みづらくしているのが「主人公が選ばれた理由」なんですよね

「光の姫君が選んだ者が救世主となる」

つまり5人の嫁候補がいる中で、その中の光属性となる1人が選んだ者が救世主となり
同時に他の4人も娶ることになるというものです

だいたいこの手のパターンの作品だと、そうした複数の嫁を持つことで大きな力を得る主人公というのは
最初に登場するヒロインに見初められて選ばれたりしますが
「なぜ彼女が選んだ者がその他の姫たちとも契りを交わすことになるのか」が曖昧だった気がするのです

救世主や勇者的存在として誰を選ぶかということについて、それら姫達の中で基準や差が存在せず
「たまたま一番早く選ばれた主人公が、次々に他の姫たちとも親しくなっていった」みたいに見えていたんですよね

しかし本作の場合は、「光の姫君が選んだ者が」という形で基準を示してくれました

これは、結構目からウロコ的な感じでした

設定上の基準がはっきりしたことと同時に、
「選ぶ権限を持たなかった他の姫たちはそいつに対して何を思うか」ということはもちろん
「選ぶ権限が自分にはないことをどう捉えているか」ということが
必然的に気になる設定であるからです

これは姫同士の関係にも左右されるものですから、それぞれのキャラを深めるのに大いに役立つ部分と言えるでしょう
ここの部分の描写はぜひないがしろにしないで欲しい…





…ただまあこうした作品は、1巻の時点であまり色々と言うのもよろしくないでしょうから
素直に2巻を待ってみたいと思います









[タグ] ラブコメ




COMMENT▼

No Subject

買ってるよ!だいまおーさん向けに薦めた作品だったのにrexelさん買ってるよ!!www
いやー試し読みを読んだだろうなとは思ってましたがまさか購買意欲掻き立ててしまうとは…

めいびい先生は成年誌出身です。基本エロいです。しかもどことなく生々しさが残ったエロさ。
しかし、以前連載されていた黄昏乙女では見事なストーリー構成とホラー描写を魅せてくれました。
そして今回の結婚指輪物語。1巻の読後具合について正直にいうと、
完成度は上だが黄昏乙女の方が惹き付ける力は強い。
この作品を面白いと思ったのなら黄昏乙女も買ってみることをお薦めします。

http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/browse/tasogare/_SWF_Window.html


さて、めいびい先生の作品では主人公は一途です。ヒロインの心情を描くことでラブを見せます。
なので正妻が他の妻に対してジェラるのが基本的な絡みになると思います。
1巻後半で見せたアレですね。男の子なので妄想をしてしまいそれをジェラったアレ。
そればかりが来るとかマンネリな心配は要らないと思います。他の嫁がないがしろになる心配も。
そして懸念されている「嫁が正妻をどう思うか?」「正妻でないことをどう思うか?」ですが、
そこもめいびい先生の手腕をそれなりに知っている私から心配は要らないと伝えておきます。

ラグエルさん、すみません(^^;
自分に薦められた作品だったのにまだ買ってません(>_<)
でも決して面白くなかったわけではなく、前にも言ったように続きが読みたくなる位面白かったですよ!
今から買いに行ってきます!

だいまおーさんへ

いや別に責め立ててるつもりは全く以てありませんが?www
面白いと思ったんなら買え!とか傲慢な…大罪の一つを背負ってはいませんw
でも買って読んで下さったのなら是非感想を聞かせて下さいな~

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

ビッチなラグエルさんの罪はむしろ色よk


自分宛てに勧められた作品でもないのに買ってしまいました…
だんだん俺もビッチ化してきているような。
「ラグエルさん驚くかな…」とか思いながら記事書いてました。

まあしかたないですよね。面白そうかもと思ってしまったんですから。
そりゃ買いますわ。

ちょっと心配になった部分は、どうやらそんなに気にしなくてよさそうということですので
2巻も楽しみにしたいと思います。

No Subject

いいじゃないですかビッチ化!素晴らしいことではないですかっ!w
多分、氷球姫も買ったんではないかな?と思っておりますwww

驚きましたよ、そりゃもう。そして直ぐに笑いが込み上げたw
やっぱ薦めたものが気に入られると気分良いですわぁ~

追伸:やっと大掃除が終わった…
今年もこちらのサイトには大層お世話になりました。
我ながら、随分と寛大な扱いを受けていると実感しております。何冊薦めた今年?www
来年もまた、これまで通りに歩を進めていくつもりですので生温い目で見守って下されば幸いです。
良い年末をお過ごしになられる事を祈ると共に、来年もまた宜しくお願い申し上げます。

Re: No Subject

ちょろイン&ビッチ化は、できることなら抑制したいところではありますが。
ラグエルさんの反応を想像しながら記事を書いてるあたりはもう手遅れな気がしないこともない…



こちらこそ、たくさんのコメントとツッコミと紹介をありがとうございました。
おかげ様でいい出会いができた作品もあり、感謝しております。
寛大な扱いというか、別に何も考えてないだけなんですけども。

私の方も、来年も同じように書きたいことばっか書き殴っていくつもりでおります。
新年も宜しくお願い致します。

めいびい先生といえば…

こんなのも描いてますよ~
だいまおーさんは結構好きかも知れませんね。HIT率8割と推測。
rexelさんは……7割かな?w

http://www.shonenmagazine.com/bmaga/katsukami

Re: めいびい先生といえば…

おお…
これはまた濃厚そうな話ですねえ。

ラブとかコメとかが少なそうな分、『結婚指輪物語』よりも遥かに濃密な話になってそうですね。

そういえば今まで紹介してもらった作品は、割とライトなノリの作品が多かったように思いますけど、これはどうでしょう。

No Subject

濃くて重めですよ。コメ的な部分もありますが、比重はほぼ1話と同様と思って良いです。

Re: No Subject

やっぱ重めですか。

となるとちょっと二の足を踏むところがありますが…

No Subject

重めですが、ダークなエンドに向かう感じではないです。
「獣」たちもある意味救われていますし、その類の希望は1話で読み取れたかと思います。
それでもダメかな?と思うのであるなら止めて置いた方が良いです多分w
結末を迎えてないので断言は出来ませんが1話の重さのまま仕舞いまで進むと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/911-c43b5c22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター