社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

温かさと優しさにあふれる彼女たちの1年間… 今年のジャンプヒロインズベストショット集!

斉木ママ

今年のジャンプヒロインズベストショット集!

と、いうわけでやってまいりました

毎週やっている「今週のジャンプヒロインズベストショット集」
そこでベストショットに選ばれた中から、さらに厳選して「今年の」ベストショットを決めてしまおうというこの企画

昨年に引き続き、2年目となる記事です

先日作成した今年のベストショットまとめをじーっと眺めた結果
5枚のカットが「今年のベストショット集」にエントリーしてもらうことになりました


それでは早速見て行きましょう

2014年今年のジャンプヒロインズベストショット集1枚目はこちらです!




 






































「温かさ」に涙する

心から感じた「温かさ」に涙するアリス嬢です

第20号のベストショットとなったこのカット

選抜本戦1回戦にて、創真の作った「弁当」を口にしながら自らその負けを認めてしまったその瞬間のカットです


当時も、そしてまとめを作った先日も散々語りましたが
このカットにおけるtosh先生の表現力は尋常ではないですよね

スクリーントーンを極うっすらとだけ使用したのみで、それ以外はベタも使うことなく
線の強弱だけによってこれだけの1コマを描き上げているのです

それは、「白」を強調した景色の中にアリス嬢の姿が浮かび上がってきたかに見える印象的な像を作り上げたものでした

その「白」は、背景となる北欧の雪景色だけではなく
アリス嬢の纏っていた料理人としての服装とともに防寒のためのコートにも存在し、
さらに白人系としてのアリス嬢の白く美しい肌が、寒さによって青白くなっていたことをも示していました

そこに手渡された弁当箱からは、白い湯気が立ち上り
口にしてみれば、舌の上にほどよい熱さが広がって吐く息を白く染める


そこにあるのは、「白」を印象的に使うことによって生まれる逆説的な「温度」の表現でした

通常なら、「白」とは寒さへ繋がるイメージを持つものであり
そこには「温かさ」のような印象はありません

しかし、このカットでは立ち上る湯気と吐く息という2つの「白」が温度を持つものとして登場しており
それによってその他の「白」までも同様の印象を持つものへと転化を図っているのです

そこにある「温度」は、弁当と温かさもさることながら
その弁当を作ってくれた人の温もりと、それを口にして涙を零したアリス嬢本人の心の温かさ


なぜこのカットに俺がここまで魅せられているかといえば、アリス嬢の心の温かさが映っているからなんですよ

温かい弁当を口にして、その温度に涙するアリス嬢
そこにあるのは、高圧的で傲慢な天才ではなく、自らの資質と努力を武器に戦う普通の女の子の姿でした

薙切の名を背負いながら、えりな様という絶対的な存在を前にして
劣等感を抱いていたアリス嬢の心情が「温度」によって溶かされていくことの表現なのですね


その次のページに来ている1ページぶち抜きの全裸は、単なる読者サービスであること以上に
アリス嬢のリスタートの意味合いもあるものと考えられるでしょう




では続いて2枚目はこちら




































優しく温かい「あててんのよ」

優しく温かい「あててんのよ」をしてくれたギンコちゃんです

29号のベストショットとしたこのカット

ベストショットとして全く迷うことなく決まったものでした


なぜって…ねえ

見ててこんなにもほっこりしちゃう「あててんのよ」とか普通ないだろ常識的に考えて…


女の子が
後ろから
おっぱいを
押し当ててくれる


こんなにありがたい行為もないというのに、それを見ていて沸き起こってくるのは「微笑ましさ」なんですよね


女の子の方からおっぱいを彼氏に押し当てているシーンだというのに
そこから感じられるのはエロさよりも微笑ましさと仲睦まじさなんです

彼氏となる鉄太の方は、彼女なギンコちゃんが繰り出した思わぬ行動に驚きと多少の健全な恥ずかしさを感じていますが
ギンコちゃんの方はといえば

もちろん恥ずかしさもあるにはあるでしょうが、それよりも遥かに浮かんでいたのは「愛しさ」と「穏やかさ」でした

鉄太に対する心からの愛情と、心からの信頼
だからこそ、普段の彼女なら絶対しないようなことを躊躇なくやってのけたのですね

その動機となったのは、欲望のアプリによる洗脳的状態から鉄太が解放してくれたことでした

「いつか最高のシチュエーションで最高のキスを」という鉄太の言葉に、この上ないほどの期待を抱いた彼女が
解放へのお礼とその約束への期待を込めて、やってくれた行為なんですね


『i・ショウジョ』の最初のカップルとして登場してきた彼らは、何か読者的にも特別な感覚があるように思います
特に、ギンコちゃんはどこか普通のヒロインと違うというか
可愛さがこんなにまでほとばしってるヒロインも珍しいですよね

その上ギンコちゃんと鉄太のカップルを見ていても、「リア充爆発しろ」とは全然思わずに
むしろ、こいつらが仲良くやってるところをずっと見てたいわーなんて思っちゃうくらい

連載デビューの新人が生み出したとは思えないくらいに稀有なキャラだと思います




続いて3枚目はこれ!


































ちゅーされた

ちゅーされて顔が赤くなっちゃった翼ちゃんです

第16号のベストショットだったこの画像
今はもうすでに打ち切りとなってしまった『アイアンナイト』からのものですが

『アイアンナイト』面白かったですよねえ

特に、心をなくしたような翼ちゃんが登場してからは
鉄兵の熱量が天井知らずのように上がっていって 、読んでるこちらも翼ちゃんが心配でたまらなくなってしまうくらいでした

何らかの理由で感情か心かを失ってしまったように思える翼ちゃん
しかし、それでも鉄兵からほっぺにちゅーなんてされたらこんな顔になっちゃったわけですよ

これにはすっかりやられてしまいました

まず何よりも、心をなくしているはずの翼ちゃんがこんなにも乙女な反応を見せてくれたことに
普通に萌えるということ

そして、こんな表情を浮かべられるのならきっと元の翼ちゃんに戻せるという希望を感じ取れたこと

この2つがあったからこそのベストショットでした


彼女に何が起こっていたのか、コミックス3巻の描き下ろしによって真実が明かされている今見ると
それはそれでまた複雑な感情が沸き起こってきます

すぐ近くから「ちゅーしちゃえ!」とはやし立てていたユキちゃんは、この時何を感じていたのか…

あ、知らない方向けに1つだけ言っておくと、三角関係的なアレではないですよ




では続いて4枚目です
こちら










































斉木ママ

斉木久留見さん(17)です

第50号のベストショットだったこのカット

今年のベストショットにするか否か、割と悩んだんですが
結局それは「もう1枚」の方に譲ることと致しました


さて、主人公の母親という「ヒロイン」とはある意味対極にあるようなキャラがエントリーしてしまったこの画像
理由はひとえに、この吸い込まれてしまいそうな透明感ゆえですね

現在37歳、2人の息子がいる母となった彼女の高校2年生時の姿


超をつけることに何の迷いも要らないほどの美少女でした


マジで何なんだこの超絶美少女は

これだけのポテンシャルを秘めておいて、押しに弱いとかそれなんてちょろイン?
いや、燃堂親父の下手くそなナンパにも危うく付いて行くところでしたし、マジで危なっかしいかもしれない


しかし、これは多くを語る必要のない画像であるでしょう

癒し系のようなこの笑顔をずっと眺めて癒やされておきましょう




それでは、画像は残り1枚となりました

見ていただきましょう
今年のベストショットはこちらです!













































静かなる号泣

生まれて初めての恋心を自ら諦める決意を固めて、静かに号泣する春ちゃんです

第11号のベストショットとして迷うことなく決まったこのカット

もうホント切なさにあふれていて、淋しさにまみれていて、哀しさに包まれている表情です


日頃は斜線がたくさんある顔芸で楽しませてくれることの多い古味先生が、
これほどグッと来るような泣き顔を描いてくれるとは正直思っていませんでした


何が上手いって、瞳も口も閉じられていることなんですよ

こんなに号泣している時、普通なら瞳は半開きくらい、口は大きく開いていたりするものです
なぜならそれは、感情を抑えきれずに外にあふれている様子ですから

抑えきれないからこそ、口は開かれ瞳も開かれている


しかし、ここでの春ちゃんはどちらも閉じています
そのことが、この時の春ちゃんの心情を究極的なまでに表しているんですね

すなわち、泣くことさえも堪えようとしているんです


大好きなお姉ちゃんを大好きな人を大好きになってしまった自分
だから自分が身を引くことですべてを丸く収めようとした高校1年生の少女が下した決意

哀しいけれど、切ないけれど
それでもこらえないことにはお姉ちゃんを悲しませる

泣いたら自分も余計悲しくなるから、だから泣くことすらも堪えようとしているのに
閉じている瞳のわずかな隙間からそれでもこぼれる大粒の雫

固く結んでいるはずの唇からも嗚咽が漏れる

こらえてもこらえてもこらえきれないものが次から次にあふれる


この日、春ちゃんはどれほど目を腫らしたことでしょう
どれほど枕を濡らしたことでしょう
お姉ちゃんに気取られないためにどれほど静かであろうとしたでしょう

春ちゃんのそんな悲壮な決意を如実に見せたこの表情こそは、ベストショットに相応しいものだと言えるでしょう










…ルート閉じてないけどな

こんだけの演出をしてくれておいて、実際には春ちゃんルートは閉じてるようで閉じてないという
曖昧な状態なんですよね…実は

その点だけはどうにも釈然としないところが大いにあるんですが
それでも1度は完全に諦める決意を固めさせた意味での表情ということで、
大きな意味があるものだと思います



それでは今回はここまで!









































えー…

はい


と、いうことで今年のベストショットは春ちゃんだったんですけれども

はい

わかっておりますよ


小野寺さんですよね

ベストショット登場回数最多の小野寺さんはどこに行ったんだと、そういうことですよね


もちろんやりますとも


今年の小野寺さんズベストショット集


もう少しお待ちください


COMMENT▼

No Subject

春ちゃんルートいつ閉じるんだろう・・・

そう言えば田所ちゃんが居ないなw




小野寺さん待ってますノシ

No Subject

安定のシード枠ですな小咲はw

順当というか納得というか、まあ今年のノンシード枠1位はやっぱり春ですよね。
やって欲しくなかった展開ですが、やられた後の締め方として非常に掻き立てられるものでした。
その後閉じなかった事で冷水で晒された様に冷まされた感も味わいましたがw

他のエントリー陣も納得です。特に斉木ママはインターセプトして飛び込んだ感がwww
グループの新入りが一気に人気を勝ち取ったというか、冴えなかったメンバーが化けてきた様な…
横合いから掻っ攫っていった感じ?

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

小野寺さんのいないベストショット集となった記事でしたが、お楽しみいただけたでしょうか。
春ちゃんがベストショットになっちゃったことで、結果として今年のベストショットヒロインは
小野寺さん姉妹でワン・ツーフィニッシュすることになりましたが。

田所さんはですねえ…
堂々と本戦の勝負に臨むあの真剣な表情の1枚を入れようかどうしようかと迷ったんですが、
ある意味始まりのカットとなる1枚だと思ってあえて外すことにしました。

斉木久留見さんはもう今年のベストショット集入りは当該週時点から決まっていたものだったり。
あとはベストになるかどうかというだけでした。
それぐらい凄まじいクオリティだった…


小野寺さんのベストショット集は、おめでたさ感覚欲しさに正月更新予定です。
もう少しお待ちください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/909-6392adbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター