社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

一部NARUTO-ナルト-終了仕様になってた2014年週刊少年ジャンプ50号感想

2014年週刊少年ジャンプ50号感想

あんだけナルト完結号って銘打っておいて、でも表紙は暗殺教室なのかw


今週のアンケ順
僕のヒーローアカデミア
ワールドトリガー
食戟のソーマ


その他
・ONE PIECE
・暗殺教室
・火ノ丸相撲
・特別読み切り GARDEN
・斉木楠雄のΨ難
・ニセコイ
・ジュウドウズ
・ハイファイクラスタ
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・Sporting Salt
・ヨアケモノ
・NARUTO-ナルト-
・次号予告



僕のヒーローアカデミア

希望的絶望を纏って、怒りとともにやってきたオールマイト

事情を知る出久の不安が読者と完全に同化していて、一層煽ります

そのせいで不安と心配だらけで読んでいただけに、最後の引きがやたら爽快でした

サブタイは逆襲のヒーローズ
オールマイトに加えて他の教師たちも来るのかと思っていたら、そっちの展開か!

かっちゃん…!!

あの悪タレがページめくりの見開きなんてこんなカッコつけた登場するようになるとは…

かっちゃんが勝てないかもと思ってしまった半冷半燃の推薦入学者も登場してきました

オールマイトの登場の時よりも希望がある流れです

何が巧いって、彼らはまさに希望なんですよ
ヒーロー志望の有精卵たち
個性の譲渡を実行して、あとは漸次衰えていくだけのオールマイトにとって
彼ら若き青年たちは希望の象徴なんですね

オールマイトが平和の象徴なら、彼らは希望を象徴する

その希望たちが、平和の危機に駆けつけてきたわけですよ


これが燃えないわけがない


そしてそんな希望たちの中に、ちゃんと出久も混じってるという

いいですね
いいですね

ただしかし、そうやって希望の象徴によって絶望の可能性が覆い隠されることとなります
まだ残る平和の象徴が潰える可能性

希望と絶望の可能性が、いい具合に混ざり合って目が離せない状態ですこれは
この緊張感が今週の1位の理由です


ワールドトリガー

冒頭の唐沢のシーンはどういった意味があるんでしょう
外交・渉外担当の唐沢が体を張って救助活動したところはちょっと意外でしたけど
ていうかこの人まだ本部に戻ってなかったのか


厳重警戒状態のオサム

メガネないから最初誰かと思ったわw
忍田さんかとw

チカちゃん普通に復活してました
最初にキューブ化した諏訪さんの時もそうでしたが、あっさり解除出来てるのね

正しい解き方をしないと傷1つ付かない、という性質だったと思いますが
それを解析できるんですからボーダーのエンジニアは優秀だな

今週もあえて描かれない空閑のセリフと表情
探しに行く、ってそうか

オサムが意識戻ってないから、レプリカ先生が敵の船に行ったことを知らないんですね
おそらく見つからないことを予知してるだろう迅が一緒についてるのが何とも…
切ない…


そしてちょっとオサムの回想
チカの兄貴が拐われた経緯
取引でボーダーのトリガーを手に入れたとはちょっと穏やかじゃないですね

トリガー持ってて、でもろくに使えない訓練生以下の人間がわざわざ自分からやってきたとなれば
そりゃ拐うわな

決行に連れて行ってもらえなかったオサムは、ボーダーに入ることを決意
第1話のアレはこのシーンだったんですね
ここで迅に自分がやって来た理由を話したから、ラッド騒ぎの時オサムがボーダーに入った理由を迅が知ってた、と

そこで目が覚めたオサム

傍らにいたのは、チカと母親

眠っているチカは、あそこまでやったことで護り抜けたことの証明ですね
ただそれに安堵する暇はなく、何やら複雑な心情を持っているような母の瞳が突き刺さる

ひょっとしてボーダー隊員になってることを言ってなかったとか
実は親父も隊員だったけど戦闘で死んでるとか
単純だけどそんな事情があるんでしょうか


しかしずいぶん静かだな…


食戟のソーマ

やってきました魚河岸

雰囲気もですけど、新鮮な魚が見渡すかぎり並んでるとあれば、料理人ならテンション上って当然でしょうねw

で、早速黒木場とアリス嬢に出くわすという都合のいい展開

お互いに相手役のヒロイン引き連れての邂逅とはさすがだな

で、サンマの目利きをめぐってプチ勝負
そこはさすがに黒木場の領域でした

魚介を得意とし、魚河岸に通って十年の圧倒的目利き
葉山も、その鼻を使って最上の材料を一発で仕入れたそうな

材料を揃えるという点において、創真は2人に大きく差を付けられていることが明らかになりました

これで決勝当日
運営から、材料のサンマはこっちで用意&勝手に割り振りさせてもらいました、とかだったら笑えますが


ONE PIECE

扉…

奥の壁に貼られているメニューが、左から頭だけ拾っていくと
なるとおつかれさんでした、になるんですね

そんで、ラーメンとか服の模様とかにうずまきとナルトが描かれてると
狐もいますね
じゃあナミの向こう側、ルフィの正面にいるのはつまり、ということなんでしょうか

扉絵連載中断して描かれた、尾田先生からのメッセージですね



…はい
数日前からネタバレでこの扉の画像流れてました
知らずに画像を開いてしまって慌てて閉じたり
いくつかのまとめサイトでは記事のタイトルに詳細が含まれてるもんですから
アンテナサイト行くだけで目に入ってしまったり

…こういうネタバレする奴マジ消えろ


本編は、まだまだ続くローの回想
前回の引きでドジッてたコラソンでしたが、普通に戻ってきました
そんでローに強引に実を食わせてました

意外とあっさりローがオペオペの実を食うところまで行きましたね
食ったのを見届けて、実は撃たれまくってたコラソンは瀕死に

食ったばかりのオペオペの能力を使おうとしてよくわからないローが切ない…

そしてさらに畳み掛けるのがここでヴェルゴとか…

この運の悪さは…嘆くしかないですね


サブタイのスマイルとは、人造悪魔の実のことではなく
ストレートに笑顔のことだったんですね

笑って死んでいこうとする、というONE PIECEの回想で死ぬ人の常套パターン
つまりそれだけ助けようとした奴への情があることを示すわけですが…

ここからどうやってローが生き延びるのか
悲劇はまだ続きそうです


暗殺教室

センターカラーは、火影の像をモチーフにしたものでしょうか
ホント今週号はナルトづくしだな

とか思ったら本編もラーメン作るのかよ!

学園祭での出し物にするということで一応の理由はついてますけど
何かそっちの意味もありそうな気がしてしまうのは俺だけでしょうか


…しかし、前回に引き続き今回もやけにあっさりした展開を持ってきますね
学園祭で密かに注目されるA組とE組の勝負

今まであんだけA組相手にいろいろやってくれたんだから今回も何かやるだろうという期待
それはいいんですけど、双方のネタ明かしがやけにあっさりです


何かちょっと空気化の気配か…?
それとも俺の感じ方が変わったのかな


火ノ丸相撲

予定通り、國崎が負ける回でした
いや、だから今週アンケを外したわけでもありませんけど

負けを描く回となるとやはりどうしても残念さは出てしまいますからね

噛ませというには國崎もかなり奮闘してくれました
相手との力量や格の差もよく理解した上で、それでも勝ちをもぎ取ろうと
あらゆる手を繰り出して、それでも届かない

やはり、構図が火ノ丸と狩谷との対戦と同じですね
視点を移して、次から次に技を繰りだそうとして、でも倒せないという流れ

ナレーションが印象づけた草薙の名が、こちらにも実感を持って届いているのは
すでに国宝の1人として名前だけは登場していたこともあるでしょうけど
国宝に相応しい強さを見せられるだけの戦いを繰り広げることを國崎が可能にしてくれたからとも
言えるでしょう

それほどに國崎も今回はやってくれました

相撲に対する認識を全く改めて、横綱という存在の大きさを感じ取って

体格差を言い訳にしてたら火ノ丸に笑われちまう、とかいい男気じゃないですか

ここまで國崎がやってくれたからこそ、草薙の剣が実感できるわけですね



そして、横綱の風格と呼ばれた勝ち方と全く同じように対戦相手を寄り切っている火ノ丸の姿で
締められる今週の引き

どこまでも対比しようとしていますね

来週あたりに五條の試合を挟んで、次にさっそく決勝でも始まるんでしょうか


特別読み切り GARDEN 木村勇治

NEXTに読み切りを掲載し、その度に結構好きだった木村勇治先生が
本誌に登場しました

elec tric.とかBABYBOO!とか大好きでしたからね
実は割と期待していたんですが…


ちょーっとばかし残念だったと言いましょうか

設定に斬新さはなくなっていました
人に寄生する植物をめぐって、すっかり荒廃した世界を旅する主人公の話ですから
まーよくあるタイプです

そしてその植物を研究中に死んだ博士の遺言で、その娘を探しているというのもパターンですね

ただまあ、木村先生の作品における一番の魅力はそんなところじゃないんです
ジャンプ的な見開きとかで敵をぶっ飛ばした後の、超真っ当な盛り上げ方なんですよ

前2作ともに存在したそれに、すっかり魅せられていたわけですが
今回それも少し鳴りを潜めていました

いや、それらしいシーンはあるにはあって
そこで主人公が語っている内容も全くもっともなことなんですけど

盛り上がりや熱さは前作のほうが正直上でした

いや、惜しいんですよ
たぶん前作を知らなかったら、あのシーンに結構な熱量を感じたんじゃないかと思うんですけど
知ってたらもうちょっと…という気がどうしてもしてしまうんですね

なのでアンケは別の作品を連載で読みたい、としました


感染した人をもう無理だっつって容赦なく殺してるあたりは好感持つと同時に
ジャンプ的にはいいのか?と気になったりしましたが

あとリリスちゃん可愛い…


斉木楠雄のΨ難

照橋さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
と思ったら冒頭だけでした

夢原さん回か

照橋さんが言う久しぶりーってのは、登場がってことかな?

なかなか出てこなかったのは、麻生先生が持て余していたからなんでしょうか
おかげですっかりデブっちゃうという妙なキャラ付けに…

で、公園でダイエットを始めた夢原さん
もちろんその公園には斉木もいました

夢原さんだと言ってる次のコマで「誰だ」にややウケw


今回は特に斉木に何かあるわけじゃないですが、ちょっとした優しさから手伝ってあげた斉木

やる気を持続させるためにテレパシーを海藤の声で送った結果
腹筋1000回オーバー
妄想海藤アップグレードでクレバー

どこまでもクレバーに抱きしめてやるっていつのネタだよww

ブタからメスブタになったってオチも割とひどい…w


ニセコイ

今週は羽のターンでした

まさか続くとは思いませんでしたけど


何やら完璧な女性っぽく振舞っている羽
学校での人気はまあわかりますが、家でもそんなでした


…まあつまり構ってほしいわけですね

気を引こうとしてイタズラに精を出す子供の逆で
注目して欲しくて色々全部やってあげようとしたりやってのけようとしているわけですね

なるほどそういうキャラ付けか

そこで限界がきてるのをお付の夜に言われて気がつ……かない楽

ここは気づいたほうがよかったのか、鈍いほうがよかったのか

案の定ぶっ倒れた羽
たぶん風邪か?

来週は看病回ですね
しかしそうすると、羽だけのターンにならない可能性もありますな

見舞いっつって小野寺さんやら千棘やらもやってきておかしくないわけで
そんで、いつまでも病人の横にいるのも何だからってまた楽の部屋に…とか

流石に看病してる横でイチャつきイベントは無いと思いますが

そこでこの前のお泊りの話題とか出ればいいのに


…ないか


ジュウドウズ

手を触れないで投げる技の種明かしはまだまだ先

弱そうな親友と出くわしました
初日逃げ切ってた、というのは才能の伏線か?
強さに自信のある主人公の横に、最弱な脇キャラを置くのは常套手段ですが

で、そこに割って入る100人
華が全然ひるまないところがいいですね

全部倒したら札の枚数稼げるじゃんってボーナスステージ呼ばわりがちょっと上手いw

100人相手に逃げまくることで、弾ちゃんの才能も見抜かれるのかな


ハイファイクラスタ

なんだ、いよいよホントに行く末が決まってるのか?
ラベル作った人が出てきましたよ

それとも、ラベルを操作することによる世界征服的な動機があるってんで
そっからが本章になるんでしょうか

世界観の広がりには興味ありますが、キャラたちがさっぱりなおかげで
それもそれで今ひとつ、という感じです

予定通りのタイミングで割って入ってきたニュートンと聖徳太子も盛り上がらないし
ミリちゃんの包帯姿は萌えないし

もうどうすりゃいいの


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

巻末コメントは仲間先生のが一番好き


先週五輪書が出てきたから宮本武蔵の登場かって思ってたらほんとに出てきたw
どうでもいいけど二色カラー挟んでるとはいえ、同じく宮本武蔵の登場したハイファイの次にこのマンガって
編集部わざとなのか?

こっちの宮本武蔵のほうがよっぽど宮本武蔵なんですけど

磯兵衛をすっかり認めてしまった武蔵
とうとう二刀流まで教えようとし始めました

えーと、磯兵衛この前あなたが人生かけて見つけた真理を著した本を春画の身代わりにしてましたよw


鞘から抜いたら二刀流をやりたくなるような念を込めたって一体何でしょうw

アレか?
停止ボタンを押したら巻き戻して録音し直すようにラジカセに念を込めたとか?
纏をやったら千切れるようにリボンに念を込めたとか?
そういうのと同じ類のやつか?

死者が念を使うとかまた意味深ですなw


そして刀に込められたそのオーラが見える磯兵衛は才能あるなw
オーラが見えてるのかはわかりませんが、呪われていることは見ぬいた質屋もたぶん才能あるw

捨てても売っても戻ってくる呪いの刀を前にして、ボロ儲けの無限ループって発想に至る磯兵衛が
実に磯兵衛です

オチも綺麗に決まっていて、これはなかなかの良質な回でした



巻末はなぞなぞ絵がテーマ

最初の浅草はわかりましたけど、ラストのあれは普通にわからんなw
何だろう

隠れる…?扉?

ああもうw


Sporting Salt

今週も余裕のわからなさ…

えっ

何がどうしてそうなった?

白筋の力の下りはわかる
筋繊維の一斉使用と雑巾がけの関係はさっぱりわからん…
静かに相手に隙を作らせてそれを見逃さないって性質もさっぱりわからん…

結局内柴は何をしたかったのかもわからん…
白筋と医学の勝負ってのはどこいった?

雰囲気を出すためにただ言っただけ?

困った…
全然理解できてない…


ヨアケモノ

終了でした

しかし、意外と描ききっての終了という感じはありますね

そういや最初から最後までヒロインいなかったなこのマンガ



敗因はキャラの薄さでしょうか
幕末を舞台に、新選組を題材にしたのはいいんですが
同じように新選組を題材にしている他の作品との違いを出せなかったというか

新選組のメンバーに対する何となくのイメージを、この作品のキャラが超えていなかったんですね

キャラが馴染まなかったおかげで、最後まで彼らのやろうとしていることが
ふわふわしていた感じでした


ともあれ、とりあえずお疲れ様でした芝田先生
ナルトとともに終了出来た作品というのも珍しいと思います

次回作頑張ってください


NARUTO−ナルト−

今までほとんど触れてきませんでしたが、最後くらい

感想を書いてこなかったのは、読んでなかったからなんですよね
15年前に連載が始まった当初は読んでいたんですが、いつからか話にぜんぜんついていけなくなったんです

どのへんまでなら読んでたんでしょう
自来也先生が死んだあたりは記憶にあるな


すっかりサスケと打ち解けて、サスケのモノローグで締めとなった現代

オールカラーの2話目は、数年後の話でした

つまりヒナタエンド…か?
サクラは普通にサスケとくっついてるんですね

ラストに麦わら海賊団のマークってやりすぎだろw


まあともかく、お疲れ様でした岸本先生


次号予告

今週はこれに触れずにはいられないでしょう


山本亮平先生 E-Robot

来たよこれ



マジか


いやたくさん期待はしたいんですけど、大丈夫なのか?
NEXTから本誌の読み切りを経てとうとう連載にこぎつけたわけですけど
この前の本誌の読み切り時に孕んでしまっていた致命的欠点は解消できたのか?

当然ながら画力は上がっているようなので、視覚的な部分には大いに期待したいと思いますが
構造的な部分ではどうなんでしょう

あ、ちなみに当ブログにおける山本亮平先生への期待はこれらの記事をご覧いただければよくわかってもらえると思います

少年マンガのど真ん中青春ヒーロー物語! 『SUPER hERO』 山本亮平

【画像あり】永遠のテーマの追求が面白さの核となる…『E-Robot』山本亮平

エロの追求にこれからも大いに期待! 『E-Robot』山本亮平 2014年ジャンプ第9号




やべえ…
今まで感想書いてなかったナルト終わって新連載作品が出てくるということは
事実上感想書く作品が増えるということ

じ、時間的なアレが…


 




COMMENT▼

ww

読んでいない作品が自分とほぼ同じ?(ナルト、銀魂、ブリーチはし読み)な上にナルトの話についていけなくなった時期までほぼ一緒だとはww感想頑張って下さい(^-^;

No Subject

どうせなら表紙も飾らせてやれよ編集部…

僕アカ。いやはや熱いですねぇ。連載当初否定的だった自分を責めたいですわw
そして着々と積まれる「平和の象徴崩壊の不安感」。
弱っている情報の確認と、確認後即座に実践できる戦力を整えた上での襲撃。知略が光ります。

ソーマ。自信から来るのか何なのか、目利きのコツを教えてくれる黒木場が優しすぎるwww
そして田所ちゃんに食べ比べさせるとか、何気に味覚信頼してるのがまた良い奴だコイツw

火の丸。持てる限りの力を尽くしても尚届かない。
チヒロは負けましたが、悔しくても清々しくはあるでしょう。
そしてそれだけの実力と風格を見せ付けた草介に惚れかけてる自分が居るw
やばい、違う意味で主人公食いそうwww

GARDEN。ジャンプ的には仕方ないのかもしれませんが
「必殺技名は心底要らない」
設定や主人公の非情さもこの作品の魅力なのにコレのせいで重さが軽くなってしまっている。
画力や構成も全体的に良かったので後付けるべき力は「作品の色付け」ですね。

ニセコイ。以下ツッコミですw
タオル邪魔入れ違いで出るのはいいが楽、タオル肩にあるってお前下…
・夜よ…気を付けるのはお前の仕事じゃないの?付き人だろ?仕事せいよ。

ハイファイ。以下ツッコミです2w
へぇ…ぺーた、お前「ランドスケープモール」は読めるんだ?へぇ…

磯部。やばい、ボロ儲けの無限ループに持ってかれた!w

E-Robot。不安が先に立って仕方が無いです。コケそうな予感がでっかいです。
コケて欲しくない作家さんだけにイヤな予感が止まりません。
斉木みたいな日常系ギャグならまだいいんですがストーリーモノにして来そうで…
「次々号」はちょっと覚悟を決めてから読むとしましょうか。

磯部の書き忘れ

あの判じ絵ですが、多分答えアレですよ。単行本に答え載るみたいなので言いませんが、
私の答えのヒントは「どんな種類の扉か?」と「山」です。
ま、捻って来てなんじゃそりゃな答えな気もしてるんですがwww
単行本出たら答え教えてくださいねぇ!

No Subject

>ヒーロー
ガキ大将が活躍中wwwwwww

>ナルト
先生お疲れ様でした。

>トリガー
お母さんの静けさが不気味・・・orz

>ニセコイ
うんいや、夜さんと言い楽と言い、もうちょいサポートしてやれよ(^^;

>ラグエルさん
僕磯辺読んだとき分からなかったんですが・・・
それもしかして北陸地方の・・・
ていうか「山」ってどっからw

妄想屋さんへ

調べたら中部・甲信越地方でした。山が引っ掛かるのなら恐らく私の答えとは違いますね。

No Subject

>冒頭の唐沢のシーン
今回の回想中に今と髪型が違う唐沢さんが映っていましたのでそことの関連であの冒頭のシーンが入ったのだと思いますが、それ以上の意図は不明ですね。
麟児さんの行方について何か情報を持っていて、今後重要キャラ化のフラグ…とか?

Re: ww

皆様コメントありがとうございます。

だいまおーさんとまさかの一致w
非常に記憶があやふやなんですが、自来也先生については「死亡フラグを立てすぎて逆に回避した」とか言ってたらやっぱり死んじゃった、なんてことを覚えてます。
BLEACHはカルピス薄すぎて感想書くのがほとんど無理w

ナルト以外のところでは、今週号はまずかっちゃんのカッコよさが光ってましたね。
見開きで登場してくるとかなかなかのヒーローっぷりですよ。
どこの感想サイトでも驚きと絶賛の嵐www

磯兵衛の判じ絵は結局わからずじまい…
真剣にググったりしたらわかりそうですけど、やめときましょうかねw

ワールドトリガー唐沢さんの救助活動は、やはりサイトによって捉え方も違ってました。
ほんとにどういう意味があるのでしょう…?


ナルト終了はともかくとして、俺にとってはE-ROBOT連載開始のほうが衝撃だったりして。
土曜日は大変なことになりそうです。
むしろ土曜発売でよかったですわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/870-9b14dfb3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター