社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

ワールドトリガーの次回が気になり過ぎる2014年週刊少年ジャンプ47号感想

2014年週刊少年ジャンプ47号感想

今週もお待たせしました…

金未来杯は『デビリーマン』が優勝したそうな
まあ順当といえば順当…か?
『肋骨さん』はさすがに邪道過ぎたんでしょうか…


今週のアンケ順
ワールドトリガー
火ノ丸相撲
僕のヒーローアカデミア


その他
・巻頭カラー ONE PIECE
・食戟のソーマ
・暗殺教室
・Sporting Salt
・ニセコイ
・ハイファイクラスタ
・斉木楠雄のΨ難
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・ジュウドウズ
・モロモノの事情
・ヨアケモノ
・三ツ首コンドル


ワールドトリガー

火ノ丸と迷いに迷ったんですが、今週はこちらを1位にしました
葦原先生への支援も込めつつ、しかし引きの盛り上げ方がなかなかに凄まじかったからです

まるでラストバトルかってくらいのぶっこみ方でした

オサムの策は、トリガーを解除して生身の状態で走ること
レプリカ先生の提案とはこのことだったんですかね

キューブ化の能力がトリオンにしか作用しないのなら、生身で走れば影響は受けない
ただしそれは、別の攻撃を受ければそのまま死に直結することを意味します
だから覚悟が必要なものだった

生身であることの危険性というか意味は、エネドラが死んだことが布石になっていたと言えるでしょう
そして、戦闘体を囮にしてヴィザに攻撃した空閑の策がオサムのトリガー解除の布石であり
それはさらに、三輪隊長のトリガー解除→風刃という流れの布石になっています

畳み掛けるような持ち札の投入は、否が応でも最終局面を演出してくれるもので
先週あえて描かれなかった残り時間がついに1桁になっていることがさらに緊張感を高めてくれました

どの作品が一番次回が気になるか、というところで言うと今週はワールドトリガーですね


「見える場所に斬撃を飛ばすことができる」風刃で三輪はどこに刃を届かせようとするか
「射」印で空閑は何を飛ばそうとしているか

鍵となるのはそこでしょうか

そういえば、「射」印は空閑が三輪隊長からコピーした能力というのもよくできた展開ですね


残り7秒ということは、オサムが基地入口に到着しても、レプリカ先生の解析が終わる20秒の前に
決着がつくということです

最悪の展開では話が終わっちゃうことになりますが、最悪の少し手前くらいとなる可能性ならあるでしょうか…?


火ノ丸相撲

巻頭ワンピースの次に載ってくるとか絶好調だな!

それに相応しいだけの雰囲気作りが1ページ目から全開なのがまた

背負ってきて立ち向かってきたものがある男2人が対峙する緊迫感を感じ取っているレイナ
ヒロインっぽいことやってるじゃないですか

そこでさりげに五條の1回戦が勝利で終わってる情報を出す構成もいいですよ


会場の誰にも伝わっているその雰囲気は、もちろん記者たちも感じていました

賭けられている勝敗以上の重い何か

それは、証明でした


同じ頂を目指して、同じハンデを負って、違う道を辿った2人が交錯することとなったこの一番

そこで賭けられているのは、どちらの道が目指す頂に近いかということの証明なのです
さらに、その道を歩んできた自らの稽古の跡を証明することであり
そして、その稽古によって得た強さの証明です

しかし実はその裏に、1つの感情が隠れていますね


それは恐怖感


本当にこの道でいいのか、このやり方でいいのか、という恐怖です
ハンデの克服を目指してきた彼らには、常にその恐怖がつきまとっていることでしょう

だから証明したい

同じハンデを負いながら同じ頂を目指している者相手に勝って
自分の道が間違っていなかったことを証明したい

だから、2人が対峙する土俵上には尋常でないほどの空気が漂っている


それぞれが証明したいものの具体的な中身も描かれました

ここまで演出されては、次回証明できた方と出来なかった方それぞれの表情が大変なことになっていることでしょう

そんな大事な回を巻頭カラーで迎えられるとは…
勢いにのってますねえ


僕のヒーローアカデミア

この作品だって熱かったことは熱かったんですけど、前の2つに比べると
ちょっとだけ劣ってたかな、という感じ

いやそれでも結構な高いレベルでの話ですけどもね


出久がしっかり主人公らしいのがいいんですよ

「知るか!」で吹っ切った色んな迷い
だから次は冷静に状況を把握して、策を練る


だからってくっつく個性とかどうやって使うのかと思ったらそう来たか…

非常に上手い作戦でした

これは他の生徒達の局面も結構期待できそうですね


巻頭カラー ONE PIECE

また色々と重大な設定が明かされている…

センゴクと通じており、海軍中佐の地位にあったコラソン
ロシナンテと呼ばれていたことからすると、間違いなく彼がドフラミンゴの弟ですね

彼は2代目のコラソンであったはずなので、じゃあ初代はと言えば
まさかのヴェルゴ

極秘任務により、同じく海兵の立場にありました

これはつまり、海軍とドフラミンゴファミリーは
互いにスパイを相手組織に送り合っていたということでしょうか


そしてナギナギの実
コラソンがローの前のオペオペの能力者で、その能力によってローの病気を治したのかと
思ってましたけど、違っていたようです

命の恩人とはもっと単純でもっと直接的なものでした

ローを連れて各地を巡って、治せる医者を探す旅に出て
それでも無知な世間が恐れおののくことで、治すどころかトラウマを再体験させている

すっかりローに情を抱いてしまったコラソンと
「おれつらい」と泣きながら言えるほどにコラソンを信頼したロー

短い間に出来上がった2人の絆が見事に描かれています

そんなところにドフラミンゴからの連絡

喋れないと思っている男に電伝虫ということは、実は喋れることがバレていることを示していますね
病院めぐりをしつつあんだけ叫んであんだけ吠えていれば、そりゃあドフラミンゴの耳にも入ってくるでしょう

じゃあ問題は、ドフラミンゴはそのことについて何を思ったかということ

そんなウソを裏切りと捉えるようには思えないんですけど…


食戟のソーマ

田所さんとはスタンドバトルしてましたけど
今度はカードバトルかよw

食戟のカードって何だw

よし、ここはリアクション要員にブラックマジシャンガールを…


今週のリアクションは何か新鮮でした

たぶんストレートにエロいものだったからでしょう
ここしばらく抑え気味というか変化球だったせいでしょうね

堂島さんが全然動じてない…

やはり、この対戦で1週で決着がつくようなことはないようです
葉山のターンだった今週
次回は黒木場のターン

バンダナの中からカード出してますけど、それってバンデット・キース的な反そ(ry


暗殺教室

ちゃんとわかってた殺せんせー
慌てず、驚かず、よどみなく答える姿は頼もしいですね

じゃあ烏間先生は何を…と思ったら出張してるのかよ!
もったいねえー

烏間先生も気づいてる側の人ですから、何を言ってくれるかちょっと期待してたんですけど


渚がそんな資質を身につけた理由
それは家庭環境にありました

やだなこの親…

こんな親の相手してたらそりゃあこんな資質も身につくでしょう

相手の機嫌や意識を察する能力

ただ果たしてそれは、暗殺のみに有効な力かといえば…


親の理想とする人生を押し付けられることを、親の人生RPGにおける2週目とは
非常に巧い表現ですね

歪んだ愛情を持った親に教師はどう対応するか

すっごい不安になる渚の気持ちも分かるんですけど、殺せんせーの対処法を見せてもらいましょう


Sporting Salt

お、白さがだんだんマシになってきてる…?

背景の白さが改善されてきている回で、筋肉の白さがテーマになってるとは
やりますな


…はい、偶然ですねわかってます


で、実はなんですけど

この内柴というキャラ
どうやらアレらしいんですよ

いや、こんなところでネタバレ的に言ってしまうのは作者の意図ではないと思うので
言いませんけど

先週感想サイトめぐりをしてる時に見つけて、「ああ…そうだったのか…」となっちゃったんです

だから今週の引きもたぶんそういうことかなーと予想がついております

手法としてはどうでしょう
ぽっと出のキャラを作って持ってくるよりは、作者も扱いやすいでしょうけども

意外とテーマにも則している…のか?


ニセコイ

やってきました小野寺さんのターン

他のレギュラーキャラが絡んでこなくて2人きりの状態とはまた珍しい
台風回以来?


仲居寺さんの神々しさよ…


楽よ
天使ではない、女神である



そんな小野寺さんに襲いかかるラッキースケベの能力

「そういうのは小咲にやれ」とのるりちゃんの言葉通り、今回はしっかりやってくれました

そこで互いに気まずくなったところに、都合よく板さんが負傷して代役という主人公特権

「2人で料理」というまたしても疑似夫婦的行為に身を委ねることになりました
鉄板ですね、この2人に一緒に料理させるというのは

小野寺さんに推薦された楽が、それでも板さんにダメ出しされまくりながら何とか作っていたのも
何か良いバランスでした

組の連中の飯を一手に作ってるからって、そこで旅館の料理を難なくこなしてしまっては
さすがに現実味がなくなってしまいますからね

見栄えも気にする旅館の料理に、小野寺さんの仕上げの技術というのもピッタリ
これは現実味も何も別にないですね

小野寺さんが手を加えてくれる

それだけで、食材は遙かな高みへと上り詰めていくのです



…で、最後はお母様の策略発動

旅館にバイト行かせてついでに泊まってこいとかwww
親公認で布団2つ並べてんじゃねえよwwww
布団一組に枕が2つ、じゃなくてまだよかったとかそういうことでもねえwwww


春ちゃんよりもお母様のほうが見事に支援キャラしているのである…
これがお母様の持つ「たらしこむ系」の技術か…!


ここでのポイントは、お母様が楽を小野寺さんの恋人として旅館に伝えていることですね

同じ部屋で寝るのかどうか、すったもんだしたあとに
翌日、「2人の様子見てたらホントに好きあってるんだなーって思ってたけど?」とか
言われてしまえば、本筋を進める部分に少なからず関わってきたりしないでしょうか

たくさんのお客さんを見てきて、言葉に出せない客の事情に配慮しないといけないこともあるのよ、
なんて「旅館従業員の人を見る目」を根拠にしてそう言われたら、さすがの楽でも少しは意識することでしょう


その意識が次の週にまで持ち越されるかどうかはまた別ですけども


ハイファイクラスタ

うん…

キャラを深めようとした跡だけはわかります
わかりますけど

ぽっと出感はやっぱり拭えないですね…


こんな時に何なんですけど…ってホントにこんな時にですよ
なんであんな人が六攻特課に…ってお前は特課の何をわかった上で言っているのだ…

似つかわしくないとかそういう意味なんでしょうか
変な奴らばっかりってことだけはよくわかってるでしょうに、
一番普通そうなミリちゃんに対してならまだしも、なぜ彼にそう思ったんでしょう

やはりキャラの深め方に難ありですな…


斉木楠雄のΨ難

ハロウィン回

ネタ切れを思わせるかのような空気っぷりの回でした

ちょっと今回は…残念だったかな

厨二病の奴ってハロウィンで張り切ったりするのか?
確かに仮装ができると言ってもそんなには…というイメージなんですけど


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

今週も柱が秀逸w

擬音のバリエーション豊かすぎ

と描き文字に目がいったところで「ぽつん」とだけ描かれた文字が異様に目立つという演出

これは巧い
「ぽつん」のぽつんとした感じがよく出てますね

最後に残った1つをどちらが食うべきかで駆け引きを繰り広げる磯兵衛と中島
単純に自分が食いたいためにどうするか、というのではなかったところが好感触でした

彼らが注意を払ったのはその上の段階
いや下か?



話しあえばいいのに…と冷静に考える看板娘ちゃん
それより先に営業妨害で追い出してもいいと思うw


巻末は母上無双でした

磯兵衛、家の手伝いをするというまさかの展開でしたが
案の定のオチに決まって何よりです

NEXTの番外編で、磯兵衛働くという画期的な回がありましたが
それに次ぐ意外性と安定性の回ですね

それにしても、スイッチをオフった母上がシュール過ぎるなw


ジュウドウズ

1ページ目の人、トリコかと思った…

何やら新たな強敵が現れたところで初日のバトルタイム終了
先週1位に踊りでた華でしたが、早速逆転されていました

来週のインターバル回で、何が描かれるかが問題ですかね
バトルが始まってしまうと掘り下げはやりづらくなりますから、
バトル時間外でキャラや世界観を深めておく必要があるはずです

主人公はもちろんですが、それ以外に誰がその対象になるか

とりあえず漆黒の女子高生を…


モロモノの事情

短期連載2話目

こっちのほうが初出の読み切りに近い構成でしたね
ただし、展開の流れ方が先週とほぼ同じだったのはどうなんでしょう

モノのアホさも顕在させつつ、ラストに新プログラムインストールによって
状況を逆転する

シンプルでわかりやすく、カタルシスも生むことのできるパターンであることはわかりますが
読み切りまで含めて3度目ともなるとちょっと気になってしまうというか

一番気になったのは、プログラムインストールのタイミングなんですよ

プログラムのもととなる素材はしっかり前部分に描かれていて、伏線として機能しているのは
いいんですけど、それをインストールするタイミングがちょっと作者の都合により過ぎると
感じてしまったんですね

インストールが始まるタイミングの掘り下げが今後必要になる部分ではないかと


ヨアケモノ

先週の引きのアイツはやはり坂本龍馬でした

悪役側で使ってきますか
いや、別にいいと思うんですけど
でも馴染まないのは馴染まないというか

龍馬が悪役ってイメージは全然無いですからねえ
虚をつかれたいうより、きょとんとしたというか

俺だけか?


三ツ首コンドル

まさかの主人公死亡かよwwww

でもまだ終わんないのかよwwwww

そしてヒロインいきなり覚醒すんのかよwwwww

色々と超展開だなwwwww


とりあえず、「何より美しい」って言われてる時の顔はそれなりに可愛かったのに
変な目になった引きの姿は美しくないのである…


それにしても、死ぬ直前の主人公がヒロインに最後の言葉を遺すなんてシーンを
こんなにもしらけさせてしまうとは

2人の絆を描いてこなかったツケですねえ…


 




COMMENT▼

No Subject

火の丸。熱い展開、だからこそ「国宝候補」の部分をこの後に欲しかった。
狩谷が国宝レベルなのは疑い様もないですが強さをしっかり描いてからの方が映えるんです。
もう完全に看板漫画ですよね。今週一番読み応えがありました。

僕アカ。使い道の難しい能力の使い方として秀逸と感嘆せざるを得ませんでした。
迷ってましたが単行本買い決定!

ニセコイ。この夫婦の話は置いておいてw小野寺母・奈々子がアグレッシブすぎwww
既成事実作って来いとか…
あ、進展に関しては全く変化しないパターンではないかと思います。

モロモノ。「INSTALL」ではなく「exe…」の方が正しかったですね。
インストール済みだったのを実行して「インストール済みだったのか!」のがシックリ。
「あいつ目が二つある…」には大爆笑しました。この辺はセンスあるんですよねw

銀魂。なーんか最終章な予感が止まらないんですがここ最近…そんな告知ありましたっけ?

No Subject

自分は斉木で結構笑ったので、あくまでも好みであってそれをネタ切れと言われてしまうのはどうも(^-^;まあオチはいまいちですが(^^;

No Subject

いやっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおう
今週のベストショット集は決まりですね( ̄∀ ̄)

>トリガー
後ろの方に有るのが気に入らないんですがそれは・・・

>相撲
まさかこんなにアツくなるとは思いませんでしたw
相撲って凄いんだなぁ・・・(遠い目)

>ソーマ
一体どっちになるんだろう。
カードのモンスターデザインがポケモンみたいだったのが・・・w

>ヒーロー
くそっw面白いじゃねえかw

>銀魂
僕も最終章っぽい臭いが(Uーωー)クンクン

No Subject

火の丸が熱い。熱すぎる。同じコンプレックスを対極のやり方で克服しようとしている二人の激突って、これこんな序盤でやっていい内容じゃないと思う。

僕アカも燃えますね。あの3人でどう対抗するかと思ったらもう唸るしかなかった。お見事。

そして非常口が第一印象から考えられないくらい格好良くなった。
頑張れ非常口。

ニセコイ。小野寺母はあれぐらいやるでしょう。三社面談で教員相手に「男を落とすテクニック」とか言い出す御仁ですから。

物語の主軸としては…せいぜいあれですよ。回想に使われるエピソードになるのが関の山じゃあないでしょうかねぇ。

そろそろ進めろよなぁ…メディアミックスがあるからしばらくは無理かなぁ…

Re: No Subject

皆さんコメントありがとうございます。

>火ノ丸
物語序盤というには激熱しすぎる展開ですよねえ。
こんな展開を早くに持って来ちゃってこの後大丈夫なのかと心配になるレベルです。

>ヒーロー
こちらも激熱。
何というか、火ノ丸とヒーローアカデミアはアンケ入れる感じにこれからしばらくアンケ入れる
ことになりそうな気配がします。
そこにトリガーとソーマもねじ込んで来ようとして、そんでそれを小野寺さんがぶっちぎったり…とか。

アンケの3作品に迷う。ジャンプ読みとしては最高な瞬間の1つで、最高に悩む瞬間の1つですね。

>ニセコイ
やはり皆さん盛大な諦め感のご様子で…(;^ω^)

一抹の期待を抱いてあんな妄想を感想中に書いたんですけど、
もっと深いとこまで予想してた人がいました。
それがこちら

『ニセコイ』 第143話 ハタラコ 感想
http://blog.goo.ne.jp/ayumie2006/e/298361805e87ed190d7b155e77f71a46

この旅館って十年前の約束が交わされた場所じゃないの?という発想には舌を巻きました。
これは面白そうです。小野寺さんの単独回がなくなっちゃうのはアレですが
これは面白そうです。
でもきっとそんなことないんだろうなあ…

>斉木
これは失礼しました、だいまおーさん。
普通に面白かったという人がいたなら別にネタ切れとかではなく、単に季節ネタをやっただけですね。

>銀魂
告知とかは何にもないですけど、たぶん終わりに向かってるんでしょうねえこれは…
NARUTOはあと数回、BLEACHも最終章、その上銀魂も終わってしまえば
こち亀ワンピの次の長寿作はトリコとニセコイになりますね。
トリコはまだわかりますが、ニセコイがそんなベテランという気がしないのはどうしてでしょうw

BLEACHの最終章はあと2年くらいは普通にやってそうですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/854-f0c90fba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター