社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

僕のヒーローアカデミアが面白くなってきた2014年週刊少年ジャンプ45号感想

2014年週刊少年ジャンプ45号感想

表紙の寄せ書き、サインが達筆すぎて誰なのかわかんないやつがいくつか…w


今週のアンケ順
ワールドトリガー
磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
食戟のソーマ


その他
・ONE PIECE
・僕のヒーローアカデミア
・暗殺教室
・Sporting Salt
・火ノ丸相撲
・ハイファイクラスタ
・ニセコイ
・ジュウドウズ
・斉木楠雄のΨ難
・ヨアケモノ
・三ツ首コンドル
・次週予告



ワールドトリガー

コミックス2か月連続刊行
カラーとか含めたアニメ開始の雑務

通常連載と平行してやってればそりゃあスケジュールも大変なことになりますわな…


冨樫かと思うようなペン入れ途中のキャラたちが動き回るバトル展開

まー正直見づらいったらありゃしないんですが、許せてしまいますね
原因は上記の通りなんでしょうから

ペン入れが済んでないのがキャラたちだけだという事実がそれを裏付けます
すなわち背景はしっかり描き終わってるということで

アシさんたちが手を入れる部分はちゃんと終わっていて、作者本人が描かないといけないキャラたちのみが
未完成の状態という

つまり、そういうことなんでしょう
または、描くものが多すぎていろいろ限界に来てしまったとか
巻末コメントからはそんな推測もできそうです

不自然に太すぎるキャラたちの線は、全然原稿の方に掛かれない葦原先生の代わりに
アシさんたちが無理やりペン入れしたものでしょうか

葦原先生のタッチに似せようとしても不自然さは残ってしまうので
どうせならもっと不自然になるように太くしてしまえ、みたいな

連載2作目となる葦原先生にとっては、これまでで一番の修羅場だったのではないでしょうか…

支援も込めて今週も1位です


で、展開の方は空閑と三輪隊長とオサムとそれぞれの様子がバランスよく描かれました

三者とも必ずしも優勢ではありませんが、何とか隙を突こうとしている様子がありありと
感じられます

中でも一番心配なのはもちろんオサムの方ですが…
ここでレプリカ先生が狙われますか

多目的型トリオン兵というレプリカ先生
空閑が戦っているヴィザ翁は、「トロポイの自律型トリオン兵」と呼んだりもしていました

いまだにわからない部分も多いレプリカ先生
これで殺られる構造になっているのかどうかですね


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

巻中の1ページ目でクッソ爆笑してしまったので今週の2位です

どこかというと、右下の2コマ


鼻くそをほじって、人相書を見つつ「ふーん」とか言いながら
ほじった鼻くそをピッと弾き飛ばす様子

あまりにも磯兵衛らしい仕草と行動すぎて逆に面白すぎたwwww
何でもないはずのこんな2コマでこんだけ笑かされるとか思ってなかったぞくっそwwwwwww


本編は、指名手配犯を捕まえる妄想を繰り広げる磯兵衛という
これもまた磯兵衛らしい話なんですが、あの2コマだけで
全部持って行かれた感が…



巻末は、お北ちゃんin北斎の登場
最初のページを見て、看板娘ちゃんと絡む話かと思ったら
全然違っていたぜ

いや絡ませ方としてはありかもしれませんね
おそらくただのようじょとして普通に看板娘ちゃんに可愛がられるであろう北斎を見て
磯兵衛が何を思うかということと、それでも神の春画のために涙を呑むかという葛藤が
展開することになるのでしょう

磯兵衛らしく非常にどうでもいい葛藤ですが


実際の中身は、何か教育的な感じになってました
春画コーナーから出てきた磯兵衛を馬鹿にする子どもたちに北斎が何を言うかと思ったら
実に正論なのである…w

これはつまり、本屋のエロ本コーナーにおける人生最大の葛藤をまだ知らない少年たちに対する
何がしかのメッセージとなるのではないでしょうか

暗殺教室にも匹敵するかもしれない教育的内容に
冷めた目で拍手を贈りたい…


食戟のソーマ

美作編エピローグ

そういう誓約書みたいなものも作ってあったんですね
管理局の人がそれを破り捨てて、晴れて勝負は決しました

美作がこれまで奪ってきた道具たちを創真が手に入れてどうするのかと思っていましたが
普通に持ち主に返すのね…
そのことも事前に管理局には伝えられていたのね…

読者に明かさなかったからって、どうするつもりだったのか創真が決めてなかったわけではないという
ことを示すための策でしょうか

母親の形見を奪われたのってあんな気弱そうな女の子だったのか…


こんな食戟をやってまで創真が美作に伝えたかったこともしっかり描かれました

それは、料理人の何たるかというもの

「それでも店は開けなきゃいけない」

なぜなら客が待っているから、ですね


親父という圧倒的壁に負かされ続けてきた創真だからこそ言える言葉であるでしょう
負けず嫌いという資質もそのために必要なもの

沈んでいたタクミが、あえてメッザルーナを取り戻さず創真に預けて
美作に雪辱を誓ったのもその表れ

そして、非常にさり気ないですが
タクミ以外の「奪われた者達」もまた、同程度の負けず嫌いを持っているといえるでしょう

タクミと違って、迷うことなく自分の道具を手にし
創真に感謝を伝える彼らからは、一見それほどの負けず嫌いも誇りも感じられないんですが…


でも、彼らはまだ遠月に残っているんですよね


美作に糞のように負かされて、大事な大事な道具を奪われてなお
彼らはまだ遠月を辞めていないのです

それぞれなりの絶望と苦痛を味わったでしょうに、それでも日々の過酷な課題を
クリアし続けているのです

母親の形見を奪われていたあの娘もそう

創真にお礼を言う姿からは、ある意味田所さん以上の気の弱さを感じますが
そんな大切な物を奪われてなお彼女はまだ料理人を諦めていないという事実

創真の言葉を裏付けるものとして、こんなにもさりげなく確かな描写もないでしょう
さすがの構成です


そして早速始まる次の試合

葉山対黒木場

主人公が関わらない割には結構注目のカードです

いまだ外れていない俺のあの予想はこの試合でも当たるのか…?


ONE PIECE

引き続きローの回想

彼の寿命が残り僅かだった理由
故郷を蝕んだ毒によるものだったそうな

またしても政府や王たちの外道な話ですが、これもまた結構きつめな過去ですね


ローに泣かされるベビー5がとっても可愛い…
若かりしセニョールが普通にかっこいい…


「白い街」と呼ばれたローの故郷に起きた出来事を、幹部たちが子供なベビー5に教える形で
読者にも説明されていくんですが…

「ひどい話」として語りつつ、彼らがやってるのは見事に海賊の所業でした
尾田先生これはわざとだな…w

凄惨で酷い話を、酷い話として語らせつつも
語ってるそいつらもまさに語りながら割とひどいことをしているという構図

現在は主人公たちの敵となっている彼らの暴力性を示すのに上手い方法です


で、コラソンを刺したロー
何かコラソンは避けられたのにあえて受けたような印象もありますけど…

ここから一気に話は進んでくれるんでしょうか


僕のヒーローアカデミア

掲載順高っ!

流石の人気のようですね

さり気なく登場しているマウントレディがちょっと可愛い…


授業は救助訓練をやることになりまして、バスで移動
委員長になった飯田くんがテキパキ指示を出しているのが見事です
席が想定と違ってましたけどw

USJだった!、のギャグも見事w

新たに登場した講師13号のお小言も、非常にありがたいものですね

個性が発揮する威力は時に誰かを傷つけるが、その力は誰かを救けるためにあるのだということ
ヒーローになるなら最も胸に刻んでおかなければならない重大なことの1つですね

飯田くんとUSJで雰囲気を和やかにして
13号のお話で空気を引き締めて
いよいよ、というところに

急襲してきた敵たち

流れ方として非常に綺麗です
相田先生もすぐに気づいて戦闘態勢&指示という的確さ

訓練をやっていくので精一杯な生徒たちが初めて触れる「本物の悪」
緊迫感がたっぷりなことになってきました

サブタイが途中で切れている意味も含めて、とってもいい感じですね


暗殺教室

死神を倒してみんな救出

…できれば殺せんせーだけは閉じ込めておいて
死神の仕掛けで殺したいと思う烏間先生は実に任務に忠実な男

まあ無理なことは読者にもわかりますがw

渚の方は別に何にもないのか


そして再度受け入れられたビッチ先生

またいい顔しちゃって…



で、死神編エピローグは次の殺しへのプロローグともなりました
街全体を利用した世界共同の暗殺計画

イトナを見限ったシロが次に目をつけたのは死神

きな臭さはいまだ消えない中で、とりあえず収まるところには収まったE組

なんか打ち切り時のエンディングパターンの1つみたいな演出だな…

しかしもちろんまだまだ続くようで何よりです


Sporting Salt

まだまだあっさりしてるなー

今回はそのままズバリ「塩」がテーマでした

ハッタリアイテムが普通に機能したのはまあいいんですけど…

とにかく3話を使って、どういうことをしていく話なのかを描いたということになるでしょうか
その上で、次に登場するのが帰宅部というのはちょっと上手いですね

ランキング設定がどうかというのは今のところまだ判断できませんが
3話目の引きとしては悪くないかもしれません

あとは画力が上がっていけば…


火ノ丸相撲

導入でレイナという方式が定着してきた?
1人で来たのかと思ってましたが、取り巻きも何人か一緒にいるんですね
まあ当然っちゃ当然か

で、始まる勝負は意外なほどにあっさりと決しました

視点を下山に限定して、火ノ丸が何を考えて何を感じてこの試合に臨んでいるかを
一切描かないことで、その下山を真っ向からねじ伏せる強さの演出となっています

土俵の外から女記者の名塚が主に解説しながら、火ノ丸の強さの一端を知っているレイナもそれに加わる

これはヒロインからの信頼の示すものに繋がると言えるでしょうか
実際の勝負が始まった回において今までで一番女子の登場率も高かった回のはずですが
それを主人公への信頼の表現に繋げて、深さを示した、とか


先週の引きの割にはあっさりすぎた気がしましたが、ここでアイツが登場しますか

横綱の正統後継者
前回の大会でしっかり主人公と因縁もできていますから、これは期待ですね


ハイファイクラスタ

ニュートンがひらがなになるぺーた
ああもう鬱陶しい…

おいダメだろこいつ


作品全体も完全に空気っぽくなっています

それぞれの能力を駆使して敵を捕まえようとするのは協力っぽくもあるんですが
相手側がやっている策がそれほど大したものじゃないせいで、主人公たちの対応も
別にすごく感じないんですよ

相手も逃げるためにそれなりの手を打った上で、それを上回る作戦や協力があれば
同じ課に所属する彼らに仲間意識や憧れのようなものも多少感じられたでしょうけども

これはいけませんね


ニセコイ

アニメ2期おめでとうございます
数日前からネタバレが流れていたので今更感があるんですが
まあいいでしょう

シャフ寺さんには大いに期待しております


で、そんな大事な時に集メインの話を持ってくる古味先生の空気の嫁なさ

…orz


どうやら古味先生は本当に集とるりちゃんをくっつけるつもりでいるようです
ラブコメにおける脇キャラ同士のカップリングは定番といえば定番ですが
この作品ではやめとけ…

何より集にそこまでの好感度がないというのが


そして今回集に惚れちゃったモブ娘ちゃんが地味に可愛かったのがまた腹ただしいというか


さらに、「想いが叶わないことが最初から決まっている女の子」としては
今週のモブ娘ちゃんのほうがマルーシャ姫よりも展開上の意味を持ってたというのが
また残念なのである


ジュウドウズ

ちょっとテンポが悪くなったような…

理由は説明的な部分が多すぎることですかね


いや、見物キャラたちの解説はまだいいとしましょう
彼らがいないことには読者は何が起きているのか理解できなかったりしますから

しかし、華視点のセリフとモノローグがいけないような気がします

それなりの実力差があるだろうとしても、実力者同士のバトルで
迫力を持って描こうとするなら片方視点の描写はちょっとよくないような

相手の動きに驚く部分が入ることで、その視点キャラの実力印象が格下げになってしまうんですよね
それでいて、対処を考えるモノローグが入ることはスピード感を削いでしまって
結果、見開きや大ゴマに辿り着くまでの盛り上がりを減少させてしまうのです

あるいはこれは、華の怒りで引きとなることに合わせて
華への感情移入を増加させようとしたことなのかもしれませんが
ちょっと逆効果のような感じです

解説は見物のオヤジ達に全部任せて、掴み合い中のモノローグは表情だけで済ませて
当人たちは最低限の会話と言葉だけで展開していたほうがいろいろな凄みが増したんじゃないかと

そのほうが、無関係のお姉さんを巻き込もうとしたことにキレる主人公、というのが
グッと引き締まって見えたんじゃないかと思いますがどうでしょう


斉木楠雄のΨ難

掲載順急にえっらい下がったな?
どしたどした
夏休み編のどれかが結果悪かったのか?


今週は超能力者の災難らしい回

テレパシーによる不運を描きまくるものですが、それよりもゲルマニウムの指輪を
もっと使うことはできないんでしょうか…

そのほうがなんか深いところを描けそうな気がするんですけど

そして高橋がウザい

そんで村尾さんがちょっと可愛い…


ヨアケモノ

サブタイと途中までの展開で、今週で終わりなのかと思った…
でもそれも何か近そうですが

組長たちもみんな戻ってきて
何か重大な事実もわかったみたいで
全員で討ち入り逝って、そこで終わりになるかな?


三ツ首コンドル

三大盗賊の2人目が登場

そんでマシマロの過去も語られて

何か王様も裏切られてて


こちらもいよいよのようです

主人公の迷いをヒロインがスッキリさせる
構図は王道なのに、2人の間にそこまでの関係ができてるように見えないから
すごく冷静に見てしまうのである…


次週予告

ジャンププラスの宣伝の方に力が入ってる気がするのは俺だけではないでしょう

来週は読み切りとかないのか、と思ってみていたら
何やらさりげにあるじゃないですか

『モロモノの事情』

短期連載とな?!


7月発売のNEXTに載っていた読み切りですが、こんなにも早く連載になるとは
よほど好評だったようですね

いや俺も好きでしたけど

修正が必要な決定的な部分はなかったように思いますが、だからこれほど早く登場することになったのでしょう
短期というのがどれくらいかも気になりますが、とりあえず期待したいですね


そしてこのタイミングで「短期連載」という形が新人作家に与えられたことには
ジャンプシステム改革の一端を垣間見た気がするようなしないような


 




COMMENT▼

No Subject

ワートリ。葦原先生、もういっそ休んで下さい。心配が先に立ちますから…

アカデミア。作品の「個性」が固まってきましたね。連載始めは微妙な気配でしたが今は真逆の印象です。

スポソル。いやいや、怪しい思ってる奴の持ってきたお握り普通は口にしませんから。
このまま行くのなら危ないですねぇ…

火の丸。先週も取り巻きいましたよw
下山戦、すっごいアッサリ終わってビックリです。先週の引きとのバランスが良くないレベルで。
強敵だらけもアレですけど噛ませが多いのは余り良くない傾向ですね。

次週予告。モロモノの事情が来よったぁぁぁっ!!
短期連載とのことですが、案外この作品なら終了後数週で新連載返り咲きとかしちゃいそうです。
話的にも連載に向いてますしね。「土曜日」が待ち遠しいです!

No Subject

>トリガー
先生何やってんすかちょっと・・・orz

>ニセコイ
何故だろう、楽よりはまともなカップルに見える・・・>集とるりちゃん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No Subject

ヒーローアカデミア本当に面白くなってきましたね。堀越氏の描く異形は相変わらず良い。

ニセコイはアニメ化発表時にやる話ではないのは同意ですが、単発話としては過去最高にラブコメしていたと思うのですよ。後輩の告白というイベントによって感情が揺さぶられ、過去の出来事がそれを補強し、人間関係が変化する。 後輩ちゃんの告白シーンなんて素晴らしかったと思うのです。この本気を何故主要登場人物でやらないのかまったく。

あくまで勘ですが、集とるりはくっつくまでは行かないと思うんですよ。るりからすると、別に付き合ってるわけではないし、断じて好いているわけではないが、こいつが近くにいないと調子が狂うような・・・トムとジェリー的な関係で落ち着くんじゃないかと思ってます。

No Subject

>コンドル
連載当初はさっさと切られろと見下してたはずだったんですが、最近は終わってしまうのが勿体ないと思ってしまっているのがちょっと悔しいです。
三大盗賊とか他の魔女のお宝とか面白くなりそうな要素はいっぱいあったはずなのに……
rexelさんも2話の感想でおっしゃっていましたが、ホント誇り高い騎士(笑)なんて出してる暇があったらスーさんとの絆が深まる展開を描いておけば、今回の分も含めたスーさんがらみの展開がもっと違って見えてたと思います。
ただ今回の連載で作者もいろいろ掴めたはずでしょうから、気が早いですがどうか次の作品で頑張ってほしいです。

……必殺技のネーミングセンスに関しては擁護不可ですが

Re: No Subject

先週は諸事情により返信できませんでした。
遅くなりましたが皆さんコメントありがとうございます。

>集とるりちゃん
集ってそんなに嫌われてもないんですかね。
万人に好かれる/嫌われるキャラじゃないことは分かるんですが。

むしろ、るりちゃんの好感度が高すぎて、そんな彼女のお相手としては
ちょっと…というところが俺の違和感の出発点かもしれません。

>コンドル
あの第2話はマジで無駄遣いでしたね。
というか、石山先生が2話目にあんな話を描いてきたとしても
それでいいのかどうかは担当編集が指摘しろと。
あれを2話目として認めたのは編集が無能過ぎる面もあると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/842-34a5fba9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター