社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

少年ジャンプ+ 感想 

プラスっていう新媒体自体に思うことはそれなりにあるんですが
連載作品もありますんで、感想は時々書いていこうかと思いました


KISS×DEATH 叶恭弘

叶先生最新作

適度にエロく、適度にダーク
エログロというわけではなく、(今のところですが)両方共に健康的な範囲に収まっています

叶先生といえば、とっても可愛い女の子を描けるけど遅筆として有名な方でもあります
さらに、短篇集とか見てるとエロよりもダークな感じのほうが好きなのかと感じられるんですが
この作品では両方を取り入れてきたと言えるものでしょうか

編集部としても、女の子の可愛さだけでなくエロさも描ける叶先生にエロいシーンを描いてもらえるなら
多少のダークさは許したくなるところでしょう
ただジャンプ本誌ではちょっと…ということで、プラスでの連載になったのかなという裏事情の深読み

何にしても、今回の連載陣の中では一番期待してる作品でもあります


つかみの部分は完全に成功していますので、次は深みですね
首尾よく1人目の捕獲と解放が上手くいったとして、捕まえた方をどうするかということと
解放された女子はその後どうするのかという部分で、さらなる深さを出せる余地があるでしょう

叶先生だと解放された女子は普通にお役御免でフェードアウトして
5人それぞれすったもんだの末に目的を達成できたらそのまま連載も終了…という可能性もなきにしもあらずなんですが


i・ショウジョ

ジャンプLIVEからの移籍となった本作ですが、スタイルなどは特に変わらずやっていくようです

今回のヒロインは氷の女王とあだ名される女の子
…なのはいいんですけど、やっぱり男のほうがアプリ使うパターンか

いや、今回は女の子の方も魔法のアプリの存在を知っており
ひょっとしてと疑ったり、普通に解除したりもしてましたから
本誌連載中に感じていた欠点も少しは改善されていると言えそうです

アプリの力で電車の窓にくっついて言いたいことを言ってやる引きは意外にグッと来ましたし
アプリ機能の使い方も上手くなってるような感じ


乳首券の発行は話題作りのためもあったんでしょうね
2話目では抑えられてましたが、解決編でまたインパクト強めるために出してきそうな予感もあります


雪美DAIFUKU 伊原大貴

LIVEの方で『日刊少年井原』の日刊連載をやり遂げた井原先生の新作

ギャグもストーリーも絡めて『斉木楠雄のΨ難』的なスタイルでの話ですね
長く話を続けられる内容ではありませんが、それでも読ませる力はあるように感じます

ちょっとシリアスっぽくもなってるんですが、どう落とすのか期待したかったり


裏技入り To LOVEるダークネス



公開停止に間に合いませんでした…



無駄に攻めすぎな編集部のお陰で公開中に見ることが叶わず、
ブラウザ版で見るしかなかったぜ…

しかしそれでも、力の入り方がやはり半端ではありません

揺れたり上下したり大きくなったり赤くなったり弾んだり

それはそれは期待も願望も裏切らない作りになっておりました

そりゃ一瞬で公開停止になるわな…


マイアニマル 土田健太

NEXTに一度掲載された作品が、プラスにて連載となった模様

…が、中身はそれほど良くなっているとは正直言い難いですね


2話を使ってNEXTに掲載された読切の展開をやっているというのが大筋の印象なんです

描写や流れは良くなっていた分、ほぼ同じだったハイファイクラスタよりはマシだったんですが
それでも深さや広さの部分で読切時より良くなっているとは思えなかったんですね

変わったのが描き方だけなら、世界観や設定にはもうこれ以上深めたり広げたりする部分はないのかと思ってしまうんですが
そんなことはないはずです

この状態が世界観や設定を魅せるのに最上、なんてことはないはずなのです

そこを追求しようとした跡があまり感じられなかったのが残念なところでした


ポチクロ 松本直也

これも同じことが言えるんですよね

奇しくもマイアニマルと同じNEXTに読み切りが載っていた今作

まるで同期のような感じで、ともにプラスでの連載となったわけですが
展開の仕方まで似てしまっています

こちらは9/30時点でまだ1話しか載っていませんので、2話目でどうなっているかはわかりませんが
マイアニマルと同じく、読切の流れを描写を変えた形で踏襲しているとしたら
上述の理由で残念さを感じてしまいます

引きからするとその可能性が非常に高そうなんですけども…


岸辺露伴は動かない 望月家のお月見

コミックスが出たからしばらくこのシリーズはお休みかなーと勝手に思っていたんですが
そんなことはなかったぜ…

しかし、今回はいつにも増して露伴が動いていませんね
動いてないというより話に絡んでない

最初の導入のみに登場しているだけで、露伴関係なく
単なる荒木先生の新作短編という印象のほうが強いですね

ただそれでも、荒木先生の描写力はさすがの域

庭でお月見が始まってからの数ページに渡るバタフライ効果のシーンは
なかなかに緊張感に溢れ、固唾を呑んで読み進めてしまいました

だからこそ、その解決法が意外性を持って感じられる


これだから荒木作品は面白いんですよねえ


黒子のバスケ 番外編

番外編というか、最終話のその後を描くオムニバス的なエピローグのようです
最終回の号で「まだ終わりじゃない」みたいな感じだったのはこれを指していたのか?と思って
見返してみたら違ってました

12月発売のNEXTのことだったようで、プラスでのこの番外編は予告なしの読者サービスなんですかね


で、今回のメインは海常高校
もちろん黄瀬も登場しますが、彼が中心ではなく
ウィンターカップを見届けた後の「海常高校バスケットボール部」が主役の番外編でした

キセキたちのいるチームをこうして1つずつ描いてくれるんですかね
そうしてそれなりにそれぞれの「その後」が描かれたところで、12月のNEXTの話に繋がったりするんでしょうか



 




COMMENT▼

マイアニマル

ちょっと面白味が増してきましたよ?これは展開次第では(単行本出たなら)買い決定ですね!

Re: マイアニマル

何やら重大な設定が出てきそうな感じですね。
面白くなってきたとはたしかにそう思いますが、同時に何となく終了の雰囲気を感じ取ってしまったのは俺だけでしょうか…

マジカルパティシエ小咲ちゃん!!

やっべ、これニセコイ本編より面白いかもしんないwwww
中身はテンプレもテンプレなのに、古味先生の作ったキャラが魅力的だから破壊力が高い高いw
小咲達って副次的効果があってこその作品ですが。

お試しの翌日返信、まだ慣れてないので忘れたんでしょうねぇw
それとも別記事に挙げるとかの理由でスルー?
あ、気にして言ってるワケではないですよ。どちらかと云うと面白がってるwww

Re: ↑

忘れてた上にさらに忘れた件orz
コメント管理画面で、どれがどれなのかまだわかっていませんでした。
申し訳ない…

マジカルパティシエ小咲ちゃん略してマジパティは、とりあえず並行世界の話として理解しておりますが、
俺にはどうにも馴染まなかったですね…

楽のキャラがおかしいw
小野寺さんも何かおかしいw

本当にキャラがあってこそのスピンオフということがよく分かる作品になってますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/839-804630c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター