社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

リリースされたジャンププラスにあんまり期待を持ててない1つの理由


ちょっと前から本誌の見開きで思わせぶりに告知されていた内容の正体が、ついに明かされましたね



ジャンププラスという電子マンガアプリのことだった模様で




今週号の感想を書いてる時はそんなアプリが出てきたことなど全然知らずにいたんですが
他所のサイトを巡っていて気がつきまして、早速インストールしてみました



先日大団円を迎えた『黒子のバスケ』番外編とか
『岸辺露伴は動かない』の最新話とか
叶恭弘先生の最新作とか


それはそれは見事なラインナップで、確かに楽しみなように思える作品がズラリと並んでいるわけですが

今ひとつ期待が持てない自分がいます


理由ははっきりしていました



変化の渦中にあると思われるジャンプシステムとの関係で考えてしまうからなんです



以前の記事でも触れたことがあるように、最近のジャンプはどうやら変化の兆しを見せております

最も象徴的だったのが1か月間のみ変更されたアンケートの中身とか
他にもNEXTのアンケートが切手不要になったとか
NEXTの刊行ペースが増えたとか

ここしばらく、従来ではおよそありえなかったような変化がジャンプに現れていました


そんな時に、次週予告の直前ページに意味ありげに登場してきた何かの告知
吹き出しの中が埋まるのを待ってみれば、「ジャンプを超える」ことを謳った新たな媒体の創設を宣言するものでした


そうするとどうしても、このジャンププラスという新媒体をジャンプシステムとの絡みで考えてしまうのです

それを助長するように、ジャンププラスが姿を表すことになった今週号のアンケートには
少年ジャンプに対する「不満」を聞く質問が載っていました

それなら明らかに、編集部はジャンプシステム変革における1つのステップ、ないし実験として
ジャンププラスを認識している面もあるのではないかと



…が、そう考えながらズラリと並んでいる掲載作品の一覧を見てみると
特に代わり映えのしないものばかりであることに気づくのです


掲載作品がどれも「ただ面白そうなマンガ」ばかりなんですよ

いや、面白そうなマンガばかりがあることはいいんですよ
ただそれが、ジャンプ的に面白そうなマンガばかりである、というのが気になるわけです

ジャンプシステム変革の一環であるのなら、その掲載作品一覧はおかしくないかと
他に何かないのかと

それでも1つ挙げるなら、「ジャンプの正しい作り方」という毎週のジャンプが出来るまでの過程を追った
ルポ漫画が連載されることは、読者にもっと深くジャンプのことを知ってもらう意味で
ジャンプシステム変革の一助となるものと考えることは出来そうですが

でもそれだけ…というか


i・ショウジョで乳首券が発行されていたりとか
ステルス交境曲の最終話完全版が載っていたりとか
ジャンプ本誌では出来ないことをやろうとしていることもわかるにはわかるんですけども


現時点ではどうしてもジャンプLIVEとの違いがよくわからないのが正直なところです


あるいは今からまだまだ色々と登場してくれば、そんな感覚は消えていくのでしょうか
あるいはジャンプルーキーとやらも関係しながら新たなベクトルを探すことになるのでしょうか


掲載作品のラインナップには期待しつつも、ジャンプ自体というところで考えると
現時点では今ひとつどうにも…というこの感覚


意識し過ぎでしょうか


 




COMMENT▼

No Subject

現時点でハッキリしてるのは「ジャンプは超えられない」と云うことですね。
顔触れを見ると、週間連載に着いて行けなかったり作風的にちょっとな方が多数いらっしゃいます。
穿った見方は多分にあると思いますが
本誌はムリだけど手放したくないから閉じ込めておく場所
としか私には思えません。早々に過疎る気もしてます。

これが週間ジャンプ連載陣のオマケ漫画を集めたものだったら良かったんですがね。
本誌に付け加えるって意味で「少年ジャンプ +」。

No Subject

僕はスマホ持って無いんで関係無いですけどね´`,、(´∀`)´`,、

ラグエルさんが痛烈な皮肉を言っておられますが、僕は賛成票を投じます(←

No Subject

今ジャンププラスでやってることってWJ増刊のNEXTでやったほうが効果があるのではと思うわたくしです
ただし、やるにはNEXTを月刊刊行ペースにしないと枠が足らないと思いますけども
こういうたとえもなんですが、週刊少年マガジンと別冊少年マガジンのような関わりあいをつくってしまってもいいと思うんですが

それから、アプリは1個でいいです…

No Subject

今のところパソコンでも見れるのが幸運でしょうかね
スマホ持ってなくても見ようと思えば見れるということで

ステルスの最終話の完全版とかも見れたし
暇な時に少しみるにはよいかも

もっとも確かにジャンプは超えられない気がしますが

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

まあ始まったばっかですし、実際結論を出すのはまだ早いんでしょうけど。
あるいは、こうしてさっさと結論を出したがるのは
批判しているジャンプシステムと同じことをしているかのような節もあるのか?
と自分で思ったり…

とりあえずは見守っていきましょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/835-7afeacde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター