社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

ワールドトリガー 大規模侵攻展開中のアフトクラトルは実は滅亡寸前なんじゃないか説

アフトクラトルの目的



割と前からうっすら思っていたんですが、書くタイミングがなくってそのままになってました

現在、大規模侵攻を絶賛展開中の「神の国」アフトクラトルは
実は滅亡の危機に瀕しているんじゃないかという深読みです


前から思っていたことなんですけど、どっかよそで既に書かれてたりしたらゴメンナサイ(ぐぐってない










理由となるのは、大きく分けて2種類

通常考えられる遠征とはあまりにも異なる形で侵攻が展開されていること

そして、その標的と呼称です

これらを組み合わせると、そういう結論を導くことができるんじゃないかと



まずは、通常考えられる遠征とどのように異なっているかを見てみましょう



黒トリガー



この大規模侵攻に備えた会議の中で、レプリカ先生が述べていた通常の遠征の形

出来る限り人員は最低限に絞り、攻撃は基本的に卵にして大量に運べるトリオン兵で行うこと
ここまではまあその通りな感じですが


黒トリガーは多くても1人までだろう、という予測でしたが
実際には違っていました

・泥の王
・星の杖
・卵の冠
・名称不明の空間操作トリガー
と、6人中4人が黒トリガーという配置

星の杖に至っては国宝だそうな
そんなものを含む希少な黒トリガーを4本も投入しての遠征は、それだけでも大規模なものといえるでしょう


トリオン兵



しかし、黒トリガーに加えて攻撃の基本手段であるトリオン兵もまた異常な使い方でした

新型と呼ばれるトリオン兵「ラービット」
トリガー使いを捕らえるためのトリオン兵ということですが、さらに他人のトリガーの能力を
使うこともできるというやたらハイテクな奴でした

レプリカ先生の解析によれば、1体に相当な量のトリオンが使用されていたそうですが
そんな奴がさらに何体も登場したことは、本国におけるトリオンの消費が莫大なものとなり
本国が手薄になってしまうとか

黒トリガーの数に加えてトリオン兵の投入量もまた、通常より遥かに大きなものであることが窺えます


侵攻の対象



さらに、彼らが侵攻の対象としているのはこちらの世界だけではないという事実も加えていいでしょう

星の杖のヴィザ翁とやらによれば、玄界を含む「近隣の国全てに精鋭が派兵されている」とのこと
精鋭とは黒トリガー使いも含まれるものでしょうか

黒トリガーやトリオン兵の数において大規模な侵攻をいくつもの国に同時に展開しているとなれば
レプリカ先生が感じた「完全に本国を留守にしているのか?」という予感もあながち間違いではないのでしょう
少なくとも本国のトリオンは空っぽに近いとさえ思われます


侵攻の目的



当初明かされた目的は、「雛鳥」の捕獲というものでした

こちらの世界におけるC級隊員を捕獲することで、すでにある程度トリガーやトリオンの知識と技術を持っている者を
効率的に戦力とすることが目的だと思われました

しかし、千佳がその巨大なトリオン力を披露したことで彼らの眼の色が変わります


新しい神を拾えるかもしれない


千佳のことを「金の雛鳥」と呼び、「新しい神を拾えるかもしれない」と
俄に動きを強めました


この「新しい神」という表現が今回の結論に思い至ることになった直接的なヒントだったのですが


「神の国」アフトクラトル



この名称が最初に出てきた時には、信仰国家のようなものを想像していました
設定された唯一神のようなものを崇めることで統一性が保たれ、国王は預言者でもあるような
そんなイメージ

しかし、「拾えるかもしれない」という言い方からは崇拝の念は感じられません
むしろ「利用」するニュアンスのほうが強いように感じます


で、ここで思い出したのが他所のサイトで見たとある考察
多忙により残念ながら現在は更新をストップされてしまいましたが、こちらのサイトのこちらのページ

倩 週刊少年ジャンプ2014年2号の感想と予想その1

感想の中のこの部分ですよ


トリガーで「空間」を作ることができるのは玉狛で実証済み。
つまり近界の「国」は
トリガーによって立方体の空間と、
その中に1つの国、1つの世界を作りだしている。

のだとしたら、まさにこれぞ「ワールドトリガー」。





玉狛支部でのトレーニングルームを手がかりに、ひょっとして国自体がそうなんじゃねーの?という着想から
こんな予想に辿り着いたのだと思われますが、初見当時はモニタの前で唸り声をあげたものです

「マジか」と
「そういうことなのか」と


じゃあですよ

彼らにとっての「神」とは、その国が存在するその世界をトリガーによって作り出せるほどのトリオン力を持った
単独ないし複数の人間なのではないかと

で、「新しい神」とは現在の神に代わる新たな存在という意味なのではないかと

なぜ新しい神が必要かといえば、現在の神が力を使い果たしてしまいそうだから、とか
神というよりは、人柱といったほうがわかりやすいイメージかもしれませんね
世界を作り上げるほどの超強力なトリガーに強制接続され続けることで、世界を存続させる宿命を負わされる存在
が、その「神」がもうすぐ力を使い果たしてしまいそうになっている

だからその前に、最後のトリオンを振り絞った形で残るほとんど全てのトリオンをつぎ込んだ精鋭部隊を遠征に繰り出し
少しでもトリオン力を持った者をかき集めようとしているのではないかと

で、思いがけず出くわした巨大なトリオン力を持つ千佳に
新たなる神としての可能性を見出したのではないかと


そんな風に考えることができるんじゃあないかと思うのです

成り立ちの由来がそうした仕組みなのだとしたら、「神」となれる存在は
いつでも必要になると思われますが、しかしそれならば今回の規模の侵攻を
同時に展開しなくてもいいと思うんですよね

「神」の力は本来ならもっと続くはずだったのが、何らかの理由で急激に衰えてしまった、とか
だから急いで次の神を探す必要に駆られている、のではないか

とは言ってもそんな簡単にそれほどのトリオン力を持った奴が見つかるとは思えないので
とにかく近くの国に大規模な派兵を実行して、少しでもトリオンの技術と力をかき集めることを
企図しているのではないか

ただ、彼らに焦りの色が全然見えないところからすると
滅亡の危機も今日明日に今すぐ、というわけでもないんでしょうね
そこそこの猶予はありつつも、今のうちに手を打たないわけにはいかないくらいのレベル


で、彼らの神が瀕死になってる原因は、さらなる未知の国あるいは乱星国家からの攻撃によるものだったりして…
「雛鳥」の捕獲は「神」のためのトリオン確保であると同時に、普通に兵隊も必要だからという理由もあるとか

そんで、この大規模侵攻を凌いだと思ったら次の敵はそいつらになったりして…というところまで深読みしてみたり

COMMENT▼

No Subject

・・・・・(゚Д゚)ポカーン

なるほど。中々面白い考察で。
そこも含めて今後が楽しみですw



で、その予想に何を賭けますか(←

No Subject

面白い考察ですね。

神=国家を維持する存在(トリオン源)というわけですね。
そういう意味では神は一人である必要はなくて、一つ一つの力は小さくでも大勢いれば量は足りる。だからC級隊員に狙いをつけたということですね。

あるいは、ブロイラーのように育てた上で、戦士にしたり、トリオン量を増やした上で利用すると。筋が通りますね。

>大規模侵攻を凌いだと思ったら次の敵はそいつら
もう一つ近くを通っていた国がありましたよね。
その国が大規模侵攻で本国が手薄になっているアフトクラトルに攻めこんだ結果、あわてて侵攻軍が撤収なんてこともあるかもしれませんね。

No Subject

成程~
「新しい神」発言は宗教的なヤバいニュアンスにしか理解してませんでしたが、もっと即物的に国家の維持に強大なトリオンを持つ「神」が必要…という考え方には説得力がありますね。

何にしても千佳がピンチなことには変わりないので、オサム頑張れ超頑張れ(^^;)

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

意外と同調していただきまして、よかったです。
割と前から何となく思っていたことだったので、すでにどっかで似た話が出てるんじゃないかとも
思っていたんですがそんなことはなかったのかな。

こういう深読みは大体外れるのがパターンなので、むしろ「どう外れるか」を楽しみたいがために
書いてたりします。

なので賭けはなしでw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/826-28e50bf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター