社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

対比と演出が強調する彼女たちのヒロイン性… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

今週のジャンプヒロインズベストショット集!


さてさて

やってまいりましたベストショット集

今週は4人のヒロインたちがこの企画を飾ってくれることとなりました

ベストショットを決めるには少し悩みましたが、エントリーしてもらうヒロインたちには
別に悩むことはなかった今回




それでは見て行きましょう


今週の1枚目はこちらです!
















































2014年WJ42_5

「重たいもの」の下から救い出されたビッチ先生です

死神に唆されて、捨て石として使われたビッチ先生

重たい記憶をあえて日常とすることで、その「始まり」を紛れさせて霞ませてしまうというのが
幼い彼女を引き取ったロヴロの意図でしたが

烏間先生は違っていましたね


生き方の始まりを思い出しながら、その終わりを迎えようとしていることに安堵感さえ覚えていた彼女に対し
烏間先生が言ったのはロヴロとは正反対のものでした

「重いもんは背負ってやる」


それをあえて日常とし、慣れてしまうことでその重さを薄れさせたロヴロのやり方は
つまり方法は伝えてやるから折り合いは自分でつけろというある種の突き放しでもありました

しかし烏間先生の言葉はその逆

重たいものは背負ってやる

それは小細工を弄して重たいものの存在を感じさせないのではなく、一緒に抱えてやることで
直接的に軽くしてやるというシンプルなものです


だからここでのビッチ先生はこんな表情なんですね


プロとしての大人の振る舞いに終始していたこれまでと違って、ここではあえて幼さを強調するように
描かれているんですよね

それが意味するのは、ロヴロとの出会いで救われたあの時のフラッシュバック

つまり、ビッチ先生はここで再び救われたのです

幼い顔つきに描かれているのはあの時の再現であることを示すもの
ロヴロに救いを求めた時はずっと下を向いていたのが、今回は上を向いていることも
対比になっているのでしょう


2度目の救いを得たビッチ先生がこの戦いの後どんな風に変わるのか
今から期待が持てそうですね





続いてはこちら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014年WJ42_4

女の顔になったレイナです

いや、これは読んだ瞬間にベストショット集入りを決めたカットでしたね
さすがにベストショットとするにはもう少しでしたが、それでもこのカットには大きな意味があります


これまで男臭さに溢れながら展開してきた『火ノ丸相撲』という作品において
初めて「ヒロイン」が登場した瞬間なんですよ


レイナ自体はすでに前から登場していましたが
それは顔を隠されていたりとか、部の消滅を願う悪女のようなポジションとしてのものでした

センターカラーの裏
審判として火ノ丸の勝ちを宣言しつつその腕を突き上げさせている時
火ノ丸の腕に直接は触れずに、リストバンドの上からそれでも親指と人差指だけで持ち上げています

勝ちを認めたくなんてないし、触れるのも嫌、というレイナの心情を表す細かい描写ですね


それほどに火ノ丸を目の敵にしていたのが、しかし、兄貴の言葉を聞いてそれが一変


このカットは、自分が慕う佑真に男気溢れるセリフまで言わせる火ノ丸という男に
興味をもった瞬間なのです


兄佑真のことでしか相撲部を、相撲を、火ノ丸を見ていなかったレイナが
そんな先入観も思い込みも何もなく、初めてシンプルにそれらに目を向けた瞬間


だからこの時こそが彼女がヒロインとなった瞬間なんですね


それをわかった上での「女の子らしい描き方」

感想記事でも描いたように、線の細さ、トーンの繊細さ、口元の滑らかさ、瞳の奥深さ
主人公たちを妨害する意図を持って登場してきた女キャラが、ここにきてそれを翻し
真剣に目を向けたその瞬間

レイナの印象が悪くなり過ぎない内に、ヒロインとして登場させたのも
川田先生の見事な描写バランスです


少年漫画におけるヒロインという存在を、所与の前提として思考停止することなく
男臭さに塗れる相撲というテーマを描くからこそ、そこでの「ヒロイン」の扱いに細心の注意を払う

これからもそうした描写を見せてくれるとするならば
「ヒロイン」が大好きな俺としてはそういう意味でも見逃すことの出来ない作品になりました



お次はこちら!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014年WJ42_3

美作の意図に気づいたえりな様です

先週のベストショットだったえりな様
今回は3枚目での登場となりました

先ほどのレイナは、ようやく主人公に目を向けた瞬間が描かれたものでしたが
このえりな様の場合は逆ですね


初めて創真以外の者に目を向けた瞬間なのです

もちろんえりな様が意識している料理人には、アリス嬢だったり緋沙子ちゃんだったりも
あるんでしょうけども



前回見たように、当初のえりな様は今回の試合で創真が負けるだろうことを期待して
観覧に臨んでいました

下劣な美作が勝つこととイコールだとしても創真の負けを望んでいたえりな様は
つまり創真のことしか頭にない、というのが前回のベストショットだったわけですが

このえりな様は、おそらくは作中描写内で初めて美作のことを気にした瞬間です


創真の調理をトレースしつつ、アレンジを施そうとしている美作に対し
創真をどうやって上回るつもりなのか、ということを気にし始めたのですね

それは、逆説的に創真への理解を深めることへと繋がるものでもあるでしょう

オリジナルとフェイクの勝負は、どこかにその差を見つけることで勝敗が決まるからです

直接の要因にはならずとも、もしもえりな様だけが気づいたりするようなことがあれば
完全にえりな様が「始まって」しまうことになりますね



続いてはこちら

















































2014年WJ42_2

和菓子の女神・小野寺さんです

マルーシャ姫によって誌面が千棘三昧だったここ数週

久々に小野寺さんが登場してくれたページは何とも希望に満ち溢れた華やかなものでした



ああもう小野寺さんマジ女神



ところで、このポーズを見て何かを思い出した人は俺以外にいないでしょうか

え、いない?

またまたご冗談を


これですよこれ







2012年ジャンプ38号_1



だいぶ前にはなりますが、かつて扉絵に登場した時のこれ

この小野寺さんのポージングにどことなく共通するものを感じるのです

サブタイ通り「働いている」姿ですからね

学校でのお淑やかな小野寺さんもいいですが、家でお店を手伝っている時のちょっと明るい小野寺さんも
すごくいい…

似合ってますよねえ
このお店の制服

いや「お店の制服」っていうと何やらいかがわしい響きですが、とにかく似合ってますよねえ…




それではお待たせしました


今週のベストショットはこちらです!































































2014年WJ42_1

楽の指を手当している聖女・小野寺さんです


いや、ね

今週のベストなショットは小野寺さんかなーなんて予想した人もいるかもしれませんが
今回の決定理由は「小野寺さんだから」というだけではありません


今回はビッチ先生といいレイナと言いえりな様といい、各ヒロインたちが
色々と対比的な演出を施されているカットばかりのエントリーとなりましたが
実はこの小野寺さんも対比されているんですよね


1つは、カット内にもあるように「文化祭の時とあべこべ」ということです

先日まで展開していた文化祭編
春ちゃんのクラスの出し物だったお化け屋敷で、転んで手を擦りむいた小野寺さんに
楽が手当をしてあげていましたが、今回は立場が逆になったという構成を意味するものです

まあ作中で示されるだけあって単純なものですが


実はもう1つあるんですよ


第1話との対比です


塀を飛び越えてきた千棘の膝によって顔面をやられた楽が、教室に戻ったら
それを心配した小野寺さんにバンソーコーを貼ってもらったあのシーンですよ


第1話でバンソーコーを貼る小野寺さん



今週のこのカットには、あの時との対比を見出すことができるんですね


その対比にあるものは、2人の距離感

第1話でバンソーコーを貼ってもらった時
小野寺さんに片想いな楽は、もちろん動揺しつつも嬉しくてたまらなかったわけですが
今週はそこまでの動揺を見せてはいないんですね

つまり、あれから今日までを経て、2人の間にある距離がそれなりに縮まっていることを
ここから読み取ることができるわけです


さらに、変わらないものが対比されてもいますね


小野寺さんはあの時と変わらず優しく手当をしてくれていること

そして、この時の2人の雰囲気があまりにも自然だったから
マルーシャ姫は何かに気づいたこと


はい
ここは文化祭との対比になっているんですね

すなわち、擦りむいた小野寺さんを手当する楽と、そんな2人の自然な姿を見て
静かに心を痛めていた春ちゃんとの対比ですよ


春ちゃんに切なさがあふれたあの場面を、再度繰り返しているのがこのカットなのです


互いに互いを気遣い合う2人の自然で穏やかな姿が、恋心を抱く乙女に突き刺さって
知りたくなかった真実をもたらして

だからマルーシャ姫は「思い出」をありがとうと言いました
春ちゃんもまた、「思い出」を求めてミスコンでの優勝を目指しました


当人たちだけではなく、周りにもいろいろなものを再度もたらすことになったこのカットが
今週のベストショットでした




それでは今週はここまで!


 




COMMENT▼

No Subject

いやっふうううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!
ありがたやありがたや(ー人ー)



え、他?有りましたっけ?

No Subject

今週、個人的に気に掛かったヒロイン?がいたりします。
「ハイファイクラスタ、カラー表紙の女の子」です。
どっかで見た様な気がするんですが…特にこの目元の感じが…どこだっけなぁ…(ガチで不明)

今回のこの記事の一番の感想は「ニセコイって初期こんな絵だったっけ?」だったりw
お蔭様で?このショットにはこう返そうとか考えてたのが一気に消し飛びました。

と・こ・ろ・で…

なんでソーマ表紙のエリナ様(これは「様」を付けざるを得ない)がエントリー外なんですかぁ?
漫画の続きを借りて着替える時間も惜しんで読み耽る、ガードゆるっゆるなエリナ様ですよ?
今回は漫画が相手ですが「心許したらこんなんなっちゃうんですよ」あのエリナ様が!
コイツは絶対来ると思ってたんですが、外したなぁwww

No Subject

この記事のレイナを見て、食戟のソーマのえりなと何か立ち位置が似ているなと思ったのですが、その後さらにスゴい事に気づいてしまいました!・・・えりなの『え』と『り』のあ行とら行を逆にするとレイナに・・・(>_<)!いや、だから何だという話かもしれませんが、立ち位置が似ている事と合わせて考えるとまるで申し合わせたみたいなスゴい偶然というかなんというか(^-^;

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。


>レイナ
この作品におけるヒロインの扱いと描写は気にしておこうと思います。
えりな様との名前の関連は、全然思っても見ませんでしたが
こういうキャラはそんな名前の響きになるという宇宙からの天啓でもあるんでしょうかね。

>えりな様
扉絵がエントリー外だったのは…
まあ、あれですね。

ちょっとエロすぎたというか。

見た瞬間これは、と思ったカットではありましたが、
画像補正と解説でこのえりな様の魅力をしっかり表現できる自信が俺にはありませんでした。

脱ぎかけのようにゆるいソックスとか、無防備すぎるスカートとか
下半身があまりにも油断しすぎで、紅潮している顔と合わせるとあまりにもエロい。
ある意味ベストショットとかという次元ではないような感じもあります。

なんというかこう、違うものを滾らせるというか漲らせるというか湧き上がらせるというか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/825-0a2b91ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター