社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

HUNTER×HUNTERが休み過ぎな気がする2014年週刊少年ジャンプ35号感想

2014年週刊少年ジャンプ35号感想

今回の土曜発売明けはあんまり長かったって感じなかったな…


今週のアンケ順
食戟のソーマ
ニセコイ
火ノ丸相撲


その他
・ONE PIECE
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・ヨアケモノ
・暗殺教室
・特別読み切り ネジヤマさん。
・斉木楠雄のΨ難
・三ツ首コンドル
・黒子のバスケ
・僕のヒーローアカデミア
・ワールドトリガー
・HUNTER×HUNTER
・ILLEGAL RARE


食戟のソーマ

静かに…というか、確実に後味は悪く
しかし無情に本戦の1回戦は終了しました

緋沙子ちゃんの時もそうでしたが、負けた側のその直後は
あまり描かれないですね

立ち尽くすタクミはどんな表情をしていたのか…


おそらくわざとなのか、先週あまり描かれるのことのなかった創真の表情は
さっそく2ページ目から描かれてきましたが、その顔は不自然なほどにニュートラルでした

いやほんと不自然ですよ

なんじゃあの顔は
真顔というか何でもない顔をしているように見えるんですけど、何か自然じゃないんです
妙に不自然さが際立っています

まあおそらくはわざとなのでしょう
全く自然な真顔をさせるのではなく、どこか引っかかる表情をさせることで
その感情を読者に想像させやすくしているんですね

吉野さんをはじめ、判定を下した審査員すらも納得いかない様子の中で
ただ1人「一応」普通な感じをしている創真

帰る、って普通に言うのもその一環なんでしょう
読者としては、ここで創真がほんとに何とも思ってないとは感じていませんから
あとはその感情をどうやって創真が表してくれるか、なんですね


そしたら美作が部屋で待ってましたというテンポの良い流れ
合鍵は気持ち悪すぎますけど…

さっそく発表された次の対戦カードは、黒木場対葉山、創真対美作

おわー…
またしても予想通りなのか…
やっべ
どこまで当たっていくんだあの予想


当然のように食戟を持ち掛けてくる美作に対して、創真は美作への哀れみとともにそれを了解しました

ここでの哀れみには2つの意味があるんですかね
1つは、コピー料理で勝負を挑んでただ勝ちを重ねるだけの美作の料理人人生に対するもの
コピーした料理に独自のアレンジを加えられるほど腕はいいのに、作りたい料理がない彼への同情

もう1つは、それでも自分との対戦を望み、そして負けることで立つ瀬を失ってしまうことに対してでしょうか


怒りで溢れているだろうと思われた創真の心情は、むしろ同情に満ちていたというのがいい外し方です
そして、その同情がほんとにただ同情なだけで、相手を救う気が全くないと感じられるのがまた

ある意味では最高の侮蔑ですね

だからこそ、逆説的に自分の料理人人生すらも賭けられる
創真の中にはすでに勝ち方が見えているのでしょう
それは作戦とかプランとか言うものではなく、「こういう奴にはこう対処する」というもはやマニュアルのようなもの
あるいは親父からそうしたものを教わってたりするのかもしれません


先週あんな記事を書いたくせして、「創真がどう勝つか」に一気に焦点を当てたこの展開は
コメントでの指摘通り、そこまで勝負への興味をなくさせるものではなかったようです

主人公のこの熱さと冷静さが見事だったことで今週の1位にしたんですが…


ただ1つ気になるのが、この展開さえも読まれているのではないかということなんですよね

美作の後ろにいる叡山との因縁
たぶん2回戦のこの組み合わせを決めたのは叡山の影響が強いんじゃないかと思うんですけれども

そうすると、「秋の選抜でお前のキャリアはお終いだ」と言ってたあのセリフ

叡山自身は出場しない選抜でどうやって創真を潰すのかと思っていたら、その配下らしい美作が登場してきました
で、あえて先に美作のやり方を見せつけた後で対戦させる

そうすれば、創真がただ自分の包丁を賭けるだけじゃなく他のものも賭けてくるんじゃないかと予想したんじゃないかと
思うんですよ

あるいは、美作の方から今まで奪った道具全部を賭けさせてもよかったかもしれません
代わりに負けたら料理人をやめろと持ちかける

そうすれば、後は試合で創真を負かせばそれでいいわけです


主人公としてのカッコいい気概の影に隠れて、実はそれさえも先読みされていた可能性が
あるんじゃないかとはさすがに考え過ぎですかね


ニセコイ

始まりましたミスコン

凡矢理七英雄ってなんぞ
初めて聞いたんですけど

どんな顔ぶれなんだよ…


センターカラーで春ちゃんのターン

おい可愛いんですけど
そして下乳がエロいんですけど


戸惑いながらやってる割には、舞台上のパフォーマンスが意外としっかりしてるんですけど
アピールタイムと言われて実家の宣伝とか抜け目ないんですけど

年上か年下かってのは春ちゃん一応正直に答えたんですかねー
1年生でミスコンの壇上に上がってるわけですから、年上好きと言っとくのは作戦上も間違ってないという
巧妙な展開です


そして当然のように予選を突破しちゃう春ちゃん
残ったのは全部で5人らしいですが、春ちゃん以外の4人はみんなモブか…
あるいは文化祭編の後に1人くらい登場してくるのかな
それとも登場してくるのは七英雄の方か?


と思ったらここで小野寺さんが来てくれました
妹と同じく親友に蹴っ飛ばされての登場ですw

しかし、小野寺さんの扱いが実におかしいですね

小野寺さんも七英雄の1人だそうですが、そんなわけあるか


七英雄とか何ワケのわからんことをほざいてんでしょうか




唯一神の間違いだろ





特別枠で最後の出場者?




シードで優勝だろ





今やってるのって2位決めだろ?
ほら、いわゆる照橋さん的な

全く、これだから古味先生は…


火ノ丸相撲

先週の引きにちょっと不穏なものを感じていたら、案の定狙い通りにはいきませんでした

ただまあこれで負けなかったことが一応救いか…


沙田もまた、遅れて勝利への飢えを自覚し
最後のあがきを見せました

互いの意地のぶつかり合い
むき身の己をぶつけて自分を試す勝負

いつか火ノ丸が語っていたように、川田先生はそこに痺れているのでしょう

少年マンガテイストにするのに、どんでん返し的な演出になってしまったのは
あるいは川田先生としては不本意なところもあるのかもしれませんが…
それでも、言葉だけでなく実際のシーンとして描きたかったぶつかり合いは
充分に描けたのではないでしょうか



ただ、最後のナレーションはちょっと安易だったような気がしないでもないというか
まあわからないでもないんですけども

勝負の最中に笑みを浮かべた沙田との比較で、土俵を降りた後にようやく笑顔を見せる火ノ丸を
強調するためには、部長や五條ではなく、どうしても別の視点が必要でした
腐女子カメラマンではちょっと格が不足なので、ナレーションでやらざるを得なかったんでしょう

でもそれもちょっと軽かったかなーという感じがあります
気にし過ぎとも思うんですけどもね


ONE PIECE

協力したーって引きだったのに、やっぱり全然噛み合ってない…

どうしたいんだ一体w


カン十郎も出てきました
こいつもまた能力者のようですが、それよりも気になるのは
モモの助の重要性を彼も認識しているという点ですね

錦えもんがモモの助にこだわるのは息子だからという理由で納得できるんですが
カン十郎も気にしてるのは何なんでしょうね

友の息子だからという理由だけじゃなさそうな

ドフラミンゴが気にしてるのと同じ理由か?


ゾロ対ピーカがここで終了?
最高幹部と言われて、周囲はすぐに恐れる割に
ゾロは圧倒していますね

個別のバトルががっつりには描かれないこと
戦う前の自信通りの結果を見せてくれること

新世界編になって、尾田先生の作劇がやはり変わっている感じですね


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

掲載位置高い高い

このマンガは逆にこんな位置にあったらいけないだろw

巻末も合わせてマサムネ捜索編が始まりましたが

そりゃあみんな探すだろw


探してるのが自分たちだけという感覚でいたのがまずおかしいw

磯兵衛が刀を抜いた時、どっかに挿して
これがマサムネ!って言い張ったりするのかと思ったのは俺だけか

せっかくの長編だからそんなんでは終わらせないよな…

でも都合よく場所がわかるのもどうなんだw

ていうかそもそもマサムネの話自体先生のフカシかと思ってたんですけど


ヨアケモノ

じっくり進めるな…

2話目も主人公固めをやっていくか


設定を明かすでもなく世界観を説明するでもなく
まだ主人公に焦点を当てたまま

この引きでは次回もまだそうなのでしょう

じっくりやっていくことが悪いとは言いませんが、この作品だとそれはあんまりよくないような…?


暗殺教室

烏間先生もまったく気づかない死神

しかし生徒たちはもちろん戦うことを決意


訓練の成果を見せるというか、試すというか
それでもさすがに相手が悪いような気がするんですけども


先週の感想で生徒たちをおびき出す目的が微妙とか思ってたら
そういう使い方でしたか

人質に使って、1人ずつ解放する条件とかで有利な状況を作り上げていこうとしてるのね
発想は鷹岡と同質のものですが…
その実力は比較にならないものでしょう

彼らだけで切り抜けられるとは思えません
ビッチ先生がどっかで目を覚まして助言でもするんでしょうか


特別読み切り ネジヤマさん。 石川光貴

NEXT2014年冬号に載ってた読み切りがリメイクの上で再びやって来ました

ジャンプにおける日常系とでも言えるものでしょうかね
とにかく空気感が今までのジャンプマンガと違うものです

悪役がテンプレ的だったのも、その違う空気感を強調するためでしょう
NEXTの時は、悪役の被害に遭ってたのは少女の幼馴染の少年でしたけども
今回は普通に少女が拐われてました

おかげでネジヤマさんと彼女の絆を印象的に描くことはできていますが
他作品となるメアリのロボットそのままになってるんですよね

読み切りとしてはメアリのロボットが先で、本誌掲載はネジヤマさんのほうが先になるわけですが

依頼を受けたりするようなものとは違う日常を描くものとしては結構期待したいので
金未来杯もうこれでいいよと思ったりして


斉木楠雄のΨ難

予想通りというか予定通り鳥束回

いや、海藤もさりげにいるな
部員だったの忘れてましたけど、お前の回はまだ先だろw

夢原さんもこの部だったのかそういえば

今までに比べて何かちょっと可愛さが2割増しくらいな気がするのである


おかげで言うほど鳥束回じゃなかったのが逆に幸いというか
話の中心がラブコメっぽかったのでよかったというか

鳥束に割とひどい斉木のニヤケ顔がひどいw
さして理由もなく何となく超能力使うなよw


そしてちゃんと女の子を助けに行ける海藤が地味に良い奴でカッコイイ奴なのである…


三ツ首コンドル

2話目がダメだったおかげですっかりダメになってるな…

某紳士サイトでは、さっそく1話の段階からクソ漫画認定されて
1コマ1コマの粗探し面白ポイント探しが始まってるようですが

うん…ほんとダメだよこれじゃ

設定か、主人公の特性か目的か、ヒロインがついてきてる理由とか経緯とか
その辺を描かないことにはにんともかんとも

要するに、話も展開もキャラも全く地に足がついてないんです
全部が全部ふわふわした状態で、ただなーんとなく展開してるだけ

それっぽいことをそれっぽく言ってそれっぽく進んでるだけ

作者ほんとにこれで面白いと思って描いてるのかと疑問に思うレベルですよ


黒子のバスケ

セカンドゾーンで一気に巻き返しを図る誠凛

試合よりも青峰の様子のほうが熱かったりして…
緒戦で負けた時にもはっきりとは涙をこぼしていなかった青峰

自分では何も出来なかった2つ目の扉を仲間とともに開けた火神を見て
色んな感情が一気に去来しているようです


赤司もまた、それを認めながらも勝つ気は衰えません

ゾーン状態の火神を再度転ばせての得点
残り41秒で7点差

これは…
なかなかに絶望的な点差では…


僕のヒーローアカデミア

柱がちょっと黒バスっぽい…
担当同じなのか?


少女を助けただけで試験が終わってしまった出久
魚を食べながら悟りを開いてる様子が痛々しい…


ダミー敵は0ポイントと言っても、裏のポイントが有るんだろうとは
予想できたことですが、それをここまで劇的に描くとは逆に気持ち良いですね

命を賭して綺麗事を実践する仕事とは言い得て妙というか

綺麗事にアレルギーを持ってる読者も引き込めたりしそうなものがあります


ただここで、この展開には2つの意味があるんですかね

1つは、もちろん裏ポイントによる合格
もう1つは、出久に助けられた少女が直談判に来たという事実

「個性を得てなお君の行動は人を動かした」
今回の合格はこれに尽きるということになるのでしょう

ただ助けただけに留まっていないということ
助けられた側もしっかり何かを感じていて、だからこそ落ちる出久を助けもしたし
その上直談判にまでやってきた

このことが示唆するのは、つまり出久の合格はすべて少女のおかげであるということなんですね
助けられた彼女が行動を起こしてくれたから、だから審査にポイントが付いた
つまり、助けたことを誇って驕るのではなく、助けた相手に感謝しろよという
これもまたキレイ事なわけです

そして、その行動によって出久の合格を助けたことになった少女お茶子ちゃんもまた
出久に感謝しているからこそ行動を起こした

こうした感謝の念こそが最重要なものであるというのが、隠されたメッセージなのではないでしょうか


ワールドトリガー

チカちゃん普通にキューブになっちゃった…

しかし希望はあります
諏訪さんが復活できている事実を読者は知っているし、A級の何人かも知っているのでしょう

だから基地に行けばまだ希望はある


しかし、同時にその基地には敵の侵入があり
希望の象徴である諏訪さんが戦っている

うまい構成をしてるなあ


それを知らないオサムは希望に縋ってキューブを握りしめて走る走る

ラービットの攻撃を次々躱していく様子は何とも熱く、何とも頼もしいですね


それでもオサムの腕でラービット2体を凌げるはずもなく…


ってところにレプリカ先生やってきました
でも何ができるんだと思ったら

ラービット複製かよ!


そんなのありなのか


こいつを作るトリオンはどっから来たんだ?
空閑のトリオンだとしたら、結構な消費になったんじゃ…


HUNTER×HUNTER

先週終わったと言ってた試験の様子
クラピカの薬指の鎖はさすがの精度ですな

でも自分自身で能力を完全には把握できていないとは意外でした

確かになんで緋の目状態なんだとは思ったんですが、そういうことですか


でもさらに見落とせない点がありますね

クラピカが薬指の鎖しか具現化してないということです


「実在する鎖を操る操作系能力者を装う」ために普段から鎖を具現化していたはずのクラピカですが
ここでは薬指だけで、また鎖を出す瞬間も見せてますね

ミザイストムをそれなりに信用してるということなのでしょう

だからこそ十二支んの内通者探しにも協力することにしたと

カキン皇子たちの思惑はまあいいとして、ここで内通者まで明かされるとは…

そして来週休載とは…


orz


ILLEGAL RARE

回想終了

他の色たちの生死が不明ということは、敵側で出てくる可能性もあんのか


回想自体はあっさりと終了して、さっそく敵地に殴りこみ

これまでのキャラたち総動員していく様子はすっかり終了前っぽい…
ミラもすっかり雑用係になっちゃって、ヒロインは完全にナズナ状態

いつか助けた狼男も登場してきて、いよいよクライマックスですね


 




COMMENT▼

No Subject

火の丸。あの最後のナレーションは連載だと云う事を意識してのものなんでしょうが、
入れなくても大丈夫だったと思いますよね。
先週の「わしが笑うのはてめぇの首を獲った後じゃっ!」のセリフ。
今週なら読者も覚えが良いでしょうし、単行本になったら少し引っかかりそうです。
「二太刀同時じゃ!」→「二太刀で首を獲るっ!」にするだけでも良かったと思います。

ネジヤマさん。コレはコレとして、新作で是非連載を!
ネジヤマさんは連載したら一気に駄作になるでしょう。読切だからこそ映える作品。
地力は凄く感じられるので、重ねて言いますが新作引っ下げて是非連載を目指して欲しい。

イリーガル。後3週かな?

No Subject

ニセコイが姉妹どn(←
イヤッホーウε=\_○ノ

>トリガー
>複製を作るトリオン
え?玉狛支部全面協力じゃないんすか?

>ハンター
内通者は一人とは言ってませんよ( ̄ー ̄)y-~~
個人的にミザイさんも可能性考えてます
流石に犬さんは無いか(^^;

>コンドル
なんかねぇ・・・昔短期打ち切りだったポルタと重なるんですよねぇ・・・。
雰囲気が。

タクミの格が堕ちてしまう話

主人公特権もあって創真は美作に勝つでしょう。そこで懸念なのがタイトルにした一点。

「盗作の件に気付いていてアレンジもしたのに負けてしまったタクミに対し、
ネタバラシした上で勝つ創真。最早ライバルとは呼べない格差」

加えて、取り返したメッザルーナを「借りだからな!」とか言って受け取ったら、
それこそ絶対勝てないフラグが立ってしまうでしょう。
是非ここは、取り返したメッザルーナを実力で取り返してみせろと預かるのがベターかと…

と、私は思うのですが皆さんはいかがでしょうか?

No Subject

>ラグエルさん
え、僕は無期限レンタルという妄想をしたんですがw
「代わりに料理教えてくれ」ってな感じで。
今まで大衆食堂でくすぶってましたから。
イタリア料理とか他の料理とか・・・

まぁ実力で云々の方がしっくり来そうですけど

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/785-b2a33273

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター