社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

ILLEGAL RAREがいよいよな感じになってきた2014年週刊少年ジャンプ33号感想

2014年週刊少年ジャンプ33号感想


未だ続くジャンプの物足りない感


今週のアンケ順
黒子のバスケ
火ノ丸相撲
新連載 三ツ首コンドル


その他
・暗殺教室
・斉木楠雄のΨ難
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・僕のヒーローアカデミア
・ニセコイ
・食戟のソーマ
・ワールドトリガー
・HUNTER×HUNTER
・ILLEGAL RARE
・ステルス交境曲



黒子のバスケ

熱いじゃないですか…!!
今週はこの熱さだけでアンケ1位ですよ

火神の体力切れ・ゾーン切れで引きとなった先週
その火神をどうフォローするかとか、2つ目の扉の先は、とか
次回はその辺りの話になるのかなと思っていたんですよ

そしたらガス欠になったのは火神だけじゃなかったという
そりゃそうですわな

いくらゾーンを2度も発動したことで火神の消耗が激しいとは言っても
他の4人だって火神の体力切れの後に充分動けるほどぬるいプレイをしてきたわけでは
ありません

特に、赤司を破るのに針の穴を通す精度で火神との連携を続けた黒子
故障している膝を顧みずにパワープレイを続けた木吉
2人だって神経も身体も極端にすり減らしていたことでしょう

人格の元に戻った赤司の能力でゾーンに近い状態となった洛山メンバーと
全員がほぼ体力切れとなった誠凛

完全に明暗は明らかで、この試合で何度も描かれてきた絶望的な瞬間が
今度こそ本当にやってきたものだと思いました

で、そこから先週顔を見せずに登場していた荻原くんが何をしてくれるのかを期待したんですよ


普通に客席から声援を贈ってくれました

その上バスケをまだ続けていることをわざわざ教えてくれました

ラストページもそうですけど、荻原くんめっちゃいい顔しとるな…

この絶望的なシーンに、こんな爽やかな笑顔見せられたらね
そりゃあ一気に空気も変わるってもんですよ

そして何よりこっからが熱かった
まさか今まで戦ってきたキセキたちから応援が入るなんてね

口火を切ったのが青峰というのがまたね
だってある意味一番誠凛を応援してたのは青峰なんですよ

ウィンターカップ初戦で負けて、忘れていたものを取り戻して
だからこそ負けた事実が一層悔しくて
だからこそ自分を負かしてくれた誠凛の行く末を見届けたくて

海常戦の前、黄瀬を逆恨みした灰崎が余計なことしようとするのをぶん殴って止めてくれました
バッシュが壊れた火神には自分の予備をくれました

火神が今履いてるバッシュはもちろんその時もらったもの

誠凛は、青峰のお陰で何の心配もなく試合に臨めた面があるのです
そんな青峰から飛ばされる激

続く黄瀬
緑間までも叫ぶとはちょっと意外だったり
紫原は流石にw

そしてそれまで下してきたチームそれぞれのからの大きな大きな声

王道過ぎて普通に泣ける…


1コマだけ挟まれるベンチがまたニクイんですよね
これぱっと見には、思わぬ声援に中の選手ともども心震えてる様子を描いてるように思えますが
深読みするともう1つ意味がありますよね


お前らからの応援はないの?ってことですよ


今まで戦ってきた奴らからの思いがけない応援は、意外なこともあって確かに戦意回復に繋がるものでしょう
しかし、それはあくまで一時的で一過性のあるものに過ぎません

外のチームからの応援で少しでも動けるようになるならば、チームメイトとして
同じ辛さと苦しみと希望を共に背負ってきた仲間からの声が届かないはずはない

もちろん今までの試合中も散々声は出してきたでしょう
しかし今こそ一番その声が必要な時であること

震えているベンチのこの1コマに、そんな感情の湧き上がりを感じました


次回センターカラーでクライマックス
いよいよ決着の時は近いですね


火ノ丸相撲

順位高っ!
テンポはやっ!

でもジャンプではちょうどいいかもしれませんね
出し惜しみせずに一気にボルテージを上げていくのは、掴みとしては
非常に重要です

冒頭、沙田の回想も必要最低限の描写で彼の本音をよく表してくれていました

まわし姿でもかっこよく見えたら、本当にカッコイイやつなんだろう…とは
なかなか言ってくれますよ

ほんとに川田先生相撲好きなんですねえ
ていうか相撲がここまで少年マンガに相性いいとは思いませんでした
男らしさと男臭さを前面に出しながら王道ど真ん中を突き進むこの感じ


これはいい作品になっていきそうです


新連載 三ツ首コンドル 石山諒

本誌第3号にて同名読み切りを掲載した作品が連載で帰ってきました

世界観や設定などに大きな変化はないようですね

主人公の一番のウリが「美しいものへのこだわり」であることも、変わっていないようです


偶然出逢った少女と一緒にドタバタしながら秘宝を目指すという1話としては
オーソドックスな展開ながら、安易な悪役を登場させずに
すっきりとまとめてくれています

画力の高さによる画面の見やすさと、スーちゃんがちょっと可愛いことと
王道を行けそうな展開と、期待値をこめての3位です

見る人によってはテンプレという感触もあるかもしれませんが、俺はまだ許せましたね


暗殺教室

烏間先生気づいてたのかよ!
なんかそれは色んな意味でひどいな!

いや事情というか理由はわかりますけれども
プロ同士の会話として仕方ないというか当然というか、それはわかりますけれども


ラブコメ好きとしては残念な展開である

死神に襲撃されたビッチ先生を烏間先生がかばう…なんて展開も何だか見えない
ビッチ先生が何かの決意というか、ケリをつけなければいけない流れですね


斉木楠雄のΨ難

まだロンドン編続いてました
そして学校も仕事もサボり状態でした

6月の平日だよ、にちょいウケw


中二病患者の話にマジレスで返すのやめてあげて!
俺まで居たたまれなくなってくるよ
ていうか耳が痛くなってくるよ


でもそれで心折れずに美術館でフィーバーしてる海藤うぜえw

ちょっと聞いたらそれっぽいこと言ってるように聞こえるのが腹立つw
こんな内容がスラスラ出てくるのって逆に才能じゃないのかw

とか思ってたら、謀ったな燃堂でややウケw
燃堂もウザかったんだね…


で、何かその落書きが館長に認められてからのテレポートというのが斬新でした
認められちゃったから値がついた感じになるのかと思ったら
明確にいくらってついてないので海藤の落書きと同価値は同価値と

ていうかそうまでして再確認したかったのか斉木よw


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

1ページ目で一発で内容のわかる親切設計

虫歯ネタはギャグマンガではお馴染みの展開ですね
そこに江戸時代という世界観を適当に絡めることで見事なまでにぐだぐだになっています

麻酔って単語もそうですけど、平成とか言っちゃうなよw



巻末は将棋が流行った時の磯兵衛

もちろん強くはないのに、ちょっと入門書読んだだけで強くなった気になっちゃうのが
実に磯兵衛らしい

格言を口にしつつ、海藤のようなそれっぽいことを言いつつ
いつ実際に対局始めるのかと思ったら、横から口挟んでるだけで終わったよw

まあそりゃこんなウザいやつと対局したい奴がいないわなw


僕のヒーローアカデミア

無個性っつって始まった主人公が、早速個性を得ようとしてしまいました

憧れのヒーローの能力が実は他人への継承を前提としたもので
自分の後継に君こそふさわしい…とか何とか

変に覚醒して能力に目覚めたりするよりはまだマシな流れですが
それでも能力持っちゃうのね、という多少のガッカリ感は否めないような


とは言え、ダイジェストも取り入れながらの主人公の非常なる努力は
なかなかの圧巻でした


でもこれで実際に能力持っちゃったら、何を描こうとしたのかがブレるような気もするんですよね

無能力者の主人公がそれでもヒーローを目指して無能力なりに奮闘する姿を描いていこうと
するものかと1話を読んだ時点では思ったのに、2話目で早速の能力獲得が示唆されてしまって
ほんとにそれを達成してしまったようですが…

こうなると主人公がどのくらい強くなったのか、強いのか、を描くのがすごく微妙になるんですよね

実際の話の舞台はどうやら高校になるようですが、これだけ頑張って会得した能力がありながら
最初はバカにされる展開になるか、おだてられて天狗になる展開なのか
どっちにしても微妙ですねえ


ニセコイ

今週は誰のターンでもなく、強いていうなら読者のターンでしょうか

アニメやゲームの情報を掲載していたページに今まで登場していたキャラが
本編にも出てきちゃったメタ的な回

小野寺さんとのメアド交換知っていたのも
鶫との船上デートを知っていたのも
彼女が読者視点だからですね


で、それよりも気になるのがもう文化祭の時期だということですよ
ジュリ寺さんの登場から作中ではもう1年になるんですね

今度はどんな話をやってくれるんでしょうか
また小野寺さん当て馬とかマジでやめろよな

人気投票2冠の女王小野寺さんを今度こそ普通に主役にするんだ、古味先生


食戟のソーマ

美作の料理食って乙女心が出てくる爺さんうぜえw

口では美作のやり口を認めないって言いつつ、出された品は悔しいが美味いとか
それなんて典型的ツンデレ?

おそらくは作者2人とも狙ってやってるんだと思いますが、美作の悪役ぶりと
爺さんの乙女ぶりが絶妙なまでに化学反応を起こして見事な気持ち悪さを醸し出しております

この気持ち悪さはアンケに悪いんじゃないのかと心配になるレベルです


そして読み通り、タクミのほうが後に出す展開になりました
何らか閃きもあったような描写も挟みつつの後出し
法則が適用されるかどうか、見ものです


ワールドトリガー

今週は本部内ではなく外の様子

新型7体が一気に攻めてきたオサム達の前に、助っ人がやってきました
A級隊員3人

これは頼もしい

ただそれでも相手は7体
まあ全部を足止めするのは無理ですな

そこでの策がチカのトリオンを接続したオサムによる狙撃

オサムに関して、ちょっと回想を挟んでの戦術披露っていうパターンが定着というか
繰り返しになってる気がしますけれども、やり過ぎのような感がしてきましたね

前向きに捉えれば、習ったことをオサムが忘れずに実践でしっかり実行しようとしているものと
理解できますが、いちいち思い出してる暇にさっさと動けという感じもしないでもありません

修行と訓練の様子を満足に描けていない、というか充分に描こうとすることは
展開が悪い意味で地味になってしまうためにそれを避けつつも、その実力が
訓練に裏打ちされたものであることを示す描写であることはわかりますが
目につくようになってくるとちょっといけないですね


で、またしても人型が出撃するようです
予告で大ボスなんて書かれてますが…
確かに、それだけの力を持っていそうですね
ツノも黒いみたいですし

こいつがオサムを死に導く奴になるのかな?


HUNTER×HUNTER

今週も吹き出し多いな!

限られた時間で一通り読んで一気に感想書く今の俺のやり方だと
このマンガは毎回情報量が多すぎて全部を把握するのが難しいじゃねーか…


クラピカの頭の良さは前から描写がありましたが、今ではさらにそれに磨きがかかってるようです
嘘発見器よりも精度の高い人を見抜く目
あるいは格下相手なら100%わかるのかもしれませんね

でも気になったのは、各々の役割が紹介されている時のクラピカの肩書ですよ
ノストラードの若頭…ってまだそこにいたのか?

緋の目を取り戻すのに、標的がいる組織に取り入っては利用して
目を奪えたら潰してきたもんだとばかり思ってたんですが

ノストラードって最初の組織じゃんよ
「マフィアの娘」以降たくさんいた標的たちは、ノストラード所属のまま
コレクションを奪ってきたってことなのか?


ジンの方もまだまだきな臭さが抜けないようで
終わった、なんてあっさり言われちゃう程度の軽さになっちゃったハンター試験…
インフレというわけではないのに、何か寂しい感じがするのである

ジンに出てけと行ったらジンだけじゃなく
せっかく本気で遊べそうと思ってたパリストンまで怒りました

対立してる2人の共闘は盛り上がるはずなんですけど、この2人だと違う意味で安心感が微塵もない…
共闘どころか2人のケンカに相手が勝手に巻き込まれてやられてる、みたいな感じになりそうな


ILLEGAL RARE

主人公の宿敵に拐われたナズナがマジヒロイン

大切なものたちを奪い返すことだ、というセリフはもっと後に出したかっらセリフなんでしょうね

狙い通りだろう、と言うアクセルは捻くれ系主人公のような感じでしたが
最初から彼は奪われた「片割れ」を取り戻すことを目的に動いていました

でも演出の一環として捻くれ系のような雰囲気を少し出したのは
もちろん次のセリフを強調するためのものですが、それに深みを持たせるほどの描写が
まだ重ねられていなかったのが残念なところです

こんなところで回想に入っちゃうとすれば、いよいよダメなのでしょうね


ステルス交境曲

ジグは普通に死んでしまいました

そんでさらに明らかになる新事実…
なんですけどもう全然頭がついていけてない

一番キャラ立ってて一番覚えたのがスライスという皮肉
アリスはもうちょっとヒロインらしく出来たと思うんですけどねえ
強さと弱さがどっちも中途半端なままになっちゃいましたね

群像劇としての期待もあったみたいですが、その複雑性というか関係性というか
掘り下げ方がジャンプに合わなかったんですかね

世界観は充分深さを持っていましたし、キャラもまた1人1人はちゃんと作られていたように思えますが
その深さの発露というか絡み方がうまいこといかなかった印象です

作劇の問題なのか、ジャンプに合わなかったのか
少し前の某東京サッカー漫画のような普通のクソ漫画とは全く違いますが
これもまた、なるべくしてなってしまった打ち切りのように思えます

ともあれ、成田先生天野先生お疲れ様でした


 




COMMENT▼

No Subject

火の丸。ここで来るのか突き押し相撲!熱いですねぇ!!
この国宝対決の後、どう持って行くかが長期連載の分かれ目となりそうですね。
このペースで行くと早々に終わるし、ペースダウンが大きいと読者離れが起きるでしょう。
その中ほどのペースに切り替え出来れば看板作品になれるのではないでしょうか?
期待大です。

今週はこれだけ。他は他愛ないコメントしか思い浮かばないくらい今週は手応えなし。
あ、一個だけ…
タイトル通りジャンプ誌から「揉み消されて」下さい。

No Subject

>物足りない感
まぁ吹奏楽部も移籍しましたからね。
アプリも。。。

>ステルス
rexelさんのレビュー読んで思ったんですが。
これもなんか、月刊とかチャンピオンとかならもっと・・・。
って思ったり思わなかったり(^_^;)


>ラグエルさん
え、「もみ消す」ってどれですか(°Д°;==;°Д°)

某妄想屋さんへ

目次では「それいけ」ですが本編でそれいけ→とびちれ→もみけせと変遷してるんですよ。
編集部はコレのどこに大衆を惹き付ける要素があると思ったのか…

No Subject

融合くんは発想だけで終わっていて、肝心の融合ネタが下手すぎて面白くもなんともないですね(-_-;)
歴代のジャンGの投稿戦士達の方がまだもっと面白いネタを提供出来そうな気がします(>_<)
ニセコイは今回どう見て千棘回ですが(^-^;
最後本心告白してるし。

消え去れ融合くん(iya)

あっちこっちで言われてますね、紙面の無駄だとか載せずに安く売れだとかetc…
私は漫画を嫌う事はありません。ですがこれは漫画とは到底認められません。
落書きとしてでも認めたくないレベル。それくらい救い様が無い何かです。
もし次にこの輩が同じ様な何かを載せてきたなら編集部に抗議メール送ります。
進歩してるのならしませんが、その可能性は限りなくゼロでしょうねきっと。

No Subject

なるほど、融合君でしたか。
気付かなかった・・・(^^;

僕もなんか、受け付けませんorz
基本雑食なんですが・・・受け付けません(重要なのでry

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/773-ee196fc4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター