社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

信じて望んだその先にあるもの… 今週のジャンプヒロインズベストショット集!

今週のジャンプヒロインズベストショット集!


さあさあ

今週もやってきましたベストショット集


今回のエントリーカットは5枚

しかし、登場するヒロインとしては若干の偏りが出てしまいました

仕方ないですね
毎週やってるんですからまあこういうこともあるでしょう

今週はヒロインズの活躍がちょっと控えめだったということですね


それでは前置きはこんなもんで

1枚目から見ていきましょう


こちらです!























































2014年WJ28_4

凛とした調理姿を見せる秘書子ちゃんです

失礼、緋沙子ちゃんです



たぶんこれは入ってくるだろうと予想した人は多いでしょう
ご期待に沿ったつもりでもありませんが、しっかり入れてみました

これだけの表情を描かれたら、そりゃあエントリーせざるを得ないですよね


おそらくこのシーン
原作の附田先生はtosh先生に相当頑張ってもらうようにお願いしたのではないでしょうか

というのも、緋沙子ちゃんについては「見た目だけなら作中トップクラスの正統派美少女」だと
附田先生が思っていることがコミックス7巻で明かされていました

そんな彼女が、凛とした姿を見せるこのシーン


見開きまで使って、出来る限り印象的に仕上げてもらうように頼んだのではないかと











2014年WJ28_5

だからさらにこんなシーンまでネームに入れて




ただしこの緋沙子ちゃんのクールなシーン

もう1つの意味を深読みするならば、スッポンを直接殺す場面をどうしても入れたかったのではないでしょうか


料理をテーマとする作品であるこのマンガ
そこにはもちろん肉も魚も材料として普通に登場することになります
しかし、それらは元は命ある生き物だったという事実

そんな当たり前のことをあえて描くために、スッポンという素材を持ってきて
調理においてその生命を奪って材料とするという展開をとった

ただ、そこでキャラの誰かに道徳の授業のような解説をさせても面白くありませんし
また読者も白けてしまうので、凛として冷たく静かな緋沙子ちゃんの姿を描くことによって
そんなつまらなくするような印象を緩和しようとした…と

心ある人ならば、緋沙子ちゃんの印象だけに注目せずに
そうしたところまで感じてくれるのではないか…

そんな意図があるのかもしれません



あるいは順番が逆の可能性もありますけれども

つまり、凛とした様子の緋沙子ちゃんに、さらにそれらしい雰囲気を纏わせるために
血に塗れるという演出を使おうとした
そのために、生きた食材をその場で調理させることでわずかにな返り血を浴びさせて
血に染まりながら凛と鋭いオーラを醸し出す姿を描こうとした…とか


どんな狙いがあるのかは作者にしかわかりませんが、その結果生まれたこのカットには
なかなかの労力と意図があるとすれば実に重要なものと言うことができるでしょう





続いてのカットはこちら!























































2014年WJ28_3

とうとう自ら星合先輩に助けを求めた管崎先輩です

いや、演奏中に叫ぶわけにもいかないので
これは心の叫び、魂の叫びであるわけですが

鎖に囚われながら、おそらく初めて血と涙以外のものを出したのだろう管崎先輩

助けを求める声と、そのための勇気


鎖に捕まり、血にまみれて、それでも前を向こうとして助けを乞う姿の何と美しいことでしょうか

これがあるからこそ、次の星合先輩の表情がよりグッと来るんですよね







































2014年WJ28_2

嬉しげな瞳とともに放たれた「バカ!」のメッセージ
それは星合先輩がずっとずっと待っていたものでした


このカットの巧妙なところは、マウスピースからはみ出た口なんですよ

以前の次点ショット集で触れたことがありますが、金管楽器アンサンブルの本番中に
演奏の霊圧を上げた音羽先輩に対して、ちょっと本気になった彼ら4人が描かれた時のことを思い出しましたね
その時、星合先輩の様子を次点ショットの中にエントリーしながらも
マウスピースの横から見える口がちょっと…という気持ちになったことがあったのです

しかし今回のこのカットの場合は、横から口が見えなければ明らかにおかしいんですね

なぜなら、これは嬉しくてたまらない表情だから

中途半端な優しさであることに気づかずに、ただひたすら「自分がどうにかしようとする」ことばかり
考えていた星合先輩が、神峰の指揮によって気持ちに変化を生みました

何でもやってあげて解決してやろうとするのではなく、ただ寄り添って
本当に必要な時に手を差し伸べる存在であろう、と

そう気づいた瞬間に訪れた「その時」

中途半端だった今までも、勇気を出して本気になれた今でも
ずっと待っていた「その時」

管崎先輩が自分の助けを必要とした時が、ついに星合先輩に訪れたのです


だから彼女は嬉しくなりました

そして、使命感に燃えました


その表情は、もちろん口元を広げた形となり
マウスピースの横から見えてしまうようになったのです

演奏時の吹く口と、その時の心情がもたらす表情とを自然に重ね合わせた巧妙なカットといえるでしょう





この「舞う桜編」
星合先輩と管崎先輩の本格同時攻略が始まって以来
どうしてもベストショット集に数えたくなってしまうカットが次々出てきております

しかし、それらの多くはその表情やカットが登場してくるまでの流れや経緯に左右されるもので
単体でこれ!というものはなかなかないのが実情でした

先の2枚も互いに関連する流れの中で、それぞれのカットに意味を見出すことのできるものでしたが
今週の展開の中からさらにあえて選び出そうとするならば、これになるでしょう


























































2014年WJ28_1

ついに扉を開けることに成功し、今まさに管崎先輩を苦しめる鎖に手を伸ばそうとしている星合先輩

その心象の姿




これが今週のベストショットです


ようやく助けを求めてくれた声に打ち震えて、仲間の力も借りてとうとう扉を開くことの出来た星合先輩

やっと親友を助けられるという嬉しさとともに漲る使命感は、躊躇うことなくその手を鎖に誘いました


緊張で強張る腕
色んな感情が混ざり合ってよくわからない涙
けれど、確かな意志の宿る瞳


ここでは、星合先輩の全身に薄くトーンが貼られて、影を作っています

対してこの直後の管崎先輩のカットでは、瞳だけにトーンが貼られず
その表情が強調されることになっています

ならば星合先輩にも瞳だけトーンを外してもよかったんじゃないかと思ったんですが…

これがわざとであるとするなら、ボロボロになった姿を強調するためでしょうか

心象の星合先輩の姿は、大きなマントのような布を全身に纏って
立ち尽くして見据えていた扉の周囲はまるで荒野のようでした

すなわち、砂と土の中でただひたすら扉の開く時を待っていたのであり、
ようやく開いたその時までにどれほどの永さを感じてきたのかを如実に表そうとしたのではないでしょうか

纏うマントはもちろん、顔にも髪の毛にも砂がまとわりついてボロボロ
でもそれよりも大切なものが彼女にはあった

だからその場に留まり続けた


優しさが中途半端だったとしても、管崎先輩を気遣う星合先輩の心は本物だったことを表す
見事な演出です


そしてもう1つ

このカットの特徴として挙げるべきもの


それは、鎖に手を伸ばそうとしている星合先輩の姿がコマの右下寄りに描かれて
左上部分には余白が残されていることです


もちろんこれも、必要な演出の1つであるでしょう


星合先輩を右下寄りに描くことで、ゆっくりと手を伸ばそうとしている様子と
また顎を引いた緊張する心情を同時に表現できるからです

ようやく辿り着いた苦しむ友の元で、その元凶を断ち切ろうとして手を伸ばす姿に
ほんの少しの「間」と「静寂」を感じさせるように仕向けたのが右下寄りの構図であり、左上の余白なのです

そこでのわずかな「静」があるから、伸ばした星合先輩の手が実際に鎖を掴む「動」の瞬間が
この上なく強調される

静と動を実に巧みに使い分けた神海先生渾身の演出といえるでしょう



星合先輩の心情とともに、使命感と到達感さえも醸し出しているこのカットが
今週のベストショットに相応しいものであるでしょう



それでは今回はここまで!



 




COMMENT▼

No Subject

食べる=命を頂く。それはまあ料理人ならば当然の認識ですよね?
つまり、あの場面で血の気引いてる連中は「だからダメなんだ」ってことですw
命を頂くは確かトリコで食儀の時にやってた気がしますし、要れる必要を感じなかった。
だから演出的にも外した方が良いだろうと判断したのかもしれませんね。
にしても1枚目の秘書子、折角のお胸を潰しちゃってませんコレ?勿体無いww

ココ最近のソルキャのピックアップ数。これはもう致し方無いでしょう。
盛り上がってますもの!女の涙は反則ですものっ!←衆目で嘘泣きする小賢しいのも含め。
以前、マウスピースを吹くシーンで疑問を呈した事がありますが、今回で分かりました。
目先の描写に囚われてマウスピースの先にある感情を見ていなかった様です。
この漫画はハイパービジュアルの音楽漫画。見せて魅せることこそ本質でした。
もう最近魅せられっぱなしwww

No Subject

先輩大杉wwwww
いやまぁ妥当っちゃ妥当ですけどw

秘書子と血飛沫は普通に読んで普通にスルーしてましたね(^^;

あと個人的にコメディ系が足りないかなぁ、と。
今回はちょっとシリアスによってる感じですねぇ。

という訳で







ポーラのドヤ顔とつぐみんのコスプレ立ち絵を追加キボン

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/745-625330d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター