社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

ワールドトリガーの雰囲気作りが凄かった2014年週刊少年ジャンプ26号感想

2014年週刊少年ジャンプ26号感想

なんか今週は全体的に勢いがなかったような気がした…


今週のアンケ順
SOUL CATCHER(S)
ニセコイ
斉木楠雄のΨ難


その他
・新連載 火ノ丸相撲
・食戟のソーマ
・ONE PIECE
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・黒子のバスケ
・暗殺教室
・ワールドトリガー
・ILLEGAL RARE
・ステルス交境曲
・i・ショウジョ



SOUL CATCHER(S)

あれ
神峰がどうやって管崎先輩の痛みを和らげようとするのか
黒条見ていかないの?

ついでみたいに刻阪まで黒く染めようとして、しくったらいなくなった?

あっさり黒条のウソを見抜く神峰が頼もしいですね

能力の存在を知っている刻阪までもたやすく染めようとするとか
結構厄介なやつです


管崎先輩を助ける非常措置とはいえ、星合先輩が神峰の指揮で吹いてくれました
神峰の言うとおりにしたら上手くいってしまったことは、星合先輩に何を感じさせたでしょうか


管崎先輩の強がりの拒絶は、いくらか黒条に染められたことも関係しているのかな…

嘆く星合先輩が開けようとしていた扉
その先には共感覚に縛られ苦しむ管崎先輩がいるものだったようです

金井淵先輩は1人で桜の音を完成させようとしている
「止められない」とはこのことを言うんでしょうか

川和先輩は何もしなくなった
「起こせば」何かしてくれるようになるという意味ですかね

では「掴めない」と言われた星合先輩が、とうとう神峰を頼ったことは
神峰が彼女を「掴んだ」と言っていいものでしょうか

以前の予想では星合先輩を「掴む」ことができるのは川和先輩だと思ったんですが
それとも金井淵先輩を「止める」ために、星合先輩とはさらに深く繋がる必要があるのでしょうか…?


しかし、先日のLINE電話といい、時折挟まれる谺先生絡みの伏線シーンは
唐突過ぎて不自然すぎてリズム悪いな


ニセコイ

小野寺さん回だったので2位です
それ以上でも以下でもない

1位がソルキャなのは今一番盛り上がってるからですね


小野寺さんが進路を考える話

先週の面談を受けて、将来のことを意識し始めたようです

え、そんなのお嫁さんに決まってるんじゃないんですか小野寺さん
家業を継ぐというのではなく、嫁というのが進路だと考えるとしっくり来るんじゃないですか


…というのはまあ置いといて

最初にるりちゃんに相談して、みんなにも聞いてみようってことで
いつものごとくレギュラー陣を回って見る展開に


マリーがハブられた…
なんでだろう、何か理由があんのかな

それとも単にページの都合か


鶫はプレゼンの才能もあったのかw
あれだけの内容をすぐさま纏め上げるとか
それ暗殺者に必要な資質なのか?


いつか楽に教えた秘密の場所で、楽に遭遇しちゃった小野寺さん

楽もちょいちょい行ってたのかw
好きな女の子から秘密の場所って教えられたんですからそりゃ行くわな

悩みまくってる時にちょうど会えるなんて、教えておいてよかったとか思っちゃう
小野寺さんが実にいじらしい…


展開の構造としては、いつかのダイエット回と同じですね
1人悩む小野寺さんがすったもんだした結果、最後には楽が答えを出してくれるという

だからますます小野寺さんは楽に惹かれて
ますますかわいい顔を見せてくれる

全くもって鉄板の回ですな
…のはずなんですが、そこまで盛り上がった気がしないのは何故でしょう。

花嫁修業を始めようと思った小野寺さん
とりあえず料理から…と思うのはいいんですけど、頑張ってください
頑張るのは主にママ寺さんと春ちゃんなんでしょうけども


斉木楠雄のΨ難

先週に引き続き3位
ずっと気になっていたあのことが明かされたからですね


そうです

ずっと前に、斉木とプリクラを撮った照橋さんのその後のリアクションですよ

100点満点の笑顔で家に帰ってきたとか…
もう何だよちくしょうめ

とりあえずプリクラどこに貼ってるのかをだな

携帯か?
手帳か?


あ、100話はおめでとうございます

冒頭「100円を見てるとなにか思い出しそうに…」ってところで
空助のことが頭によぎったのは俺だけではないはず

それを見事にスカして理不尽なギャグ回にしちゃったのは
何でもありのこのマンガらしいですね

でも扉も最後に持ってくるとか
そんな演出するマンガじゃないだろw


新連載 火ノ丸相撲 川田

読み切りで何度か登場していましたが
連載になっちゃいました

ジャンプ漫画としてもスポーツ漫画としても移植の相撲マンガです

今まで2回読切になってますね
1回目はジャンプNEXT2013年春号
2回目は2013年本誌第39号


とりあえず表紙が…
主人公の火ノ丸はいいんですけど、横の小関は表紙に出てきていい奴じゃないだろw

ちょっと頼りないけど大事なものを守ろうとする確かな意思はある先輩、というのは
作劇において必然性のあるキャラ設定なんですが
そいつを表紙に登場させちゃったら、普通にショボそうな奴にしか見えないという

目を引くための表紙ではちょっとよろくしなかったような


内容は、読み切りをさらに手直ししたものですね
学校名や悪役となる不良の名前も変わっておらず、基本的なところは
ほんとにそのままです

ランキング制度の設定がなくなってたのはよかったですがw


それともう1つ違いとして、ヒロイン役が登場してきませんでしたね

おそらくはあえてなのでしょう


相撲という男同士のゴツゴツしたぶつかり合いを描こうとするのに
ヒロインの存在はちょっと印象においてノイズになりかねないという判断でしょうか

ただ少年マンガとしてはヒロインを登場させないわけにはいきませんから
1話目においてはその存在を匂わすだけにしたと



荒々しい絵柄は、相撲という一見むさ苦しいテーマを描くのに合っています
主人公火ノ丸の一本気で真っ直ぐな性格は、そのむさ苦しさをいくらか中和して
全体の雰囲気の中で主人公に目を向けさせることに成功しています

1話としては非常に良い出来だったといえるでしょう
それだけ読み切りの完成度が高かったということでもあるんですが

ただ過去2回の読切を知っている立場からすれば、今ひとつというか
物足りない割に冗長だったのも確かで

魅せ方は結局変わってないもんなー
そこが気になるといえば気になるところです

おそらく2話目でヒロインが登場してくるかな?
そんで3話目あたりでは新たな部員か練習試合とかが出てくるのが通常のジャンプスポーツものの流れですが
テーマがテーマだけに、そんな普通のパターンで行けるのかどうかは読めないですね


食戟のソーマ

ええー…

なんて残念なことを


田所さんの料理もしっかり描いて、田所さんの闘志も強調してくれたのはよかったんですが
そこでのリアクションイメージが…
ジョジョて…


ちょっとインパクト重視でふざけましたね附田先生
黒木場のイメージに合わせて田所さんも不良少女で登場してきたまではいいとして

そこで田所さんに殴り合いさせるのがアレだったからって
スタンドにやらせるとか…

ジョジョパクリはそれだけで見れば面白いですけど
今回の流れではよくなかったな

イメージの主軸が黒木場に寄りすぎなんですよね
何というか、黒木場のねじ伏せるイメージに合わせて田所さんを登場させて
でも殴りあいさせられないからスタンドで…って苦肉の策をとったという

それよりも田所さんは田所さんとして、田所さんらしいイメージ図で
それこそおはだけした着物を着せてやるような感じにした上で
そんな佇まいの田所さんの前に不良な黒木場が現れてくるという構図で
対立を示してもよかったんじゃないかと


…と、思ってしまうのは田所さんの料理の質をホスピタリティに限定しすぎているんですかね

今回の田所さんの料理は心遣いではなく、黒木場に勝負を挑むものでした
つまり、料理を向けた相手は審査員ではなく対戦相手なのです

だから互いに互いの品を口にした


初めから相手を屈服させるために料理をつくる黒木場と
仲間を侮辱した黒木場に敵と認識した田所さん

これまでの流れを踏まえれば、互いのベクトルがぶつかるのは当然の流れで


そこで、ガチンコの勝負のイメージとしてスタンドの殴り合いという形をとったのなら
まあ納得できるような感じではあります

上品な田所さんのイメージも見たかったですが


で、こうなると勝敗の予想がまたわかんなくなるんですよねー


ONE PIECE

おれのおんがえしってまた何だそれw
とか思ったら

我の強い奴らが全員恩を返すってことに固執して恩人をクソ呼ばわりするなんていう
わけわからん展開にw

何だこいつらww
聞けよ話をw



しかし、これはこれでうまいことルフィたちの味方を増やしましたね
仲間ではなく味方というのが絶妙というかなんというか

白ひげみたいに「傘下の海賊」がルフィたちにできるんじゃないかという予想がありますが
ますます真実味を帯びてきましたよこれは


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

北斎死亡

このマンガの死者は全然それっぽくないなw
宮本武蔵もそうでしたけど、普通に幽霊になんのな

そういう奴らが集まって百物語に現れてるのか…

たぶん仲間先生そんなこと気にしてないと思いますが


でも孫に乗り移るなよw
10年って結構大きいよ?


そして磯兵衛の前に現れる北斎 in ようじょ

ワシじゃよ…!ってドヤ顔がようじょにしてはひどいw
証明するのに即興で春画描いちゃうあたりもひどいw
当然のように看板娘ちゃんに見つかって軽蔑される磯兵衛は普通w

なんか知らんけどもらい泣きしてくれるくらい純粋な看板娘ちゃんですから
そりゃあ軽蔑するよね



2話目は磯兵衛を持ち上げる子どもたち…

磯兵衛が調子こく回ですね

表現と相手がどんどんエスカレートしていくのがもうなんというかw

そして最終的に大八が出てくるのが新鮮w
あいつそんな強いやつだったのか…

ときに、「寝相が」って言いながら動いていくのは間違いなく起きてるよねw



しかし、巻末コメで尾田先生と呼び捨てあってるのは何なのだろうか…


黒子のバスケ

赤司ゾーン入りに劣勢になる誠凛

青峰の言う2つ目の扉を火神も認識しているようです
その扉の前にいる誰かをどうにかしなければ、先に行けない

困ってるところで黒子がまた変なことを言い出しました

火神に協力して、天帝の眼の代わりになる

確かに、視線誘導に長けた黒子は観察眼にも優れているとのキャラでしたけど
そんなことができるんでしょうか


…これが2つ目の扉の開け方というのなら、扉の前にいる誰かは
倒すべき相手ではなく、力を借りて一緒に扉を押す相手ということなんでしょうか


暗殺教室

シッチャカメッチャカにかき乱して、不利を跳ね返そうとするE組

渚の独白の通り、読者だけでなく観客たちも「その勝ち方」に興味を集めているようです

あるいはこれが、理事長の教育に対する回答に繋がるのかもしれませんね


すなわち、どっちのほうが面白いかと

ガチガチに安全策で固めたり、ふるい落とす授業よりも
面白いほうが身につくし、支持も得られる、みたいな


他クラスの見方が変わってきたというのは
理事長にとっては結構な脅威のはずです

この次は理事長が動く展開になりそうですね

あるいは浅野くんがE組落ちするか?


ワールドトリガー

不確定な未来があっちにゆらゆらこっちにふわふわ
揺蕩って不安定

そんな漠然とした印象をよくもまあこれだけわかりやすく感じさせてくれるものです


が、それは状況がまだまだ気を抜けないことを意味していて

どんどん市街地に近づいてしまって、戦いにくくなってるようです
小南先輩が動きましたが、彼女ってトリオン効率度外視の戦い方をするんだよな
時間稼ぎされてたならもうすぐトリオン切れとかの可能性は…


そして本部に侵入してきた黒トリガー

これは忍田さんが出るフラグか…?


ILLEGAL RARE

・なんか見事に空気と化してきているような
・友人だって言うあいつが全然おもしろいキャラじゃない…
・「教養ある女性」でさっそくミラが浮かんできたのは俺だけか
・結局アクセルは何のためにこいつに会いに来たんだ?
・有益な情報を聞きに来たでもなければ、何か貰いに来たわけでもなく
・ただ昔なじみに会って元気になろうとしただけか?


ステルス交境曲

アリスに一気に話の焦点を絞りました
読み切りで触れられていた部分をナレーションで手短に説明して
この辺は読みきり読んでない人への配慮としてめんどくさいところですね

一応説明にはなってるんですけど、やはり読んでもらってたほうが
ちゃんと感情とともに理解できるはずですし


アリスが持ってるマンションに住むことになったジグ


「アリスさんはいい人ですから」って言ってる時の顔が
先週「ああいう大きいやつにはもう慣れたから」って言ってる時と同じ顔ですね

これはわざとだろうなー


先週「ジグの闇」を演出したのと同じ表情と構図で
今度は何かいいことを言わせるという


結局どっちがどっちなのかわからなくさせる良い手法です


で、アリスを狙う奴も登場してきてクライマックス感さえ出てきましたが
ほんとに終わんのか?


i・ショウジョ

順位が…ヤバイな

オムニバス形式の短所が出てしまってますね
次々にメインキャラが入れ替わってしまうことで
全然深くならないという…

主役になる2人が、それまでほとんど出てきてないキャラだから余計なんですよね
別のキャラのシリーズ中に、伏線としてだけでも存在と、好きな人を匂わせておけば
そいつを主役にするときに読者が受け入れやすくなるのに…


そしてまたしてもアプリ使うのは男側でした
透明化アプリとはまた定番といえば定番なんですけど

アプリの使い方もワンパターンになってますね

キャラに入り込めないせいで、読者を引きつけるのが結局アプリのエロい使い方になってます
最初はそれでもよかったんでしょうけど、それなりに話数も重ねてきたここに至っては
単純なエロ展開ではウケが悪くなるのは当然の流れ

アイビスの超解釈?もそれに拍車をかけてますよね
ストーリーとして結局は落ち着くところに落ち着くんだろうと思っていても
本人が否定しているのにそれを強引に本音と解釈してるのが
話の不自然さを増す結果になっています

ちょっといけないですねコレは



 




COMMENT▼

No Subject

ソルキャ。黒条が攻略のきっかけになりましたね。
今後の展開としては攻略後に黒条が神峰に牙を向く感じになるでしょうか?
「共感覚バレ」
でっかい闇を生みそうだな黒条が…

ソーマ。田所さんを食べたいです…
間違えました、田所さんの作った「こずゆ鶏醤油ラーメン」を食べてみたいです。
これまでの中で一番食指を動かされました。どっかで売り出さないかな…
でもジョジョネタは作品として本当によろしくない!

アイビスがアホ化してきてますね。掲載位置や展開のマンネリ化…まずい感じです。

なんというか…これまでで一番コメント書き難い号でした。

No Subject

正にそのホスピタリティという「本分を見失った故に」田所さんが敗北する、
という展開ではないかとこちらの感想を読んで思いました。

No Subject

今週は性犯罪者の玉袋の漫画の位置が低くて嬉しかったですw
このまま終わって欲しいんですが来週記念巻頭なのが残念
こういう性犯罪犯したくせにのうのうと少年誌で連載しているアホは許せません

No Subject

ソルキャ

菅崎が共感覚に苦しめられているということ
ここを見ると少し前まで自分の目に苦しめられていた神峰とも近い感じがしますね
というか今まで攻略してきたメンバーたちもどこか昔の神峰と同じような苦しみや行動が似てるところがありますけどね

ただ菅崎の苦しみの理由は共感覚そのものだけじゃなく兄のもってた共感覚を自分が奪ったのではって思いこんでるってのもありそうで

星合の話からすると川和は虚無って感じのイメージが強くなっている気がしますね

そして星合自身自分たち4人の絆に亀裂が入っているんじゃないかって感じ取っているのかもしれないです
彼女は必死で其れを修復しようとしていたのかなあとも

神峰に関わるなとはいってたが実は心のどこかで神峰に期待しているところもあったのかもという気がしてきます
投票の時にダメな理由を指摘してたってのはやはり重要だと思うし
そして星合が認めることで川和にも変化があるかも
つかめないといってたのにつかめたってことで

ニセコイ
今回ある意味青春時代や学生らしい悩みってのを見せてくれた感じですね
小野寺さんは登場人物の中で一番普通ってこともあってよりリアルにも感じますね

あと万里花に相談しなかったのは多分まともな答えが得られなさそうだからかな
それ以前にこの2人の組み合わせってのがあまり想像できないですが

新連載
相撲に限らず個人技のスポーツってのはあまりジャンプで受ける気がしないんですよね
ただ見た感じは正統派の少年漫画だと感じてます

ソーマ
今回の対決は本当に予想がつかないですね
ギャップという点では田所ちゃんのラーメンが上かもしれませんが

スケバンの演出は前回の表紙そのものって感じですが
ジョジョネタは確かに衝撃だったかも

暗殺教室
球技大会の時はE組が勝っても誰も興味なかった感じでしたが
期末テストでもいい結果を出したことで少しずつ見る目が変わってきたってことなのかな

ただそれだけじゃなく人ってのはジャイアントキリングとかには燃えるものなんですよね
弱者が強者を倒すとかいうのに

もしもA組が勝ったとしてもほとんど誰も喜びはしない気がしてきますね
まあここは負けてはならないのだが
今後少しずつE組を応援してくれる人も増えていくのだろうか

No Subject

>ソーマ
え、ジョジョネタ僕は笑いましたけどw
滾りましたけどw
そう来たか!
ていうw
勝敗が楽しみ(´ー`)y-~~

>吸血鬼さん
黒ってそう言う意味か。
減色混合ですね。
全ての色を混ぜると黒くなる。
しかし雑種とは(^^;
じゃあブラウンも雑種か。

>ニセコイ
ベストショットは小野寺さんかな?(ニヤリ
そうですね、将来はお嫁さんしかないですねw
もう押し倒してしまえ(暴論)

>吹奏楽部
桜の匂いか・・・・再現できるかなぁ(^^;

>黒子
扉の前に居るのは自分自身な気がする。

No Subject

斉木は事前に100にまつわる言葉がたくさん出てくると知ったので、最初に思い付いた「百済」という言葉が出てくると思ってましたが、出てこなかったので勝手に勝ったと思っていますww「百済ねぇ」「その駄洒落のがくだらないけどな」とかの掛け合いとかww後は「100匹のわんちゃん」「100回目のプロポーズ」 「1つ足りないぞ」とかww

イリーガルレアですが、何かを貰いに行くという発想だったら何もしていない感じですが、何かを与えるという視点で考えれば、自分が元気である事とバンパイアハンターが復活しつつある事を警告として伝えに行ったので行動理由としては充分ではないでしょうか?先の事を考えれば協力も得られそうだし。貰いに行くだけの発想はRPG脳ですよww

No Subject

↑ブルーの安否確認もですね(^-^;
相手を思いやったこんなにも熱い再開なのに何しに行ったんだで一蹴するのはどうかとww

ソーマは田所さんの負けが濃厚な気がします(-_-;)
何故なら最後のページではだけてないんですよね・・・(;_;)

No Subject

>>全くもって鉄板の回ですな

こんな事書いてる癖に後々「いまいちだった」って結局どっちなんですか?w
その場のノリで感想書いてるってこと?読者としてもモヤモヤしてスッキリしないですしはっきり言ってよく分からないです
(ちなみに私はニセコイ好きでも嫌いでもないですがここで「鉄板」と褒めてる癖にあっさり意見を覆したのが「?」だったので書かせてもらいました。)

この感想読んで「あっ、今週のニセコイこの人も面白いと思ってたんや。」って人が
数日後「やっぱいまいちでしたw」って書かれてたら流石にブログとしてはブレすぎだと思いますよ。一意見でした。コロコロ意見が変わり過ぎです。

Re: No Subject

今週号はどうしていつもと違う感じだったんでしょうね。
ラグエルさん

>ソルキャ
今のところ、黒条が全面的に神峰に敵対するような感じになるような予想は持っていないですが…
能力バレの可能性は気になるところですね。

>ソーマ
やはりジョジョネタは唐突過ぎましたよねえ。
リアクションの幅を広げるのに、予選の頃は料理だけでなく調理者にもちなんだものが
描かれていたのが、今回は学ランでそれをやった上にスタンドを出しちゃうというのが突飛でした。

でも少年たちならそんな深く考えずに面白かったんですかね。
だとしたら俺もすっかり汚れたな…

Re: No Subject

げきょさん

それは思いませんでした
なるほど…

勝負前に田所さんが口にしていた「自分の料理を楽しめたら」との言葉。
これがどう転ぶかですね。

Re: No Subject

これはなかなか手厳しい意見をお持ちですね。
ゆうゆさん

当時俺は高校生だったですかね。
逮捕による打ち切りにリアルで遭遇した身としては気持ちはわからんでもないんですが。


であれば、編集部に抗議メールの1通でも送ってみてはいかがでしょうか。

Re: No Subject

これは気合の入ったコメントありがとうございます。
katariさん

>ソルキャ
やっぱり今回は星合先輩を「掴んだ」ことになりますかねえ。
すると前に書いた予想とは少しズレてきたな…

これで川和先輩がどんな反応を見せるかも気になるところです。

管崎先輩の苦悩。
ほんとに共感覚を持て余してるだけか?とは何となくずっとありますね。
もちろん全ての原因は共感覚にあるんでしょうけど、失くした/移ったというのも
確かに関係していそうです。


…ときに、同じ共感覚能力者を連れてくるんじゃだめなのかな?
伊調は無理っぽいにしても、聖月ちゃんなら普通に来てくれそうですけども。
彼女も突然味覚の共感覚が発現した経験を持ってたはずなので、扱い方のコツくらい
伝えられそうなもんですが。

>ニセコイ
確かに、小野寺さんとマリーのツーショットはあまり記憶に無いですね。
片想いを秘めている小野寺さんと、片想いに一直線なマリー。

…あれ、小野寺さんがマリーに食われる展開しか浮かばねえ


>暗殺教室
選別による効率化体制が、どっちが面白そうか、というところで
逆転していきそうですね。

何よりも格下であるべきE組の様子に他クラスが興味を持ち始めたことは
理事長にとっては脅威のはずですし。

思わぬところで理事長の方針に異を唱える感じになっていそうです。
浅野くんがE組落ちとかしたら、逆にますますおかしなことになりますね。

Re: No Subject

某妄想屋さんのように、頭を空っぽにして読める方だと
やはりジョジョネタ楽しめたんですかね。

やはり深読み好きの業か…


>ニセコイ
ベストショットは小野寺さんではありませんでした…
しかし、この2人の実は両想い設定はホントにもどかしいですねえ。

Re: No Subject

RPG脳とは何という正確な表現でしょうか。
だいまおーさん

そうだったのか俺…

情報提供と警告。
安否を心配した再会。

全然思ってもいませんでした…
なんてこったい。

そんなアクセルの心情に思い至らなかったとは、何か椎橋先生に申し訳ない…

Re: No Subject

こちらにもご意見いただきまして、ありがとうございます。
カコさん


これは指摘されるまで気づいていませんでした。
その場のノリで感想書いてるなんてつもりは全くないんですが、これは変ですね。

白状しますと、感想の記事を書いている時
そこまで面白かったとは思ってなかったのに小野寺さん回だったというだけで
そんな表現を使っていたように思います。

作品を心ではなく頭で捉えていた、という感じですかね。
まあ、言い訳ですが。


指摘していただいてありがとうございました。
感想記事の該当部分に少し追記致しました。

No Subject

自分は鉄板という言葉が必ずしも誉め言葉であるとは思えないですね。
鉄板は芸人の持ちネタとして必ず受けるネタという意味で使われる事が多いですが、逆に言えば今までに使ったネタの使い回しという言葉の印象もあって、意外性や新鮮味のないニュアンスもあるような気がするんですよ。
今回のニセコイの場合、ネタとしては鉄板だったのですが、その表現や展開の新鮮味がいまいちということでそういう感想になったのではないでしょうか?

Re: No Subject

別の視点からの見解ありがとうございます。
だいまおーさん

感想を書いていた当時、なぜ「鉄板」との表現を使ったかは覚えていませんが
この単語にそうしたニュアンスがあることは俺も感じます。

小野寺さん回としては、小野寺派的に鉄板だったはずなのに
中身が伴っていなかった。
でも小野寺さん回だったので…という思考回路になったのかな。

そうしたあたりが自分ではっきりしないのは、あんまし良くないかもしれないですね…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/731-f32d598a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター