社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

新キャラの登場が過去最高のラブコメを生んだ…『実は私は』第6巻

実は私は6巻

実は私は 第6巻


ヒロインがみんなしてちょっとだけアホなラブコメの最新巻

前巻では、ラブコメの常識ではありえなかった怒涛の展開を繰り広げてくれたおかげで
よもや終了してしまうのかと本気で心配してしまったりしたんですが


届いたコミックスを読んでみれば、全然そんなことありませんでした


前巻までと全く変わらないノリでのギャグ描写は、物語の勢いが少しも衰えていないことを
まざまざと感じさせてくれましたし

それでいて、前巻の引きをしっかり受けて
ちゃんと「告白」との流れに持って行こうとするシリアスな空気の醸成は
増田先生の見事な構成力を見せつけてくれるものでした


何と言っても、話の中身が過去最高のラブコメ度なんですよ


友達を好きな友達を好きになってしまった自戒と結論
友達と同じ人を好きになってしまった苦悩と葛藤


真剣に悩んで深刻に受け止めて
何とか答えを出そうとしているヒロインたちと

すでに答えの出ている主人公


少年マンガにおけるラブコメとして、ヒロインたちとの関係性が
ハーレム的になってしまうのは仕方のないことなんですが

このマンガが他のそうしたラブコメと違っているのは
主人公が最初から答えを出していることなんですね

つまり、それぞれ人気になっちゃったヒロインたちの間で
あっちにフラフラこっちにフラフラなんてことがないわけです

そしてそれ以上の違い
それは、ヒロインたちが互いに互いを気遣い合って
ともに納得のいく形での結末を迎えようとしていることです

他のラブコメならば、本命はいても「結論」にまでは至っていない主人公が
「どのヒロインを選ぶのか」で葛藤するのが常ですが
この作品の場合、主人公は最初から答えを出していて
そしてヒロインたちは、互いの気持ちに何となく気がつきながら
互いに相手を尊重しつつ主人公と触れ合っていこうとしているのです

中でも最大のラブコメを見せているのは、やはりみかんでしょう

前巻で1度フラれた形となっている彼女は
それでも自分の中の気持ちを諦めず、朝陽の本命に対する気持ちを決して邪魔しない範囲で
自らの好感度も上げておこうとするといういじらしさまで持つようになって


こうした「話のラブコメ度」を一気に引っ張りあげたきっかけとなったのが
4巻から登場した凛であることは間違いないでしょう

登場した時は、新キャラ投入の速さからネタ切れの心配までしてしまいましたが
今となっては全く杞憂だったことがよくわかります
同時に、彼女というキャラが後付の存在ではないことも

凛の見せた未来から、物語はさらなるラブコメへと進んでいくことになり
今巻で過去最高のコメリっぷりを見せてくれることとなりました


それだけに、過去最高のラブコメが展開される今巻の序盤から中盤にかけて
凛が全く登場してこないことが気になって仕方ありません


キャラとしてあれほどの存在感を持ち、出てきた途端に既存キャラたちを引っ掻き回して
関係性の変化を巻き起こすくらいでありながら
メインキャラ達が動揺して葛藤して苦悩していた時には一切姿を見せない

あるいはそれは、意図的なものなのかもしれません

未来人として介入を避けたとか、自分の役目はきっかけを作ることだけとか
そんな理由であえて隠れていたのかもしれません


「告白」に関する一連の流れが終わった直後に普通に登場してくるところからは
そんな妄想が浮かんできます




…とはいえ、前巻で感じた物語終了の予感は全くの的外れだったようで
それが何よりでした


だからってまだまだこのマンガが続いていくなんて安直に考えるのもどうかという気がするので
しっかり読ませてもらうことができるのならいつ終わってしまっても構わない、くらいの気持ちで
いることにしましょう





[タグ] ラブコメ




COMMENT▼

No Subject

急かしてしまって済みません。でも前巻の記事でのコメントで失敗したのが辛かったもので…
返信頂いて、終了したと誤解を生む文面だったのに気付きました。
でもそれを否定したならネタバレになりますし、どうしたもんかなと…
杞憂なら良いのですが、見立て通り誤解されていましたのなら申し訳ありませんでした。

記事の感想に移りますが、今巻の増田先生の構成力は本当に凄いですよね。
実は私も朝陽が決意表明して終了しちゃうの!と不安が募ってました。
ですが蓋を開ければこの展開。不安が逆に読後の満足感を大きく引き上げてくれました。
人気を理解して故意にやったのかどうかは定かではないですが、見事としか言い様ない出来。
結果として朝陽と葉子の距離はちょっと縮まり葉子と渚の仲が凄く縮みました。
余計に結果を出し難くなってしまった気がしますw
まだまだ書き足りませんがこの辺でwww
以下、雑誌分お裾分け。

47話、末アオリ「まさかの二度目(殺る前に殺られる)」
49話、タイトル出現時のアオリ「ちゃわないもん!」

作者の増田英二先生とニセコイの古味直志先生は専門学校の同期なんですね
最近知ってビックリしました
この作品も短編の「透明人間の作り方」面白かったので今注目の作家さんです

No Subject

そう言えば、購入特典の「幽楽町にようこそ」は読まれましたか?
名無しさんはどうでしょう?
私、数ある読切の中でも好きな方なんですよね♪
ラストの「百鬼夜行」は見れるのなら見てみたい光景です。

名無しさんへ

ご存知かも知れませんが…
以前コチラで増田先生と古味先生の卒業作品を紹介した経緯がありますので良ければどうぞ。
下記URLの下から2つ目のコメントです。卒業作品へはコメント欄右下にある「URL」から飛べます。

http://sclpsn.blog.fc2.com/blog-entry-624.html

Re: No Subject

急かしとかは別に気にしてないですよ、ラグエルさん
むしろ、ずっと気にさせてしまって逆に申し訳ないです。

で、実を言えば
終わってしまったとは本気では思ってませんでした。
ラグエルさんのコメントを見て、逆に「続いてるっぽい…?」と思ってました。

言われてみれば終わってしまってるようにも受け取れますが
コメントを見た当時はそうは思わなかったですね。

ただ一抹の不安、というだけの状態というのが一番近い表現になるでしょうか。


それにしても増田先生はやらしいですねえ。
あんな引きをしておいて、こうまで面白く仕上げるとは。
展開を平たく言えば、あの引きからのスカシだったわけですが
それでも納得出来るだけの勢いと感情がありました。

キムチと寝落ちとは段違いです

Re: No Subject

いっけね、忘れてました。
『幽楽町にようこそ』
読ませてもらいました。

まあずいぶんとあっさりした読切でしたね。
おそらくは意図して作られた雰囲気なんだろうと思いますが…

しかし志郎を始め、幽霊たちが全然幽霊らしくなかったのが気になりましたね。
いや、やけに気さくとか、怖さがないとかはいいんですけど
「死んでる人だ」ってのがあんまり感じられなかったというか。

普通に人には触れるし、服は着替えるし
作中での「生きてる人」との違いがわかりにくかったですねえ。

急に現れてみたり、見た目が何年も変わってないところは幽霊っぽいと思いましたが
それだけじゃちょっと弱いような。

それもあえて、なんですかねえ。
必要な部分だと思いましたが。

そんな感じで、若干物足りない感があったのが正直な印象ですね。

Re: タイトルなし

どうもです、名無しさん

そうなんですよ。同期だったらしいのです。
ラグエルさんに教えられて俺もびっくりしましたよ。

掲載誌は違ってますが、お2人は連絡とか取り合ってたりするんですかねえ。

No Subject

良かった、杞憂だったwww

巻を追う毎に作品としての練度が上がっている気がします。
だんだんアホ化していく明里先生。
ますます悪魔度が上がっていく茜。
何気に似合う悪峰くん。
かなり欲しい賃貸物件。
更に最低になってく藍沢兄。
ヒロイン度を上げ面目躍如のメインヒロイン。
しかしそれに足で砂を掛けるが如く上がりまくる渚とみかん。
ちょっとメイン話を描いて下さい、黒峰の妹、鳴。
こんだけ濃い連中相手にポッと出でも存在感ある「あいつら」。
中表紙のお前カッコ良すぎだろ!のドラゴン。

このレベルに来たらもう全身全霊で叫べますね…
「この漫画を知らないのは人生において勿体無い!!」とw

予告というか暴走なのでスルー可w

現在、本誌では8巻収録4話分まで進んでます。次巻7巻は恐らく7月でしょう。
で、この7巻のラスト2話目からコッチ……

これまででも最高潮と思われるギャグ回の連発ですwwww

8巻3話目に当たる話では「このコはもう!このコはもうっ!!」と悶えましたがw

この漫画、留まる事を知らない!ww

No Subject

実は私は、7巻。7/8発売!
密林OKです。逆読みな結果にならない事を祈りますw

表紙は紅本明里教諭。もうアレは標準装備の様ですwww

犠牲はいつも実わたww

記事と関係ない作品のお奨めとかでいつも書く場は実わた記事w

「週間少年ガール」
マガジンスペシャルで連載中の作品。オムニバス形式のラブコメ…というかギャグ漫画?w
事の発端「起」はラブなんですよ。「承転結」が完全にギャグなんですよww
まあ先ずは一読を下記からどうぞ!


http://www.shonenmagazine.com/magasp/shukanshounengirl

そして更なる犠牲w

試し読みが探しても無かったので文だけで紹介。

「からかい上手の高木さん」

甘酸っぱいハートフルラブコメ…ラブストーリー?な漫画です。
先ず高木さんがヤバ可愛い!!!
ストーリーは中学生?の高木さんが隣の席の西片くんをからかうだけの話。
でも!それだけなのに二人の絶妙な距離感が超絶なニヤニヤを生み出します!!ww
これは悩まず買いなさい!それだけ自信を持ってお奨めできる一作です!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/721-c4bd92b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター