社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

食戟のソーマが予想を外しそうな2014年週刊少年ジャンプ24号感想

2014年週刊少年ジャンプ24号感想


今回は合併号明けまで長かった感じだな
そして表紙が綺麗過ぎるんですけど


今週のアンケ順
SOUL CATCHER(S)
磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
斉木楠雄のΨ難



その他
・巻頭カラー 暗殺教室
・黒子のバスケ
・ONE PIECE
・食戟のソーマ
・特別読み切り カミドリ
・ニセコイ
・ILLEGAL RARE
・i・ショウジョ
・ワールドトリガー
・ステルス交境曲
・TOKYO WONDER BOYS



SOUL CATCHER(S)

1周年おめでとうございます神海先生
吹奏楽という自分自身と馴染みの深いテーマで描こうと思った自分らしい作品で
ここまで続けられていることはとっても嬉しいことでしょう

恒例の人気投票もあり
次のNEXTは表紙にもなり
まだまだ安心のようですね


さて本編

金井淵先輩普通に話しだしてくれました
どうでもいいと思ってるからこそ、なんですかね
意地になって何も話してくれないよりも逆に拒絶具合を感じさせつつ
読者には説明となる上手い演出です

でも肝心なところはまだ伏せられていますね
金井淵先輩が隠そうとしているもの
管崎先輩が囚われているもの
5人目がひたすら「いない」とばかり表現されていたことも気になります

単純に死んだとばかり思ってましたがそうでもないのか?

その5人目が匂いの共感覚を持っていたということで間違いはないようですが
桜の音、とやらにたどり着くことを目指して彼らは神峰を拒否していたそうな

弦野のあの時にニヤついていたのは、疑問をぶつけられた神峰を嘲笑っていたのではなく
音を導く指揮者の必要性を理解していない弦野をバカにしていたんですね

彼らは指揮者を誰より必要としている
でも彼らが認める指揮者はただ1人だけで、そいつはもういない

普通に考えると神峰の指揮でも桜の音に近づけることを見せることが一番の解決法なんでしょう
そのためにはそれがどんな音なのかを知らないといけないですね
昔の演奏映像とか残ってるのが手っ取り早いですが

それと、キー・フレーズの関係も今週の説明ではまだわからないですね
「不安定」な金井淵先輩の側にいたほうがいいのが星合先輩であること
星合先輩にその指示を出したのが川和先輩であること、からすると
金井淵先輩を止められるのは星合先輩で
星合先輩を掴めるのは川和先輩だ…って俺の予想はあたってる……のか?
まだわかんないか、これじゃ

SOUL CATCHER(S) 金管陣営攻略の4つのキー・フレーズを考える

で、こんなタイミングで何かやりだす伊調剛健
彼の指導のもとで練習ができるというのでそりゃあ応じないわけがないでしょうが
神峰にもリミットが設定されました

残る4人のパートリーダー
スプリングコンサートが終わるまでに金管陣営に認められなければ
タクトを振れなくなるという背水の陣

1周年を迎えて神海先生もさらに本気を出したようです

さてさて
どう彼らを解きほぐしていくのか、見せてもらいましょう


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

なんという安定感…

やるなら真夏でもよかった感じですけど、こんなアホな百物語があんのかよww

幽霊たち仕事みたいにしてやってきてたのかwwww

このぐだぐだ感が真骨頂というか
何かこのマンガにおける雰囲気の作り方を仲間先生すっかり理解しちゃってるようですね
それさえわかっていれば、どんなネタでも料理できそうです

2話目の大八も相変わらずいいキャラだ…
やはり最強は母上ということで間違いないんですな

いいわー
大好きだわ―このマンガ

そして「婦学三十六景」がめっちゃ見たいんですけど


斉木楠雄のΨ難

照橋さんだーーーー!!

でもメインじゃないーーー!!!


あの我の強い照橋さんが普通にメンバーの1人に甘んじてるとか
ちょっと彼女らしくはないんですが、それも仕方ないでしょう

斉木のサプライズ誕生日パーティーを企画するんですから
誕生日間違ってますけど


1話で「超能力を持っていることによる不幸」の例として
友達からのサプライズに感動することもできない、と言ってた斉木

麻生先生がそれを覚えているのかはわかりませんが、挑戦しようとしてるのがいいですね

斉木と「友達」なレギュラーキャラたち
こんだけアクの強い奴らが集まるんですから、それぞれをしっかり描こうとしたら
全くページが足りません
畢竟照橋さんの描写もあれくらいにならざるを得ないわけなんですね
もったいない話ではあるんですが…

でも今回の一番は海藤ですね
まさかのガチ手紙

おい
感動的すぎるぞ


もうなんかこの普通の友情劇を見せられてしまったので今回3位です
次回も普通にいい話をやりつつ、適度にオチをつけるんでしょうから
ちょっと期待


巻頭カラー 暗殺教室

磯貝くんイケメン過ぎる…
そりゃ茅野さんもあんな顔になるわな

見た目も性格もこんだけ爽やかとなればそりゃあ女子がほっとかないでしょう
今までE組女子にモテてるイメージがなかったのは
雰囲気作りの関係で松井先生があえて描いてこなかったせいかな?

そんな人格者イケメンをたっぷり見せたところで
今度はA組との勝負になるようです

棒倒しでの勝負のために、何か外人部隊とかを用意した浅野くん
上に立つとか指導者とかの話が入ってるところからすると
彼ら外人部隊が浅野のやり方に反発して負ける感じになるんですかね

A組とは竹林の因縁もありますし、そこにも触れつつやって欲しいと思います


黒子のバスケ

ワンピより上に載ってるとか…


赤司ゾーン入り

もう1人の人格ってもしかしてゾーンの時に現れるとかじゃないよな

ゾーントリガーまで自覚して、自らの意志で入った赤司
それが持つ意味は、五将たちへの失望

誰かの力を活用する帝王の方法ではなく、自分の力で戦って勝つということ
見限られたことを悟った実渕の表情が何とも言えません

残ってる伏線は2人目の赤司と、火神のゾーン深化ですかね
これがどうぶつかり合うのか
まだまだ激闘は続きそうです


ONE PIECE

ウソップwww
ドレスローザ内格付けとはいえ、ルフィより高い懸賞金ついちゃったwww
5億wwww

8000人の部下を持つウソップ海賊団マジで結成かwwww

そしてようやくここから本格的にバトルに入っていくようです

そんで、ここでレベッカの話を出してくるのは卑怯だよな
これからしばら幹部たちとのタイマンが続くとなると若干萎える気もありますが
レベッカとキュロスの再会は見たいですもんねえ

状況はゴチャゴチャとなってますが、一番はシリーズヒロインである彼女が救われること
ルフィにそれを語らせたのは話の地面を固める効果に繋がっています

そのおかげで、「さあこっから」感がしっかり出せているんですね
いよいよドレスローザ編も佳境に入ってくるようで、次に色々明かされるのは
どのくらい先かな


食戟のソーマ

黒木場がすっかり悪役状態なんですけど

サブタイ通りの横暴ぶり
回想中でもなかなか好き勝手やってたみたいですが

こんなのを描かれると、彼を側近にしようと思ったアリス嬢の意図と
それに応じた黒木場の感情も気になってきますね

しかし、ゴミ発言はちょっとやり過ぎですかねえ
それを聞く田所さんの表情がいちいち曇ってないのが何とも言えないんですよ

ショックを受けるでもなく嫌悪感を露わにするでもなく
表情自体は割とナチュラル

でも、もちろん彼女は怒ります
そりゃあ今まで自分が支えてきてもらったものを全否定されたも同然なんですから
怒って当然です

黒木場の「料理は相手を屈服させること」という主義も
田所さんの「もてなす料理」と対極にあるもので


こんなことをやっちゃうと、田所さんが勝たないとおかしな感じになってきますね
早速この前の予想が外れる感じになっちゃうのか?

食戟のソーマ 選抜本戦の対戦カードと結果予想を作者の都合的視点から考える


特別読み切り カミドリ

『クロガネ』の池澤春人先生最新作ですね


ゴエモンとか出てきた時にはどうなることかと思いましたが、読みやすかったですねえ


一番の面白さは、クロのキャラクターでしょう
飄々としてつかみ所のない物言いと、
不幸を食いたいから「死なない程度に死ぬほど苦しめる」というダークさ

それが敵側だったらチープな悪役ですが、主人公に憑くから味が出ていますね

そしてそのダークさの的になりながらも決して何も諦めない奴としてゴエモン
誰の思い通りにもなりたくないという捻くれた性格は、確かに組み合わせとしては合っています


ただ、彼については盗賊のようでありながら
さほど頭がキレるような印象を抱かなかったのが残念でしたね

最初の捕まり方がしょぼいというか
話の導入部分なのでそんなにページ掛けられないという事情は分かるんですが

スリの腕には長けてるようですし、捻くれた性格もいいんですが
盗賊としての側面の描写が弱かったかなーと


でも気になったのはそのくらいです

神を集めて回るとかそんな目的があるわけでもないのが逆に話の自由さもあっていいので
これは結構いけるんじゃないかと

ただ主人公のキャラの弱さがちょっと気になったので、アンケは「もう1度読み切りで」としておきました


ニセコイ

表紙に集まってるのは楽と鍵もちのヒロインたちなんですね
鶫ェ…


核心をついた質問への楽の返事は、ごまかすものではなかったですが
特に意味があるものでもありませんでした

…まあしょうがないのか


だけどまだまだ続く羽の攻勢
今回で完全に羽がヒロインとして参戦することになりました

モノローグも描かれないマリーの上位互換的な感じなのは大丈夫なのかな


ILLEGAL RARE

・銀は友情パワーのやせ我慢で何とかなるのかよw
・でもカワサキかっけえ
・戦うべき敵と、これからへの覚悟が明らかになってここまでがプロローグなんでしょうか
・ケガして帰ってきて女2人に心配されて囲まれてるってのは確かに王様っぽいのである


i・ショウジョ

現実で使うアプリじゃねえのかよ!

もはやアプリの域じゃねえ…


何かガッカリだなこれは…
これが応募作のアプリか

募集した中のものとしては無難なものを選んだような感じでもあるんですが
物語の中で使わせるにしてはちょっと冒険だったような
クエストだけに

ぶっちゃけあんまりときめかなかったんですよねえ
何でしょう
自分で理由がよくわからないので、説明できないのがもどかしいんですが


ワールドトリガー

まだまだタメの回
っていうかえらい後ろの方にあるな!
どうしたどうした

ツノ付きを相手にどう戦うか

こういう戦局と作戦をしっかり練るのは作家にとって難しい作業だと思いますが
葦原先生これは結構見事にやってるんじゃないでしょうか

双方の思惑をしっかり描いて、互いに相手の狙いに掛からないように注意しているのが
緊迫感を生んでいます

そして一応の見せ場としての緑川

「勝てると思ってる奴は隙だらけだな」とは、もちろんかつての自分を反省した言葉ですね
良いキャラになったもんだ


ステルス交境曲

褐色巨乳な署長キタコレ
これは期待せざるをえない…!!

しかし今回はすっかり演出にやられました

受け入れられたジグの笑顔とトロマのセリフの爽やかさで今回を締めくくったと思ったら
次のページに真っ黒なシーンが来ちゃうとか

「そして全ては裏返る」って何ぞそれ
ジグの殺人疑惑

普通の作品だと完全なる打ち切りフラグなんですが、このマンガだとどうなんでしょう
群像劇の真骨頂が描かれるのか…?


TOKYO WONDER BOYS

読まなくなったのでここ数週間層も書いてませんでしたが
どうやら順調に打ち切りとなったようなので、今週も読んでないですけど感想をば

いやまあ、最近では珍しいくらいのクソ漫画でしたね

誰1人としてキャラに感情移入できないのが最大の敗因でしょう
主人公からして毎回必ずふざけた言い回しをするおかげで、真剣にサッカーに打ち込んでる気がしない

脇キャラなんかなおさらですね
チームメイトをどんなにすごい奴だと紹介しても、結局リーグ落ち?の危機にあるチームですし
監督までもいちいちふざけた物の言い方をするもんですから
緊張感もワクワク感も爽快感も何もあったもんじゃありません

とにかくキャラがあまりに酷すぎた作品でした
久々の10週打ち切りが完全に納得できるレベルですね

とりあえず両作者お疲れ様でした


 




COMMENT▼

No Subject

赤司ゾーン入り。私的には止めて欲しかった展開でした。
確かに完璧超人にした方が無敵感は出ますが、今度は特色が無くなるんですよね。
見限ったなら徹底してスクリーン役にさせちゃうとか他にもあったはずです。
「ボクが切り込みボクが決める。お前らはそれを阻止させない様に努めろ」
カリスマによって臣下を従えるのが帝王らしいと私は思います。例え暴君に成り果てても。

黒木場負けフラグ立てちゃったwww
なんだろう…田所さんに負けて「俺が負けた?納得できるか!」とかみっともなく騒ぎそう。

カミドリは非常に読み易く流石と云う内容でした。更に腕を上げてきた感じ!
大黒天=貧乏神。割と有名な話ですが、では貧乏神なんてマイナス神がなんでいるか?
福の神は懐を豊かにするが心を貧しくする。貧乏神は懐を貧しくするが心を豊かにする。
私はこの説が大好きだったりします。

I・ショウジョ。あんまり電子機器の分類から外れて欲しくないんですけどね…
ただ、現実世界で二人が意識不明になってるとかあれば今回のは救いがありますかね。
魔法の「アプリ」と銘打ったのなら「アプリ」から外れてはいけない。
アプリゲームを協力してクリアしないと身バレ&実名投稿とか他にも手はあったかなと。
…ちょっとネタ絞って投稿してみようかな…これが続くと危ない気がする…

TWB。珍しく結構な酷評されてますね。まあ全面同意ですけども。
救いは面白味がないだけで面白く出来る余地はあったことです。
次回作に期待します。
あともし関係者が読んでいたなら甲斐谷先生の某野球?漫画を是非お手にしてみて下さい。
全20巻でも主人公のヒール振りが全くブレないので参考になると思います。

No Subject

>浮世絵
あのお化けたちはなんか怖く無いなぁw
そしてやっぱり母上最強かw
磨きが掛かってますなw

>OP
ウソップ大出世wwwwwwwwww
そりゃあね、ドフラミンゴの逆鱗に触れたらそうなりますわな(^^;

>ニセコイ
羽姉さんの2年間の重圧が怖ろしい・・・orz
しかし自由人だなw

>ソーマ
これどうなるか全然予想付きません(^^;

>黒子
うーん、赤司君、もう少し我慢しても良かったんじゃ・・・。

No Subject

今回のソーマで一転して黒木場の強烈な負けフラグが立ちましたね(^-^rexelさんは気付いているかわかりませんが今回のエピソードで黒木場がある人物のキャラクターとかなり似てしまっているんですよね;以前、田所さんが完全な独力ではないにしても食戟で下した事があるあの四宮です(>_<)ここで田所さんが負けたら、今までの田所さんの成長を描いた展開はなんだったんだって雰囲気にまでなっていますね(^-^;

No Subject

SOUL
神峰に5人目のことを指摘された時に注目してしまったのが星合のうろたえている表情ですね
笑ってるとこは見たことありますが冷静と思われてた彼女があんなふうに動揺したのは驚きました

5人目に何があったのか分かりませんが絶対よい別れ方はしてないでしょう
だからあそこまで頑ななのでしょうね
金井淵がそれを知ってるように見えます

黒子
ゾーンの覚醒がもう一つの能力なのかそうではないのかが微妙なところかもしれません
赤司が周りを見限ったなら逆もありえるのだろうか

ソーマ
他の方も言うように合宿の時の四宮との話に似ている気がしますね
それゆえに逆に負けフラグのケースも考えられてしまいます

ただその少し前の予選でも似たような人はいましたけどね
北条っていう田所ちゃんに食ってかかった女子
彼女もリョウに近いところがあったような

Re: No Subject

赤司のゾーン入りについては、ラグエルさんほどには心配してないんですが…
ただ、1人でやるっつってほんとにパスも何もなく
ただ超絶的なドリブルとシュートだけでやっていこうとするのなんら
青峰とさして変わらないのは確かですね。

赤司らしいゾーンの使い方をしてほしいというのは同感です。
「もう1人」の伏線がゾーンの発動に関係するのかどうかも気になっているので
その辺がどうなるかも期待です。

>i・ショウジョ
非現実的なアプリがウリであることはわかりますけど
今回のクエストは正直やりすぎですよね。
応募作の中から選ぶものを間違ったような気さえします。
次回の展開によっては許せるかもしれませんが…

>TWB
酷評以外することがなかったというか。
とにかくどうしようもなかったですね。
それしか言えません。

Re: No Subject

某妄想屋さん

>磯兵衛
幽霊に対する怖くない空気と磯兵衛らしいぐだゆるの空気の醸成が
見事な回でした。
仲間先生ホントに神がかってきてますなあ。

>ニセコイ
なんか少し過去に触れられて、その上で真意が明かされて引き、という流れから
すっかり羽がヒロイン参戦したことは分かるんですが。

実は正直言いまして、羽に対しては俺の中のセンサーが全く反応しておりません
も少し平たく言うと、全然グッと来てない、ってことなんですけども。

なぜなのかはさっぱりわかりません。
が、とにかく全然なのです。

小野寺さんはもちろん、千棘にも鶫にもマリーにも
グッと来ちゃったシーンは今まで何度かありましたが
羽に対しては今のところ皆無です。
どうしてなんでしょう。


…とか言って、次回でベストショット集にエントリーとかしてたら
自分で笑うなw

Re: No Subject

黒木場≒四宮

だいまおーさんのコメント見るまで気づいてませんでした。

確かにそうですねえ。
これはほんとに勝敗がわからなくなってきた…

Re: No Subject

katariさん

>ソルキャ
言われてみれば、星合先輩の様子は尋常じゃないですね。
「掴めない」ことと何か関係あるんでしょうか…

「いない」という言い方ばかりされているところからすると
単に死んじゃったわけでもなさそうですよね。
その辺の事情を4人が全員知っているのか、それとも金井淵先輩だけがすべてを把握しているのか。

何かを隠そうとしていた風景からすると、バレては困る相手がいることになります。
それが果たして誰なのか。
ミステリーというかホラーというか、ちょっと今までとは違う雰囲気になってきましたね。

>ソーマ
北条まで類似してる、となると流石にやり過ぎになるような気がしますが、
まあ確かにそんな感じがしないこともないですね。

しかし田所さんは「俺が俺が」の人とばかり勝負させられて大変だな…

No Subject

> しかし田所さんは「俺が俺が」の人とばかり勝負させられて大変だな…

田所さんと対極なキャラ立てしようとすれば皆そうなりますわな・・・(^-^;

Re: No Subject

そろそろ似てるタイプの相手と勝負してもいいと思うんですけどねえ。


……たとえば

えりな様に対してのホスピタリティが半端ない秘書子ちゃんとか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/719-77926256

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター