社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

磯部磯兵衛物語がさらに面白くなってきた2014年週刊少年ジャンプ22・23合併号感想

2014年週刊少年ジャンプ22・23合併号感想


ハンター再開の告知ページに載ってる原稿がめっさラフ画なんですけど
ネームというより落書きのレベルだろこれ


今週のアンケ順
SOUL CATCHER(S)
磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
ニセコイ


その他
・巻頭カラー ONE PIECE
・食戟のソーマ
・暗殺教室
・黒子のバスケ
・斉木楠雄のΨ難
・ワールドトリガー
・i・ショウジョ
・ステルス交境曲
・ILLEGAL RARE
・BLEACH


アンケート裏面

最近のジャンプについての項目だったので、ちょっくら

毎週楽しみにしている作品:SOUL CATCHER(S)、食戟のソーマ、ワールドトリガー
絵が好きな作品:食戟のソーマ、ワールドトリガー、ニセコイ
ストーリーが好きな作品:SOUL CATCHER(S)、ワールドトリガー、ハイキュー!!
ストーリーは好きだが絵柄が好きではない作品:なし
絵柄は好きだがストーリーが好きではない作品:TOKYO WONDER BOYS
最近面白くなってきた作品:食戟のソーマ、ワールドトリガー、磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
最近読まなくなってきた作品:TOKYO WONDER BOYS
最近周囲で話題になる作品:SOUL CATCHER(S)、ニセコイ

こんな感じで書きました

もちろん最近のジャンプは、面白くなってきた、ということで


周囲で話題になる、の周囲ってのは俺の場合主にネット界隈で、ですかね
特にTwitterとかで俺の考察をRTとかしてもらったりするのを指してます

TOKYO WONDER BOYSはもう…何というか
絵柄は綺麗でいいはずなんですけど、話がね…キャラがね…

逆に絵柄が好きじゃないというのは今のところないですねえ


部活の項目はまあアレがアレなんでなしでw


SOUL CATCHER(S)

おお
4人が気にしている事情の影には、本当にもう1人
5人目の誰かがいるようです

その人マジで死んでそうな予感…


金井淵先輩の口から「お前に」と来たもんですから
先週に引き続いて、管崎先輩について何か言ってくれるのかと思ったら
先週書いた俺の予想が当たってるのか当たってないのかいきなり判明しちゃうのかと思ったら


言う事は

何もない


でした

まさかのセリフ…


確かに、あれだけ神峰を拒絶してきた金井淵先輩が
何かヒントになるようなことを言うのは不自然といえば不自然なので
この拒絶のセリフもしっくり来るものではあるんですが

しかしこうなると、金井淵先輩が管崎先輩について何か言うのは全くありえないか
または攻略の終盤になってつい言っちゃうみたいな感じのような気がしてきましたね


そして神峰が気づいた1つの真実

彼らは、神峰を否定しても指揮者を否定したことはない

以前にその辺りのことを考察したことがありましたけど
どうやらちょっとかすっていたみたいですかね

SOUL CATCHER(S) 神峰は未だ指揮者として必要とされてはいない現実を考える

そうすると、彼らが神峰に反発している理由は
彼らが理想としている「もう1人の誰か」と神峰が似ている、または
似てきているからと考えられるでしょうか

そしておそらく、共感覚を持っていたのは彼らではなくその人なのでしょう
これまで登場してきた色聴や味覚聴の共感覚は、どちらも演奏者の立場でしたが
嗅覚?の共感覚を持つと考えられるその人は、指揮者だった

心の風景を見る神峰の能力が共感覚とは思えないですが、そうした「特別な力」を使った指揮者の元で
彼らは非常にいい演奏をしていた
これが、演藤さやかを感動させた演奏なのでしょう

しかし、何かの理由でその人を失ったために
彼らはその演奏を実現できなくなったものの、自分たちだけで再現できないかと挑戦している…
とか


ついに少しだけ核心に触れた神峰
とすれば、今度はそのもう1人について知ることが必要です
演藤をツテにして中学時代を知る人に会いに行ったりするのかな?


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

この絵柄で大原部長は逆に似合ってるな…>コラボマンガ

先週のフィット感に続いて、5月病に大満足のあまりアンケ2位
自分でも高過ぎるような気がするんですが、別にいいやw

いつもぐだぐだの磯兵衛に、5月病のなんと似合うことでしょう
刀までぐにゃっとなってまるでゆるキャラのよう

そして医者の治療法も最高でした
6月と思わせたらそれでいいのかよwwwww

アホだwwwアホ過ぎるwwwww


ニセコイ

コラボマンガはあれですね
古味先生タッチの神楽が何かかわいかった
それだけで満足できる俺ガイル


ノリは先週とほとんど変わってないんですけど
ラストの引きに唸ってしまったのでアンケ3位とかに書いちゃいました

何か本当に全部知ってる、というか覚えてそうな感じなんですが

「それを明かしたら、あなたはその人を好きになるの?」


物語の核心を突く重大な問いかけですよこれは

今までも何度もあった約束の女の子設定に触れるシーン
その度に楽は「でも今俺が好きなのは小野寺で…」と思い直したりしていました

とは言ってもやっぱり気になる昔の約束の相手
しかしそれを知ってしまうことは、1つの決断を迫られることを意味します

優柔不断がウリのラブコメの主人公にそれは酷な話ですね

あるいは、マリーが何も語らないのも同じ理由かもしれません
マリーもまた今判明している以上のことを知っていそうな素振りがありますが
それでも何も言わないのは、楽が今好きな人が自分ではないことを感じているから

約束の相手が自分だろうと自分ではなかろうと
それを今伝えても、何にもならないことを理解している…
だから何も語らないのかもしれません


これはなかなかに物語の深みに踏み込んだ引きをしましたね
これでまた次回キムチみたいなことにはさすがにならないでしょうが、
楽の返事は話の行方に関わる大事なものとなりそうです


巻頭カラー ONE PIECE

鳥カゴめっさエグいな!!

何をどうすることなのかと思ったら…


イトイトの能力を国中に張り巡らせて、国民全員で強制バトルロワイヤルとか
いやいやそれはひどいだろ…

ページのめくりで現れる「別に恐怖で支配してもよかったんだ」というセリフの
何と静かなことでしょう

完全に嵐の前の静けさです

恐怖というより絶望を煽る内容を告げた後に、それを回避できる方法を述べる
いわゆる飴と鞭の正しい使い方ですが

これから名前をいう奴らとは間違いなくルフィたちのことなんでしょう
なかなかに大規模な展開になってきました



そんな殺伐としてる中で、コアラとロビンの関係にやたら和むのである…
サボはロビンにルフィとの関係を教えてたんですかね
で、あえてロビンはそれを黙ってたと

これはロビンとルフィとの絡みもちょっと楽しみになりましたよ


暗殺教室

ジャスティスくん…
なんと典型的なドキュソネームでしょう

そりゃ嫌になるわ

カルマくんも大概とは思ってましたが、本人が気に入ってるんならまあ


そこからコードネームで呼び合おうって発想になるのがスゴイですね

これコードネーム考えるの大変だっただろうなー
コミックスで全員分明かされたりしそうだw

で、実際にそれで呼び合いながらの訓練風景
みんな真剣に訓練に打ち込みながら、でも口にする他人の名前は
ふざけまくったコードネームというシュールさw

逆に言い難いし伝達効率悪いだろw
ツンデレスナイパーとか
凛として説教とか
わかりやすいのかわかりにくいのかw

これ全員覚えるのも面倒だよなー

女たらしクソ野郎が一番ひどいか?

いや、ラストのアオリのほうがひどいかw


食戟のソーマ

2人して回想いったー!

田所さんの回想が入るのはまあわかります
前日の準備を思い出してるだけですから回想というほどではないかもしれませんが

実家から届いたものを見て、構想の固まった彼女
先週の堂々としていた様子はここに由来しているようです


そんで地味に意外だったアリス嬢の再登場
もうちょっと引っ張るかと思ったら、割と早く出てきましたね

すっかり立ち直った…のかはわかりませんが
雰囲気が前より柔らかくなっているような気もします
俺だけ?

リョウ君とかそんな呼び方なのかw

アリス嬢と黒木場の出会い

長くなりそうとは思いませんが、これもまた田所さんの負けフラグ…か?


黒子のバスケ

まだまだ続く木吉と日向の逆襲

ゾーンが深くなり、凄みがさらに増していく火神は
その先に到達しつつあるんでしょうか
青峰が何やら複雑な表情をしているのは何かに気づいたか察したか

根武谷との勝負中にニヤッとした木吉
「楽しんでこーぜ」をしっかり実践している様子が、もう大丈夫感をよく醸し出しています
そして緑間も唸らせるほどの完璧なシュートを放つ日向

流れはすっかり誠凛なんですが、黛が気にしている赤司の雰囲気だけが気がかりですね

ここまでの流れも赤司の計算の内だとしたら…


斉木楠雄のΨ難

ソーマとのコラボ
頑張ったな麻生先生

何故か斉木にモブ娘ちゃんの全裸イメージが見えるってのは
超能力を活かした展開として非常にアリでしたね

何がいいってその全裸イメージが割と上手く仕上がってるんですよ
だからこそオチの親父が一層映えるという


ネタ切れは本編の方が心配だろ常識的に考えて>巻末コメ

斉木の甘いもの好き設定を利用した展開が増えているような気がするのが心配なんですよ


甘いモノが好きっていうか目がないという斉木の設定は
オールラウンド超能力者ゆえに孤高に生きようとして取っ付きづらい斉木のキャラに対して
読者に親しみを持たせるための役割と効果を持つものなんですけども

それをあんまり強調しようとするのは、ワンパターンという結果を生みかねないんですよね

だから早く照橋さんをだな


ワールドトリガー

今週も不自然なくらい迅は胸から上ばかり描かれてるなーと思うのは
風刃持ってるんじゃね?という願望からなんでしょうか

いくら読者に見えないようにしてても、腰にさしてりゃ目の前で会話してるキャラたちには見えるんですから
そりゃ誰か気づくよね普通
あ、空閑は知らないんだっけか?本部献上の話は

拐われかけたチカちゃん
一番に反応するオサムは男前ですなあ


今週はまだタメの回っぽいですね

独自に動き出した迅と集まってくるA級隊員たち
迅の予知を思い出している三輪
戦局の変わってきた玉狛陣営

さてさて…


i・ショウジョ

表紙のロリアイビスがちょっと可愛い…
そして高山先生の描いたニセコイヒロインズも割と可愛い…

楽にアプリはいらないっていうか、使わせたら大変なことになるよ!
主にビーハイブのアイテム的な意味で


そしてギンコちゃんかわいいよギンコちゃん
久々に出てきてくれましたが、1話目のヒロインだからでしょうか
何か他の娘と違う感じがしますね


今回のシリーズは前から何度か名前が登場していたアイドルのアユユ
その大ファンな少年の話

同じクラスの目立たない眼鏡っ娘が実は…ってまたベタベタな話だな!


しかし、2人同時に異空間に呼ばれてアプリをもらうってのは今までなかったかな?
女の子がアプリを使うシリーズの布石と受け取ってもいいでしょうか


ステルス交境曲

うむ…

予定調和で普通に勝っちゃうという
まあ完全に予想の範囲内なんですけれども

それよりも、コラボマンガですよ
ソルキャとコラボって、透明トロマの心だけ浮かんでる様子にビビる神峰のほうが面白かったのである

天野先生タッチの神峰がめっさイケメンだw


ILLEGAL RARE

・幻獣モードって言い方カッコ悪いな…
・真の姿がいくらでもあるってのはちょっとウケたw
・放たれた銀の銃弾を爪で串刺して止めるのはキマってましたな
・剥製の茶色吸血鬼って知人だったの?
・ハンターから吸血して吸血鬼の本領発揮と同時に、都市伝説的にはそいつも吸血鬼化しちゃうのか?
と気になったところに、それも罠だったというのは意表を突かれた展開でした
・でも今いち読んでて盛り上がらないのは何でだろう…


BLEACH

え、あ、うん…

解放を描いた先週は盛り上がりますけど
その後無双することになる今週はやはり薄味もいいとこですよね

宇宙空間では身体がどうなるかってものすごい勢いで解説してくれてますけど
尸魂界の死神っていう奴らも人体適用のその理屈でいいのか?

いや野暮なツッコミとはわかってますがw



 




COMMENT▼

No Subject

ソルキャ、見事に外しましたわw
欠けた5人目はホルンではなく指揮者でしたね。こっちなら神峰がダイレクトに絡めます。
過去を知り、4人の心を知り、起こし、止めて、掴むことになりそうです。
そしてようやく金井淵先輩が「浮かんで」くれるのでしょう。

ユイのキーデザインとペンダントのデザイン一緒だった。
マリーがユイを苦手なのは純粋に「タチが悪い」からとはねwww
ラストの方、でも教えないと言った後の「だって」のコマにシャドウ掛かってて怖いしw
ユイの質問に楽がどう応えるかが楽しみですね。

ここでも「永遠のゼロ」wwww
これ絶対ワザと選んだか全員一致のどっちかだろw
個人的には「鷹岡もどき」が一番ひどい気がしました。
そしてまたも至言がでましたね。
「名前は人を作らない。足跡の中にそっと残るだけ」

海老の殻を砕いて漉して…これはもうアメリカン・ソースしかないですね。
とことん濃厚な料理になりそうです。現状、隙が見えないのでやっぱ負けそうな予感が…

No Subject

>浮世絵
最近神がかって来た感が・・・w
五月病とか特大の鯉のぼりとかw

>ニセコイ
千棘「まさか4本目なんて」
楽「流石にもう無いだろ」
5本目来たら厳重に抗議しますよ( ̄Д ̄メ)

>暗殺
殺せんせーのヤツが一番の厨二なんですがそれは・・・w

>吹奏楽部
5人目Σ(°Д°|||)
そう来るとはorz
しかし悪意君、この隙に他の人に行きそうな気がするgkbr




富樫先生がそろそろ重い腰を上げるようですw

No Subject

今回のニセコイはようやく核心というか、重要テーマに踏み込みましたね。

しかし古味連載作品の悪いところというか、個々のエピソードは良作があるんですが連載としての流れが悪いように思うのです。

ダブルアーツの時も「シスター通しの治療ができるなら何故エルーの治療をしないのか」とか、ニセコイの今回の「今の気持ちより昔の思い出を優先するのか」とか物語の根幹に関わる早めに答えを示しておかなければ部分を後回しにするというか・・・

もちろん出版社の意向とか思い通りに物語りは作れないというのはわかりますが、全体の見通しが甘いように思うのです。

xitongさんへ

横から済みませんが…
連載の流れが良くないというのは私も同意です。ですが後の2点だけ補足を。

「シスター通しの治療が…」
シスターの治療=トロイの毒を吸い上げる。
シスター達は他者より「毒の器が大きい」だけで、エルーは中でも群を抜いています。
そのエルーの毒をシスターが引き受けてもシスター全体で見たら毒の量は変わりません。

「今の気持ちより…」
ニセコイに限らず多くのラブコメが内包する悪癖です。
ニセコイの場合、今を優先するなら鍵の謎は忘れて小咲を選ぶだけで物語が終わります。
「誰を選ぶか?」はラブコメの命題ですが、それ故に明確にしてしまう事は最後になる事が多いです。
その過程でフラフラするから優柔不断になってしまうのです。
「実は私は」の様に最初から固い思いがあるか、
「神のみぞ知るセカイ」の様に主人公が最初は恋愛をしていないか、
そういうスタートの切り方はあります。
ニセコイ連載の悪手は、キムチとか寝落ちとかメガネとか、そういう細かい点です。
一言で言うなら構成の練りが甘いんです。

横から失礼しました。

お二人へ

更に横から失礼w

僕はもうその辺は考えてません(^^;
ケリが着くまで顔芸を楽しむものだと思ってるんでw

でも確かにキムチと寝落ちは無いわーと思いました。

Re: No Subject

こめんとありがとうございます。
ラグエルさん

>ソルキャ
金井淵先輩のひたすら沈んでいく風景は何を表してるんでしょうね。
何かをずっと隠そうとしているのか…
起こす、掴む、止める、との流れがどうやって発露してくるのかも楽しみなところです。

>ニセコイ
ラブコメの核心に踏み込んだある意味究極の質問を、古味先生がどうするのか。
値落ちとキムチ、略してネオキムチのことを考えるとあまり大きな期待を寄せるのは
辞めたほうがいいのかもしれませんが…。

>暗殺教室
実に見事な教育マンガでした。
ドキュソネームを全否定するでもなく、肯定するわけでもなく
さりげなく改名の方法まで示しながら、でもこだわるべきはそこじゃないことまで説明して。

コードネームでしっかり面白く仕上げながら、教育的要素もしっかり詰め込んだ
真骨頂とも言えるような回でした。
最近話が暗殺寄りだったためか、何か新鮮でしたね。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
某妄想屋さん

>磯兵衛
ネタ切れの心配とか全然しなくて良さそうですよね。
それでいてしっかり面白いんだから、仲間先生すごいですよ。

>ニセコイ
さすがに5本目は…
絵本になぞらえてるんなら5本目が出てくるのは完全なテコ入れとしか思えなくなりますねえw

>ソルキャ
黒条がこの隙に別の人に…って恐ろしいな!
彼にかかったら別に未攻略か攻略済みかは関係ないんでしょうか。
たとえばカスミン先輩とかに変なこと言ったらすぐに影響されてしまいそうな。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
xitongさん

古味先生の連載は、構成がちょっと…というのがたまに言われますね。
設定や世界観は非常に魅力手なものを作り上げられるのに、
それらを活かして物語を紡いでいこうとすると、何かボロが目立ってしまう。

ダブルアーツの場合は、展開の遅さとか、無駄に曲芸を披露するキリとか…
打ち切りになってしまったこともあって、駄作と切り捨てようとする人たちが
好んで指摘しようとする部分がそれなりにありますね。

ニセコイの場合は、キムチが一番でしょうか。
意味深に引くだけ引いておきながら、不自然でもありえなくても一切何にも進展させないという
ラブコメの呪縛に完全に負けてしまったシーンですね。

今週の羽の問いも、同様の引きですね。
それに応じてしまったら話が終わってしまう危険を孕んだもの。
さすがに古味先生もあれから成長とかしてるだろうと思うんですが。

古味先生は「キャラ」に長所を持つ分、物語の「構成」に弱いのかもしれませんね。

いまさらこんなところにコメントして申し訳ありません

私、ツイッターをやっていないので。

「それを明かしたら、あなたはその人を好きになるの?」

私が気にするのは、これを言えるのは、言っていいのは「誰なのか」です。

まあ、言っているのは羽姉さんなのですけど、約束の女の子「以外」がこれを言ったら、それってかなりひどいことだと思いませんか?

「思い出の女の子は、今あなたが好きな子とは違うけど、だからと言って『その子を好きになったりしない』よね」って、本人以外が言ったらめちゃくちゃ意地悪だと思いませんか?

連載当初はともかく、絵本の設定を作って羽姉さんを出した今の状況では、素直に読めば約束の女の子は羽姉さんだと私は思っています。

まあ、それを狙った古味先生のミスリードかもしれませんが。

羽姉さんの吐いたセリフ

私は誰が言っても良いと思います。親だろうがルリだろうが集だろうが。
このセリフ、言い換えれば「貴方が今好きな人は誰?」です。
いないのならば「好きになるかも」と答えるでしょう。しかし楽には好きな人がいます。
思い出に流されず「今の気持ちを大事にしなさい」と羽は言いたかったのだと思います。
そしてそう捉えると、羽は自分の方を向かせてからでないと可能性はないと考えたから言ったのでは?
もし羽が約束の女の子なら証拠突き付けて明かせば大きなリード(楽を振り向かせる一歩目)になります。
姉としか見ていない女性に昔本気だったと知れば女性として意識せざるを得ませんから。

私は約束の女の子=小咲と思っています。理由は羽が赴任した直後意味深に小咲を見たからです。
(14巻、119話、P55。マリーに覚えてる?と挨拶した後)
また、千棘とマリー(と集)には覚えてるよと間柄まで説明しましたが小咲には触れません。
10年前のことを覚えていて小咲もその場にいたのを覚えていることも言ったのにです。
私には「藪蛇を突かない様にしてる」としか思えないんですよね…

最初は小野寺さんだったと

私も思っています。

それが、絵本の設定を練るときに、小野寺さんでも千棘でもない「約束の女の子」を新しく作った。

そしてその役割を担っているのが、羽姉さんなんだと思っています。

でないと、羽姉さんの存在意義がないっぽいんですよね。

で、自分が約束の女の子であって、それを明かせば自分に有利だと分かっていて、それでも今好きな子を優先してほしい、と思っている女性だと思って読むと、羽姉さんも好きになれます。

そんな風に読んでいます。

↑のコメント書くのに14巻読み直して気付いた

ペンダントの鍵穴に入ってる異物って羽の鍵の「折れた先っぽ」じゃんどう考えても…
つまり昔試して「開かなかった」ってことか?

約束の女の子の差し替え

それは作品としてどうなんだろう?某狂戦士や超人レスラーじゃあるまいしw

読者に読まれたからとか、連載中に変更したくなった(せざるを得なくなった)のだとしたら、
それこそ構成力の無さを示してしまう残念な話です。

長文ご容赦お願いします

ラグエルさん、私の書き方が悪かったようです。

私が言いたかったのは、それほど長期の連載にならないかもしれないと思っていた連載当初と、それなりの長期連載を見据えるようになった時期以降で、約束の女の子の設定が変化しているという意味で、ある意味「グレードアップ」されたのだと思っています。

連載当初は、ダブルヒロインの2人しか居ませんでしたし、おそらく13話の「ザクシャインラブ」から物語をたたみ始めてちょうど、くらいの構想だったのだと思います。

それが、千棘に鍵を持たせ3人目のマリーが出てくる辺りで、4人の鍵持ちという構想を固め、そこからはブレていないと思っています。ラグエルさんご指摘の通り、ペンダントに詰まっているのは羽姉さんの鍵の先端部分だと思います。ペンダントに何か詰まっているという設定は6巻のコレカラで示されていますが、それが何なのかが示されたのは14巻のセンセイで、それだけの間、きちんと構想通りにお話は進んでいると思っています。

けっして行き当たりばったりじゃないですよ。

約束の女の子は、
1.10年前のひと夏一緒に遊んだ
2.出会いの時、絵本を読んで泣いていて、楽さんが絵本を書き換えた
3.お別れの時に女の子から、ペンダントの錠をもらった
4.女の子は鍵を持っている
5.再会したら錠を開け、結婚する約束をした
6.約束の時に交わした言葉は「ザクシャインラブ」
ということですが、初期には「あの約束をしたのは 間違いなく〝あの子〟一人のハズだ…!」と、楽さんは確信していました。

しかし、少なくとも「1の10年前のひと夏」を「みんな」で過ごしたのは確定事項です。「2と3」は「一人」でしょう。そして「4と5」が「複数」いるというのが、長期連載にあたっての新設定です。5の約束が全員、結婚の約束かどうかははっきりしません。

おそらく、錠の中に羽姉さんの持っている鍵の先端を詰まらせて「そのままでは開かない」ようにするところまでが、「あの夏の約束の形」の中に含まれているはずです。3人の女の子の協力が必要だという、絵本の設定を見る限りでは。

けっして、羽姉さんが以前に開けようとして鍵を壊した訳ではないと思いますよ。

そして、「2と3」の女の子が、素直に読めば羽姉さんじゃないか、というのが、先のコメントで言いたかったことです。

そして5の約束が、「みんな」の約束なのか、一人一人異なる約束をしているのか、で違った物語になるのですが、それはこれからのお楽しみだと思っています。

要約すると

約束の女の子を「差し替えた」のではなく、「分散させた」のだと思っています。

で、その分散させた中で、誰が約束の女の子と「言える」かというところで、羽姉さんなのではないか、と。

>いないのならば「好きになるかも」と答えるでしょう。

最初の頃、楽さんは千棘に「約束の女の子」のことを聞かれた時、「あの子はそういうんじゃねーんだよ」と答えています。楽さん自身、最初から「思い出は思い出」と分かっています。

そして、4巻オイワイ(千棘誕生日回)で「10年前に会ったっていう女の子の事 今でも好きなの?」と千棘に問われて「ああ…好きだよ」と答えたのは、約束の女の子が小野寺さんだと思ったからです。

誰に何を聞かれようと、楽さんの好きなのは「小野寺さん」です。約束の女の子「だから」好き、というのは、実は描かれていないんですよね、これまでずっと。

という風に、理解しています。

下手に食い付くからこうなるwww

仰りたかった事、充分伝わりました。で、私もその通りな気がしてきましたw
根気良く説明いただきましてありがとうございます。

…やっぱり評論家でしょうmickさんって。そう思わないと悔しくて今夜寝れない!w

いえいえ

何度も書きますけど、編集者でも評論家でもありませんよ。

ただのマンガ好きです。ニセコイは特に好き。そして、小野寺派(笑)

まあ、若い編集者の方よりたくさんマンガを読んでるかもしれないですけどね。

rexelさんとmickさんへ

rexelさん>
薦めたのは私ですがムリに翌日返信に拘らなくてもいいんですよ?
色々と試してみて一番自分の生活リズムに合った頻度を探し当てて下さいな~

mickさん>
なんかmickさんとはお互い好きな漫画一本だけで三日三晩語れそうな気がしてますw
一瞬ですが私とmickさんで最新コメント欄埋まりましたよ~
ニセコイとうしとら好きは教えてもらいましたが、他にコイツだけは!って作品ありますか?因みに私は…
「死刑囚042」
「バナナフィッシュ」
「ワイルド7(シリーズ全部)」
「寄生獣」
は漫画史有数の作品と思ってます。

追記

手塚治、赤塚不二夫、藤子不二雄両氏、松本零士大先生らは「神」です。
超特別枠w個人的に「鳥山明先生と永井豪先生」は大先生ではあるが神には至ってません。
特に永井先生は後期なんでもかんでもデビルマンに行き着くのがどうにもこうにも…

ラグエルさんへ 名作マンガ

以前、ちょっと他の人にお薦めコミックを聞かれた時に作ったリストを貼っておきます。この辺までは、まあ文句なく面白いと思いますよ。
古いのは手に入りにくいかもしれませんが。

北崎拓「さくらんぼシンドローム」全11巻
あすなひろし「青い空を白い雲がかけてった」全3巻
安達哲「キラキラ!」全8巻
あだち充「みゆき」全12巻
松井優征「魔人探偵脳噛ネウロ」全23巻
藤崎竜「封神演義」全23巻
岩明均「寄生獣」全10巻
藤田和日郎「うしおととら」全33巻+外伝1巻
徳弘正也「狂四郎2030」全20巻
いがらしみきお「ぼのぼの」1〜39巻
三浦建太郎「ベルセルク」1〜37巻
山田芳裕「へうげもの」1〜19巻
岩明均「ヒストリエ」1〜9巻

富沢順「企業戦士YAMAZAKI」全12巻
浦沢直樹「MASTERキートン」全18巻
たかもちげん「代打屋トーゴー」全25巻

少女漫画では
萩尾望都「11人いる」「続11人いる」
竹宮恵子「私を月まで連れてって!」全6巻+「エデン2185」

他にも単発ものでは、
吾妻ひでおの「失踪日記」とか、横槍メンゴ作画の「君は淫らな僕の女王」なんかも面白かったです。

ラグエルさんが挙げてくださった先生方の中では、私は松本零士先生の評価はそこまで高くないです(笑)

ただ、今のところ、基本的に私はニセコイ専用機(小野寺派)ですので、それ以外の話題だとラグエルさんも物足りなく思うと思いますよ。

rexelさんのブログで、好き勝手して申し訳ありません(汗)

好き勝手も何も振ったの私ですから

責任問題に発展したなら私が負いますよw

「失踪日記」だけ読んだことがないですね。私も人のことは言えませんが多岐に渡ってらっしゃる。
rexelさんが寄生獣原作にハマったら、ヒストリエと雪の峠・剣の舞の岩明作品2作は薦める気です。
このご様子ですと、押切蓮介先生や植芝理一先生、矢上裕先生もご存知そうですね。

失礼ながら、ちょっと試したくなりました。
「ジゼル・アラン、著:笠井スイ」
はご存知ですか?濃くて深いラブロマンスの漫画で読み応えありますよ。
(超短いですけど試し読みどうぞ……またrexelさん買ったりしてw)

http://www.enterbrain.co.jp/pickup/2009/fellows_vol5/browse/01.html

そこまで詳しくはないですよ

ディスコミニュケーションは読みましたけど、他は分からないですね。

多読でもありますが、惚れ込んだのを何度も読むタイプなので。それほどウィングは広くないです。

ジゼルアランシリーズも読んでません。
絵の雰囲気だと、内田善美先生の「草迷宮・草空間」と似た感じでしょうか。まあ、テーマは違いますけどね。

代打屋トーゴーと、青い空を白い雲がかけてったが分かってもらえれば、満足です。

どこかのツイッターで、変な気もするけどとか書かれていたりするので(笑)

Re: いまさらこんなところにコメントして申し訳ありません

ふと思いついたものの、考察記事に発展させる広げ方までは出てこなかったことで呟きにとどめた話がこんだけ盛り上がるとは思いませんでした。やっぱmickさんすげえわ…


分散、という考え方は新鮮な視点ですね。古味先生の作劇については、構成力が足りない足りないと言われながら実はよく考えられているなと感じることもあって、「言うほど構成力がないわけではないんじゃ」と思うこともあるんですが、連載の長期化に伴う「分散」というのはそれこそ構成力がないことにはできないことですね。


ただ、「約束の娘が誰かわかったらその人を好きになるの?」を約束の娘本人以外が言うのはどうよ、というお話については、今ひとつ実感できませんでした。…が、それについて掘り下げて見るにはちょっと今日時間なさそうなので、近いうちにちょっと記事にしてみたいなと思います。

羽の鍵の折れた先っぽは錠に残ってるというのは、言われてみればその通りですね。全然思ってませんでしたw


コメント欄で色々と書いてもらえることは、新たな考察や気付きを得られるいいものですね。いろんな作品を知ることもできますし、見ていて非常にためになります。ラグエルさんもmickさんも、何でも書いてくださいw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/707-c4556820

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター