社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

ニセコイが設定盛りまくってた2014年週刊少年ジャンプ21号感想

2014年週刊少年ジャンプ21号感想


もう来週は合併号なのか…


今週のアンケ順
SOUL CATCHER(S)
食戟のソーマ
特別読み切り あばれ猿


その他
・黒子のバスケ
・暗殺教室
・ニセコイ
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・ワールドトリガー
・斉木楠雄のΨ難
・ILLEGAL RARE
・BLEACH
・i・ショウジョ
・ステルス交境曲




SOUL CATCHER(S)

舞う桜編開幕

今まで、攻略にこんなシリーズ名ついてたことってあったっけか?

それだけでもこの攻略が作中で重大なものであることが分かるんですが


その上さらに、雰囲気作りが半端ないですね


シリーズの開幕を告げる柱の中身から、川和のつぶやきも、弾の指摘も
いちいち情緒的で比喩的なんですよ

でも「吹かれて散る桜も可哀想だがね」って言い回しはカッコイイと思ってしまった…


そして出てきた3つ目のフレーズ

「起こせない」

止められない、掴めない、に続いたのは起こせない、でした


相変わらず意味は全然わからん…


何か知ってんだろうって思われた演藤さんも、実は何も知りませんでしたってオチでしたし
なんということでしょう

何からどう手をつけていいのかさっぱりわからないじゃないですか


今回黒条は特に動きなし
いや、ひょっとして裏では何かしてるかもしれませんけども


どうやらこの攻略は、管崎先輩1人を相手にしたものではなく
4人全員に関わるものとなるようですね

だからこそシリーズ名もついたということになるでしょうか
長くなりそうですなあ


桜の匂いという言葉が出てきたということは、匂いの共感覚が鍵になってくるんでしょうか

どう展開していくのか全然想像できんな…


食戟のソーマ

全裸まだ続いてたw

負けた事実を受け止めて、子供のように泣きじゃくりながらも
しっかり負け惜しみだけは欠かさなかったアリス嬢

でも思ったほどには創真と仲良くなりそうな感じではない…かな?

それはそれでもったいないような…


その理由は、お付の黒木場に負けまくっていたから…か?

あんだけ偉そうに振る舞っていながら、実は黒木場のほうが上だったというのは
何か意外というより拍子抜けな感じもしてきますけども

その設定は正直要らなかったかなー

創真に負けただけでなくてお付にも実はそんな風に思われてたとかなったら
アリス嬢の格落ち印象が大きすぎるような気がします


で、次は田所さんと黒木場の対戦

田所さんの相手は…?ってせっかく顔を黒く塗ってわからないようにしつつ
アリス嬢と話をしてることで黒木場?と想像させる演出をやってるのに
すぐ横の次号予告であっさり「田所VS黒木場!!」とかやっちゃってるのはひどくね?

せっかくの演出台無しにしてるよ!
ここは担当考えろよ…

田所さんも強くなりましたねえ

この大一番を前にして実に堂々としております

予選で創真から借りた勇気
まだ続いているのか、それとも自分の中から湧き出るようになったのか

でも応援組の前向きな感じがひたすら負けフラグを重ねているのである…
特に吉野さん…
そのセリフはヤバイですよ?


今度のお題はラーメン

カレー、弁当に続いてまた庶民的なテーマを持ってきましたね


ホスピタリティに満ちたラーメンと
「相手を屈服させる膂力」のあるラーメンがどうぶつかるか

ときに、膂力と聞いて某オサレ漫画を思い出したのは俺だけでしょうか


特別読み切り あばれ猿 打見佑祐

トレジャー出身の方ですね
すでにNEXTにも読み切りを載せたことがあったような

格闘系の作品を描きたい作家さんだと記憶してましたが
この作品も空手に打ち込む少年を主人公としてきました

格闘系はなかなかジャンプではウケない印象があって
それでも格闘系を描きたいならこの方も苦労するだろうなあと思ってたんですが


これ結構面白かったですよ


何でしょうね

格闘部分もよかったんですが、おそらく一番はキャラなんでしょうね


主人公が非常にわかりやすい奴だったことで、変に穿ったりすることなく
素直に作品に入って行くことが出来ました

ルフィや悟空のような単純系の主人公ですね

捻くれてもなく、暗い過去があるでもなく
ただ単純で純粋でそしてバカ

だからこそ、最強にこだわる「本能」的な部分が際立つわけですね

さらに相手役となる飛鳥が、単なるクズじゃなかったのも大きいでしょう


取り巻き相手に偉ぶったりもしてはいましたが、彼が主人公祭屋を見下したり軽蔑したりする部分は
少なくとも直接的には描かれていません

「退屈しのぎにはなるかもな…」というのも、直前の優勝したのに元気無さそうなコマがあることで
最近姿を見せない主人公が気になっているのかと読者に感じさせることで
決して軽蔑から出た言葉ではないことがわかります

戦いへの導入として必要だったクズ役は、モブのチャラ男くんが担ってくれて
2人がすっきりした形でバトルに移ることができていました

飛鳥を倒した後、勝利の余韻に浸るでもなく
早速次の相手として師匠に突っかかっていくのもわかりやすくて良いオチで


格闘マンガを爽やかに、自然に読ませることのできたこの作品
そんなに期待してなかったこともあって意外な面白さでした


黒子のバスケ

扉は火神
先週ほどではないですが、相変わらずセンスは感じさせてくれますな

早速五将攻略のターンと思ったら、日向だけでなく木吉も吹っ切れた姿を見せてくれました

脚の怪我のことは考えず、今この一瞬を勝ち抜くために全力を出す
日向が止めた実渕のシュート
そのリバウンドを木吉が拾うという流れは、五将の2人同時攻略という急ぎ展開にあって
自然な流れとなっていましたね

実渕にはまだ虚空の攻略が残ってますが

そしてここでまたアオリがいい仕事するんですよ

「限界」なんて言葉は知らない。

4ファウルと脚の故障で、後がない2人がそれでも繋ぐ優勝への道のり
「ここまでしか動けない」なんてありえないという意思をしっかり見せてくれた後の
このアオリですから、そりゃあ盛り上がるってもんですよ

くそういいセンスしてるなあ


暗殺教室

イトナがE組に馴染むまで

家が工場だったことでその辺の技術も持ってたイトナ
もともと頭も良かったそうな

職種を振り回す彼に高い知能は感じなかったが、って烏間先生が言ってる向こうで
アホ面でバナナ咥えてるビッチ先生は何なのw


小型のラジコンを制作して暗殺作戦というのは今までなかったパターンですね

形は違いますが、昔のドラマ『銀狼怪奇ファイル』で銀狼が作ったバイク追跡ラジコンを思い出しました
これわかる人どれくらいいるんだろうかw

で、それを使った作戦…のはずが全然違う方向にw

試運転かねてその辺行ってみようぜ
からの女子

という大変わかりやすい流れで目的を見失ってくれましたw

エロという動機の何と偉大で何と崇高なことでしょう
こんなにもみんなが一丸となれる目標って他にあるでしょうか

クラスに馴染むというのをこれ以上ないくらいに自然に描いてくれましたね

同じ目的に向かって、全員で努力する
中でも岡島のカッコ良さよwww


しかし、そんなおふざけ回でもしっかり重要な部分は明かされましたね
殺せんせーの心臓とシロの最終兵器

ただまあとりあえずはシロの登場はここで一区切りで
次回からは次のシリーズが始まるのかな


ニセコイ

引き続き新キャラをめぐるドタバタ

アオリが完全に読者の気持ちを代弁しているのであるw


先週おや?となってた集とももちろん顔見知りでした
確か、楽と週は幼稚園からの腐れ縁だったですかね
知り合いじゃなきゃおかしいですな

そしてヒロインにありえない表情をしていたマリーのことも、羽は知ってました
ごまかそうとしてるあたり、マリーは何を思ってるんでしょうね

単なる苦手意識なのか、それとも自分と同様に何かを知っているキャラだからなのか

小野寺さんのことも知ってるようですけど…?

そして始まるモブ男子からのやっかみ攻撃
「毎度毎度世の中ナメてんのか」ってすげえ文句だなw
出てくる美女がこんだけ関係有りまくって次々フラグも立ててれば
そりゃあ当然の感情ですけども

これが「ラブコメの主人公」の力か…!


挙句の果てには居候まで、とか
もう盛り過ぎですねえ

かと思ったら、寝てる間に人の布団に潜り込んでくるという夢遊病まで持ってました
設定多すぎだろw


さらに鍵も持ってた羽
まあこれは想定内ですね

あえて描かれたお付のロボみたいな少女も怪しいですし
こっからどう本筋が動いていくやら…


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

今週は二度寝の方が好きだw

下半身のフィット感てwwwwww

くそうwwww
すっげえわかるんですけどwwwwww

起きなきゃいけない時に限って、なんかすっごい布団と身体がフィットしちゃうんだよww

もうこのネタだけで今週は満足wwww


ワールドトリガー

やられた風間は、それでも冷静に戦局を分析して
撤退することを命じる

チームの隊長を侮辱されてムカッとなったことといい、おそらくそれをわかってあえて撤退を指示したことといい
なかなかの部隊じゃないですか…

さらに冷静に指揮を執る忍田さんが何とも頼もしい

黒トリガーの登場に驚きすぎず、あえて放ったらかしてトリオン兵の排除に戦力を回す
緊張感がこっちにも伝わってくるようです


その緊張感をさらに増すのが迅の登場ですが…

空閑は黒トリガー普通に使って戦ってるみたいですね
まあ事後許可が出たんですから当然でしょう

一時的に風刃を持つんじゃないかという予測もある迅は、
あえてなんでしょうか、腰から下が描かれてないですな

で、ちょうど今分岐点と言って、オサムの死ぬ未来まで見えてしまったという迅
そんなことを聞いたら空閑も動かないはずはないですね

空閑を連れて迅はどこへ何をしに行くんでしょう


斉木楠雄のΨ難

空助は…?

いや別に描かないなら描かないでもいいんですけど
何か最終回みたいな話になりそうですし

久々に鳥束出てきたと思ったら地味にラブコメ回でした

海藤を追って夢原さん登場
こっちも久々だな!

修学旅行以来じゃないか?

だから早く夢原さんのために照橋さんが動こうとして
海藤をよく知ってる斉木を誘う展開をだな


ILLEGAL RARE

・剥製は偽物でした
・でも、番いの片割れというのがアクセルの相手であることは確かのようです
・このイベント自体が餌だったというのはちょっと意外でよかったですね
・ここからハンター側とのバトル化が描かれていくんでしょうか
・それはちょっと…という気持ちもあるんですけども


BLEACH

解号とともに始解

でかー!

見開きいっぱい使って描いてくれてますけど、でかすぎてそれでもよくわかんないですよ!

その解号は「呑め」
オサレ先生「呑み込め」と迷ったんじゃないかなーと勝手に妄想

どちらでも込められる意味は同じなので、後は語呂とリズムですね
「呑め」のほうが刀の名を呼ぶ前にちょっとタメが作れそうなのでこっちがいいのかな

「呑み込め」だと、全部で8音になる始解が言語的な知能を感じさせてしまって
戦闘狂な剣八のイメージに合わない…とか


刀の名前を呼んだ剣八に、やちるが何やら複雑な表情をしていますが何を思っているんでしょう


i・ショウジョ

先週前後編で驚いてたら今週は1話完結だったー!

おいおい
やけにあっさりとしたな
おそらくはいくつかのパターンを試してるんでしょうけども

必ずしも付き合ったりするまで行く必要はないとはいえ
1話だけじゃあキャラを印象づけるにはちょっと少ないような

いや、今週の2人がどんなキャラでどんな関係かというのは何となくわかりましたけど
その続きを見たいと思わせるほどに描けていたかといえば…うーむ

だから女の子がアプリを使うパターンをですね


ステルス交境曲

今週も順位低いままでした
このゆっくりさじゃ仕方ないところもあるでしょうけど
ただこの作品は早くから味が出そうなマンガとは思えないので、我慢の時ですかね

TWBの最下位は当然でしょうけども


対立する依頼を引き受けた両者
どう決着を着けるかと思ったら、割りとはやく黒幕が出てきちゃいました

わかりやすい敵を前にして、共闘が始まっちゃったのは少し残念なような…
もう少し、駆け引きしてもよかった気がしますが


 




COMMENT▼

No Subject

ソーマは可哀想ですが田所さんが堂々としているのも負けフラグに見えちゃうんですよねww「今回は楽しめる」と力説している辺りが特にww田所さんはオドオドしている方が逆に強い気がするw
読みきりはモブの女子高生達が本当にリアルにいるイヤな感じの女子高生っていうのがジャンプでは珍しいですよね(^-^;タイトル、ストレートで清々しいww

No Subject

ソルキャの4つ目の言葉。見付けられないとか来そうな気がします。
起こせない→止められない→掴まえられない→見付けられない…距離がより遠くなる並び…
4人が深く絡んでいるのなら、この言葉も繋がる様になっているんじゃないかなと。
1人目を起こし、2人で止めて、3人で掴まえ、4人で見付ける。
そういう攻略順になるのかも知れません。

まあ田所ちゃん負けるでしょうね。ほぼ間違いなく。フラグ経ちすぎ…
それに、これで負けたら黒木場ダサすぎだしねwww
にしても…まさか1コマ目全裸続行とは何ともビックリw

あばれ猿は面白かったですが、ジャンプとしては結構な冒険をしてた気がします。
作中でハッキリ言ってませんが未成年です。の飲酒とか、ハト殺害とか、掘らせたとか。
ハトは平和の象徴なのでとある団体がウッサイんですよねw

ユイはマリーよりも知ってる人間。恐らく全部知っています。
で、それを踏まえて感じたのは約束の女の子は小咲の線が濃厚という点。
千棘と恋人と聞いて驚いていました。知っているのなら抱くものは確信的な何かが普通。
小咲を見たときは意味深に見ただけ。運命的な何かを感じたからではないでしょうか?
ただ、気になるのはユイの持っていた鍵。ペンダントに纏わるものならば、
他の3つと比べて造りが豪奢です。歯の形状も違います。
ユイの持っている鍵がメインキーの可能性も関係ない鍵の可能性の両方の線が考えられます。
と同時に、知っているだけで4人目ではない可能性も出てきました。
ユイの動向には着目ですね。
あと、マリーの反応からして恐らくユイは怒らせたら怖い人。
そりゃあもうあのマリーが関わりたくないレベルの。

やちるは恐らく嬉しさと寂しさが同時に去来したのだと思います。
剣八もやちるも、それは人に与えられた云わば仮初の名前。肩書きみたいな意味合い。
名を持たない者同士だった剣八が、更木剣八を己の名として自分は取り残された寂しさ。
でも剣八が名前を持てたことに対する嬉しさも同時に込み上げたのではないかと。
この戦闘が終わった後、やちるが己の名と認識する展開が来ればいいなぁと思います。

i・ショウジョがまさかの1話完結!これは驚きましたね。
この漫画は魔法のアプリに纏わる話がメインではなくそれ自体がメインなんでしょうか?
このまま続くなら危ないです。作品の奥行きを感じさせる展開を描いて欲しい。

No Subject

>ニセコイ
うんどうしよう
ちょっとまずい(^^;
ヤバいなこれは

どっかで羽姉が寺さんとマリーの上位互換という意見を聞いたんですが。
僕の勘が警告発してます((((°Д°;))))
既に千棘と鶫を抜き去りましt(←
気のせいならいいんですが、例えば人気投票とかで票が食われそうな悪寒がgkbr

>i・ショウジョ
1話かよ!(メ`Д´)メ⌒┻┻

>ソーマ
アリスの反応そう来たか。
しかも従者君の方が強いとかw
田所ちゃん大丈夫なのかorz

>浮世絵
二度寝は気持ちいいよね(^ρ^)

>TWB
あ・・・(察し

>吹奏楽部
以前コメントしましたが、やっぱりループしそうですね(^^;
流れ的に4人同時は有り得そうな・・・。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
だいまおーさん

今週の田所さんの負けフラグは如何ともし難いですねえ。
あんだけの成長を見せてくれたんですから、勝ってもらっても感情的には構わないんですが…

作中の力関係も、アリス嬢のようにテーマへの不理解で何とか…
って思っちゃうのはすっかり田所さんにハマっちゃってるせいですかね。

読切のモブJKたちは、たしかにい仕事してましたね。
先入観でパッと思いつきそうな頭の悪い女達、というのが丸出しで
余計な情報とならずに済んでいました。
チャラ男くんもですけど、作者はその辺のキャラ配置は結構上手いのかな?

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
ラグエルさん

ソルキャのフレーズについては、別に記事書きましたし、そちらで。


>ニセコイ
全部知ってますかねえ羽は。
そうすると、小野寺さんと同じ設定を抱えるヒロインが1人増えたということにもなりますね。
それが明らかになれば話が終わってしまう要素を持ったヒロインという意味で。

物語を動かしに来ていることはわかりますが、果たして終了まで見据えているかというと
さすがに…と思いますし。

マリーが動揺するほどに「怒らせたら怖い」となると
過去に羽が怒ったことがあることになりますね。

ただ単純に何かイタズラとかして説教食らったのか、それとも約束に関わる部分での
怒りだったのか。
深読みの血が騒ぎますなあ。

>BLEACH
嬉しいのと寂しいのと両方。やっぱりそうなんでしょうね。
バトルの結果はわかりきっていますので、その後の2人の絡みが注目ですね。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
某妄想屋さん

>ニセコイ
羽がマリーの上位互換というのはまあわかります。
マリーの魅力の源泉になっているモノローグのなさを踏襲しつつ、
楽に対して積極的というところですね。
違うところがあるとすれば、攻め方がマリーよりも小悪魔的になっていることでしょうか。

しかし小野寺さんの上位互換とは俄には信じられないですね。
一体どのあたりがそうなのでしょう。

清楚で淑やかで控えめで穏やかで笑顔の似合う小野寺さんの互換キャラとか
ちょっと想像つかないんですが


コメントの他の部分よりもそこが気になるんですけれども
いったい何がどうなってそういう結論になるというのでしょう。(真顔
小一時間ぐらい問い詰めてもいいですか

No Subject

>清楚でお淑やかで~
たまに大胆になりますよ(ニヤリ

まぁそれは置いといて


>羽姉さん
僕の気のせいならそれでいいんですけどね。
まだ2話だし。
マリーの上位互換は確かにそんな雰囲気有るし。

僕が見たのはもしかしたら外見の話かも知れません。
鍵持ちで黒髪は寺さんと羽姉さんだけですから。
ドコで見たかも忘れましたがorz


真面目な話、楽はやっぱり羽姉さんは選ばないような気がします。
これもタダの勘ですw




まぁ僕も今の所小野寺さんぶっちぎりですけど
ただ、2話で千棘と鶫を追い抜いたので(脳内)
もしかしたらびびったのかなぁσ(^ω^;)

って考えてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/700-bcfa797a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター