社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

5人目の登場で物語はさらなる核心へ… 『七つの大罪』第7巻

七つの大罪7巻

七つの大罪 第7巻

記事にするのを忘れていました

もう7巻まで来たんですね


ディアンヌの神器を求めて参加した喧嘩大会で、聖騎士たちとの戦闘が始まり
これまでになかった本格的なバトル描写が繰り広げられるようになった前巻

一度は封印されたはずのメリオダスが謎の半覚醒状態で復活し、理性も言葉も無いまま
バトルを展開する様は、明らかに今までの楽観的な雰囲気とは異なっていました

それは、これまで圧倒的な印象だった「大罪」たちの力が
絶対のものではなくなったというストーリーの転換点を意味するものであり
これからの展開が本格的なバトルを伴うドロドロとした内容も含まれてくることを予感させるものと言えるでしょう

そのためなのか、本格的なバトル化と同時にこれまでと比べて強調されるようになった要素がありますね

メリオダスとエリザベスのラブコメ的な要素です


信頼していた姉の言葉で、メリオダスを疑いかけながらも信じ抜くことを決意したエリザベス
メリオダスが封印されてしまった時には、涙を流しながらその名を叫び
みんなボロボロになりながらも、どうにか戦いが一段落ついた際には
「お前が無事ならそれでいい」とメリオダスに言われてしまうほどのヒロイン度を見せた今巻のエリザベス

極めつけには、メリオダスのその台詞を思い出して顔が真っ赤になっちゃうような
乙女の表情までやっちゃってくれました

バトル化と同時にラブコメ化の雰囲気も強くなってくることは、バトル化におけるドロドロ殺伐とした空気を
和らげる効果を持つと同時に、バトル部分の盛り上がりに寄与するという意味もありますね

戦う理由であったり、死亡フラグであったり


それはまた、物語がさらなる核心へと近づいたことも意味すると言っていいでしょう


そしてそれを象徴するかのように、5人目の「大罪」が登場してきました

キングが出てきてから久しぶりのメンバー登場です

その罪は「色欲」

色欲ってアレですよね

俺が知ってる意味で間違いないんですよね


…ラブコメ化と同時にそんなところまで取り入れてくるとは、鈴木先生侮りがたし





 




COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/663-f43e850c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター