社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

小野寺さんだらけの水着回!ポロリはないよ!そんなアニメニセコイ第5話

nisekoi5-1.jpg

ニセコイ 第5話


5話目である

何かこのアニメは4月以降も続くとかって噂を聞いたんですが、そうなの?


さて、水着回だった今回


原作を知っていると、最近のアニメでは当然のように入ってくる水着回なのに
展開が自然なように感じられてちょっとお得な気がする

はいはいテコ入れテコ入れサービスサービスって
余計な邪念を持たないで見れますからね


そんなニセコイの水着回


もちろん二大ヒロイン2人の水着が披露されるわけですが、ビキニ姿なのは千棘だけで
小野寺さんは学校指定のスク水姿でした

千棘がビキニなのも、転校したてて学校指定の水着を持ってなかったという一応の理由があり
翌日にはしっかり指定スク水を着てきます

ヒロインたちが学校指定水着を身につけて、水着姿で競いあったりしないところが
水着回挿入の自然さを感じさせる一因なのかもしれませんね













nisekoi5-2.jpg

でも小野寺さんの水着姿は眩しいな!!


指定スク水とか言う色気なんかとはさっぱり無縁のものなのに
どうしてこんなに眩しいんでしょう



今週はスタッフの中の同志が特に仕事をしてくれたみたいですね

いつも小野寺さんの周りにあるキラキラが、水着姿の小野寺さんに一際似合っていて
その眩しさを倍増させてくれています


先日感じたどことなくゲスいカメラワークも、今回に限ってはGJと言いたいような衝動に駆られるくらい
小野寺さんの水着姿は神々しいものでした


裾を直すしぐさとか
谷間接写とか

それでいて、しっかり表情を描くことも忘れないもんだから余計小野寺さんの小野寺さんたる可愛さが強調されるというものなのです


これとか


nisekoi5-3.jpg








これとか


nisekoi5-4.jpg







これとか


nisekoi5-5.jpg







小野寺さんマジ天使








nisekoi5-6.jpg


アイキャッチもどんだけ気合入ってくるんだよ!


お着替え中の小野寺さんとかそんな神聖な姿見せちゃっていいの?


とか思ったら本編の中でも普通にお着替えな小野寺さん出てきちゃったよ!


小野寺さんのあられもない神聖な下着姿ですよ!


ああもうどうしよう


コミックス読み返してみたら、ここは普通に原作通りのシーンだったみたいですが
それでもこれはとんでもない破壊力ですね


ブラのセンスからも感じられる小野寺さんの清らかさと純粋さがたまりません


スタッフ、そして同志

よくやった







…小野寺さんのことばかりで物語について一切触れていないことに今さら気づきましたが
今回も構成や演出は充分に良い出来だったと思いますね

一番最初の楽がお茶を飲むシーンの演出は明らかに過剰でしたけど
まあそれくらいで

千棘が溺れた時も、足がつくプールのはずなのにやたら周りが暗くなって
まるで深海のような感じになっていたのも、雰囲気作りとしてまあ許せる範囲でした



このくらいでいってくれれば、これからの展開も結構いい感じになるんじゃないかと思いますが

しかし、5話まで来てようやく原作の10話目とは…
コミックスではまだ2巻ですよ

2巻の終わりから登場してくる鶫は大丈夫そうですが、4巻の終わりから登場するマリーは間に合うのか?

12話までにはとても間に合いそうにないんですけど
と、考えると4月になっても続くという話があながち嘘でもないような気がしてくるようなことがないこともないような感じがしないこともない


まあとりあえずは、小野寺さんの美しい姿を眺めて心を落ち着かせることにしましょう




nisekoi5-7.jpg







nisekoi5-8.jpg







nisekoi5-9.jpg







COMMENT▼

No Subject

作りとして「概ねは」良かったんですが、ツッコミどころ多すぎ。
1.冒頭の自販機。逆手でボタン押す人っているの?
2.溺れた時のは演出としても、他でも水深おかしくない?
3.楽が崖に行って叫ぶ下り、心理描写でいいだろ。
4.んだよ学校のプールで「サメに注意」で実際泳いでるって(これが一番腹立たしい)
ココはどの作品でもこんな余計としか云えないオリジナル入れてくるんでしょうかね?
原作に全部沿えとか馬鹿なことは言いませんが、限度があんだろうがよ限度がよ。

と、抑えてもこれぐらい出ちゃうくらい部分部分がひどい。
これは最早別物と考えてますが、それを考慮してもサメは作品崩壊モノだと思います。
出してくる意味が本気でわかんねぇ。

ラグエルさんへ

今ニセコイ5話見返しましたが、自販機のシーンはよく見ると真下からのカットなので逆手ではなく順手ですよ(^-^;
サメはもちろんツッコミ所ですが、その直後のコースロープが一瞬で張られた所もツッコミ所ですww

だいまおーさんへ

あ、ホントだw
見づらいアングルだから間違えても仕方ないよねww

微動だにしませんしね、コースロープ。どんだけテンションに遊びないんだって話w
なんかサメは笑いどころと捕らえてる方が多勢の様で。私同様に怒り覚えてる方も少数いましたが…

No Subject

サメはあまりに突き抜け過ぎているので自分は逆に怒りは感じませんでしたが、楽が崖に行って叫ぶ所はかなり鼻につく演出だと思いました(-_-;)特に楽が本当に濡れて戻ってくるシーン(>_<)妙な方向に狙い過ぎててダサい演出だと思います(-_-)

No Subject

崖のシーンから小咲の一言で現実に帰ってくる、あそこはこれで良かった。
でなければ、小咲に一言「どこ行って来たの?」と突っ込ませるとか。
あんな奇行フツーはスルー出来ません。

いっそ全部ダメならもう見ないで済むのに、動く小咲たちは可愛いからなまじ困りますw
というわけで、観賞スタンスをアニメ化→オリジナルアニメから更にシフトすることにしました。
今後は女の子を愛でれる動画作品と位置付けします。

余談ですが、るりブラのサイズ合ってない。ストラップ浮きすぎwww

No Subject

小野寺さんの着替えシーンとか何て大それた事を。
・・・・いいぞ同志もっとやr(´Д`*)ハアハア(´Д`*)ハアハア(´Д`*)ハアハア(´Д`*)ハアハア


まぁ、鮫の所は突っ込みましたけど(^^;
僕も全体的に小野寺さんしか記憶に無いのでw

>ラグエルさん
随分とシフトしましたねw
確かにそれなら分かるか。
ただ僕は、動く小野寺さんが見れれば満足でs(←

通りすがりの妄想屋さんへ

5話まできてコレですからね、そう切り替えないとやってらんないですよw
というか、動く小咲が…の時点で同志ですよね妄想屋さんもww

Re: No Subject

コメントというか、侃々諤々の議論お疲れ様です。
同志の皆様


プールのサメのことは、ぶっちゃけ忘れてましたw
いや、見ている時は確かに少し気になったんですが、
露骨に滑ってるギャグ演出ということで、むしろ生暖かくスルーしたというか。

崖で叫ぶところも、まあいいかなと思いましたね。

何かシャフト演出に対する期待値が下っているというか
許容値が上がっているというか…


皆様の議論をまとめると、
最初から小野寺さんを愛でるのがメインで見てる俺は勝ち組ということでよろしいでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/638-0d3d0661

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター