社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

ニセコイ 春ちゃんが「ニセの恋人」設定を知ることによる2種類の展開可能性

今週の展開で、集とるりちゃんの会話から衝撃の事実を聞いてしまった春ちゃん

引きの時点では、るりちゃんの口からその詳細まで語られたわけではありませんが
描かれるかどうかは別にして、そのまま詳しく知ることになるのでしょう


で、このことが持つ意味についてちょっくら考えてみたいと思うわけです


なぜか

春ちゃん登場時からずっと抱いている俺の懸念が現実になりそうな気配を含むものだからです


すなわち、春ちゃんも楽をめぐるラブコメにメインとして参加してしまうこと
言い換えれば春ちゃんも楽にすっかり惚れてしまう展開です

春ちゃん登場時にこんな記事を書いて以来、本誌の感想なんかでも
ことあるごとにずっとその展開を心配してきましたが、今週ついに春ちゃんが
核心に触れることになったことで、いよいよ現実化の気配が漂ってきました


ニセコイ 妹寺さんが楽に惚れる展開はやめた方がいい

ニセコイ 妹寺さんは小野寺さんを応援するキャラになった方が面白いと思うんだ



なぜ、ニセの恋人設定を知ることが楽に惚れてしまう展開と繋がるのか




それは、楽に対する春ちゃんの理解に関係します

すなわち、千棘という付き合っている彼女がいながら自分の姉である小野寺さんにも
何かとアプローチしようとしてくる二股狙いの最低男

というものです


今週もモノローグの中で語っていたように、「千棘と付き合っている」という事実がなければ
春ちゃんは楽が姉に近づいてくることに対してそこまでの拒絶を示すことはなかったでしょう

どころか、実は姉も姉で楽のことを好きらしいと何となく感づいていた春ちゃん
2人とくっつけようとして、るりちゃんと一緒になって色々画策したりしていたかもしれません


しかし、楽には彼女がいるという理解
そのことが姉を応援したい気持ちを決定的に阻んでいました



そして、そのことが逆説的にもたらしたのが
春ちゃんも楽に惚れてしまいそうになっているという状況です


「最低男」というマイナスから楽に対するイメージが始まってしまったために
その後何か楽が「いい人」みたいな言動を見せる度に「この人ホントは…?」という具合に
好感度を倍増させていってしまったのです


不良がたまにいいことをすると普通の人より偉いことのように感じてしまうアレと同じ現象ですね


楽の行動に春ちゃんが必要以上に心をぐらつかせる場面が
これまで何度か描かれてきました
その度に「やめろやめろ」と思ってきたのですが、今週の展開はある意味で決定的なものだったのです


なぜなら、そうして楽の好感度を無駄に増大させてしまった春ちゃんですが
それでも「彼女がいる」という理解が姉を応援したい気持ちと同時に自分の淡い感情にも
抑制をかけていた可能性が考えられるからです


だとすれば、ニセの恋人設定を知ってしまった時
春ちゃんの中に沸き上がってくる感情は、果たして姉を応援したい気持ちなのか
それとも自身の小さく淡い気持ちの増幅なのか

あるいはその両方の気持ちの葛藤なのか


春ちゃんの中にある楽への好感度が、「こんな人ならお姉ちゃんの恋人でもいいかも」と
小野寺さんを応援する方向に働くならそれが一番いいことでしょう

しかし、もしも葛藤する方向に働いてしまうとしたら


このマンガには似合わないような姉妹で同じ男をめぐるラブコメの始まりです
いやラブコメになればまだいいですけど

小野寺さん姉妹の他にもヒロインがいる状態では
誰が誰に気を使ったり押しのけたり、ケンカしたりするのか
もう話がめちゃくちゃになってしまいかねません


春ちゃんがニセの恋人設定を知ってしまうことは、こうした危険性を孕むものなのです


だからこそ今週の展開はどうしても心配せざるを得ませんでした



春ちゃんが知る内容がもっと別のものならまだよかった




たとえば、ニセの恋人設定の詳細ではなく
「実は付き合っているのは千棘ではなく小野寺さんの方」ということを理解させたらどうでしょう

上述のこの記事で少し考えたことがありましたが

ニセコイ 妹寺さんは小野寺さんを応援するキャラになった方が面白いと思うんだ


「本当は小野寺さんと付き合っているんだけど、
周りには楽と千棘の家の事情によりこの2人が付き合っているということになっていて、
純粋で清らかで身も心も美しくて優しい小野寺さんは当たり前のようにそれを了承している」

という感じに理解させてみたらどうでしょう


「ニセの恋人設定」は実在するが、本当に偽物の関係であり
本当の彼女は小野寺さん、という形で嘘を上書きする形ですね


これならニセの恋人設定の正体を知らせることなく
かつ、春ちゃんの恋心も上手に抑えながら
春ちゃんが小野寺さんを応援する立場にシフトできるのです



そしてもしそうなれば、春ちゃんが取る行動は1つですね

「本当は付き合っている」はずの小野寺さんと楽のデートをこっそり計画したり
何かにつけて2人きりにしてあげようとしてみたり

楽が今まで小野寺さんにアプローチしようとしていたのも
実は本当の彼女である小野寺さんに対して一途だっただけで
浮気男なんかじゃ全然なかったという理解の転換も手伝って

春ちゃんの楽に対する評価はさらにうなぎ登りになるでしょう
しかしそれは春ちゃんの恋心が増幅することを意味するものではありません

むしろ、姉に一途な人で、姉も見初めた人ということで
お姉ちゃん大好きな春ちゃんは、楽に対して恋心とは別の親近感を持つようになるのです
それはドキドキを感じさせる男ではなく、例えるなら親戚の頼りになるお兄ちゃんみたいなイメージ

今までのツンケンした態度からは一転して、楽に懐いてくれるようになるでしょう



さてこのように、今週の展開には今後の物語の行方を左右する重大な意味があるのです


頼むから小野寺さんを応援できる方向に展開して欲しい


古味先生…






COMMENT▼

No Subject

春に残されたもう一つの爆弾、王子様=楽。
これがいつ、どう爆発するかが分岐の決定打になるでしょうね。

嫌なことに…
1.嘘と知ってから楽の本命が誰なのか薄々と気付く。
2.小咲とくっつけようと画策し、実行する。
3.二人の仲が少し前進したあたりで大爆発。
4.完全にくっついてたなら諦め付いたのに…とモヤモヤしだす。
なんて想像が頭から離れません。

ライバルバトルに参戦も嫌なんですが、春がどう転んでも泣きを見る展開も避けて欲しいです。

記事の最後にある展開になったらあらかた幸せに終わるんですけどね。

No Subject

うん・・・・・・・・これどうするねん・・・orz
メイン参戦はもうお腹一杯ですよ(ーー;
4人目が控えてるかも知れないのに。


取り敢えず、サポートに回るという希望を持っておきます。

ある方が発掘してた

古味先生の「デザイン学校卒業作品」
漫画をクリック、右上にカーソルを移動させるとページ送りの項目(NEXT)が出ます。

でもそれだけではない。なんとじつわたの増田先生がいる!
同期だったこの二人っ!!

Re: ある方が発掘してた

これはいいものを教えてもらいまして。
ラグエルさん

何ということでしょう。
これ記事にしてレビューしたいくらいのクオリティじゃないですか。
やっべどうしよう

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/624-b96e9aa0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター