社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

リアルのバスケ試合を見てみたら、黒子のバスケがもっと面白くなった

いやYouTubeなんですけどね

実際のバスケの試合ってどんな感じなんだろうってふと思って、ちょっくら検索してみたんですよ

そしたらそりゃあもちろんたくさんヒットしてきたわけですが
これがすごいのなんのって

出てくる映像は本場NBAの試合が多いんですけど、
むしろそのせいで「キセキの世代」たちの凄さがより実感できるようになります

だってスーパープレイ集って映像の中に、青峰や緑間ばりのドライブやシュートを決める選手が登場するんですよ

スーパープレイなんて言われるくらいですから、本場のプロ選手でもそうそうできることではないんでしょう
それをいつでもやってのけるなんてのは、彼らの化け物っぷりが半端ないってことですよね

で、ちょっくらメモがてらに映像載せつつ記事に書いてみました



 






まず、ヒットした中で割と気に入ってしまった映像がこれですよ


ディフェンスが置いてけぼり!NBAクロスオーバー超絶プレー2012年







ダブルクラッチアンクルブレイクなんかをやってのけています
まじすげえ


何というか、集中して見ていないとすぐ見失ってしまいそうな選手の動きは
完全無欠の模倣を発動させた黄瀬を見ているかのような感覚さえ覚えました


で、さらにすげえスーパープレーが収められているのがこれ


【NBA】 歴代スーパースター達による人間離れした技




フォームレスシュートゴール破壊、さらには火神の十八番レーンアップや、アリウープもありました




アリウープはさらにこんなプレイ集まで



NBAベストアリウープ(2010年11月)





何かもうすげえ興奮してしまって、もっと他にいろいろ…とか探してたら
こんなページがありました


実際に使用されたことがある黒子のバスケの必殺技まとめ(動画あり)

めっちゃわかりやすいww



実際の試合の様子を見てみると、作品を読んでいく上で、ゲーム中のシーンがよりイメージしやすくなりますね
今度コミックス読み返す時とか、違った気分で読めそうです

COMMENT▼

No Subject

うーん、確かに凄い(笑)
でも、この映像見てみると黒子のバスケはまだまだ表現の幅や迫力、スピード感が足りない気がします。
スポーツは違いますがアイシールド21の方がその点はとても上手かったと思います。まあ、それ以外でもストーリーやキャラも含めてすべてが黒子より一枚も二枚も上手でしたが 。

No Subject

1080Jwww

やっぱり緑間のはああなるんだなぁ。でもどれも現実にほぼ近い技が可能という点で、
藤巻先生が良く勉強している(知っている)事が伺えます。
テニヌも最初の頃はテニスだったんだけどなぁ…

バスケの上辺だけ描かれてるだけの漫画と比べられると凄く気分が悪いです

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
だいまおーさん

スピード感はマンガじゃしょうがない部分ですね。
それを見事に補完してくれたのがアニメだろうと思っております。

映像で見るような実際の試合には及ぶべくもありませんが、それでも
ドリブルやらフェイントやらの動作が動きを伴って見られたのは
スポーツ作品において大きな意味があったでしょう。

アイシールドは確かにスピード感ありましたねえ。
競技の違いでいうなら、バスケは競技自体が速さを内包したものですが
アメフトは速さが武器になることはあっても、競技自体が速いものではない、という
ことがあるんじゃないかと思います。

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
ラグエルさん

超長距離3Pなんて、実際にやろうとするならそりゃああなりますよねw
普通なら、通常と同じシュートフォームで撃てるはずがないw

ただ、映像みたいにあんな撃ち方をしてたら全然「狙って入れた」感はないんですけどw
まぐれだろって思っちゃうww

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

実際の試合の様子を、マンガと比べるのが気分が悪いということでしょうか。


バスケが大好きな方なんですね。
よかったらバスケの魅力なんかを語ってもらったりできないでしょうか。

体育の授業くらいでしかバスケを知らないので、競技のしての魅力をもっと知れば
この作品をもっと楽しむことができるんじゃないかと思うのですけれども。

バスケの魅力は秒単位での戦略と読み合いです
そして一人一人が歯車になるチームプレーです
バスケやってない友人に押し付けられて読みましたが黒バスはパスやスクリーンぐらいでチームプレーとか言ってて唖然としました
そして戦略がミニバス以下です
今後試合を全部みる機会があったらボールに絡んでいないプレーヤーの動きも見てください
その人達の立ち位置や動きも点に繋がる大事な役割になっています

名無しさんへ

言われてみれば確かに全体的な描写に欠けてますね…
私も授業くらいでしか経験ないので気付きもしませんでした。

その辺りを丁寧に描いたバスケ漫画ご存知でしたら教えて頂けませんか?

No Subject

youtubeにあった全日本決勝見てみました。
精通している方ならそうでないのでしょうが、素人には一見で追いきれない程の駆け引きがなされてました。
駆け引きにおいてはボールを持たないプレイヤーの方がやってますね。
パスを貰いに行く素振りを見せて別プレイヤーへのパスコースを作るみたいな様子もありました。
それに気付いた別のマーカーがスティールを狙う素振りを見せるとマークされてたプレイヤーが
切り込んでパスを貰いに行くとか…ダメだ上手く説明できない…

これを漫画で描き切るのは到底無理だ。作者以上に読者側が混乱する。

自分はあひるの空とか好きですが如何せん主人校が負けまくりなのでジャンプじゃ絶対に連載出来ないと思います(笑)
ストバスですがドラゴンジャムも単行本買ってます
考えてみると戦略性ってやっぱり作者が精通してないといけないし少年誌じゃ地味過ぎて描きづらいんでしょうね…

桃さんへ

読んでみようと思ったら…
あひるの空が長期休載中でドラゴンジャムも試合してなくて翌週、翌々週と取材休載…
ついてないなぁw

試し読み等だけで判断するのもなんですが…
黒子やスラダン、アイルはプレイヤーに視点を置いた作品構成。
あひる、ドラゴンジャム、ハーレムビートはゲームメイクに視点を置いた作品構成ですね。
仰る通り、後者は青年誌向けな気がします。ドラゴンジャムをジャンプに持ってきたとしても、
まあそうそうに打ち切りの憂き目に合いますね。

ドラゴンジャム。試合するまで雑誌で追ってみて、それ次第では買うかもしれません。
面白そうな感じはしましたので…

Re: タイトルなし

バスケの魅力を教えて頂いてありがとうございます。
名無しさん
おそらくこれで全部というわけではもちろんないんでしょうけれども。

やはり、速さという部分が大きいようですね。
作品においては、敏捷性を特徴にしたキャラが出てきてから速さが強調されるようになりましたが
そもそも競技そのものにおいて重視されるものだったとすれば、確かにバスケの描写は浅いと
言わざるをえないかもしれません。

マンガでは難しい部分というのもあるのでしょう。
やはり目立つところ以外の描写にコマを割くのはテンポを崩してしまいますし。

それでも教えていただいたおかげで、これからは今までと違う視点で
作品を読んでいけそうです。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/615-66c4164c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター