社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

SOUL CATCHER(S) 弦野攻略に秘められた壮大なる可能性を妄想する

2014年ジャンプ02号_sc3



最近ソルキャ記事書きすぎだろ俺


木戸先輩の攻略が終わった今週

弦野の登場で来週への引きとなり、次の攻略相手は彼であることが暗に示されました



一見すると、1人のパートリーダーの攻略が終わったことで
当然のように次の新たなパートリーダーに話の焦点がシフトしただけのようにも見えますが


意外とこの弦野というキャラの攻略には、それまでの攻略とはまた違った意味を
見出すことができるのではないかと思いました


それは、神峰にもう1人の親友ができるかもしれないということです

今は一番の理解者として刻阪がいますが、2人目の友人として弦野が入ってくるのではないかと
そんな気がしています


理由は2つありまして


まず、弦野の担当楽器
彼はコントラバスのパートリーダーです

ただパートリーダーとは言いながら、実はメンバーが彼1人しかいないために
パートリーダーの役目も担っているということで

それはつまり、パートメンバーのことを気にしたりする必要がないということですね
カリスマ的な性格も持ち合わせる邑楽先輩がパートメンバーのことを気にする描写がありましたが
メンバーが自分1人しかいないパートリーダーであれば、自分個人の感覚のみで
神峰に対する評価を決めることができることになります

邑楽先輩以外のパートリーダーたちには、メンバーを気にする描写はなかったので
これはそんなに気にしなくてもいいことなのかもしれませんが


重要なのは2つ目です

1人しかいないことでパートリーダーも務めている弦野
実は彼は神峰と同じ1年生なんですね

今まではすべて先輩相手の攻略でしたが、初めてタメな相手の攻略となるわけです

これはつまり、悩みや迷いを心の風景から見抜いてその解決に神峰が心血を注ぐというような
従来のやり方が通じないかもしれないことを意味します


だって、ねえ

同学年の男同士で仲良くなろうっていうのに、いきなり悩み相談とカウンセリングから始まるんじゃ
友情って感じがしないような気がするんですよ

刻阪の場合は、第1話ということもあって設定の説明と一気に魅せる必要があったことから
やむを得ないとも考えられますが

ここまで物語が続いてきた上でとなれば、また違ったアプローチの仕方があってもいいと思うのです



これは先日記事にした「神峰は普通に人と仲良くなることはできないのか」との疑問とも関わるものでしょう



「真摯」との表現を好んで使い、サボりぐせもあるという弦野
邑楽先輩と御器谷先輩が神峰に味方してくれた部内の投票においても、
合奏を休んで棄権したりしていましたが

例えばサボりの真相がどっかのライブハウスとかで演奏してたりしたら
吹奏楽部とは違っても、音楽という舞台は同じです
そこにも神峰の能力が活かせたりしたら

上の記事で懸念していた「物語観のぶれ」を最低限とした上で
吹奏楽部以外の世界観を作れるのではないでしょうか

そうして吹奏楽部とは異なる彼の趣味とも言える部分を共有することで
弦野との仲を深めたりできれば、これまでの「カウンセリング」とは違う攻略の様相となるでしょう


そこで必要になってくるのは、神峰の能力について弦野が知ることです

今は刻阪だけが何となく知っている状態ですが、たとえば弦野の悩みというか秘密を教えてもらう代わりに
神峰が自分の秘密として心の景色が見える能力のことを話したとしたら

その話を疑った弦野が、たとえば真偽を確かめるために客の目の厳しい馴染みのライブハウスとかに
連れて行ったりしたら



…なんかどんどん妄想が展開していきます


しかし、弦野が神峰の能力について知ることは意外といいんじゃないかと思うんですよ

現実を舞台にしたこのマンガにおいて、唯一非現実的な設定である神峰の能力ですが
作中においては絶対隠さなければならないものとして描かれてはいません

どうせ信じる人なんていないし、馬鹿にされるだけだからという理由で
神峰もあえて話したりすることはないんでしょう
ただ、バレたら誰かに何かの危険が及んだりするものでもないんですね

だとするなら、弦野に対して神峰が自分の誠意を理解してもらうための方法の1つとして
今まで自分からは誰かに話すことのなかった自分の能力について話すことは
不自然なことではないだろうと思うのです

カウンセリング的なものではなくても、真剣な気持ちをもって相手と向きあおうとする神峰の姿勢が
変わらないことも示せる手法ですね


こうした形で弦野が神峰を認めてくれるとすると、刻阪も含めて1年生同士で
なかなかの絆ができあがることでしょう


このことをさらに大きな規模で解釈するならば、時間が大きく流れて
神峰が2年生になった時に、吹奏楽部内で中心となっていくために
刻阪と弦野がサポートしてくれる体制となれるんじゃないかというところまで妄想が広がるのです

作中での時間はもうすぐ年末とのことで、神峰たちの進級までもう少しのようですし

今いるパートリーダーの先輩たちが4月になってすぐに引退するのかはわかりませんが
少なくとも新体制を模索していく段階にはなるでしょう


そこで、刻阪と弦野の支えによって指揮者として一層風格を備えた神峰が
その中心となっていこうとすることは、部にとっても作品にとってもいい流れではないかと思うのです



今度から始まる弦野の攻略にはこうした可能性が秘められているのではないでしょうか

以上、次回予告とか全然無視した妄想考察でした


[タグ] SOULCATCHER(S)




COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/578-c6d755a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター