社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

磯部磯兵衛物語が安定してきたかもしれない2014年週刊少年ジャンプ2号感想

2014年週刊少年ジャンプ2号感想

繋がる背表紙って…
繋がってねえぞ別にw
続いちゃいますが繋がってはないなw



今週のアンケ順
ワールドトリガー
SOUL CATCHER(S)
磯部磯兵衛物語~浮世は辛いよ~



その他
・ONE PIECE
・暗殺教室
・黒子のバスケ
・食戟のソーマ
・アイアンナイト
・斉木楠雄のΨ難
・特別読み切り うるし
・ニセコイ
・HACHI -東京23宮-
・恋のキューピッド焼野原塵





ワールドトリガー

やっとちゃんとした近界の説明がきたなー
惑星国家とかなんかちょっとときめく表現だ…

しかし具体的な国の名前とか特徴とかを出されると、そんなに特別な感じがしなくなるのは
仕方ないことでしょうか

とはいえ、本格的に世界観が判明してワクテカが広がった気がするので
今週の1位がコレなんです


オサムにもちゃんと呼ばれた理由と役割があってよかった…
でもどこかで指摘なりツッコミなりはできたんでしょうか
空閑はところどころで作戦の修正を言ってそうですが、オサムが「いやそこは…」って言ってる様子が
あんまり想像出来ない…w

空閑に声をかけてきた忍田さん
太刀川に剣を教えた師匠であり、ノーマルトリガー最強の男ということでしたが
ここでさらに空閑の全面的な味方であることなんかを言われると
のちのちやられてしまいそうなことになるフラグかと思ってしまうのは
考え過ぎというか、感想書きの悲しい性でしょうか

空閑は断りそうな気がしますが、あえてたチカちゃんの様子が途中で挿入されていることは
どう捉えたらいいのかな?

迅の頼み事も含めて、話がようやくしっかり転がりだしてきた感じで
いいですね、面白くなってきました


SOUL CATCHER(S)

あれ
その場でネタばらしして謝って終わりなの?

なんてもったいない…

いやいや待て待て
一番怒ってた邑楽先輩はそれでももうちょっと気にしてるはずだ
来週邑楽先輩と会った時に、何かモジモジしながらお詫びの弁当を渡してくれるはずだ

あるいは、特に変わらない様子で普通に渡されて
おかずが豪華になってるとか


神海先生信じてる


木戸先輩の資質が発露されたことで金賞となった木管六重奏
しかし結果は次の大会には進めないダメ金でした

「周りに合わせる」だけで本気を出しては来なかった木戸先輩が
初めて本気で悔しがっていたのは、やっと見つかった居場所で「自分のせいで」
目標を達成できなかったと思ったから

邑楽先輩にすがって号泣してるシーンは、実はもう1つ意味を含んでいますね

少し前までダメ金を当然と諦めて、上を目指す気持ちを失っていた邑楽先輩が
今や人の悔しさを一緒に受け止められるだけの気持ちになっていること

もともとそうした器の大きさはあったのでしょうが、それでも
実際にそうするだけの気持ちになれていることは、「吹奏楽のための木挽歌」のおかげですね

さりげなく邑楽先輩の変化も描写してくれた良いシーンでした


金管の金井淵先輩は何か強く神峰を拒絶しすぎてる感じですね
ウインドフェス後に心象風景の描写はありましたが、未だにその真実はわかりません

あるいはパートリーダー攻略のラスボスになるんでしょうか


次の攻略は弦野
1人しかいないというコントラバスのパートリーダーですね

確か神峰と同じ1年だったと記憶してますが…
さあ彼の風景はどんなんでしょう




DQNに絡まれてた娘がクラリネットとユーフォニウムの娘だと知って
ユーフォニウムといえば未攻略の金管楽器…ついに金管に進出か?!っていうワクテカと同時に

クラリネットって邑楽先輩のとこじゃん、っしゃキタコレ次回は邑楽先輩との絡みと
金管陣営との絡みがあるわけですね、わかります

なんて、あの1コマだけでそんな気分になったのに、弦野が現れて若干ガッカリしたのは内緒です


磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

徳川将軍15兄弟に爆笑www
今週はそれだけでお腹いっぱいの気分ですw

歴代将軍15人を15兄弟にしちゃうってどんな発想だよwww
じゃあ親父誰なんだwwww

大名行列ならぬ将軍行列とか
「あいつ頭高くね?」とか
「処す?処す?」とか

今回はキレてますなあwwww
処す?てwww
なんか響きが好きだwwww


巻末は中島登場で、落ちてた春画を「俺が後で捨てておく」といって奪い合うプライドを掛けた戦いでした
きっとジャンプを読んでる誰もが経験のあることでしょう

しかしそんな身近さよりも、ここでの一番の見所は団子屋の看板娘ちゃんですね

落ちてた春画をどうこう言って、必死に取り繕おうとする磯兵衛にも中島にも
特に何を思うでもなく、また春画自体に嫌悪感を示すでもなく
「すごくどうでもいい」という一切興味なしのリアクション

これがあるから春画を奪い合う2人の滑稽さがより際立つというものです

やはり団子屋の看板娘ちゃんは侮れんな…!


ONE PIECE

回想じゃなかったー!

どころかさらに事態をカオスにしてきました
ここでビッグマムまで加わってきますか

コロシアムにいるルフィとゾロと錦えもん
トンタッタと反乱に参加するフランキーにウソップにロビン
サニー号にいるナミとサンジとブルックにチョッパー

ドフラミンゴと藤虎とビッグマムを同時?に相手することになりますが…

七武海と海軍大将と四皇を同時に相手取るとか豪華すぎんだろw


かつてないほどの盛り上がりっぷり
これはまだ回想に入らないで欲しい…


暗殺教室

渚の抱いた殺意は寺坂によって中和されました

一時の衝動で何もかも台無しにしようとしたのを止めてくれるクラスメイト
いいですねー


そしてその友から受け取った武器が、教わった必殺技の発動を可能にする

ロヴロが示した3つの条件の内、自分で用意することができるのは武器だけなんですね
後の2つはどちらも相手側の問題で

さあて、どんな技なんでしょう
これだけ不愉快に描かれてきた鷹岡が、ボロクソにやられる様を期待しましょう


黒子のバスケ

揺るがない王者の態度
相手を侮るでもなく、自らを驕るでもなく
ただ現状においてベターな策を取り続けることによる流れの奪取力は
やはり抜群なのでしょう

赤司と対峙し続けた降旗くんがものの数分で体力を使いきってしまったのも
頷ける話です

現状で最善の策だったとはいえ、捨て身の守りしかできない自分の実力が
それでも悔しくて仕方ない
降旗くんの呟きは、そのまま黒子の心情でもありました


黒子復活はまだまだ先となるでしょう
次は五将の能力説明の展開のようです

まずはオネエキャラの…えーと誰だっけ?
やべ、五将たちの名前全然覚えてないな


食戟のソーマ

調理はもう終わって審査に入りました

明らかに噛ませだった最初の彼は、それでもこの選抜に選ばれるくらいの素質を
持ってるんですよねえ

悲しい…


くさやでカレーが美味しくなるとか全然想像がつかないwww

今週と来週はリアクション描写の回になるのかな?
双子姉妹さんにしっかり働いてもらいましょう

それと、えりな様の秘書ちゃんはようやく次回名前がわかるのかな?


アイアンナイト

1話の引きから1ヶ月経って、だいぶ逞しくなっている様子の鉄兵

設定と街の状況的にほかにキャラがいないために、どうしても彼の口から色々と
説明をさせないといけないのはわかりますが、それでも読んでてちょっと不自然かなあと
思っていたら、実はそれも込みで演出だったのは上手いですね

彼が1人でいることの強調


独り言が多くなるな…と自覚していながら、それでも寂しさを紛らわすために
喋らずに入られないけど、返事も反応も返ってこないことが
よけいに寂しさを煽って、さらに呟きが増えるという悪循環


物理的な絶望状況だけでなく、心情的な暗さも描く見事な演出でした


そんな暗さだからこそ、「ちょっと無茶すりゃ間に合ってた」命を助けられなかった
鉄兵の後悔と絶望がさらに強調され、同時に最後に現れた兎ちゃん?の白さが際立つんですね

彼女は読切にもいたキャラですね

2話目としては悪くない構成です


この暗さと白さのメリハリがいい感じに続いていけたら、ひょっとするとひょっとするかも


斉木楠雄のΨ難

文化祭での鳥束バンドはどうなったのかと思ってたら…
まさかの事態になってましたw

口寄せでモテモテとはやりますな


自分の能力を真っ当に?使ってるので確かに斉木がどうこう言うものではないですけど
わざわざ女体化して追いかけて見るあたり、それでも気にしてはいるんですね


しかし、結局女の子たちに逃げられた鳥束が
斉木に「そのおっぱい本物っすか」て聞いてるのは素できもかった…



特別読切 うるし 那波歩才

見たことある名前だよなと思ったら、『ひらけ!にょらいくん』の人でした


通りで…


読みにくかったわけだ…





いや画力がどうこうとかではなくてですね

キャラも構成もさっぱりわかんなくってですね


血のついた将棋盤とか「神の一手」とか、何かヒカ碁をネタにしてた冒頭はいいとしましょう

いけないのはまず構成
序盤の漆と勘太が出逢ってから次に昇段戦トーナメントが始まるまで

まだ2人がそんなに仲良くなったわけでもないのに、いきなり戦いが始まって
「彼らは順調に勝ち進み、無事に最終日前日を迎えた…」って急すぎるんです

起承転結で言えば、起の後に承がなくていきなり転が来た感じ
話の序盤が終わって、中盤がなくていきなり終盤になっちゃったような


感情移入も何もあったもんじゃありません


その上、そこに出てくるわかりやすいクズな悪役キャラ
こんなのを出してきたおかげでさらに話がぼやけてます

クズキャラを主人公がスカッと倒すカタルシスを描きたいのか
それとも将棋の面白さを描きたいのか

この作品はどっちもできていません

どっちをやろうとしたのかはよくわかりませんが、とりあえずどっちも上手くいってません

将棋を描くには対局の様子が中途半端です
盤全体の駒の配置を描いたり、次の手以降を先読みした棋譜を描いたりしてるところは
難しいところに挑戦していていいと思いますが、それでもよくわからなさが先に来てます

戦法の名前もいくつか出てますが、それも結局どんなものかはわからずじまいで


さらに一番わかりにくいのが主人公です
いきなりナレーションで説明が始まる二重人格?の設定

序盤に伏線めいたものはあったとはいえ、唐突というより後出し感さえありました
それで主人公覚醒してなんか決め台詞吐いたのに
そこからまだ相手のクズキャラが優位なセリフを口にしてたのは
もう冗長でした

「まだ何か続くのかよ」というのが先に立ってしまって…




「にょらいくん」と雰囲気は変わってないように感じましたが
そういう作風ということなんでしょうか
俺には今のところわかりにくいとしか思えないのですが…


ニセコイ

るりちゃん回

ということは誰のターンでもなく、単なる一休み回ということでしょうか

しかし、水着が出てきても嬉しくないマンガ…
なんだよなあこれ

古味先生の絵柄にはエロは全く皆無ですね
喜んでる舞子にさっぱり共感できない…!


しかし、別にいいのです



小野寺さんが

可愛い



ただそれだけでこのマンガには価値があります


HACHI −東京23宮−


テッキンのことを話しましたか

情報ソースは明かさないと言ってますけど、やっぱり自分の能力なのか?


テッキンの生存を知って動揺するハチでしたが、今すぐにでも行きたい衝動を抑えて
まずはセレーネと共にあることを決めたようです

まあ1人でたどり着けるわけもなし、やっと地に足の着いた展開になってきました
ある意味もしかしてここまでがプロローグか

ずいぶん長かったな…


恋のキューピッド焼野原塵

1人目は堅物の風紀委員長

まあ王道なところですね
ロンシアの眼でバックボーンまで一気に説明して
好きな人?まで判明した、でいいのかなこれ

勢いは今までと変わらず、それでも新キャラの説明はしっかりやったことは
なかなかの構成でした

しかし、ここでの問題は「別に相談が来てるわけではないこと」ですね
そこでの押し付けがましさをいかに少なくできるか、が鍵になる、と、思う、んですけ、ど…



…できるわけないよなあ、塵が(;^ω^)


 




COMMENT▼

No Subject

打ち切り2つに対し新連載1つ。これは体制を変えてきたのかも知れません。
空いた一つを読切ワクとして頻繁に載せ、結果の良かった人に新連載を与える。
終わりを迎えた看板が幾つか(幾つも?)ありますからねぇ。
少し穿った見方をすれば、消費税増税を見据えて原稿1つ分価格下げる気かもw

ソルキャ、まさかのダイジェストw
邑楽先輩が「こないだはゴメン…」とお詫びのお弁当を渡す。
とかで挽回するしかないでしょう(何をだ)

ワンピはもしかしたら回想もう入れないかも知れませんね。
事実の度に誰かの口から語られる、それで済ましそう。
にしても、この展開は面白い。燃えてきました!
ナミって船員の中で一番人情味ありますよね。最近、ナミの一言で
方針を決める展開がちらほらあって、もう船長ナミでよくないか?w

ヤバイ、渚がダークにカッコイイ。でもどこか中性的なのは変わっていない。
この画力は流石です。さあ、そのクズの心を折り砕いてしまいなさい!

振旗のこの流れ、現3年卒業後も連載続行の複線か?と思ってしまうのは
やっぱ期待しすぎですかねぇw

アイアンナイトは化け方次第で看板張れそうな気もしてきました。
希望と絶望の描き分けが結構上手い。持ち上げてから落とす。
その落差が大きければ大きいほど後が映えるんですよね。
絶望の中から希望を見出し、前向きに考えた結末がアレ。
そりゃ堪えるってもんです。自暴自棄にもなりますよ。
久々に手応えバッチリな新連載だと思います。

うるしはもう、突っ込み所しかない感じですね。
多少将棋かじった人間でも、あんな十字型に持ってく途中で気付くわ。
それと、読みで角成→同玉とありましたが、盤面見ると不可能ですよね。
67角からどうやって玉で取れる。そもそも角打ちしてんの玉じゃない?
せめて棋譜を雑誌から拾って使うくらいの工夫は欲しかった。

ニセコイはいつになったら休み回から出るんでしょう?w
そろそろ本編に戻りましょう。

HACHI、焼野原ともに少し盛り返して来ている気がします。
頑張って欲しいですね。


>rexelさんへ
この作品・作家がシリーズのはねバドのとこに足したコメント
読んで頂けましたでしょうか?読んで頂けたのなら嬉しいのですが…
ちょっと面白さヤバめな(個人的に)作品なんで良かったら是非。

Re: No Subject

また長文でコメントを頂きましてw

新体制なんですかね?
読みきり枠を増やすことでチャンスを増やすのはいいと思いますが
掲載する基準については一考の余地がありそうです。

下げずに、そこに到達する原稿のなかった週は読み切りなし、
あるいは下げて、とにかく載せてみて反応を窺う

どちらも一長一短とは思いますが、できることなら「褒めるところのある作品」を
載せて欲しいですね。
作者本人が気づいているかどうかは別にして、その作品で長所と言えそうな部分を
見つけられる読み切りなら、その方向性をベースにしてリメイクするなり別作品に掛かるなり
できそうですから。

アイアンナイトは、2話めとかにして期待できそうな雰囲気がする新連載が
ひさびさに出てきた感じですね。
こんな感じで展開していってくれるなら、むしろ先行していたHACHIのほうが
厳しくなっていきそうです。


追伸?につきまして。
もちろん読んでおりますよ。
返信をしていなかったのは、記事の内容に触れたものではなく、作品の純粋な推奨コメントだったので
その作品を買ってからのほうがいいかな?と思っていたからなのです。
「買ってみようかリスト」の中には入れておりましたので、アニメも始まるというこの機会に
注文してみようと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/575-d235e3e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター