社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

SOUL CATCHER(S) 神峰が皆を怒らせた事実に見る3つの重大点

部を辞めようとした木戸先輩のために、神峰が他の部員たちに一芝居を打った結果
目論見は見事に成功した今週

心が見えてしまうために今までは誰の心にも向きあおうとはしてこなかった神峰が
あえて誰かを怒らせてまで1人の心に向きあおうとしたのは、彼の精神的な成長を端的に示しているでしょう


しかし、ここでどうしても気にしておきたいことが3つほど




1つ目は、「神峰はわざとみんなを怒らせた」ということです



読者と刻阪にはすぐにわかったことで、そこに窺えることの1つは、感想もすでに書きましたが
あれほど心を向き合うことを嫌っていた神峰が、言わせたい言葉を狙って誘導できるほどに
人の心理に精通しているという点でした

見えた心の状態と、周囲の評判からその景色の真意を推測して
彼女に聞かせたい言葉と、その言葉を誰が言うのが一番いいのかまで考えて
それを果たすための行動を始めた神峰

「あいつはここに必要だ」ということを言わせるのに、わざと自分が悪役を演じて
「要らない人です」と繰り返し、感情を逆なでするという荒業に出ます


その計画は見事に当たり、狙い通りの言葉を言わせることに成功しました



しかしここで2つ目として気にしたいのが、どうして神峰は
自分がそんな風に悪役となることで皆の怒らせることができると思ったのか、ということです


これはおそらく、神海先生はわかっていてわざと描いておらず
しかし神峰自身は気づいていない、というところになるんじゃないかと思うのですが



怒らせるにもそれなりの関係が必要なんですよね




道端で因縁をつけて相手を怒らせるのは簡単でも
「この人は要らない」という意見に「そんなわけはない!」って本気で反論するほどに怒れるのは
「要らない」って言ってる奴を無視できない、あるいは重要な奴だと考えているからです


どうでもいい奴が言ってたら、「何か喚いてるよこの人」って全然気にしてもらえないでしょう

そうならずに、神峰の言葉に皆があれだけ怒りを露わにしたのは
神峰への信頼と評価の裏返しなのです

だから金管のパートリーダーたちは反応を示さなかったし
だから邑楽先輩が一番拒否反応が激しくて、6人のど真ん中で大声をあげていた



彼らの怒りの大きさは、そのまま神峰に対する信頼の大きさを表しているのです




そして、おそらくですが神峰はそこまで気づいてません

気づいててやってたらちょっと打算的で主人公にしてはイメージ悪いですし
そんなことを気にすることなく、ただ一番いいと思える方法を実行しただけなんですよね

だからこそ人の心と真っ当に向きあおうとする神峰の誠実さが強調されるし
その気持ちが通じた時のカタルシスも大いに感じられる


そして、その後神峰の真意に気づいた皆がどう思うのかというところも重要ですね
「実は」を知って、あれだけの怒りを見せてしまったことをそれぞれどう思うのか

神峰は自分がそう仕向けたのだから気にする必要はないと言うでしょう
しかし、それで普通に納得してしまうようじゃキャラとしてあまりに薄い

特に、強い強い拒否反応を見せていた邑楽先輩ですよ
惚れてる男に親友を侮辱されて激高した彼女が、神峰の真意を知ってどんな反応を示すか

お弁当のおかずがランクアップするくらいで済めばいいですけど
家にご飯作りに行くわ、なんてことになったら…



バッチコーイ






奏馬先輩や音羽先輩と一緒にいた金管陣営が無反応だったのは
彼らが神峰のことを全く気にしていないからですね

ウインドフェスであれだけの評価を受けたとは言っても、自分たちにとっては
どういう奴なのかまだよくわからない、なのに単なる初心者の新人ではなく
指揮者志望といって自分たちをまとめようとしてる

いきなり現れた得体のしれない奴に警戒と拒絶反応を示しているのですね



そんな金管陣営に対する橋渡しに木戸先輩がなれるんじゃないかというのが3つ目です


だいたいどんなグループにも溶け込めるし、合わせられる
ということは、つまり神峰の評価をめぐって真っ二つに割れている木管楽器陣営と金管楽器陣営に対して
その中間、あるいは仲介となれるんじゃないかと思うのです

木戸先輩の楽器はオーボエで、種類としては木管楽器となりますが
金管楽器にはトランペットを持つ部長の奏馬先輩がいます

奏馬先輩もまた、顧問の谺先生から「誰よりも誠実に人に接してきた」という人当たりの良さを買われて
部長に任じられた人物であり、周囲に合わせるのが上手い木戸先輩とは相性が良いんじゃないかと思うのです

この2人が、神峰が金管楽器陣営へ接触するのに橋渡しをしてくれるとしたら
非常に自然な流れで展開の流動を図れるのではないでしょうか



…とまあ、今週の展開には割と今後に関する重要な描写があったのではないかと

そんな妄想をしてみました



だって、読み返してたらやっぱり熱い展開だって思って盛り上がってしまったんですもん


[タグ] SOULCATCHER(S)




COMMENT▼

No Subject

家にご飯作りに行くわ、デザートはわ・た・し。ですか?www

神峰への信頼があるからこそ強く反発する、確かにそうですよね…
流石の着眼点ですね、全く思いもしなかった。
もうこの際だから神峰と邑楽先輩も橋渡ししちゃって欲しいところですw

No Subject

そうなんですよ、そうなんですけどねー…
お前だって吹奏楽部員だろうが!!
そう言いたくてしょうがなかったです

こんなことを出来る様になった神峰の成長を感じると同時に
今まで存在自体を蔑ろにされてきた故の

無自覚で危険な自己犠牲

とも感じました
もっと自分を大切にしろと、神峰に怒りたい
…………その位主人公に、この漫画に感情移入しています
神海先生の手のひらで転がされてますね完全にwww

Re: No Subject

それなんてエロゲですか?
ラグエルさん


もっかい読んでいて、新たに気が付きましたが
「このメンバーに木戸先輩は必要ないス」と神峰が言った次のコマ
それぞれのメンツのファーストリアクションが描かれていますが、
邑楽先輩だけ、感情の起伏を表す集中線が顔の上まで描かれていました。

他のキャラは集中線が顔の上に被ってはいないのですが、邑楽先輩だけ被ってます。
これはつまり、やはり邑楽先輩の反発が一番強いことの表現なのだろうと思います。
7人の真ん中で声を荒らげていたことといい、神峰の言葉に邑楽先輩が一番嫌悪感を持っていることは
神海先生も意図して描かれていたんですね。

そして、反発の強さは信頼の大きさの裏返しですね。

つまりそういうことですね。


頼むぜ木戸先輩!

Re: No Subject

コメントありがとうございます。
レインさん


無自覚で危険な自己犠牲、とは確かにその通りですね。
これは私も気が付きませんでした。

今まで自分の能力を正しく評価することなく、ひたすら嫌悪して
そして何もできない自分自身をも嫌悪してきた神峰は、自分を犠牲にすることに
躊躇がないわけですね。

刻阪に導かれて「人の心」から逃げないことを決めた時
神峰は自分がどうなることがあっても、目の前の心に向きあおうとする。

このことは、先々神峰が自ら決定的なピンチを招くことになりそうな予感を孕んでいますね。
その時部のみんながどうやって彼を助けてくれるのか。

あるいは今回の木戸先輩と似た展開になるんじゃないでしょうか。
「すぐそうやって自分を犠牲にしようとするけど、お前だって大事な大事な仲間なんだよ!」
みたいな。

やっべ燃える

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/571-19152ee9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター