社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

それでも俺が「妹」より「幼なじみ」が好きな理由

アニメを見てもマンガを見ても
なんだかどこもかしこも妹ばかりのような気がする


その妹に取って代わられた属性が、幼なじみだ

大学時代の同志だった幼なじみ属性を持つ男が言っていたが
妹とは、幼なじみの上位互換であるらしい


朝起こしに来るのも
一緒に登校するのも下校するのも
親がいないからと晩飯を作るのも

すべて幼なじみより妹の方が自然なイベントになるとか何とか

一緒に過ごした思い出の数も、同じ家に暮らす妹の方が幼なじみよりも多くなる

確かにその通りなのである


そしてそんな風であるが故に、たまに出てくる幼なじみヒロインでも
主人公を「お兄ちゃん」と呼びやがることを
そいつはこれ以上なく嘆いていた

何のために本名プレイをしているのかと言うのである


そいつは俺をこの道に目覚めさせるきっかけを作ってくれた
いわば師にもあたるような男で、当時はその言葉の意味がよくわからなかったが
今ならよく理解できるのである


そのせいなのかわからないが
妹よりも幼なじみの方が個人的に萌えるのである


その理由は、「兄妹」よりも「幼なじみ」の方がより特別な気がするからであろう


兄妹は、極端に言えば血の繋がりがあることのみでも成り立つものだが
幼なじみはそうはいかない

「幼なじみ」は、過ごした時間の量や質によって成立するのである

友達と呼ぶには相手の深さをよく知っているけど
家族と呼ぶ程には相手に全てを晒せない

幼なじみ

友達よりは特別で
家族よりは気を遣う

友達以上家族未満とでも言えるだろうか

人と人との関係性として、確かに存在するもの
そこには、2人が共有した確かな時間があるのである


親の再婚による連れ子だったりで、徐々に時を過ごしていくうちに「兄妹」になることもあるが
それは、「兄妹」という枠が最初から存在し、時間の経過によってその中身が埋まっていくに過ぎない

対して幼なじみは、最初から幼なじみになろうとしてなるものではない
結果としてそうなるものなのだ

ただ、だから妹よりも幼なじみの方がヒロインの属性として優れているなどというつもりは全くない

「だから俺はこっちの方が好き」
それだけである



 




COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/331-9e554ce4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター