社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

僕があのジャンプマンガの感想を書けない理由

毎週すべてのジャンプ連載作品の感想を書いてらっしゃるサイトさんとか凄いですよね

私の場合は毎週書いてはいますが、全作品ではありません


その理由はギャグマンガの読切りだったりすると読み方がよくわからなかったりだとか
時間的な問題だったりとかで、今大体書いてる作品たち以上の数の感想を書くことは
地味に難しい状態です


大体いつも感想を書いてない作品は、NARUTOだったりONE PIECEだったり
こち亀だったりトリコだったりめだかボックスだったりします


NARUTOは第1話から読んでいて、私の母親なんかも大好きなマンガなのですが
なぜかいつのまにか話について行けなくなってしまいました

何の話が展開しているのかさっぱりわからない
そんな感じで

なので正直言って今、毎週のジャンプでNARUTOは読んでいないも同然の状態です


ONE PIECEはその逆で、話の展開はしっかりと理解していて
ついて行けないとかではなくむしろバッチリついて行っているが故に
あれこれ考えたり突っ込んだりせずに、ただ受け身で楽しみたいという感情が強いのです

だからアニメや映画はともかく
各連載話についてはレビューを書いてないことに後悔など微塵もないというのが
正直なところ

NARUTOには多少ばかり後ろめたさがあります

どうしてついて行けなくなってしまったのだろうと


こち亀は、NARUTOとはまた違った意味で読んでないも同然のマンガです
悪い言い方をすれば、打ち切りレースからほとんど除外された大御所の作品として
色々と好き放題やっているというか
個人的にはそれよりも新進マンガ家さんの読切りを読みたいんですよね

トリコやめだかボックスは。ONE PIECEとは違う意味で
受け身で読んでいるマンガです

それは、作品を楽しみたいからあえて何も考えずに読んでいると言うよりは
考えても仕方ない気がするのが強いような印象を持っている作品だから
特に何も考えないで読んでいる、というのが正しいかもしれません

この2作品にどうしてそう思ったのかもいまだよくわからないんですけど

めだかボックスについては原作の西尾維新先生の言葉遊び要素や
設定の付加の激しさなどに良くも悪くも思考を停止してしまっているのかなと
思ったりもします

トリコについてはどうしてなのか、自分でも思い当たることがないんですよね

あんなことをやらかして前作を打ち切られたしまぶーが
またジャンプに帰ってきたということで
最初のうちから結構期待していた作品で
読んでいくうちにその魅力がなくなったというわけでもなく
コミックスも実は全巻持ってたりもするんですが

なぜか毎週のレビューでは感想を書くような気持ちにならないのです

トリコのアニメも、なぜか途中から見なくなってしまいました
一体どの辺から見なくなったのかも、もはやはっきりしませんが
とりあえず、フグ鯨あたりは見てた記憶があります
えっらい序盤ですけど


それ以外に感想を書いたり書かなかったりする作品があるのは
単純にその時の気分だったり時間的な問題だったりするだけですね


ただ基本的にはジャンプ連載作品は全部読むというのがポリシーというか
俺のジャンプスタイルなので
これからもそれは貫いていくことでしょう


感想を書いてないからと言って、あのマンガ嫌いなのか…とは思わないで欲しいです


ただ、何を言っても「面白いマンガを読みたい」と言う気持ちだけは
きっと皆さんと同じです





…全作品のレビューを必ず書いてらっしゃる方々は
どんな風にやってるんですかねえ?




 




COMMENT▼

めだかボックスについて

名前の場所の、ジャンプスレにて

「めだかボックスは話は面白いのだけど、何がしたいのかさっぱりわからない」

と言う意見が相次いだため、私が

「完璧な人間は存在しない
またダメな人間も存在しない

ということが言いたい作品だと思っている」

と書き込んだところ、「読解力すげえ」
と返ってきたので、この読み方は当たっているのかな?と思ってコメント残します。

ついでに

「完璧なめだかちゃん
平凡な善吉
負け組の球磨川
全知全能の安心院さん
影武者の不知火

このあたりが話の中心だし、結果を見ればわかりやすいよ

完璧が平凡に負け、
負け組も完璧に勝ち、
全知全能も唯一できないことがある
影武者は本当の自分になる

そして今週の「この学園に雑魚などいない」というセリフ」

この書き込みにもすごい、と返ってきたので当たっているのかわかりませんが、参考までに。

めだかボックスはすべてのキャラを、それこそ雑魚キャラまで全力で描いてしまうため全体像がぼやけてしまうのではないでしょうか。
全力で読むほど解りづらくなるといか。
私は言葉遊びなど飛ばして軽く読んでいるので、単純で奥深い話だな、と感じています。


サイト主様がその辺りのことは理解していて、
もっと深くに隠された意味が知りたい、と思っているのであれば、
余計なコメントを失礼いたしました




余談ですが、「ワンピースと同じ理由で感想を書いていない」
と書いているハイキューの、コミックスを買っていらっしゃるのか気になっています。
5巻に書き下ろししてある、「ページの都合上本誌では削った3ページ」に感動したもので、主様の感想が知りたいです。

No Subject

例えば斉木とか暗殺が読者の中で常に70点~80点取れる漫画だとしたら
めだかは0点か100点かにキッパリと分かれる作品だと想います
そういうのは書けなくても仕方がないんじゃ・・・とは想います

ちなみにタカマガハラもそういう作品だったかなー、と

Re: めだかボックスについて

コメントありがとうございます。

大型掲示板てアレでしょうか。
2番目のちゃんねる。


ご指摘の内容は確かになるほどと思わされました。

私の場合もそこのスレ住人たちと同じで、そこまで読み解くことができずにいた状態だったと思います。
言葉遊びや色んな設定をあまり気にしないようにしてみると、そんなメッセージが見えてくるのですね。

どの辺が重要な部分なのかがよくわからないまま一応読み続けていたのですが
そうしたことだったということを前提に読んでみればまた違った気持ちになれそうですね。

わかりやすいご指摘とご洞察を教えていただき、ありがとうございました。


ハイキューは、5巻までを一気に注文している状態です。
コミックスを買おう買おうと思っていながら、何となく先延ばしになっていまして、
こちらのコメントを見てやっと踏ん切りをつけました。
そんな描き下ろしもあるとは非常に楽しみです。
もっと早く買っておくべきだった…

Re: No Subject

しびれクラゲさん
コメントありがとうございます。

評価が二分するというのは確かにその通りの気がしますね。
「理解るか理解らないか」で評価が変わるというか。

タカマガハラは、私の場合は「理解らない」方だったのですが
いくつかのサイトで絶賛されている感想を見たこともあり、「どの辺が…?」と
疑問に思ったりもしていました。

どっちのタイプの作品がいいのかはさっぱりわかりませんが。

あるいは作者が強烈な個性を持っていると、評価の二分する作品が生まれやすいかもしれないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/311-6a4bd9ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター