社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

ジャンプVS-バーサス- 感想

ジャンプVS-バーサス- 感想

1個ずつ…とか思っていましたが
結局頑張って残り全部書いてみましたよ

一押しだったので『DAME GAME』の感想は先にこっちに書いてます


森ガール久美子ちゃん 大石浩二

バトルものというコンセプトの雑誌にあって
ギャグとしてそれを全否定したこの清々しさ

上手いなあ大石先生

それでいて久美子ちゃんはしっかり可愛くて残念な女の子だし

オチもしっかり某方面とのバトルを予感させる締め方でw

いやぶっちゃけほんとに面白かったのでアンケ2位なんですよ


ステルス交境曲 原作成田良悟 作画天野洋一

天野先生やっぱり絵きれいですなあ


話の方も実に完成度高くまとまっています

敵からの護衛を依頼した少女が実はその敵本人で主人公を狙っていたりとか
でも結局別の違う本当の敵にやられて、主人公と共闘したりとか
最後には主人公と同じ会社に属しちゃったりとか


二転三転する話には意外性がしっかりあったんですが


最初に護衛を依頼した少女アリスが主人公を狙っていた正体を明かす時
ちょっと悪役風に描きすぎているかなあという印象を受けました

その後味方に裏切られる形で劣勢に転じたり
最後には主人公と同じ会社に所属するようになる流れがあるのなら
ここでの描き方はもう少し抑え気味でもよかったのではないかと

ここでのアリスの正体明かしはすごく少年ジャンプっぽいんですよね
おそらく少年ジャンプを読み慣れている読者を想定しつつ
しかしその後にもさらに話がひっくり返ることでそんな読者にもっとインパクトを
与えようという発想だったのではないかと想像するのですが

どっちかというと中途半端な印象も同時に受けるというのが正直なところです

ただそれを差し引いても面白い作品でした

ラストで主人公と同じ会社に入社したアリスが
主人公の営業成績を早くも抜いちゃいました…というオチも
微笑ましくてすごくマル

色んな種族が制限など何もなしにいっぱい存在するという世界観も
シンプルながら広がりを持っていそうで、非常に連載向きに仕上がっていると思います


改造人間ロギイ 三木有

2年前にも同じタイトルの読切りを発表されていたようですが
設定は若干変わっているようですね

しかし主人公ロギイのキャラ性は変わっていない様子

粗暴で大雑把な優しさを持っているんですね


今回の読切りで気になったのは、バトル描写にページを割きすぎて
ロギイと少女の触れあいがかなり簡略化されているかなということです

少女が何かに傷ついて
ロギイがそれに怒って
彼女を取り戻す流れが

何だか唐突すぎるような感じでした

読後感は悪くないのにそこだけが気になって


あと、前の読切りも読んでて気がついたのが、終わり方です

まるでただページの切れ目のような終わり方なんですね

次のページをめくったらそこに続きがあるかのような
こういう余韻を残した終わり方はなかなかできないことじゃないかと

もう1つ別の読切り「宮浦さん」の時は普通の終わり方をしていましたので
狙ってこうした終わり方ができるように構成しているとしたら
結構センスのあることをやっているんじゃないかという気がします


アイアンナイト 屋宜知宏

わあジャンプっぽくない


ヒロイン殺されて
もはや意志もなくしたかもしれない状態で
何年経っても彼女の言葉通りの行動をとり続けて
伝説の鬼と呼ばれるような存在に


たとえば主人公となるアイアンナイトのバックボーンとして
回想の形で今回の話があったとしたらジャンプっぽくもあり
主人公のキャラ性の説明にもなったでしょう

しかしそれを現在の時間軸で描写し
それからしばらく経って…
の形でもう心もなくしてしまったような主人公の状態を見せることは

主人公への感情移入を妨げているような感じなんですね


なぜかと言えば、物語がそこから先に続く気がしないのです

同じ「仲の良かった少女を死なせてしまったこと」をバックボーンとして持っていても
その見せ方が回想であれば、その出来事に基づいて何らかの行動なり覚悟なりを
感じさせることができます
平たく言えば、「そこから先」があるような気がするのです

回想として「思い出している」ならばそれだけの意志と心が残っていることになるからですね
あるいはその回想を聞いている「別の誰か」の存在も想像できることでしょう
だとすれば、その者とこれから何をしようとしているかというところで
やっぱり「その先」がありそうなのです

対して、現在時間で見せられて「それから数年後」みたいな形で
主人公の姿を見せられると

そこで話が完全に終わってしまったような印象しかないのです

回想として思い出すこともなければ
回想を聞いている人もいない

意志をなくした主人公1人だけという印象が強すぎて
話がここで終わってしまっているんですね

あるいは、そういう主人公の姿を描きたかったにしても
世界観というか設定の説明が少なすぎて
「そんな世界にただ1人特異な存在」としての主人公にも実感がないんですね


…いろいろと小難しいことを言ってますが
要はヒロイン殺すなよ…

ってことです


ここだけの秘密 岩本直輝


岩本先生新作読切り

ちょっと作風変えた?


純情な男女のコンビが中心となるのは変わってないようですが
雑誌のコンセプトに合わせたのか
少年ジャンプじゃないからなのか
ちょっとばかりグロくなってますね

主人公の頭パカーは確かにいかんだろ…w


しかしそれよりも不自然さが否めなかったのは「ニンゲン」の設定ですね

人に変身できて
人を食料として
結婚もして子供もいて
今やその数世界で3億人とか

学園退魔ものとしては化け物が人に紛れて人に変身できて、というのは
よくある設定ですが、結婚もいて子供も作って3億人とまで言われると
まったく現実味がないというか、きょとんとなってしまうというか

学園退魔ものの形に似せつつ、それとの違いを出そうとして
変な方向にいっちゃった…みたいな印象を感じます

岩本先生の読切りだけに結構期待はしていたのですが
ちょっと違う…かな…?

今度ジャンプ本誌の方でも読切りを載せてくれるそうなので
そっちを楽しみにします


パラサイトB 石山諒

特殊能力のモチーフに昆虫を使ったこのマンガ

昆虫の持つグロさもさほどなく
真っ直ぐな主人公がいい読後感を生み出してくれていました

とりあえず祢六さん可愛いよ祢六さん


もう少し画力を上げた状態でもう1回読みたいと思いました


EGG KNOCKER 原作古橋秀之 作画ミヨカワ将

なんだろう
似たようなマンガを何かで見たことのあるような感じが

ミヨカワ先生の描く女の子が可愛いのはよかったので
そこから攻めて欲しい気がしないこともなかったり

今回の話自体は可もなく不可もなく…というか
いい印象もなければ悪い印象もないんですよね

なぜかはわかりませんが

ミヨカワ先生の違う作品を見てみたいかな


怪物監獄 大須賀玄

これも学園退魔ものの部類に入りますかね

業魔と呼ばれる人を襲う怪物を捕まえて、監獄に入れて更生させる
時には監獄から呼び出して業魔を捕えるのに戦わせる

日常生活ではありえないくらいダメダメな主人公の少年が
獄長をやっているから、一度間違えて業魔になってしまった元人間たちを
処刑できないというのもわかりやすい理由でした

が、業魔になってしまった彼らがやってしまった内容によっては
更生という考え方がふさわしくないと感じられる場面が出てくるかもしれません

あるいは、そうならないために必ず取り返しのつかなくなる前に取り押さえることを
主人公が目的としているならいいんですが
今回の描写の中ではそこまでは言われてませんでしたね

業魔になる人間を創り出す変なのがいたあたりは、アクマを生み出す千年伯爵みたいで
D.Gray-manと似てるような感じでもあります

それからどうしても気になったのは、ヒロインを好きすぎたあまりに業魔になって
主人公に捕まってしまった黒田くん

クラスメイトたちは彼が急にいなくなったことに特に疑問とかないんでしょうか


ヨアケモノ 芝田優作


これなんてシャンクス海賊団?

いや完全にそのままでしょこれ

ONE PIECE第1話の山賊に笑われまくったシャンクスたちと
それに怒るルフィの図そのまんまですよ

新撰組のモチーフも何だか良くある域を出ていないようで
ちょっと物足りない作品だった感じですね


かちぐみ! 三浦悟

なんでしょう
絵が下手なわけではないのにすごく読みづらい作品でした

きっと話についていけてないんです

弱虫を克服したいという少年の気持ちは分かるのに
そのために不良ばかりいる学校にあえて進学した決意も
毎日体を鍛えている努力も
とってもいいと思うのに

その彼と知り合うもう1人の男が全然分からない奴で


とりあえず何か覚醒したら性格も腕っぷしも変わると言うことは分かったんですが
で?っていう…

その設定がどこにどう役に立っているのか…
元は恐がりの男が二重人格みたいに豹変するのに
男本人はそれを自覚してないというのが
ただ話を引っかき回しているだけのような感じしかありません

だったらそのことを隠していこうとする方向で話を創った方が
まだわかりやすくなったと思うのですが

リアル系の作画での殴り合いは迫力があったのに
話の方で「??」となっていたばかりに
ちっとも入り込んでいけなかったですね



 




COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/307-918ff964

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター