社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

約3か月分のジャンプ感想

何だこの記事タイトルは…
でも他に思いつかねえ


最近のジャンプ感想とかっていうタイトルつけるさえも違和感があるくらい間空いてしまいました

正月休みにようやく3か月分のジャンプ読めたので、やっと世間に追いついた感があります

読む時間がまったくなかったわけではありませんが、どうしても腰が上がらなくなっていたというのが正直なところで
どうしてなんでしょうね


ともあれ、書けた感想だけちょっくら



鬼滅の刃


この最終決戦編に入ってから、もうずっと重たい展開が続いてますなあ…
もとから死亡フラグ立ててたしのぶさんの殉職でも衝撃だったのに、時透から玄弥までいなくなってしまうとは

珠世さんも…
おそらくは、この決戦で命を捨てる覚悟というのはある意味柱たちよりも強く持ってたんだろうとは思いますが
あそこまでやっても鬼舞辻は生き延びたというのがね

多少なり弱体化はしてるんでしょうから、全くの無駄ではないと思いたいところです

とか思ってたら使い魔猫がもう一手やってくれるとは
どこまでも先を見据えた人です、珠世さん

して、蜜璃ちゃんにはその薬届いてるんですかどうなんですか


そんで、同じく鬼舞辻の毒を食らってしまった主人公の方は…
禰豆子ちゃんが間に合えば鬼の毒だけを焼くあの能力で何とかなるのかもしれませんが
いかんせん、場所は遠そうです

何より、禰豆子ちゃんが自らこの場に来るということは、鬼舞辻にとっては願ったり叶ったりなことでもあるわけで

禰豆子ちゃんの接近に鬼舞辻が気づいたりしたら、あえてこの場にもうちょっと留まっておこうって思うかもしれません
どうせ柱たちはそのうち死ぬからと

勝手に向こうの方から来てくれるのなら、適当に相手しながら待つのもありかと
何なら瀕死の柱と炭治郎は人質としても使えるだろうと

鬼舞辻なら…
もといワニ先生ならそのくらいの展開は普通にありえそうです

日の出間際になって禰豆子ちゃんが到着して、どっちも切羽詰まった段階でさらに場が混乱する感じになるでしょうか

そこに、日の呼吸の何やかんやで復活した炭治郎がオリジナル十三番目の型で一閃!みたいな
日の呼吸十三番目の型ってのは実は使い手それぞれが独自に編み出すものだった、みたいな

…っていうのは安直でしょうか


アクタージュ act-age


今超面白いと思ってるのがこの作品です
羅刹女編が始まった当初は、ほうほうそういう感じで描いていくのね、って冷静に読めてた部分もあったんですが

舞台当日が近づくにつれて上がっていく作中のボルテージと、役者たちの温度とがえらいことになってきて、
本番が始まってからはもう「やっべこれ来週どうすんのまじで」ってばかり思って読んでます


役者としての景と、個人としての景
生き様と感情が舞台上で追い風にも向かい風にもなっている様子が、綱渡りの緊張感を出しまくっていて
本当にこっちまで舞台を見ているかのよう

子供客の反応をわかりやすい指標にすることで読者の印象もそちらに誘導しつつ、
芝居の裏で役者がどんな気持ちになっているのかを示してくれる構成が非常に上手いです

こんなに主人公の中心に迫っていく話になるとは思ってなかったですよ
千世子ちゃんも今後の芸能人生全賭けで臨んでるし…

そのシリーズや戦闘とかにおけるキャラの「BET」の大きさが、あればあるほど物語は盛り上がりますが
作者側としてはケリの付け方が難しくなるという側面があります

火ノ丸相撲がまさにそんな展開の連続だったんですけども、この羅刹女編は
サイド甲乙でそれぞれ賭けてるものがだいぶでかいですね

主人公の本質と中核に迫り出してきた舞台の終幕をどんなふうに描いてくれるのか、めっちゃ気になっております


それにしても、サイド甲がこんなに長くなるんじゃ、乙の方も同じくらいかかるんでしょうか
羅刹女って作品の紹介も兼ねないといけないから長くなってしまう面があるのはわかるんですけども

景の方でこんなにインパクトでかくしちゃって、千世子ちゃんが同じ話演じる時どうなんのって
普通に心配になってしまいます

表紙巻頭カラーのときの見開きポスターとかものっそい迫力ある仕上がりになってましたけど

想像するに、景の方は話の作者がそのまま演出もやってるってのがあるんでしょうね
だから羅刹女って作品自体に沿った流れでの芝居になっていると考えられます

羅刹女とは自分のことだったっていう回想は、まさにそれを表したものですし


とすると、それに対して黒山監督が演出を手掛ける千世子ちゃんの方は
全く異なる作品解釈で演じてくると考えるのが自然な想像でしょう

具体的にどんな解釈になるのかは全然わかりませんが

怒りや嫉妬という感情の鍵は共通しているだけに、それをどう解釈してくるか
黒山監督の腕の見せ所ですね

そして同時に、その解釈を作者山野上がどう思うかというのも重要で

自分自身を模して描いた作品を、おそらくは思いも寄らないだろう解釈で演じられた時
どういう反応を見せるのか

そこもまた千世子ちゃん側の舞台におけるポイントの1つと言えるでしょうね


ぼくたちは勉強ができない


何やらアニメの方では大騒ぎになってるみたいですね
まだ見れてない俺には関係ないと思いつつ、騒ぎの詳細を見てみたら結末に関わる内容で驚愕しました

いいんかアニメそんなの…


しかしずいぶん早い展開で進んでいる気がしますね
もう受験まで終わっちゃって、合格までしちゃいましたとは

合格と分かった時の真冬先生がひたすらに可愛すぎました
そして貰い泣きしました


で、アニメの方で大騒ぎになってる中、原作の方でもうるかが自然に告白した、と

勉強しながらラブコメ、というのがこのマンガの主軸だったわけですが
受験に合格してもう勉強しなくて良くなったとなれば、あと残るは単純にラブコメ部分だけです

そう考えるとここでヒロインの1人が行動に出るというのは当然の展開なんですが
それをうるかでやってくるとは

しかもバレンタイン関係でものすごい「ズキューン」ってさせてからの告白ですからね
そりゃあインパクト強すぎてこのままエンディングか!?って思っちゃいますね

以前告白に対する捉え方を記事にしたことがありましたが、今回の告白は
本作があの時描いたものとは全く異なるシーンです

ゲーム感覚だったあの時とは違って、今回の告白は帰宅途中の突然の告白でした
おそらくは成幸の家路を待ち伏せての計画的な告白

普通の会話の中で、普通の流れから、突然に告げられる気持ち

そこにはムードも雰囲気も何もありません
いや、夕焼けをバックに、みたいなのはあるかもしれませんがそれは作劇の演出上のこととして受け止めるとしたら
やっぱり何もないわけです

うるかにとっては、「成幸の受験が無事終わった」というその事実こそが何より重要だったわけですから
当然のことでしょう

だから、とにかく「言う」ことが最優先だった

愛してるゲームで「よし言うよ」「よし言うぞ」と意を決するのとは全く異なり、
何の躊躇も迷いもなく口にする本心

141話のラスト4ページはあの愛してるゲームの回と完全に正反対をいっていました

そして、これは『ゆらぎ荘』の方で描かれた部分ではありましたが
告白がそのまま終わりに繋がるわけではないということ

これまで本作では、主人公である成幸に明確な想い人を描いてはきませんでした
それはすなわち、ここでのうるかの告白にイエスともノーとも答えられないことを意味します

代わりにどうなるかというと、「主人公がヒロインそれぞれに対する自分の気持ちを考える」展開ですね

好きと言われたからじゃあ付き合う、では今までさんざん誠実な主人公の性格を描いてきておいてあんまりな流れですから
じゃあ自分は彼女をどう思っているのか、という部分が描かれなければ誰とのエンディングを迎えるにしても納得感が薄れることになります

結末への納得感の薄さこそは、こうしたラブコメにおいては最も恐れるべき要素であるわけで

だから、うるかともう1度話をしようとした成幸が「いや話って何を話すの俺?」となったことは必然的なのですね

ここからうるかだけでなく、リズや文乃に対しても同じことを成幸は考えなければならなくなるでしょう

その気持ちや感情の深い部分をどのように描いてくれるのか
筒井先生の手腕に期待しています


ゆらぎ荘の幽奈さん


そして、こっちも告白しちゃいましたね…

3か月分を少しずつ読んでいくのに、ゆらぎ荘は「頭が悪い」が褒め言葉になる展開ばっかりやってるなあと
思っていたんですが、油断すると狭霧とのデート回とかマジなやつを挟んでくるんですよね

そしたら今回は千紗希ちゃんが、告っちゃいました

しかも、そんなつもりなんて全く無かったのに、焦りと嫉妬が渦巻く中で勢い余ってしまったという告白
最初からそのつもりだったうるかとは違って、言った直後に後悔すらしてしまう告白

主人公の側からしたらどちらも突然であったことは間違いありませんが、言ったヒロインの方の気持ちは正反対ですね

「告白」がすなわち終わりではないことは、本作ではすでに示されていますが
当の千紗希ちゃんにとってはもう「終わった」と感じるに充分だったでしょう

もやもやした気持ちの状態で、半ば八つ当たりのような態度を見せながらの告白だったわけですからね
いや、告白と言っていいものなのかどうか
単なる本音の吐露と言うべきでしょうか

能力者ばっかりのメインキャラたちの中で、唯一「普通の女の子」である千紗希ちゃん(最近は霊力持っちゃいましたけども)
彼女の恋心をどこにどう落とし込むのか、普段はアホな話ばかり描いたりするミウラ先生ですが
実はその辺の心理描写が上手いことは今までの物語でよくわかりますから、期待しておきましょう



 




COMMENT▼

No Subject

・鬼滅
最終章入ってから怒涛の展開が続いて軽い恐怖を覚える勢いですw
続きに続く殉職もさながら、炭治郎の被毒はもう痛々しくて絶望感もひとしおで…
でも無惨様が大物化から小物界の大物に逆戻りしたのはホッとしましたwww

・アクタ
毎度毎度手に汗握って読んでます。
感想?恐れ多くてもう何も言えませんw
乙の方も負けないぐらい魅せてくれると固く信じています。

・僕勉
アニメのアレはビックリしましたよ。ネタバレなのか救済なのか…
とアニメで思わされてからの最新刊。ふと思ったのですが、
今まで気付いてなかったけどうるかルート少しづつ進んでいた気がします。
もともと成幸が「女子ではなく恋人を意識している」人物ってうるかだけなんですが、
前のファミレスの「大事なんだね?→当たり前だろ」といい、
ボートの上での「二重の寂しい」といい、成幸の意識付けがどうにもこうにも…
とはいえ、まだ油断ならないですけどねw

・ゆらぎ荘
この作品はハーレムEDが一番相応しいと思う。キャラ達の心情ガン無視するならだけどw
性格的にもコガラシは一人を選ぶでしょうし、そうなると選ぶのは千紗希な気がします。
というか、でないと千紗希が不憫すぎて不憫すぎて…

あけまして

おめでとうございます
あぁ更新されている!なんという僥倖!!!

>鬼滅
好きになったキャラ達が続々と鬼籍&瀕死の危機に あぁ!
…イヤわかってるんですよ 彼等彼女等が物語の必然としてその役割を全うしているだけだって事は…
せめて蛇さん恋さん この世で幸せになりやがれ

>age
一瞬たりとも目が離せない展開が続きますが
白石さんのあの表情演技は本当にファインプレーでした
でも「強い感情に囚われた者を鎮めるには『鏡』が在れば良い」
というのであれば この舞台が始まって以降ずっと
『鏡』を見させられ続けている花子さんが未だ荒ぶって居られるのは一体何としたものか…?
今号見ててふと気になってしまいました
そして確実に暫くは主役が置いてけぼりになる
サイド乙の終演までこの熱を果たして維持し続けられるのかしらん?(^^;

>勉強
アニメ2期の最終回には開いた口が塞がりませんでした(汗
…ェ?なにそれ?まさか「世間はそろそろ受験シーズンだからここいらで〆」とか?
理珠も先輩もまふゆも重大イベント終わっとらへんで?
てか3期やれYO!!!(血涙)

…さ、さて少しだけ気を鎮めたところで原作本編
バレンタインの辺りから(あのチ〇ルチョコは見てて切なくなった)
うるかがグイグイ詰めてきている展開ではございますが
ワタクシめは敢えてラグーさんの逆を読んでおります(^^;
何つーか…この二人「近過ぎる」んですよ
恋人通り越して身内になっちゃってるっていうか…
なにせギリギリまであのSEISAIが警戒すらして無かったんですからね
ここはひとつ関城さん辺りで←ヲイ

>幽奈さん
千沙希ちゃんは相変わらずムッツリスケベだなぁ(ニヤニヤ

確かに朧の提案で即却下になったとはいえハーレムEDは限りなくベストアンサーに近い気がしてなりません(汗
ネックはコガラシの生真面目さなんですが…
そこでどうだろう?これまで何度かお世話になった女将さんのひみつ道具を以て
(いっそお母さん、お姉ちゃん、妹ポジも含めた)全員分だけ彼を分身させてしまうというのは!w

>呪廻
8・9巻同時発売って…編集は芥見先生を殺す気か?( ゚Д゚)

物語の展開上 強過ぎる五条を何とか退場させなきゃならんという事は解っていたが
まさか夏油が…とはこのリハクの目を以てしてもッ!

>石
リブート良かった
あれ本編に絡んでほしいな でも千空達が宇宙に出るまであと何年掛かるんだ?…ぁ!間接的な通信はアイデア次第で可能なのか!

そして本編の滅茶苦茶気になる年末の引きからまさかの
作者急病でお休みとはΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
編集はBoichi先生を殺す気か?( ゚Д゚)

つくもさんへ

>age
花子さんが荒ぶってるのは鏡が「完成していないから」ですよ。
本人も言ってましたが景がどう怒りを収めるかを求めているので、
劇終して初めて鏡が完成するのです。
そして、もしかしたら乙でまた違う収め方を見て前に進めるようになるのかもしれません。

>勉強
いや残念ながらあれもう「3期はやりません宣言でしょう」ね。
近すぎるかなぁ?私は幼馴染がイベントで意識しました的な感じがするのだけれど…
まあ結果を待ちましょうかね。受験がらみの作品だけに。

>幽奈さん
分身ネタは良く言われますが、それもコガラシは良しとしない気がするw
分身ペアで個別に異世界転生すれば納得するかな?w
千紗希が正妻を勝ち取り、周りは誘惑続けながらも和気あいあいとしている。
くらいが落としどころではないかな?もちろん千紗希は座を守るため努力必須で。

>石
絡むのエピローグでしょうねw
あの光点軌跡を記した木版を千空が見つけて悟り、子孫が再開を果たすとかでしょう。
もし仮に今出会ったらヤツの能力チートすぎるものwww
3Dプリンターで超精密機械(新ボディ)作るとか未来技術すぎるwww

あけおめ

そして感想乙

>鬼滅
いやもう色々有り過ぎてw
このまま突っ走ってもらいたい

>ハイキュー
おい誰かツッコミ増やせwww
侑君が過労死するわwww
そして潔子さんが田中性になってるのは突っ込まなくてええのんか?

>石
WHYマンってあのアンドロイドじゃないかって思った事有るけど
やっぱり違うかな
しかし3DプリンタでISSとか(^ω^;)

>OP
まぁ、大事なところは隠すわな
しかし皆で笑ったって・・・やっぱり気になる

>呪術
夏油タヒんでたか・・・ぶっちゃけ予想外やったわ
そして乙骨先輩の出番が近いか?

>僕勉
3期・・・orz

>正月4コマ
ねずこちゃんがムキムキ・・・やっぱりポプテピ思い出すんやが(^^;

No Subject

更新お疲れ様です。

・アクタージュ
本作の感想で火ノ丸相撲が引き合いに出されるのはよく聞いてました。あらゆるキャラの賭けているものの大きさや主人公が周りを本気にさせてしまうという点は共通してますからね。
サイド甲乙の違いはやっぱり演出家の方針の違いでしょうか。甲は演出家のせいで稽古とは台詞意外でまるで違う芝居をせざるを得なくなっていると言いますか、限られた条件のなかでどう目的のシーンまでたどり着くのか、想定外の事態で役者たちの個の力が極限まで試されている印象です。

・ゆらぎ荘
本作の恋愛ヒロイン6人はそれぞれ違う特徴の魅力を持っており、不快な女の子がいません。誰が選ばれても納得はできるはずでした。あの修学旅行で千紗希が11年も夢の世界に閉じ込められる事件さえなかったら。
あの時は本当に次週が怖かったです。違う意味でのリタイアすら可能性に入れてしまったほどです。
さらにたちが悪いのがその事件が占い師流禅によりわざと起こされたことですね。幽奈の成仏を止めるだけなら他にやりようはいくらでもあったはずなのに。
プロポーズの瞬間を狙ったのも多分千紗希の絶望をさらに引き上げるためだったと推察できますがそんなことして何の意味があるのか。
今のところ霊力を大幅に上げてラスボスの依り代にするくらいしか思いつく説がないのですが(下手すると八咫鋼の秘術習得条件を満たしてしまった可能性も)、いずれにせよ恋愛どころかバトル方面でも千紗希の受難は続くと思います。

敬寿瑞春

もう明けちゃって随分経ってしまってますが おめでとうございます
rexel様 他皆様の 益々のご活躍とご健康とご多幸をお祈りいたします

rexelさん、なんとか正月休みは取れたようで…お疲れ様でした。

『鬼滅の刃』は…時透クンも玄弥クンも、まさか!? でしたねぇ。
更には「え、炭治郎も死……」とか思いましたけど、主人公はどんな事があっても死にゃしないから大丈夫! です、よね……?
まさか主役兄妹以外、鬼殺隊全滅!…なんて事は……!?

『ぼく勉』においては……遂にうるかの長編に入ったようですね。
アニメで結論を“先出し”されちゃいましたが、マンガのほうではどうその結論へと繋げていくのか…そこはちょっと楽しみです。
てか、もうこの際アニメ・マンガ・小説と…あと何だ、CDドラマに劇場版か? 各メディアで5人分のエンディング作っちゃえっ!!
…とか思っちゃったりもしましたが。合格発表の見方も受け止め方も両者で違ってましたしね。(笑)

『超可動ガールズ』三巻二話目・第20話でも「やはり黒髪は“負けヒロイン”なのか?」と言ってましたが……文乃っちも“黒髪の負けヒロイン”になりそうですねぇ。 あ、“SEI SAI”も黒髪か!?(笑)

『ゆらぎ荘』では、千紗希ちゃんもコクハクしちゃいましたねぇ。うるかと違って、だいぶ悲痛な感じになってしまってましたが……
コラボポスターで並んで温泉に入った仲同士、どっちもいいカンジに終わって欲しいものですが…さて、どっちもどうなる事やら、ですね

僕勉アニメのアレ

今思ったが、結末を迎えた後で3期をやるのは相応しい作品ではない。
と判断したのかも知れない。
確かに、中には出来レースじみた流れのハーレム作品はあるし、
その面でみるならバランスに優れたこの作品は茶番になりかねない。
そう考えたら、今回の終わらせ方はベストアンサーな気さえしてきた。

結末を迎えて

まあ、だもんでコミックス16巻の付録DVDにおけるシンコン話が、各ヒロインのファンへの救済措置というか鎮魂というか……と、何処かで誰かが言っていたような。(笑)
んで、うるかだけ本番の結婚式が描かれたりして……なんつって。

あ、でもこれでまふゆセンセがフリーになるのは確定、ですかね。いや、別に深い意味はございませんが…。(笑)

ここからの筒井先生の手腕に期待! といったトコでしょうか。

冬アニメ

Pさんとこには書いたが、今期は13個
未視聴だけど気になってるヤツが4個

前よりは少ないなw
て言うか、気になるヤツは大体ラグーさんの所為なんだw
ちくしょうめw

まどマギ外伝忘れてた

14個目

取り敢えず空挺とソマリは見てみるか

私のせいかい!

なら今回は薦めるのはやめておこうか…
いっけね、Pさんとこでガッツリ薦めた後だったわwww

No Subject

・・・異種族レビュアーズ

あとメイドインアビスのボン様がスクリーンデビューです・・・是非に・・・

名探偵じゃないYO♪

皆さんの地域では未来少年コナンの再放送やってますか?
映像研の超力作再現アニメに感動してたらこの情報を入手してワクワクしながら見てるんですが
OP、EDも序盤のナレーションも端折られているのが何ともモドカシイ
考えてみりゃ当時のNHKはCM無いのを良い事に30分フルに詰め込んだモンだから今の放送枠からはみ出しちゃってるんですよねェ…でもあの歌が僕は大好きだったんだ…

どなたか解ってくれる方居られませんか?

異種族レビュアーズのレビュー&コナン

ホント頭悪いアニメだな(誉め言葉)www
でもPさんも自分のとこで言ってましたが、土台の異種族間交流が良く練られている。
2話では仏教が正しいと分かりました。何事もほどほど(中道)が良いとw

コナン、詳しい情報プリーズ。

これから実家帰ります

マッマが入院したorz
説明とか書類とか有るんやて

今期説明し辛いの多いな(汗

>妄想屋さん
お大事に 根を詰めて御自身の体調も崩される事の無きよう願っております

>ラグーさん
ワタクシ関西在住 サンテレビ系列で金曜朝7:00~絶賛再放送中です
ここファーストガンダムの再放送なんかも流してる中々侮れないところです

こんなに地球が好きだから

真実はいつもひとつ!未来少年コナン!!

…というわけで、あの軽快なOPに物静かなED。
当時はよく口ずさんでましたっけ。
やっぱそれが無いというのは寂しいですねぇ……。
余談ですが、ギャートルズやバカボンのEDも結構好きでした。

>妄想屋さん
お母様、大事なければよいですが……。
ウチもママンが圧迫骨折で入院やら認知症も出てきたやらですが…父が頑張ってくれているので何とかなってマス…。
で、東京在住の兄は特に帰ってきたりしておりません。(笑)

話はトビますが、今週の『ぼく勉』。
筒井先生、そう来ますかぁ……こうなるとセンセと先輩の動向も気になりますが……。

rexelさん、今年もなかなかお忙しそうで……仕事が無さ過ぎるのも困りますが、あり過ぎも困りモノですよねぇ……ホント。

遅れましてですが…

妄想屋さん、入退院手続きは面倒ですが頑張って下さい。

で、コナン。調べてみたら…
おい、普通にネトフリで配信あるじゃねぇか…
流石は時代の名作、まさかあるとは思わなんだ…

ご心配掛けました

左手首骨折です

処置の説明に立ち合いました
ギプスで週一くらいのレントゲンで様子見だそうです
まあ数ヶ月掛かるそうですが

幼女戦記・劇場版

現在AbemeTVにて「無料」配信中!
見てない方はこの機会を逃さないように。
刮目せよ!神の奇跡(糞袋)の活躍?を!!

妄想屋さん

大事なくて何より…と言っていいのか……ですが。

自分も小学生の頃、骨折…とまではいきませんでしたが、右手の骨にヒビ入って、暫くギプスがちがち…なんて事がありましたっけ。
幸い利き手が文乃っちと同じなんで、書く・食べるとかは何とかなりましたが……。

で、その文乃っち。
キス寸前の現場を件の二人に目撃されて……今後が非常に気になる展開っス!

映像研

リストに追加

なんか面白い

SQ

>ワートリ
最近SQの遭遇率が高いお陰で最新話を久々に追掛けています
勿論単行本も買い続けていますが最新話を見れるってやっぱりイイ!!!
オビ=ニャン可愛いぢゃねーかコンチクショウ!!!
遊馬の言葉を借りればこの子は必ずイイ女になる 俺が保証する!(^^)!

で そのクーガーVSオビ=ニャン戦
帯島ちゃんにとっては遙かな格上存在だし 一方の遊馬にとってもこの結構な手練れに対し何とかノーダメ通過したいという中々緊張感のある展開だったにも関わらず 何だか指導碁を観戦しているような印象がありました
ついつい忘れがちになりますが ボーダーにとってのランキング戦って「隊員の実力向上」が最大目的なんだから こんな流れも全然アリ なんですよね

>デスノ読切
本誌連載時は中々複雑な心境で読んでました
面白いのは確かなんだけどルール設定大杉漣で終始イライラしてた記憶が(^^;
…で 今回
事後法適用なんてあんまりだ!(怒)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1437-95e83ae8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター