社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 




今さらですが、異世界転生系作品にハマりました その2

isekai2.jpg


10連休とか言ってる世間の半分以下ではあるんですが、一応うちの会社にも休みがありましたので
この期間に1個くらい記事更新しときたいなということで、前から少しずつ書いてた記事をアップします

以前更新した記事の続編です

Kindleでの購入冊数はあれからもまだまだ増えていっております



 




転生したらスライムだった件



転生したらスライムだった件(1) (シリウスコミックス)


異世界転生ものの中で特に有名な作品…だったりするんですかねえこれは

このジャンルにハマり始めた当初は「スライムてw」とか思って避けてたんですが、
結構な巻数になってて評価も高いようだったので、思い切ってみました

そんで読んでみたところ…


異世界転生のお手本のようなお話じゃないですか


チート能力も
可愛い女の子も
忠実な配下も
主人公の男気も

まじ全部揃ってる


冒険者とか勇者とかで主人公が実力を示す作品は他に多くありますが、
「上に立つ者」としての確かな格を見せてくれるというのは非常に読み応えがあると言うか

そんなうまくいくわけねーだろ、とかツッコミを入れだしたら元も子もありませんが¥、
読んでいて納得できるくらいには充分な展開が描かれていると思いました

アニメの方は、マンガ版に比べて結構省略されているエピソードも多いみたいですが
鬼っ娘ヒロイン2人がとっても可愛いので良し





転生したら剣でした


転生したら剣でした (1) (バーズコミックス)

「転生したら」で始まる作品としてはスライムに続いてこちらも有名でしょうか

せっかく異世界に転生したというのに、転生した先は生物ですらない無機物だったというぶっ飛びぶり
まあ温泉のほうがまだひどいとは思いますが

剣ならメジャーな武器ですから、転生系作品の世界観にはよく合っています

…が、本作はそんな剣になった主人公がどうとかと言うより、その剣を扱うフランちゃんを愛でるものであることは間違いないでしょう

真っ直ぐ、ひたむきで、それでいて健気なモフ耳天使のフランちゃん

転生先が剣という無機物であった以上ハーレム的なアレは望むべくもありませんでしたが
しかしフランちゃんの可愛らしさはそんなのを補って余りあると言えるでしょう

主人公とヒロインが父娘に近い印象で展開していくこのマンガ
迫害される一族を守るため強くなりたいと願うフランちゃんとそれを支える主人公剣のほっこりする絆に
時に癒やされつつ、時に滾らされつつ読んでいける作品です




異世界薬局


異世界薬局(1) (MFC)

薬学者が転生したら宮廷筆頭薬師の息子だったというわかりやすい設定の本作
転生先の世界は現代よりも医学薬学の知識レベルが劣るという鉄板も当然のごとく踏襲しています

そして主人公は、患者を蝕む病気の原因とその治療法も神眼…じゃない「診眼」で理解できる上に
薬の作成に必要な材料も特殊能力でサラッと生成することができるという親切仕様


無双するに必要な条件は充分揃ってますね

ヒロイン成分としては侍女や家庭教師などの美少女がいますが、今ひとつ作中での存在感は薄いかなというところ
主人公が作り出した特効薬で病を治した美人皇帝はすでに子持ちですし

それでも、中世的世界において身分に関係のない医療を目指そうとする主人公の信念が
ちゃんと熱く感じられるように描かれており、演出と構成の腕により
主人公に都合の良すぎる設定がカバーされていると言っていいでしょう

それにねー
親父がいいキャラしてるんですよねえ

チート仕様になった息子を「神の天啓を受けた」と解釈し、薬師として自らが劣ると理解しながらも
決してその下位互換になったような印象はありません

父親として、また先達として、その行先をしっかり導いてくれようとする姿は
なかなかにいい背中を見せてくれています




失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~


失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!)

地球から転生とか召喚とかされたのではなく、自らに転生の魔法をかけた主人公が
転生に成功した先の世界で無双しまくるお話です

そこは、4種類存在する生まれついての「紋」によって戦闘への適性が変わってくる世界
その中で最弱の紋を持ちながら最強賢者の領域にまで上り詰めた主人公が、最強の紋を持った人生を求めて転生、
一発でそれに成功する…というところから話が始まります

しかし、転生後の世界では主人公が欲していた最強の紋が、なぜか逆に「失格紋」として蔑まれる対象になっていた…
というのが基本の設定

その「失格紋」を持った主人公が次々に規格外のことを成し遂げていくのですから、正しく主人公の俺TUEEEEが発揮されております

といって、主人公の目的は別に金でも女でもなく、ただひたすらに今よりも強くなること
転生系作品の必須条件として、困ってる女子と遭遇してそれを助けるという場面はしっかりありますが
それでも複数から好かれてしまうという状況にはなっていません

女子3人とパーティーを組むことになっていながら、正ヒロインが誰かというのがはっきりしており
そのためかラブコメ的成分はちょっと少なめ

それでも、起こった事態に対して次に何をどうするかというのは基本的に主人公の提案がそのまま実施され、
無双と言うに充分な展開が連続することになるためそういう方面の話を求める人にはちょうどいいのではないでしょうか

画力も高いですし、何というか安心して見ていられる作品ですね




神たちに拾われた男


神達に拾われた男 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!)

転生でチートなのに、何だかものすごく優しさにあふれた作品です

主人公を取り巻く公爵家の人達が、この手の作品の貴族にしては珍しいくらいにいい人たちで
その優しさに主人公もしっかり気づいて感謝を返せる…という温かさ

両者の関係性が非常に見ていて心地いいんですよ

ヒロイン成分としては、主人公と同い年で主人公と同じくらいの魔力量を持っている公爵家の令嬢がいるくらいで
特段ハーレム的な部分はありません

しかしこの作品はそれでいいのでしょう

ギルドに所属することになる2巻で猫耳っ娘とかも出てきますが、別に主人公とラブな絡みをすることはありません
というか恋愛的な方面の描写自体が薄いと言ったほうがより正しいでしょうか

作品全体から醸し出される温かさを踏まえればそのほうがいいのかもしれません
森の奥で1人暮らしていた自分に目をかけてくれた公爵家に感謝を忘れることなく、
自分のできることで恩返しと人の役に立とうとする主人公

優しくなりたい時に読むといいマンガだと思います




…今回はここまで

現在Kindleでの購入冊数はとうとう200を超えました
まあ全部が全部異世界系作品というわけではないんですが

その他の作品紹介はまた今度

COMMENT▼

大体なろうかな

転スラとか失格紋とかはあっちで見たこと有る

お疲れ様っス!!

rexelさんにおかれましては、5/3~6日くらいは休めておりますでしょうか。
休める時は存分に休んで下さいね!

今回紹介して頂いた作品、『転スラ』と『転剣』が「ああ、聞いた事あるな」くらいで、後のは全然分からんかったっス……。
そういや『失格紋の最強賢者』みたいなのが、確かジャンプ+にもあったような……?

基本、自分は『公式web漫画 アルファポリス』での作品をメインで見ております。
あんま手を広げ過ぎると大変な事になるので……。(笑

お待ち申しておりました

このジャンル 見方によれば竹取物語まで遡ろうかというw
恐らく近年の作品乱立の為か「異世界モノ=駄作」
てな安易なレッテルを貼られているのが嘆かわしい限りです
ちゃんと作品そのものを見りゃいいのにねぇ

まぁこんな事のたまっている僕自身 御紹介の作品中では転スラしか
(それもアニメ版のみ)見た事ありませんが(^_^;)

以前書きましたがアレは主人公のチートなんぞ実の所
カレーライスに添えるラッキョウ若しくは福神漬程度の意味しか無く(←暴言w)
その力と前世の知識をもって「多種族同士仲良くしようよ♪」に主観が置かれている辺りが
なんというか建設的で好感が持てたポイントなのです

端的に言えばどうなるんだろ…?
主人公が好き嫌いに関わらず身を置いたその世界で「生きようとする様」
が好きなのかしらん?
(転スラ世界ならシズさんの半生を描いたスピンオフとかありかも)
そうなると異世界なんて単なる舞台装置に過ぎないのかも知れません

尾長さん、つくもさんへ

読んでる転生モノで面白いな~と思ってるのがコレ。多分、以前も勧めたwww
「ワンワン物語 ~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~」
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF02000062010000_68/
早ければ再来年辺りにはアニメ化するんじゃないかな?と思ってます。

必死やなこのワンコ(?)w

>ラグーさん
コレありっす(^ ^)
上に挙げたポイントにもバッチリ合ってるやん♪

ラグエルさん有難う!

『ワンワン物語』― これも名前だけは見た事あって「どうなんだろう?」とか思っていたヤツでしたけど……
無料配信サイトのヤツ読んでみたら結構尾も白い…いや、面白い!
コミックス買っとこうかな。(笑)

ところでrexelさん、充分に…とはいかなかったかもしれませんが、休めましたでしょうか?
次の目標は“盆休み”ですね!(笑)

好評でなにより

個人的にはアニメ化の際、会話自体がネタになってるところはテロップでお願いしたい。
「わふわっふーわんわん」
※(業界によってはご褒美です)
「決め顔で変な声出すな!」
とかね。ここでセリフ入れたら面白み半減しますもん!

全力で隠居生活目指してるのが好感触ですよね。

本好きの下剋上

オヌヌメしておく

皆様、いかがお過ごしでしょうか

わんわんパラダ…じゃない、『ワンワン物語』。
1巻、購入しました。ハマりました!

「害獣は消毒だー」とか「黙れ小僧!!」とか、各所に入れられている小ネタがまた何とも!(笑)
2巻が待ち遠しい……。

嵌まりましたね?w

転生チートだけれど、目標が自堕落なペット生活の持続なので力の振るい処が親しみやすいw
強力な必殺技を「出力抑えてご機嫌取りのための狩りに用いる」とかね。
あと結構な飯テロw
あとお嬢様が可愛らしい。
あとゼノビアちゃんがアホ可愛い。

あ、そうだ…

こっちもどうぞ。転生ではないですけど異世界チートもので面白いと思っているヤツです。
「たとえばラストダンジョン前の村の~(後略)」
https://www.ganganonline.com/contents/tatoeba/

部屋の本棚どうしよう……(笑)

『たとえばラストダンジョン前の村の―』
ふむ…拝見させて頂きましたが……ナルホド。こういうの、嫌いじゃないです!(笑)
先ずは第一巻を買ってみようと思います。 ラグエルさん、ありがとぉぉ~~~~!!

ついでに気になっていた『スライム倒して300年―』も一巻購入してみようかな……とか考えております。
こんなほのぼのノリも悪くない、かな?

あと、これも異世界“転生”モノではありませんが、『エルフを狩るモノたち』も案外好きだったなぁ。

ところでrexelさん……まさか過労で倒れて、ご自身が異世界に転生してしまったりとかなんてしてません…よね?
あ、でもホントにしてたら返事出来ないか!?(笑)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1436-b07f0c87

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。