社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

2018年週刊少年ジャンプ43号簡易感想

間あきすぎて、今までどんなふうに感想書いてきてたかわからなくなってきたような…

とりあえず今から44号読みますorz


アンケ順
鬼滅の刃
ゆらぎ荘の幽奈さん
ぼくたちは勉強ができない




鬼滅の刃


・禰豆子ちゃんの状態変化は、すでに珠世さんによって予想されていた模様
・史上初めて太陽を克服した鬼という存在になったわけですね彼女は
・カタコト?ながら喋れるようになった禰豆子ちゃんは、今までに比べると年齢的に少し成長したって感じになるんでしょうか
・でも「太陽を克服すると思います」のコマにある禰豆子ちゃんの横顔、めっちゃ美人
・状況がよくわからないながらもとにかく禰豆子ちゃんの無事を喜ぶ炭治郎に、こっちも普通にホロリですよ
・玄弥も何か笑顔してるのに草
・お前そんなキャラちゃうやろw
・蜜璃ちゃんの戦闘は結局流されちゃった感じになったのは少々残念でした
・じゃあ鬼舞辻の方はどうしてるかなと思ってたら早速描いてくれました
・妓夫太郎の時の様子からして、上弦が2体ともやられた今回はさぞお怒りかと思いきや「よくやった!」とは吾峠先生うまいこと予想を外しましたね
・太陽の克服こそが鬼舞辻の目的だったとは全然考えてませんでしたよ
・そんでこのタイミングで明かされる鬼舞辻無惨の鬼化の真相
・話の根幹に関わる部分をこういうふうにナレーションで描いて不自然じゃないのは、本作の強みみたいなところですかね
・他の普通の作品で同じことをするとどうしても違和感が生まれますからね
・鬼舞辻の中で、自分が増やした鬼たちは本当に目障りな存在だったわけですか
・下弦解体の時はブラック企業の社長的な感じで見てましたが、そういう経緯を知ると、確かに望んで鬼を増やしていたわけではないことが窺えます
・配下でもなければもちろん仲間でもなく、「同類」って表現がなかなかの選択です
・青い彼岸花の伏線もここで回収
・いや、結局正体がわかってないのはまだ回収できてないって言えるのかな
・鬼舞辻に狙われることになった禰豆子ちゃんは、まさしく本作の正ヒロイン
・炭治郎との間が作者公認なカナヲちゃんも頑張って欲しいところですが
・大団円みたいな感じでの引きになりましたけど、例の刀とか時透の今後とか蜜璃ちゃんとのフラグとかそのへんの事後処理はどうなるんでしょうか


ゆらぎ荘の幽奈さん


・しばらく感想書いてない間にすごいことになってる…
・幽奈の正体からそれに関わる黒幕からその陰謀撃破まで、こんな短い間にやってのけるとは
・コガラシくんの全力を見られたのもなかなかの迫力でした
・つって、結局幽奈の未練とかは何もわかってない…んだよな?
・何かよくわからなくなってきた
・師匠もゆらぎ荘に住み着きそうって予想はどっちになるんでしょうね
・恒例の全員集合見開き温泉も描かれたってことはレギュラー化か?
・千紗希ちゃんに霊感が備わってるのはさりげに重大な変化のはずなんですが、見開きの迫力で印象が薄くなってますねw
・コガラシくんの初恋の話を聞いてニヤニヤしまくってる師匠
・この「愛してるよ」は弟子というか弟というかそんな感じの愛情ですかね
・呑子さんとは異なる大人ポジションから各ヒロインたちのフラグを引っ掻き回す立場になるのかな?
・それともこの一件で未練は晴れたって成仏することで、幽奈の仮想未来の1つを示す形になるんでしょうか


ぼくたちは勉強ができない


・何か露骨なエロ回が続いてますね
・本作にしては珍しいパターンのような
・もう1つのエロコメ担当『ゆらぎ荘』がシリアス多めの話をやってるから今のうちにエロ多めにしとけとかそんな判断なんでしょうか
・今までも結構いろんなご都合主義はありましたが、一瞬のうちに男湯と女湯を行き来する弟妹は特に不思議でした
・桐須先生はあしゅみー先輩とセットでの扱いが増えてきましたね
・理珠と文乃がセットで、先生と先輩がセットなら、単独扱いとなるうるかのポジションが妙に特別に見えてくるような
・留学展開で急激に恋愛方面を強めてきたヒロインでもあることを考えると、今のところうるかルートが最も強いと言えそうですが
・そういうラブコメの構成パターンを筒井先生がわかった上でやってそうにも思えるのが何とも


 




COMMENT▼

No Subject

・鬼滅
禰豆子が話すようになったのは年齢的に成長したのではないですね。
太陽の克服に「全成長力」を動員していたのを、ようやく他に回せる様になったからです。
そうだな……急務な仕事を終えて雑談する余裕が出来た。というのが近いかな?w

・ゆらぎ荘
まあだらだらと引っ張るよりは断然良いですが、それでも少々勿体ない気はしてます。

・僕勉
昔ながらの銭湯は男湯と女湯の脱衣所を直結してる通用口があるんですよ。
(大型店舗になると境に倉庫を併設しているのが主流)
露骨なエロ良いじゃないですか!もっとやれもっとやれ!

記憶で感想書いてます♪

rexelさん御自愛下さい

>鬼滅
これまでの伏線を一気に収束してきたような展開でした
無惨シャチョーの余りにも短絡的な発想で「青い彼岸花」はひとまずスルーされておりますケド…(^^;
勝手な予想ですがアレって「痣の模様」の事だったりしませんかね?
禰津子フルパワー時に浮かんでたヤツみたいに

>幽奈さん
まるでバトル系漫画の王道の様だったお話も今回で一区切り
しれっとそつなくこなす辺りミウラ先生流石です
そういやコガラシの初恋が確か師匠だったって事ですが
考えてみりゃ自分の体質に翻弄され孤独だった頃にその道を示してくれたキレイなお姉さんがいたら
そりゃあ惚れない方がおかしいってもんです

でもこのまま大団円にしてはまだ未回収の伏線が幾つか…(汗)

>勉強
お宝ゲットぢゃね~YO弟妹!!!
それは没収します!今すぐこのオニーサンに渡s( ' ^'c彡☆))Д´) パーン

>age
巌監督 やっぱり癌でしたか…
ですが今回思い返して気になったのはむしろ七生さんたち劇団員だったりします
「最高の舞台にして引退を思い留まらせる」ってあんたらもしかして感付いてません?
―― 感付いていても信じたくはない というか…
もしかしたら「最高の舞台」→「気分がアゲアゲになる」
→「プラスの感情って癌を抑え込めたりするそうだからもしかしたら」
てな心理が働いているのかも?
「死」とか「癌」とか口にしないのは言ってしまったら認めるようで恐ろしいのかも?

この劇団の絆は好感が持てるけど それ故に辛くなる状況です

>ありたい
もしかしたら凸のんは最初から短めの連載期間を想定していたのかも?
恐らくここからが終盤展開 そして個人的にはここからがこの作者先生の本領発揮だと思っています

>呪廻
rexelさん 今はお仕事その他で余裕が無いかも知れませんが
そろそろこの作品の評価を改めてもイイかも知れませんぜ!
宿儺は討つべき敵には間違いないのでしょうが かといって夏油や真人に易々と迎合する気も無いらしいという辺りが深みをもたらしていると思います

こっちで45号フライング

いやソーマだけ。。。

紅茶さんとこには書いたけど、BLUEの主催者が裏の料理人も参加して良いって言ったのって、薊さんが動いたからじゃないかってふと思ったんだけど
どやろか

ゆらぎ荘感想

僕は今回の長編十分いい展開だと思いました。

師匠から幽奈を守る戦い、最後の真犯人天狐の始祖との決戦、御三家メンバーを軸としながらも、戦闘力が低いメンバーもうまく援護にまわれており、無理なく全員の見せ場を作れていました。
途中エロやギャグも交えて笑いを誘う展開がありながらも、最後に黒幕と幽奈のオリジナルの娘があの世に去った結末は優しくも既に失われた命に対して妥協はしていないという印象でした。
幽奈の正体がクローンだったことや、千紗希が霊感を手に入れることは予想外でした。

今回の件で最強レベルの戦闘力を手に入れた幽奈と力は得なかった千紗希、二人の対の特徴も増えていますね。自衛の手段がないのに人外の存在と仲良くできる千紗希もある意味超人といえるのかもしれませんが。

お疲れ様です!

自分も20代の頃でしたが…一か月の内で、日付が変わる前に帰宅できたのは数日のみ…なんて時もありましたっけ……。

『鬼滅の刃』
禰豆子ちゃんが太陽を克服できたのは、人を喰う事無く、ここまで生命を維持してきたからではないのか……? ちょっとそんな事を考えてしまいました。
…が、こっちの予測って大ハズレが常!だから、違ってると思いますが。(笑)

でもこれで炭治郎が常に背負って行動する必要が無くなったでしょうから、今後動かし易くなったんじゃないですかね?
“青い彼岸花”とは結局何なのか……白い彼岸花ならたまに見かけるんですけどねぇ。(笑)

結局、蜜璃ちゃんの胸元とスカートは上弦をもってしても突破する事が出来ませんでしたねぇ…蜜璃ちゃんとのフラグ強化の機会は、今後の展開としてありそうですが…さて。

『ぼくたちは勉強ができない』
「ゆらぎ荘がシリアス展開なんでこっちがエロコメ担当になったのでは?」ってのは、結構あちこちで言われていたみたいですねぇ……。(笑)
この回の話…つくもさんの理性が試された回でしたが……ギリギリ保てました?
でもまふゆセンセ、葉月の「やっぱり嫁においでよ」に対して「いつか…」とか答えちゃってますが!?(笑)

留学の話とかマッサージ店でのやりとりとか…確かに、うるかが一歩リードしているようなカンジですよね。
46号の予告を見ても、やっぱり文乃っちは「こんな時に ゴメンね…」になりそうな予感……なんてね。(しつけぇよ!)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1430-daa30483

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター