社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

2018年週刊少年ジャンプ41号42号合併感想

時間全然取れない…
もうどうしろってんだorz


鬼滅の刃


・玄弥が何かキャラ変わったような感じがしないこともないな
・空気読めや、とか今まで炭治郎相手にさんざんシカト決め込もうとしたお前が言うのかよw
・逃げる半天狗の本体に追いつこうとして炭治郎が思い出したのは、善逸から聞いた雷の呼吸の話
・足に力を込めるってのは、霹靂一閃のことかな?
・炭治郎がぶっつけでそれっぽい力の再現に成功したのは、吉原編でヒノカミ神楽と水の呼吸を融合させたのと同じセンスによるものでしょうか
・夜明けも近づいて必死に逃げる鬼を相手に、追いかける速度を意識したのが雷の呼吸の始まり…とか
・刀がこのタイミングで届いたのも予想外
・時透はもうぶっ倒れたまんまだと思ってましたが、一心不乱な37歳から刀奪って持ってこれたとかだいぶタフだな
・ていうかあんだけやっててまだ「第1段階」て…全部で何段階あるんだ
・雷の呼吸を真似したのは仲間の力を借りた感じで、刀はみたまんま新武器で、それで主人公が強敵に渾身の一撃を撃つ
・さすがにこれは半天狗負けたろ、思ったより早かったな今回のシリーズ、とか思ったら、打ちひしがれる扉絵の炭治郎がすげえ不穏でした
・夜明けが近いってのは説明されてましたけど、まさかこんなにすぐだったとは
・逃げる半天狗を前にしながら、陽光に焼かれそうになる禰豆子ちゃんを背中に迷う炭治郎の様子は、かつて鱗滝さんから指摘された部分がそのまま出たものと解していいのでしょう
・つって、あんな極限の選択を迷いなく決断できる奴もそうそういないでしょうが…
・鱗滝さんからそれを指摘された時の状況設定は、鬼となった禰豆子ちゃんがもし人を喰ってしまった時はどうするか、というものでした
・しかし今回の状況はそれとはまた違った状態ですね
・禰豆子ちゃんを庇うために人を喰おうとする鬼を見逃すかどうか、というもの
・可能性だけで言えば、鱗滝さんの問いよりも起こり得る状況だったかもしれません
・その逡巡を察した禰豆子ちゃんは自ら兄の背中を押して、襲われる人の救出へと向かわせる
・ふっとばされたことに驚きながらも、一瞬でその意図を察して気持ちを切り替える炭治郎が悲しいですね
・ここでは判断の遅さは出ていないんですよね
・さっき迷っていたのは、どちらにも手が届く状態だったからです
・決断することでどちらかを救える状態だったから迷っていたのが、禰豆子ちゃんに飛ばされたことで決められる選択肢が1つになったから迷わなかった
・そうすると、回想に表れた半天狗のどこまでも利己的でどこまでも人のせいにするエゴイズムは、禰豆子ちゃんとの対比になっているとも言えるでしょうか
・人の身にありながら何でも周りのせいにしてきた半天狗と、鬼と化しながら自分より他人の救出を優先させた禰豆子ちゃん
・陽の光で焼かれたと思われたはずの彼女がまさか喋れるようになった変化は、その辺の心根とも関係するものでしょうか
・竹筒が外れて、陽光の下でも喋れるようになりながら、爪の先にはまだ人外の印が残っているように見えます
・一瞬死ぬ前の幻的なアレかとも思ってしまいましたよ
・炭治郎の家族とか煉獄さんのお母様とか鬼が消える時の生前の両親とか、本作では魂的なアレが時々登場しますからね
・でもよく考えたらそういうのは家族たる「そいつ」にしか見えないものでした
・全くの他人である鍛冶師たちにも禰豆子ちゃんが見えていることは、彼女がまだ生きていることの証であるのでしょう
・ていうかそれにしても禰豆子ちゃん美人だな
・これは間違いなく正ヒロインだわ
・鬼の毒だけを滅してしまう血鬼術との関係も含めて、これは珠世さんの解説が必要なところですかね


火ノ丸相撲


・「…な気がする!」って連呼してるのが火ノ丸にしては何か違和感があるなと思いましたが、これは相撲に集中できてないわけではなくて周りを見るようになったことの表現ですかね
・「また来ようね」の脳内レイナさんが全裸なのは煩悩丸出しですが
・レイナさんそんなノリノリなカッコと表情じゃなかっただろw
・右下手投げを出せない、からの久世の「ふざけるな」って何かと思ったら、ここで狩谷が出てきますか
・自らの体格とそれによる長短を受け入れることによる小兵相撲のアイツですね
・かつて火ノ丸は彼を破ることでそのスタイルを拒絶してみせましたが、その瞬間を直に見ていた久世にしてみれば確かにこれは「ふざけるな」となるものでしょう
・なりふりかまうことなく、持ちうるあらゆる手段を使って頂点を目指すことにしたと表現すれば聞こえはいいですが…
・しかし一方では、これによって火ノ丸はまた1歩「横綱相撲」から遠ざかったと言えるはずです
・狩屋との対戦で描かれたのは小兵相撲と横綱相撲という「スタイル」の勝負でした
・似たような体格を持ち、同じものを目指しながら異なる道を選んだ2人が、そのスタイルと信念を懸けて戦ったあの土俵
・勝つことでその正しさを証明しようとしたあの瞬間を踏まえると、ここで火ノ丸が小兵スタイルを取り入れたことには大きな意味があります
・そりゃ久世だって戸惑いのような怒りのような、複雑な顔にもなるでしょう
・当の狩谷は力士ではなく大学相撲部のマネージャーとかやってんのは、一旦落ち着いてしまったということなんでしょうか
・張り手や一本背負いも困惑の目で見ていた久世としては、火ノ丸が目指していたはずの「横綱相撲」に対してさらに疑問を深めたことでしょう
・それが後にどのような形で発露してくることになるのか…
・草薙対鬼丸の取組もあるとすれば、その時でしょうか


 




COMMENT▼

やっぱフライングだった…_| ̄|○

せめて前回纏め切れなかったヤツって事で…

>火ノ丸
一瞬煩悩に心乱されつつ(^^; それでもやっとこさ我らが鬼丸国綱が帰って来ました!!!
あぁ…でも鬼車の打ち方を忘れちまったとは中々深刻でやんす

実の所 前回感想を書き辛かったのが草薙のリアクション辺りなんですよね…
「気持ちは分からんでも無いケド理解したくない」とでもいいますか…
かつて狩屋の相撲を否定しといて何やねん!っていう憤り自体はまぁ…分からなくも無いんですが
アンタ自身火ノ丸が大怪我からどれだけ苦しみもがいて
ココまで戻ってきたのか傍目で見続けて来たろうに…とか
そんなんだからお前現在足踏み状態なんと違うんか!?…とか
「彼もまた人間だった」で纏めるにゃチト強引な様な気がしなくも無く…

それに対して三日月のガチ相撲の何と楽しそうな事か!…ってまたフライングしちまったィ!

追伸
>>ラグーさん
川田先生の追悼色紙が見たくて検索エンジン掛けたら
ラグーさんの「あの」コメントが結構上位に挙がってました♪
佐藤先生御本人は物語を完結出来ず無念だったのかも知れませんが
一方でこんなに熱いエールを送ってもらえた事もまた作者冥利に尽きるのでしょう

ご冥福をお祈り申し上げます

休みとれてますか?

・鬼滅
炭治郎には二つの生き方があって、兄として妹の幸せを見届けるという想いと、人間の剣士として罪なき人たちの命を繋ぐという信念。
今まではそれを両立できていましたけど、今回の二者択一、最愛の妹か出会ったばかりの刀鍛冶か、命の「選別」ができない炭治郎にとって最大の試練だったでしょう。

そんな兄の心情を察して鬼のいる方に蹴り飛ばした禰豆子の笑顔、あれは自分が助かるのを分かっていた顔ではないですよね。自分の人生がここまでだと悟りながらも、悔いはないことを伝えたように見えました。

だからこそ、妹に背を向けた炭治郎は涙を流したのでしょう。

・ゆらぎ荘
いろいろと今後の展開の考察はしてますが、今回のシリーズで幽奈が天狐の力を得たことは今後の人間関係に大きな影響を及ぼすと思います。
例えば彼女が使った力は明らかに狭霧とかるらの上位互換でしたよね。特に自分より優れた一面を持つ人に劣等感を抱きやすい狭霧にとってはつらい展開になるかもしれませんね。

ぶっちゃけて言うけれど…

ブログ更新より体の方を優先して下さい。そっちの方が比較にならないレベルで大事なので。
コメント返信も無理しないで良いですよ。これまで通り好き勝手やって待ってますからw

・追悼色紙
やっぱ多くの方が私同様にやられてますねw
集英社に許可を求めたチャンピオン編集部も、それを快諾したジャンプ編集部にも感謝しています。
白鵬、キャイーン天野、武井壮などの著名人も寄せているこの追悼号は永久保存決定。

お疲れ様です

先日の会社での健康診断にて、お腹周りが遂に!リズりんのTOPを超えてしまったっっ!!

『鬼滅の刃』
禰豆子ちゃんの太陽の下での笑顔。何とも素敵でしたよねぇ……。
それはそれとして、早いとこ時透くんの毒を燃やしてあげてネ。(笑)
玄弥も何か憑き物が取れたような顔になってますね。

そしてやっぱり、妹さんが“SEI HEROINE”なんですね!?(笑)
あと、43号ラストの小鉄少年! な、なんという羨ましい位置に居やがるんだコノヤロウ……。

『ぼくたちは勉強ができない』
42号では、うるかがメインヒロインっぽいというか、「旦那の浮気現場を目撃した妻みたい」と評した方もおりましたなぁ…。
文乃っちだけちゃんとコリをほぐしてないし。(笑)

43号では、まふゆセンセって…ホント、桐須“先生”というより桐須“先輩”くらいにしか見えんなぁ……何気に“お姫様抱っこ”されるの二度目だしなぁ。
つくもさん的には“眼福回”だったのでは? いやまあ、自分も…ですケド。(笑)
で、あとはうるかだけですね、「いつ 嫁に来るの?」と聞かれてないのは。

とまあ、こんなコメントですが、微量でもrexelさんの気分転換になれれば幸いです。
……スイマセン。調子こきました…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1429-35f55406

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター