社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

火ノ丸相撲が攻めまくっていた2018年週刊少年ジャンプ34号感想

簡易版感想ばっかり書いてたせいなのか、感想の書き方を少し忘れたような…

アンケ順
火ノ丸相撲
鬼滅の刃
キミを侵略せよ!


・アクタージュ act-age
・食戟のソーマ
・アリスと太陽
・ぼくたちは勉強ができない
・ゆらぎ荘の幽奈さん


火ノ丸相撲


うお…
せっかく前回の引きでは「まだまだこっから」みたいな感じにしておいたのに、割とあっさりやられたな

確かに今の火ノ丸が刃皇に勝てるとは思えませんでしたが、それでも修羅の相が解けた後には
もうちょっとくらい踏ん張るもんだと思ってました

修羅の相が解けたってことは、大典太を倒した前日に比べて幾分か弱くなったということでしょうから
妥当っちゃ妥当なんですがそれでもこんなにあっさり投げられてしまうのか…

おかげで落ち込む火ノ丸の姿がなかなかに見ていられないことになっております

修羅の相がなくなったおかげで、悔しさやもどかしさをどう処理したら良いのかわからなくなっているって感じでしょうか
今までは修羅の相のおかげでそれらからわずかでも、目を背けることができていたんでしょうね

しかし刃皇にそれを否定された今は、それらが無力感となって火ノ丸に襲いかかる
思い出すのは「間に合わない」というトラウマ



沈み込んだその気持ちのまま迎えた3日目の相手は数珠丸
迷いと惑いをたくさん持ったままの立ち会いは威力もなく、土俵の様子を見るにまさかの電車道であるようです

刃皇への負けに続いて二敗目
観客が評してる通りあの刃皇が二敗するとは考えにくいですから、これで場所前の優勝宣言は幻に…
なったとは思いたくないのがメタ的な視点ですけど

草薙と童子切が頑張ってくれたらあるいは…

あと、相変わらず数珠丸との対戦を流して描きますね川田先生

国宝・天下五剣の中でここまで徹底して数珠丸の描写が薄いのには、何か理由があるんでしょうか



落ち込む火ノ丸相手に、ここでレイナさんがいい感じにぶちかましてくれました

今までさんざんヒロインポイントを高めまくってからのヤンキー口調てwww
主人公の部屋の扉を蹴りでぶっ壊すとか正ヒロインのすることじゃないんですけどwwwww

なのに火ノ丸に食って掛かる時にはヤンキー口調で涙目になってるって、ものすごいヒロイン力だな!

女将さんに謝る時には一応冷静な口調に戻してるけど、次のページでも目が全然笑ってないよ…
ていうかキレた顔だよ…

ちょっとこいつ借りますって、どっかその辺で説教すんのかそれとも自分の家に連れてってあのディスク見せるのかって思ったら
行き先はまさかの場所でした

車乗ってるとか想定外でしたけど、そっからの目的地も想定外すぎるんですけど!?

いまだかつてジャンプでこんな展開があったでしょうか

キレ顔のヒロインに休憩のできるホテルに連れ込まれる主人公とかマジかよ
50周年超えて、ジャンプもだいぶ攻めてきましたね


つーかレイナさん今までから一転して攻めすぎだろ
土俵の上の火ノ丸を応援できるようになって吹っ切れたのか、由美さんに背中を押されたからなのか、
めっちゃ腹くくってる顔してる

「シャワー浴びてくる」って台詞は、もっとキラキラした顔で言われるものじゃなかったんですか?
こんな恐ろしい顔で言われるもんなんですか?
ちょっと俺には別世界過ぎて全くわかりません


いや、まあね
レイナさんの胸中を察するとしたら、「あんたにとってあたしは何なんだよ」ってことなんでしょうね

押し問答じゃ間違いなく埒が明かないから、一番手っ取り早い方法を選んだと
口下手な火ノ丸相手には肉体言語だとそういうわけですよね

相撲だって全身でぶつかんだろ、あたしの身体ともぶつかれや、みたいな

あんたの心技体とあたしの心技体勝負しろや、みたいな

押し倒しからの首投げマジで決めてやろうかみたいな

結びの一番っていうか結ばれる一番みたいな


やっべ
まさかこのマンガで消灯後用ムフフトーンが使われることになるんでしょうか

いくじなしに逃げ場なしってアオリもやけに上手いです

レイナさんだってこんなところ実は初めてなはずですが、はっきりしない火ノ丸への苛立ちがそれを超えているのでしょう

次週気になるのは、シャワーを終えたレイナさんが果たしてどういう姿で出てくるのか、ですね
慎ましくタオルを巻いて出てくるのか、全裸で堂々と出てくるのか


夜の鬼丸国綱対五條玲奈、待ったなし

不良のくせに結婚するまで手繋ぎ以上は許さんとか言ってたバカ兄貴佑真の出番も待ったなしでしょうか


鬼滅の刃


優しくできるのは選ばれた人だけ
なかなかに悲しい言葉を遺して有一郎は死んでいったようです

弟に対してだけは充分優しかったと言っていいでしょうに…


そんな回想とは打って変わって、玉壺の小物化が随分激しくなっております
37歳の集中力に対抗するあまり、思考回路がおかしくなっていますよ
「よし!!」じゃねーよw

記憶を取り戻し、痣まで覚醒した時透は玉壺の攻撃を圧倒してみせました
タコの触手に捕まりながらも、鉄穴森から渡された新しい刀でそれをすべて斬ってみせる

1ページ打ち抜きで白く染まる刀身が実に美しいじゃないですか

霞の呼吸の証・白刀
まるで氷雪系の斬魄刀のよう


上弦伍の鬼の頸を斬りかけましたが、ここで玉壺の顔から笑みが消えました
とうとう本気を出すんでしょうか

上弦の本気相手に1人では覚醒した時透でもさすがに厳しいと思われますが…
蜜璃ちゃんの到着が待ち遠しいところです


キミを侵略せよ!


生徒会長ちゃんひさびさに出てきたな
二大ヒロイン制にしておきながら、どうしても1人目の方の印象が強いのは作劇の構成としては失敗していると言えなくもないので
この生徒会長ちゃんも何とか同じ格まで引き上げて欲しいところです

最初から好感度MAXなヒロインが人気を博した前例としては、武元うるかという偉大な先人がいますからね
ぜひとも頑張って欲しいところ


あ、本編については特に何も…
いつもの通り「こまけーこたーいーんだよ」スタイルで、とっても読みやすかったと思います


アクタージュ act-age


バカにもわかるように演技しろ

第1話でそうツッコまれる場面がありましたが、今回はそれを再度持ってきた感じですね

先の映画撮影では、カメラというフレームがあったおかげで客の見る場所が制限され、
それによって景の芝居も伝わりやすくなっていました

しかし舞台となればそうはいかない
ステージ上の全てが芝居の空間であるために、カメラの外でゲロを吐くみたいな裏技が使えないのはもちろんですが
何より「演じているもの」が観客に伝わらないという致命的な欠点があるのだと

…何か、稽古が始まる前にそれをこんなにはっきり説明してくれたのは
作中で景が言われたのと同じように「バカな読者にも分かるように描け」って作者が担当に言われたかのような感じがしますが

玄人にしかわからない

景のメソッド演技が次に克服すべき欠点はそこにあるようです

役者を名乗る覚悟を問われて、今まではそれを唯一の存在意義としてしがみついていただけだという景のモノローグも
非常にわかりやすい振り返りになっています

デスアイランド編が景にとって大きな大きな節目になっているのがよくわかる作りが良いですね
景の成長がとってもよく感じられます

今度の監督は景にどんな期待をするのか
メソッド型と似たベクトルを持つ阿良也

今度の才能の交錯はどんなことになるんでしょうか


食戟のソーマ


もうどうしましょうかねこのマンガは…

城一郎を負かした事実も結構なマイナス方面の衝撃でしたけども、こんなあっさり出くわすのかよ

いや、アイツが作者のブラフって可能性はまだ残ってるかもしれませんけど
でもこのマンガの最近の感じを見る限り、そういうフェイントはなさそうかなと

鈴木とか定番すぎる名字は偽名の暗示なんでしょうしねえ

今のところアイツの狙いが黒なのか白なのかは不明ですが、この時点で食戟をやったとして
城一郎に難なく勝つ相手に創真が勝てるとは思えません

講師っつって来てるわけですから、別に負けたところで十傑の立場を失うわけでもないんでしょうけども

創真も一応学生の身分であるわけですから、講師に負けてもまあわかる、みたいな

確かな経歴とか言ってた割には普通にこんなん入ってきちゃって、えりな様の総帥ぶりが雑な感じになっちゃったのはちょっと残念なのである


アイツが城一郎のあの台詞と同じことを言いだしたのは、この新章のメインがそこにあることを示すものでしょうか

でもセリフが妙に軽々しく感じられたのはわざとか?
あれを言わせることで城一郎との関係を暗示しつつも、さらっと口にできるほど大切にしていないという

2人で温泉旅館にお泊り旅行までやっておいて、いまだ全然ラブがコメらない創真と田所さん

えりな様ともそうですけど、ようやくその辺に本腰を入れてくるんですかねえ


アリスと太陽


ふーむ…

ここらで2人に成長イベントを持ってくるというのは構成としても当然の手法と言えますが、
やはり演出力が追いついてないな


「見る」というポイントの重要性は、素人の俺にも何となく想像がつきますが
特訓ダイジェストの中で演奏時の2人の立ち位置が細かく変わっているのはさりげない描写ですね

先生の前で最初に演った時は前後の位置
次はL字に並んでみて、
次は真横になってみた
で、引きのラストでは向かい合ってみた、と

見る、っつーんですから向かい合うという発想は自然なポジショニングでいいと思います
まあ実際のステージでは使えないでしょうけども

こんだけ女子と見つめ合う特訓をしながらも、ラブコメ的な空気に一切ならないのは作劇の方向性を示しているものなのでしょう
そのうち軌道に乗ってくれば2人目の歌手志望女子が出てくるか、あるいは篠原さんに対抗意識があるせいで
主人公を誘惑とかしようとする女子が出てきたりしてもおかしくありませんが

あ、でも後者の方は読んでてちょっと不快になりそうだからやめてほしいかもしれない


ぼくたちは勉強ができない


何かいつもよりコメディとしてのインパクトと言うか、印象が弱かったような…
上手く言語化は出来ませんが、何となく物足りなかったですよ
何だろう?

オチが弱かったからかな…?


つーかキスマークがどうとかいうより、正ヒロインエプロンのほうが遥かに気になるのである

正妻エプロンに続いて正ヒロインエプロンとか…

制服の上からそれを着てるとは何と業が深いことでしょう

つまりこれは、先日の文化祭編で5人の誰かとジンクスが成立したことを受けてのものってことですよね
結ばれるヒロイン=正ヒロインという解釈で、今まで影から正妻を主張してきた妹が、自分こそがそうだと言い張ってるわけですね

あの場にはいなかったはずなんですが、筒井先生があのシルエットの主をここでさりげなく明かしてくれた…と

なるほどなるほど

…んなわけあるか(;^ω^)


ゆらぎ荘の幽奈さん


まさか畳みに入ってるわけじゃあないよな…?

思わぬ形で幽奈の正体が明かされて、思わぬ人と戦闘が始まることになりましたが
え、マジでどうなんのこれ

今まで作中で最強だったはずのコガラシくんでも師匠には敵わない
それ自体が不自然でないおかげで、危機感が余計に煽られます

幽奈幻龍斎説の一端でも明かされたらいいなとか思ってたら、何か過去に倒しそこねた大妖怪でもあったとかどういうことなんだってばよ

幽奈の霊体の中に、幻龍斎もいるしガランドウもいるってことでしょうか

幻龍斎の話が出てきたからには、最初にそいつの存在を教えてくれたあの占い師もやって来て欲しいところです
ひょっとしたら式神の過去演算がそこまで進んだおかげで、師匠もガランドウの居場所に気づけたとかそんな感じっぽいですけども


それでも、ゆらぎ荘の全員が迷いなく幽奈の味方につくのはなかなか読み心地の良い展開ですよね
これで1人でもちょっと惑わされそうになってたら余計に話が面倒になるだけなんですが、
師匠の話す可能性も一応踏まえつつも、それでも幽奈自身の本意とは違うはずだと言い切って、御三家八咫鋼に立ち向かう

コガラシくんが敵わないなら、次に可能性がありそうなのはもう1つの御三家宵ノ坂の末裔にあたる呑子さんくらい…
十升モードとは今までで最も呑んだ状態ですが、どうもそれでも勝てる気がしない…


今週の最初から呑子さんだけを追いかけてみると、師匠が喋ってる間中ずっと座って酒を口にしてるんですよね
その上で、どうやらあえて瞳を描かずに表情が隠されているように見えます

幽奈に手を伸ばした師匠の腕をコガラシくんが掴んだコマでも、みんなが立ち上がって騒然としてる中で
呑子さんはコマからはみ出たところにいて描かれていません

狭霧の作戦指示を考慮したとしても、何か知ってるような雰囲気がありますね
それでも幽奈のために戦おうとする呑子さん

はてさて…


ていうかこんな本格シリアスバトル漫画になっちゃって、本来のテーマだったエロコメはどこ行った
狭霧たちの霊装結界が剥かれることで一応のノルマみたいなものは描いてますけど、全然足りてないですよ


とりあえず全然落とし所が見えないな…
もうすぐアニメも始まるというのに

まさか、斉木楠雄とかだがしかしとか恋雨とか、アニメが終わるのと同じくらいに原作も完結するって作品が連続しましたけど
同じことになるんじゃああるまいな


 




COMMENT▼

今週はなんか疲れた(。-`ω-)

>火ノ丸
そういやこの作品は御都合展開はほぼ望めないの忘れてた(^^;;
ましてや「心が病み上がり」状態の火ノ丸じゃキングクリムゾン掛けられたみたくもなるよなぁ

今回はむしろレイナの覚悟完了に焦点があたっていましたね
「今の火ノ丸は応援出来ない」とウジウジ悩んでいたのが嘘みたいです
さぁ!このまま二人は少年マンガの限界を超えてしまうのか?( ´∀`)
ファイッ!!!

>age
カンパネルラ抜擢キタ♪───O(≧∇≦)O────♪
なんとなくですが 阿良也と景のどちらがより浮世離れしているのか
この配役をイメージした要因でしたがまさか当たってしまうとは( ˘ω˘ )

素人とプロの差の話でみんなと一緒にウケてる景が妙にカワイイ♪

エチュードのシーン 何気に第1話のオーディションと対応させて
あの時の景の演技は何が凄くて何処が駄目だったのか
それがようやくキチンと解説された様に思います

>鬼滅
チョット奥さん!聞きました?あの無一郎さんが「ありがとう」ですって!!!

何か一つの物事を突き詰めている人って生き方は不器用だけれども
その分深く鋭い視点を持ち合わせたりします
刀から無一郎の内面を読み取った鉄井戸さんはきっとそんなタイプの方
だったんでしょうね

でも一見同様に「集中」している筈の玉壷がダメダメに見えるのは何故なんだ( ゚д゚)

>ありたい
>>バレンタインにお母さんのチョコをカウントに入れる位無意味
…グハアッ_:(´ཀ`」∠):_

図らずも今回はageから援護射撃が来た様に思えました
「演出の深度が深過ぎて一般人には分かり辛い」のだ!
ウン!そう思う事にする!!!

皆皆様お疲れ様です。

・火の丸
もう首投げした方がいいんじゃない?www
とか言っていたら本当に首投げ決めそうな展開がくるとはwwwwww
YJかGJでSAGAやろうぜSAGAwww
心を折られた今だからこそ本当に支えとなる存在が何かを確かめられる。
「自分の相撲の全てを捧げたいと思えるような人に出会うこと」の言葉通り…
あ、この名言は作品違うわ。

・鬼滅
前々から玉壷に違和感を覚えていたのですが、ようやく理由が分かりました。
コイツ喋ってても口部分ずっと閉じてるからだ…
だからそこが口だってどうしても認識できない。でも本来の口部分は目。
どっから声出してるの?w

・アクタージュ
カムパネルラとかおいおい…巌監督、冒険者だな。あるいは景をそこまで買ってるのか?
もしかしたら阿良也のためかもしれません。
「相方がコイツならお前も本気を出せるだろう?」的なw

・おむすびのソーマ
ころころりん、ころころりん

・ア陽ィ!!
この顧問は良いですね。理解者であり先導者でもある。2人の覇道をコントロールしてくれそう。

・ゆらぎ荘
畳に入ってるか、少なくとも転機ではあるでしょうね。
恐らく、闇に飲まれ(又は同化して)餓爛洞になった天狐の最後の良心が幽奈なんでしょう。
過去の記憶にあった車椅子に乗った幽奈が空虚な雰囲気を纏っていたのも
魂が欠けていたとすれば辻褄が合います。記憶が無いのも余計な記憶は本体が持って行ったから。

・オマケ
いつも送信前に検閲してるのですが……5つも誤字があったのは初。疲れてるんだろうか?w

火の丸SAGA

東:火の丸関
得意技:ナシw

西:レイナ関
得意技:泣き落とし、言葉攻め、裸身晒し、不慣れ口撃、身預け、笑顔

No Subject

>火ノ丸
はてさてどうなるやらw

>アクタージュ
はてさて(ry

>アリスと太陽
はてさて(ry

>ノーツ
そろそろ畳みそうなんですが(^^;
ミライちゃんのデジャブが気になる。。。


>ラグーさん
それ全部クリティカルやなw
火ノ丸に対してはw

ゆらぎ荘について

ここが転機に入っていることには異存ないですが、畳に入っているというのは違うと思います。他のヒロインとのフラグが投げっぱなしになっているので。

終わりが近いのなら雲雀はあの時完全にふられていたはずですし、朧を本気にさせる必要もなかったはず。
狭霧にいたってはいまだにコガラシに対する感情の結論すら出せていないし、千紗希と二人きりにするのに10月末の修学旅行の実行委員という口実を持ってくる必要もなかったと思います。

そもそもヒロインみんな優しい娘ですから、幽奈の無罪証明まで自分の恋愛成就は一旦棚上げにするでしょう。この状況で連載終盤はあまりにも展開が無理やり過ぎると思います。いずれ「恋が実るのは一人だけ」が描かれる時が来るはずですが、その前兆が描写され始めた時ですかね。

Re: 今週はなんか疲れた(。-`ω-)

皆様コメントありがとうございます。

俺も今週はかなり疲れました。主に太陽のせいで。
曲作る方の太陽は、ラグエルさんのありえない略し方が読む時しばらくチラつきそう…w


>火ノ丸
いやあみんな大興奮されていますねえ。無理もないと思います。
あのレイナがここまで思い切った行動に出るなんて予想外でしたからねえ。

別にテコ入れとかのエロ展開とかじゃなく、全く以て必然性のある流れだから余計に盛り上がってしまいますね。

夜のこの大一番を次回川田先生はどう描いてくれるのか…


>鬼滅
玉壺は初登場時から口と目を逆にしたデザインが際立ってるなと思っていましたが、そんな副作用があったとは。
俺は特にそうした違和感は抱かなかったんですが、違和感ある方が普通なんでしょうか。

半ば主人公と化してきた時透は、今度他の柱たちに会ったらどんな顔して喋るんでしょうねえ。


>アクタージュ
芝居してない時の景がなかなかいい感じにポンコツになってきていますね。
ギャップ効果としてこの先も結構なインパクトを持ってくれそうです。


>ゆらぎ荘
言われてみれば、他の伏線まだ全然未回収でしたね。予想してなかった展開のおかげで完全に忘れておりました。
千紗希ちゃんとの実行委員とかすっかり記憶の彼方でしたよ。
ありがとうございますいちさん。

ラブコメのラブをもう一段深めるためのシリーズになるんですかね。まさか師匠がゆらぎ荘に住み着くことになったりとかはしないだろうな。

No Subject

ソーマ>まあ最強格が破れるのはショックですが、どんどんインフレするわけではなく、ラスボスなのでいいんじゃないですかね?
ワンピースでも最強の海賊白ひげは黒ひげにやられましたし。特に城一郎の教えを受けた相手ですし。
まあ積み重ねがないキャラなのがネックですが、これから積み重ねられるんでしょう。
ただソーマがどこまで成長したか分からない段階で負けイベントは微妙です。間に1年時には絶対に勝てなかった相手に勝つイベントとか欲しかったです。

皆さんもお疲れ様です

何ともスゴい更新時間のようですが……いつぞやのまふゆセンセみたくなりませんでしたか?

『火ノ丸相撲』
「結びの一番っていうか結ばれる一番みたいな」は上手いですね。流石!
にしても、あんな打ちのめされ方する主人公ってのも、ジャンプでも珍しいんじゃあ……?

『鬼滅の刃』
玉壺の扱いが確かに、“強大な敵”というより“小物なヤラレ役”っぽく見えなくもないですねぇ……。
ケド腐っても(笑)上弦の鬼! まだまだ立ちはだかる巨大な壁となって……くれるのかな?
それはそうと、蜜璃ちゃん。ホントどうなってんでしょう? なんて言ってる明日の誌上には、蜜璃ちゃん登場してたりして。(笑)

『キミを侵略せよ!』
んー……人気を博した“最初から好感度MAXなヒロイン”のうるかとか更にその先輩とかは…も少しこう、主人公の事になると我を忘れる(異常行動)トコは控えめなのかと…。(笑)
まあ、もう一人のほうも結構アレだから、作品の傾向的にはアレでいい…のかな? もっと出番が日常化すれば人気ももっと……ってな気もしますが。

『ぼくたちは勉強ができない』
『文化祭編』のインパクトが結構あったので、その後の“いつもの日常”的展開の話が何だか物足りなく感じるのかなぁ……と、個人的には考えております。
まあ確かに、水希ちゃんのエプロンの「SEI HEROINE」はインパクト強かったですケド! そう言えば、コミックス幕間では“HON SAI”キャミソール(で、いいのかな?)も着てましたっけね。(笑)

きっとお兄ちゃんの学校の文化祭を見に来ていたんですよ! で、あの場で「大丈夫? お兄ちゃん…」と手を差し伸べたのですよ!
…って、また“ボツ案”として幕間で描かれそうですねぇ……。(笑)

『アクタージュ act-age』
『銀河鉄道の夜』かぁ……どうにも登場人物達が“ネコ”の印象が強くて……ネコミミ・ネコしっぽ付けて演るのか!? とか一瞬考えちゃいましたっけ。って、んなアホな!
あと浮かぶのは…『トリプルナイン』とか。(笑)

全く話は変わりますが今回の台風、“マンガ並に”スゴい進路変更してくれてますよね。ウチの辺りはどちらかと言うと“風台風”なカンジでした。

No Subject

ゆらぎ荘に関しては、畳に入っているというのは無いと思います。ヒロインとのフラグ以外にも消化するものは多いですし。

というかこの作品、ちょっと核心掠めるだけですぐに終わるのか終わるのかという人が出てくるのですよね。
過去には制服デート、かるら編終盤、三者面談会、妖狐登場回、雲雀告白編、で今回の師匠登場編と。

本作の特徴的な構造として、かつての暗殺のように終わりを強く意識させる構成をとっていることと、通常エロコメ、ラブコメ系はストーリーの縦軸をよく見せるのは序盤と終盤という構成を取ることが多いけれど、
ゆらぎ荘は縦軸の種類と量が多く、どの時期でも何かしらの形でどれかの縦軸に触れるという構造故に誤認する人が出るのではとは思います。
他のジャンプ系のブログの方の分析ですが、他のエロコメ、ラブコメと比べた場合のゆらぎ荘の最大の特徴は縦軸の強さにあるとも。

師匠が住み着くという展開は十分あるのではと思います。監視目的か何かの類で。まだ部屋が2部屋空いていますし。

Re: No Subject

返信までまるまる1か月もあいてしまってスミマセン…

>ソーマ
結局負ける展開になっていきましたけど、最近の流れはどう評価すればいいですかねえ。
本筋に当たる部分に大きく関わる展開になっているとは言えますが、その描写が何かやたらとあっさりしているように見えてイマイチと言うか。

>僕勉のボツ案
ありえそうだから困る(;^ω^)

>ゆらぎ荘
言われてみれば、確かに本作は「終わってしまいそう」感が多いですね。
そうか縦軸の多さか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1426-b483e142

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター