社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 




今さらですが、異世界転生系作品にハマりました。

isekai.jpg

実は最近ですね
異世界ものにハマっているんですよ

異世界転生、異世界召喚によるチート主人公が何か無双するアレです
アレに妙にハマってしまいました

すっごい今さらだとは自分でも思うんですけども

原因は明らかです

デスマーチから始まる異世界狂想曲ですよ

このアニメを見て、異世界ものがちょっと気になりだしましてね
最初は全くノーマークだったはずのアニメなんですが、異世界ものとしてはよくできていたというか
非常に入り込みやすい作りだったように思えて、それなら他の異世界ものも見てみたいと思ってしまいました

で、その症状が顕著に出だしたのが3月末くらいからでしてね

異世界チートものって、いわゆるなろう小説を元にして、ネット上の一般的評価としては下の中か下の下くらいみたいな先入観があったんですが
ちょっと検索したらそれら小説がコミカライズされたものがたくさん出てきたので無料で何話か読める作品を片っ端から読みまくったんですよ


そしたらですね



気がついたらもう50冊以上買ってました


しかもKindleで


自分でもいろいろぶっ飛んでるなと思ったんですけどもね
この何か月かの間に結構な数ポチってました

厳密には、Kindleデビューは異世界ものコミックのためではなくまた別の作品のためだったんですが
すでにKindleに手を出していたせいで、注文してから手元に来るまでタイムラグのある紙版よりも電子版の方に食指が動いて
1巻を買ったら続けて既刊を全部逝ってしまうという現象に見舞われております


これヤバいっすね…

よく考えなくても金のかかる注文をしてるのに、クリック1回でコミックの中身が読めるようになるもんですから
「払ってる」って感覚がものすごく薄いです

意識して自重してないと、口座の残高を一切気にせずに際限なくポチり続けてしまいそうですよ
マジあかん


と、いうわけで

今回は俺が注文してしまった異世界もののいくつかをプチレビューする記事です



 




異世界迷宮でハーレムを


異世界迷宮でハーレムを (2) (角川コミックス・エース)

既刊2巻

1話の試し読みを見て、主人公が最後「ゲームキャラを殺したんじゃなくて人を殺したんだ」と気がつく辺りの流れと雰囲気が気に入りました
異世界に放り込まれたことをこうした形で現実として理解した主人公が、この後どのようにしてこの世界で生きていこうとするのかを見たくなってポチっと

買った当時はまだ1巻だけしか発売されておらず、ハーレムとかタイトルに付いてる割に
美少女とのイチャコラは何にもねえじゃねえかとがっくりしたこともありましたが

4月末に発売された2巻は期待以上の出来になっておりました

2巻のあの後半部分は、もはやほとんどエロマンガのような内容を描きながら、
ページ数をこれでもかと割きまくった雰囲気作りが半端ないおかげで単なるエロマンガにおけるそういうシーンとは
全く一線を画す出来上がりになっておりましたよ

あんな濃厚で、それでいて緊張と心拍数が次第に高まっていく様子を描けるってのは
作者ものすごい描写力だと思います

1巻がタメで、2巻で本領発揮の真価を見せたって感じでしょうか

1巻だけ買った時から2巻を心待ちにしていたんですが、1巻買ってから2巻までにさほど日を待たずに済んだ上に
2巻出たらあれだけの内容を描いてくれているとは、マジ買って悔いなしな作品ですよ

ただし、主人公が大勢の前で無双して実力を見せつけるような場面は全然ありません
持ってるスキルや能力がチートクラスであることは間違いありませんが、本人はそれを見せびらかそうとするわけでもなく
またどっかの姫とかが襲われる場面に出くわすのでもなく、ただひたすらに異世界でどうにか生活していこうとする必死さが描かれます

その生活の潤いとして、主人公は奴隷の美女を欲した…という
巻き込まれる形で国王とかお姫様とかと出会って無双する作品と違って、あくまでひっそりと暮らしながら
しかしハーレムだけは目指すということで、派手さは全くありませんが妙なリアリティがある話です

話の視点が常に主人公側であり、ヒロインで奴隷となる美女のモノローグが一切描かれないあたりも
物語への没入に拍車をかけていると言えるでしょう

奴隷として手に入れたけど、どうなんだ?いいのか?いけるのか?いっていいのか?
みたいな主人公の葛藤が何かものすごくこっちの緊張も煽ってくれます

てかロクサーヌかわいいよロクサーヌ

3巻も超待ってる









異世界支配のスキルテイカー ゼロから始める奴隷ハーレム


異世界支配のスキルテイカー ゼロから始める奴隷ハーレム(1) (シリウスコミックス)


既刊4巻
…いや、「ハーレム」って名のつく作品ばっかり買ってるわけじゃないですよほんとですよ

特殊体術の心得がある主人公が異世界に召喚されたら、能力略奪のスキルまで持っていて、
「素の武力とチート能力」によって無双しまくるという見事なまでに典型的な話です

作中で「俺はどこにでもいるごく普通の高校生である」というのがやたら繰り返される割には
そんな特殊体術を会得してる高校生なんかいねーよ、という違和感はどうしても残るんですが
まあそこに目をつぶれば割と読んでいけるでしょう

ていうか、この手の異世界ものにそこまでの辻褄やリアリティを求めるのは明らかにスタンスを間違っているように思いますので
1つや2つの気になる部分は生暖かくスルーしておくのが正しい読み方ではないでしょうか


『異世界迷宮でハーレムを』と同様に、主人公が積極的に自分のハーレムを作っていこうとする作品であり
ラブコメ漫画の主人公たちと異なる積極的な姿勢が何だか新鮮に見えたりもします







賢者の孫


賢者の孫 (1) (角川コミックス・エース)

既刊6巻
もうすぐ7巻が出るみたいですね

異世界転生で、チート主人公だけど、ハーレムではないというパターンの作品です

まとめサイトとかで、チート主人公を揶揄する時の代名詞のように画像が載っけられたりしていたのを何度か見たことがあって
そういう画像の詳細から作品タイトルに辿り着いて、買ってみることにしました

そんなに槍玉に挙げられるほどの主人公ならむしろ読んでみたいわと思ったのです

で、実際読んだ印象としては、確かに揶揄されるくらいの主人公の規格外さはありますけども
そこまで言わなくてもいいんでない?という感じでしょうか

主人公ageのために、異世界の文明文化や思考のレベルをsageる構造については俺もまだ違和感を拭い去れているわけではありませんが
上述の通り「そういうもの」として認識した上で読めばまあ気にならないかと

主人公がチートであることは間違いありませんが、上記2作品と違ってハーレムではないのが1つの特徴ですね
何となく主人公を誘惑してくる女子キャラはいますが、主人公本人は1人のヒロインと婚約まで交わして
しっかり一途であろうとしているようです

だからハーレムなのばっかり選んでるわけじゃないですよほんとですよ








二度目の人生を異世界で


二度目の人生を異世界で 1 (MFC)


既刊5巻
少し前に悪い方向で話題になりましたが…
コミックスを普通に気に入ってた立場としては、すごくリアクションに困る騒ぎでした

俺としては、別に作者がどんな思想持ってようと作品が面白かったらそれはそれでいいんじゃね、って思ってるんですけども
メインキャラの声優さんたちが次々に降板してアニメ化ポシャった上に原作まで発売されなくなるとか…

騒ぎになったのがちょうど漫画版5巻が出てすぐでしたよね
とっても切ない事態でした


話としては、異世界に転生した主人公が素の実力と神からの恩恵で無双するというよくあるパターンです
特徴的なのは94歳で大往生した上での転生、というところでしょうか

そのせいで2人のヒロインと一緒に旅をすることになりながらも全然色っぽい思考に至らないという
転生ものらしくせっかくハーレムな状況なのに、若干のもったいなさは感じます

それでも、なろう系のコミカライズにしてはすごく画力は高いですし、
ちゃんとヒロインは美女だし、4巻から登場したエルフも綺麗だし、
異世界系の中でも期待していいんじゃないかなーと思ってたんですよね

なのになあ…








異世界転生騒動記


異世界転生騒動記 1 (アルファポリスCOMICS)

既刊4巻
ちょっと迷ったんですけどこんなのも買っちゃったんですよ

第一印象としては「画力ヤベえな」だったんですけど、公式サイトで読めるぶんだけ読んだ感じ「話は悪くないか?」とか思って
それじゃあちょっくら逝ってみるかと

我ながらポチるハードルが随分下がってるなと自分でも思います
どんだけ俺は異世界とかチートとかに飢えてたんでしょうか


他の異世界系作品と比較して特徴と言えるのは、主人公の中に転生人格が2人存在することでしょうか
もともとその世界にいた主人公の人格と別に、地球から転生してきた2人の魂?が宿っていて
片方はWikiを読むのが趣味な雑学ヲタ、もう片方は戦国時代から転生してきた老獪な武士、ということで
知識と武力とを同時に持った主人公がいろいろと無双する話になっています

異世界系で主人公が多重人格?とか思って最初は違和感もありましたが
読んでみれば別にそういう感じはあまり受けませんでした

普段は主人公の主の人格ですが、都合のいい時に都合のいい方の人格が表に出てきて
アイデアを披露したり強敵と戦ってみたりと、大筋を見れば見事に異世界チートな作品ですね

しっかり3人のヒロインから好かれているというのも定番通り

ある意味異世界系のお手本と言うか入門みたいな作品と言えるのかもしれません










八男って、それはないでしょう!


八男って、それはないでしょう! (1) (MFC)

既刊5巻
転生した先が貴族の八男だったおかげで、家を継ぐこともどっかに婿入することも出来ない主人公が
チートレベルの魔法力を駆使していきなり英雄と呼ばれるようになったり、男爵に任じられたり、
聖女と呼ばれる教会本部枢機卿の孫娘と婚約したり、クラスメイトの女子2人も娶ると宣言してみたり、
それはそれは見事にチートでハーレムを実践してる作品です

もはや貴族の八男とかいう生まれの悪条件はどこ吹く風
「それはないでしょう!」なんてタイトルから窺える負のニュアンスは、話が進むごとにどんどん感じられなくなっていきます

男2・女3という組み合わせでいつも仲良くしている主人公たちですが、その女子3人はみんな主人公の嫁という炸裂ぶり
残る男というのは主人公の親友的ポジションにいる奴で、すごい切ない立場です

主人公のチートっぷりに安心して読んでいけるのが魅力の1つと考えられるでしょうか

いろいろとシリアスになりそうな雰囲気は出しておきながら、さくっと終わらせてしまったりして
とっても心臓に優しい作品です

最新5巻では、急に数年後っつって冒険者登録のできる年齢になった主人公たちが
初任務でちょっとピンチな状況になってしまってますが…

これをどのくらいあっさりクリアするのかで今後の方針も予感できそうです








…ここまでで26冊
ポチった冊数の半分いかないくらいです

残りの作品はまたそのうちで


※記事その2をやっと書きました
今さらですが、異世界転生系作品にハマりました その2


COMMENT▼

No Subject

私も異世界転生物はそれなりに知っていると自負してますけど…
流石にこの発想はぶっとびすぎだ!というモノを先日見つけましたのでホラどうぞ。
敢えてタイトル書きません。リンク先開いてからパニクって下さいwww
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000044010000_68/

ほうほう

言っておきますが
幼女戦記も転生物でつよw

じゃあ転物ですが二つ紹介。
っオーバーロード
っログ・ホライズン
コミック版のリンクは知らんので自分でどうぞw




そう言えば
異世界転生物がせいぶつに空目したw

確かにいっぱいありますよねぇ……

自分も数種、異世界転生(?)モノのコミックスを購入しております。
基本『異世界転生騒動記』と同じアルファポリスのヤツですね。

『月が導く異世界道中』
『ワールド・カスタマイズ・クリエーター』
『獣医さんのお仕事in異世界』
『え? 平凡ですよ??』

ってトコですか。え?もう持ってます!? 失礼しました…。
まあ、コミックスは買ってないけど、サイトで毎回読んでいるモノがまだ数種類……。

ラグエルさん紹介のヤツも、試し読みみたいなので読んだ事がありましたが、確かにスゲー発想ですよね!?(笑)

Re: No Subject

やはり皆さんも異世界ものはそれなりに嗜んでいらっしゃるんですね。

ラグエルさんご紹介のそれは、検索しまくってた中でタイトルだけ見て「何これどうしよう」と思ったやつでした。
買ってはないんですけど、1話と他の無料で読める範囲だけは読んだことがあります。
読んでも全然理解できませんでしたけど

きっと女子キャラたちをいかに脱がすかというのを追求した結果たどり着いた発想なんでしょうね…


妄想屋さんご紹介の2つは、名前しか知らないやつですね。
まだ読んだことないので、そのうちで。

ていうか幼女戦記も異世界転生ものだった事実に割と驚愕しました。ほんまや…!全然気づいてなかった…


尾長さんご紹介の4つのうち、1つはすでにポチっております。
さらに他の1つはポチろうかどうかちょっと迷い中だったりします。
そんでまた別の1つは初耳だったりします。

探してみるとコミカライズの連載が始まったばかりでやっと今第3話とかって作品もあったりして、まだまだ楽しめそうですねこの界隈。

しれっとオススメ

この素晴らしい世界に祝福を!のコミカライズシリーズが個人的にオススメです

もし良かったら一度ご一読の程を

しかしrexelさんは御購入幅が廣いなぁ

Re: しれっとオススメ

あー、それも有名な作品みたいですね。
アニメにもなってましたっけ?アニメになってるのは、まずはそっちから見てみようかなとか思ってたりします。

このすば

2期までやってますよ。今年3期が決定してます。

『ぼったくり』も結構面白い(笑)

多分、初耳のヤツは『え? 平凡ですよ??』かと思われますが、こいつは既に“連載終了”の作品ですので……。
んで、『獣医さんのお仕事』にもリズりんが出てますね。(笑)

ここまでくると…

1周回っていっそ清々しいなw
「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」
http://comic-earthstar.jp/detail/sokushicheat/
取り敢えずバトル方面に期待する作品ではないと理解したw
どう転がすんだろうな話?あのオネーサンの思惑を砕く方向か?

Re: このすば

>このすば
すでに3期とかなってるのか…
異世界もので3期って結構すごいことのような


>即死チート
あ、見てます、それ。
基本的に殺すことしか出来ない主人公で、どう話を転がしていくのか…
しかも主人公が何考えてるかさっぱりわからないのが作品への没入をちょっと躊躇わせるんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1419-61b5f4b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。