社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

鬼滅の刃で重大情報が明かされていた2018年週刊少年ジャンプ21・22合併号感想

2018年週刊少年ジャンプ21・22合併号感想

次号予告ページ、水曜発売の事実に火ノ丸キレ過ぎだろw


アンケ順
鬼滅の刃
アクタージュ act-age
食戟のソーマ


・ぼくたちは勉強ができない
・ノアズノーツ
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん


鬼滅の刃

扉絵は分裂した鬼を前に戦慄している炭治郎と禰豆子ちゃん

禰豆子ちゃんはその状態になるな、って言われたはずなのにまだ解除してないですね
ツノまでは出てないようですが…

半天狗の急所は頸ではない
急所を隠したり移動したりする力を持っているということでしょうか

炭治郎が敵の性質に気づくのが早すぎるような気もしますが、まあいいでしょう

斬ったら斬っただけ分裂するとは面倒な相手です
その上分かれたそれぞれが異なる能力を持っている模様

台詞からすると喜怒哀楽それぞれに応じた性格なんでしょうか
すでに先週の時点でそれを看破している人もいたみたいで、すごいですね

喜怒哀楽なら4体までですけど、まだ分かれることはあるんですかね
4人揃った状態が一番強くなるのはもちろんでしょうが、倒すチャンスも4人揃ってないと生まれないようにも思えます

ただしそいつは上弦肆の鬼
4体の連携とかコンボ能力とかがどうなのかはわかりませんが、倒すチャンスなんてそうそう見つからないでしょう


妓夫太郎戦の怪我がようやく癒えてきたばかりだと言うのに、上空からふっ飛ばされてまたしても大ダメージな炭治郎

必死に繰り出したヒノカミ神楽で、自分を掴んでいる敵の足を斬ったはいいが、その足から顔が再生してくるとはヤバイ状態ですよ
今しがた食らった口からの攻撃を、今度は全く動けない状態で食らおうとしてるんですから洒落にならない状態です

これは誰か来ないと切り抜けられないんじゃないか…?

そもそも4体に分裂した上弦相手に禰豆子ちゃんまで入れても3人しかいないんじゃ
数で負けてるんですよね

上弦を相手にするのに柱の存在は必須ですが、人数さえ負けてるようでは話になりません

じゃあ誰が来てくれるのか


ここはぜひカナヲちゃんに来てほしい

同じ試験に受かった5人のうち、いつも伊之助と善逸とばかり一緒だった炭治郎
せっかくここに玄弥がいるのなら、残る1人カナヲちゃんも参加してほしいなと言う気がします

玄弥もカナヲちゃんも、まだ作中での実力描写は全然ありませんからねえ

5人それぞれ五感の1つずつをずば抜けた才能として持っている彼ら
今までの内容からすると、玄弥は味覚でカナヲちゃんは視覚に秀でていると考えられます

頸が急所ではない半天狗に対して、弱点はどこか見極めるんだと炭治郎のモノローグ中にありましたが
「見極める」となると視覚のカナヲちゃんの得意分野になるのではないでしょうかね

里に来た理由は、病み上がりの炭治郎が心配だったでもいいし、襲撃の事前情報にお館様が気づいてたとかでもいいですよ
個人的には、刀はどうもなってないけど何とかして里に行くためにしのぶさんをごまかしたとかだといいな


遠くに飛ばされた時透は、急いで戻る途中に術で作られた鬼の刺客と戦う小鉄少年を見かける

やはり、急に反応して見せていたのは炭治郎のあの台詞だったようです
今なんて?とか聞き返した割にしっかり覚えてるんじゃねーかw

やっぱお館様から前に言われた言葉だったりするんですかねえ
それくらいでもないと、あの台詞に反応するだけでなく影響されて行動まで変えちゃうことの説得力が弱くなりそうですけども

そしてやはり玉壺はフリーなのか?
小鉄少年を襲っていたのは陽動的なアレで玉壺がばら撒いた刺客の1つだったりとか



いつもは話が始まる前のページにある鬼殺隊報が、今回は後ろに載ってました
何となく見てたら何か重大情報が書いてあるんですけど

柱になるには、階級を一番上の甲まで上げることと、鬼50体か十二鬼月を倒すことが必要だそうな

いずれ作中で出てくるんだろうと思ってた部分がこんなところに書いてあるとは…
ていうか時透はこれを2か月でやったのか
ヤベー奴だな

階級はともかくとして、50体か十二鬼月ですか
柱合裁判の時にお館様が「十二鬼月を倒しておいで」って炭治郎に言ったのは、つまり柱になっておいでって意味だったんですかね

十二鬼月は下弦の陸でもよかったんですかねえ
元下弦陸なら割と初期の頃に炭治郎倒してましたけど

そんで「倒す」っていうのもどの範囲までを指すんでしょうか
サシでの戦闘じゃないとダメなんですかね

煉獄さんに助けられて下弦壱の魘夢を倒せたこととか
宇髄との共闘で上弦陸を斬れたとか
そういうのじゃだめなんですかね

鬼一体が相手でも複数人でかかるのが基本的な戦術なんでしょうが、その中で「主力」と見なされるだけでもだめなんですかね

今の柱たちが基本的に継子以外を連れずに行動しているっぽいところからすると
実力や階級が高くなっていくに連れて単独での任務割合が多くなるんでしょうか

そういや煉獄さんが亡くなった後の炭治郎たちは割と単独任務にも行ってましたね
倒した鬼の数は単独任務の時しか計上されないのかな

柱になるにはおよそ5年かかるとされているとか
十二鬼月と遭遇しなければ、年間10体の鬼を倒さないといけないわけですか

1度負傷すればその完治に何ヶ月かかかることを考えると、年間10体はかなり厳しい条件ですよ
単独任務の時しか計上してもらえないならなおさらです

でもそれが普通くらいの基準なんですね

1度や2度の戦闘で全治数ヶ月の負傷をしているようじゃ話にならないと
全然負傷することなくサクッと斬って、そのままインターバルなしに次の任務に行けるくらいじゃないと柱なんてなれないということでしょうか

十二鬼月を倒すというのもねえ
鬼殺隊には伝わってないでしょうが、今となっては下弦が解体された十二鬼月は六鬼月ですからね

上弦最弱の妓夫太郎相手にあんだけ掛かったわけですから、それ以上の肆や伍を単独で倒すなんて無理な話でしょう


さらにもう1つ、呼吸の種類についても興味深い話が載っていましたよ

呼吸の派生について、何と蛇の呼吸は水の呼吸の派生だそうです
マジか

水から蛇てどういう派生なんだ…
じゃ虫もか?虫も水とかなのか?

そんで、音の呼吸は雷の呼吸から派生しているとか
これは何かわかるような気がしますね

ていうか、それなら善逸と宇髄の共闘はやっぱ要注目なやつじゃないですか

雷の呼吸を使う隊士にして、聴覚に優れた善逸と
雷の呼吸から派生した音の呼吸を鍛えて柱となった宇髄
超興味深い戦闘じゃないですか

なのにどうしてそれがなかった…


極めるべき呼吸は日輪刀の色で判別されるとか
これ、すでに色と呼吸の関係がわかってるならいいんですけど、はじめての色が出た人はどうすんですかね

炭治郎の黒はどの呼吸の色なのかわからないというのは最初から言われてましたが
他にもそういう色あるんじゃないでしょうか

恋の呼吸とか何色だったんだよ
ピンクか?


アクタージュ act-age

前回フレームの外でゲロを吐きながら本番撮影を乗り切った景
見事に周りからゲロ女と呼ばれるようになっているようです

ゲロ女て
そこはゲロインだろジャンプ的に考えて

でもゲロ女ゲロ女言われてるところで景が着てるTシャツが変なカエルなのは絶対作者わざとだよな…
あれでしょ、ゲロゲーロみたいな?
アホかw

本番撮影時のゲロは良くも悪くも現場に大きな影響を与えている模様
まあそりゃそうでしょう

すでに有名になっているスターズの役者たちはどちらかといえば否定的
中でも一番は百城ですね

正反対の性質を極めている彼女ですから当然の反応でしょう

カットがかからなかったことで台本にない飛び込みを実行した景のおかげで、その日の撮影は予定より3時間遅れで終わったとか
これは初日、他人のNGさえキャンセルして3時間早く終わらせた百城とのわかりやすい対比であるのでしょう

しかしその芝居自体には監督も好意的なようです
今のところは、ですが

現場の状況を見かねた百城が直接文句を言いに来ましたが、殺し合いみたいでいいじゃない、とは意外な返答でしたよ

殺し合いの映画を撮ろうとするのに、現場や共演者の空気までそれに似せて緊張させるようにする
映画監督のやらしい撮影技術としては確かにありそうな感じですが、この監督の狙いはそれだけではないようにも見えます

そもそも、景の演技に対する賛否の感情で現場の空気が変わっているということは
今の撮影の状態が「主演夜凪」であるとも言えます

もちろん百城だって別のところで撮影は進めているんでしょうけど、それはおそらく周囲にとってはいつもどおりの光景
景の予想もつかない芝居と行動に対する感情が強く出ているのだとしたら、景の存在感が現場を支配して百城を食ってしまっているということになるのです

だから監督は「いつものようにまとめあげて」と言ったんですね
お前主役だろ、と

あるいはさらに、この2人が正反対の性質を持っていることに気がついているのだとしたら
共演者をまとめようとして状況俯瞰をいつもより強く発揮する百城に、その俯瞰技術を少しでも盗もうとして余計に予想外の芝居を見せる景とをぶつけることで
何か面白いことになるかもしれない…とか考えている可能性も出てくるでしょうか

つなぎの回だった今週
次に話が動きそうなのは、百城と景がともにカメラに映るシーンでしょうか

場面の内容にもよるでしょうけど、想像するだけでめちゃくちゃになりそうな予感がしますよ


食戟のソーマ

えりな様の必殺料理お披露目

…のはずでしたが、まだ焦らすようです

薊の前に司先輩と竜胆先輩に食わせて軽くジャブ
わざわざワンクッション挟んできましたよ

もったいぶるのは、それだけこの品にぶっ込んだ要素が多すぎるからなんでしょうね


まずこの品が親子丼であるという断言
それはもちろん、SHINO’sで創真が作ったアレを意識しているものでしょう

フレンチの概念で親子丼を再構築したあの一皿
先の前菜に合成した品の1つですから、それを超えるためにえりな様が作った品に同じ要素があるのは不思議ではありません

創真がフレンチの概念で再構築したものを、えりな様はそれ以外の技術と概念まで取り入れてさらに組み上げたと考えられます

しかしそんなことよりも注目するべきは、食戟の勝敗と自分たちの将来とが懸かったこの最終局面で
審査員の親父に出す料理が親子丼だったというところであるでしょう

えりな様と薊の間にあるもの
かつての「教育」や学園を巡るいろいろよりも先に、まず親子であるという前提を持ってきたわけですね
それを、いろいろ駆使して「再構築」した

つまりそれは、自分たちの親子関係に対する感情をもえりな様はこの一皿に込めたのだということができるでしょう
果たしてそれは如何ほどのものなのか

見ただけでわかると切って捨てる薊に、神の舌を持つえりな様が皮肉で応じるのはなかなか強気だと思いましたが
それだけこの皿に込めた感情が強いからなのでしょう

そしてゲソピーとはもちろん、創真が好んで作っていたゲテモノ料理
それすらも取り入れて味を完成させることで、創真以上の領域にいる自身の実力を示したわけです


さらに、最後に示されたもう1段階の変化
「化ける」との表現があえて使われているのは、創真がえりな様に初めて食べさせたあの品が意識されているからでしょう

手にした小皿に何が入ってるのかは知りませんが、とりあえずふりかけるんでしょうねえ

親子丼に何をふりかけたらどう変わるのかってのは全く予想が付きませんが

ただしこの「化ける」においては、薊の反応は非常に重要なものとなります
なぜなら、あの時創真の品を前にしたえりな様と同じ状態であるからですね

かつてのえりな様は薊の教育の残滓を抱えたまま、高級美食の一面に囚われていました
それゆえ、創真が見せた品に対して先入観からの大否定を繰り返していたわけですが…

ここでのえりな様と薊はまさにその再現です

ならば、この品に対して薊がどう反応するかというのは、あの時からの物語の進行を象徴する重大なシーン

食うと言ったからには食うのでしょう
問題はその後

かつてのえりな様は、その味に腰砕けになりながらも意地だけで「不味いわよ」の言葉を絞り出していました
果たして薊もそのような反応を示すのかどうか

予想もしなかった味に動揺して、おさずけまで超発動させながらも涙目で「ダメだ」とかつぶやいたりするのか否か

じゃあ次にはその判定をどうやって覆させるのかというのが問題になってくるわけですが
ここにもう1つ見落としてはならない要素が残っています

某マロンな方も指摘されていましたが、本作では今まで、勝負や食戟の審査員と名のついた人たちは
出されたその品に対して味の評価を偽らないんですよね

個人同士の食戟や合宿や選抜での審査員はもちろん、叡山が仕組んだ八百長食戟の審査員や
進級試験で謀略を仕組んだ審査員たちでさえ、口にした品が美味ければそれを偽ることはない

ろくな材料を用意しないという方法を仕組んだ進級試験のクソ教員たちは、それでも創真たちが何とか作り上げた品が美味ければ
不本意な顔をしながらも合格と判断していました

叡山が連れてきた八百長審査員たちも、創真の品を食ったからにはしっかりその味を認め、判定ボタンを押していました
甲山先輩の食戟の時は食う前にボタンを押していましたからね

食べればその味に嘘は言わない

これが本作の審査員における暗黙の理解なのです

然るに、それを守らなかった人物がただ1人
えりな様ですね

創真の入学試験で、「化けるふりかけごはん」を口にしたえりな様は
その味に明らかに身悶えするほど蕩けながらも、「不味いわよ」との評価を下しました

これが、作中で唯一味の審査に不正があった瞬間
そしておそらくは、えりな様が初めて舌に嘘をついた瞬間

だとすれば、それを再現している今回の薊が、えりな様の必殺料理を口にした結果として
崩れるように負けを認めてしまえば、あの時舌に嘘をついたえりな様よりも薊のほうが「まとも」だということになってしまうでしょう

ここまで物語と学園を引っ掻き回したラスボス的存在の薊がそんなことでは済むはずがありません

食べても認めずに、美食に関する御高説をのたまうのでしょう
まあそもそもお題が真の美食ですから、それ自体が間違っているわけではないんですけども

では真の美食というお題に対して、創真とえりな様の品はどのように位置づけられるのか
創真もえりな様も、それぞれの一皿に対して物語の今までを踏まえた色んな要素が組み込まれてはいますが
結局のところお題に対してそれがどうなのかというところに勝敗は委ねられることになります

そこがねー
今いち予想がつかないと言うか
どんな理屈を持ってくるのかわからないところなんですよねー

創真とえりな様、司先輩と竜胆先輩
それぞれのコース料理がそれぞれの価値観を表していることはわかるんですよ

セントラルは、皿の調和や味の完全性を重視するゆえにコース料理もそれぞれの品がしっかり合うような料理を作り上げました

対して創真たちは、俺のお前の食戟でもあるんだぜというように、調和どころか互いにぶつかり合う始末
それは、自由な発想を持つ料理人同士が研鑽することでさらなる高みへ登っていくという
仙左衛門体制下における学園の理念が体現されているものです

革命の是非が連帯食戟の出発点でもありますから、その最終戦がそうした勝負になることはおかしくないんですが
では決着をどのように理屈付けるかというとちょっと浮かんできません

残る伏線として、竜胆先輩の怯えとやらが関わってくるんですかね
それともこんなお題を提案した仙左衛門の意図が何かしら働くのでしょうか

まあまずは次回
すました顔の薊がどんな反応を見せるのかを楽しみにしておきましょうか


ぼくたちは勉強ができない

理珠に文乃にうるかと来て、今回はあしゅみー先輩
しっかり順番通りになってるんですけども…

登場順としては桐須先生が先なはずなのに、この前2学期が始まったばかりの時もうるかの次はあしゅみー先輩だったことといい
なぜなのかがよくわからんな

年齢順なのか?


左手を捻挫した先輩と、それに責任を感じる主人公とでコメディを作りつつ
痛みを我慢していた彼女の本音を知った主人公というところでガチなところも描いています

しかしまあ相変わらずあしゅみー先輩は小悪魔的なヒロインとして描かれますね
それでも読者に反感をもたせるような描写になっていないのは筒井先生のバランス感覚なのでしょう

主人公への態度はともかくとして、頑張ってる娘であることは間違いないからですね


そして主人公はブラジャー外すのに慣れてますね

ラブコメの主人公でブラジャーのホック外すの慣れてる奴とか初めてかも知れん…
筒井先生はまたラブコメの新しい地平を開拓したんでしょうか

ていうか、いくらカーチャンのバイト先で外した経験があるからって上手くなるもんなのか?
話としてはだいぶ前の内容だぞそれ

それとも責任感からくる集中力が未知の構造を合理的に解釈させることに成功したんでしょうか


そして親父は今までにも増して馬鹿なのである…

娘好きなあまりうざがられるほどベタベタして、彼氏とか絶対認めようとしない理珠父
家にいることもほとんどなく、いたらいたで威圧的?らしい文乃父
娘とラブラブな彼氏の存在を手放しで喜び、式や孫のことまで妄想するあしゅみー父

5ヒロインのうち3ヒロインの親父がそれぞれ異なった描かれ方をしていますが、これは対比的になってるんですかね

うるかは親父ではなく母親が登場しています
そんで別に何か飛び抜けてるわけでもなく、普通のお母さんですね

娘の感情を察するのに長けていたりする様子は、同じ女としての経験値なのでしょう
父親が登場する3ヒロインは、それぞれの形で父親がルートの「障害」になっていると捉えることができますが
弁当作りをニヤつきながら見ていてくれるうるか母は、むしろうるかルートを支援するポジションにいると言えるでしょう

桐須先生の場合、登場しているのは親ではなく妹でした
親とは何やら関係がよろしくないらしいことが匂わされていますが、妹も妹で勝手に勘違いをこじらせているので
ルートの障害か支援かといえば障害に近いかもしれません

でもまあ誤解が解ければ支援の方になる可能性は残っていますから、現時点ではどちらでもありうるというのが正確ですかね

こうしたそれぞれの親や家族との関わりも注意しておいたほうが、より話を楽しめるでしょうか

つって、エンディングに向けた一番の障害は主人公の妹であろうことは間違いないんでしょうけども(;^ω^)


ノアズノーツ

脱出すでに終わってたw
これはテンポいいなw

見つけたアイテムの中身はともかく、今週もしっかりミライちゃんはバカでした


「書けるか!」が結構好きwww
風呂入りながら1人でボケて1人でツッコんでるのが割と気に入りましたよ
確かにそら書けんわw

「先生とイタリアなう」じゃ駄目なんでしょうね
居場所を自らバラすことになりますからね

あれ、でもこんなアホヒロインならツイートの現在地情報とかオンのままな気もしますが


持って帰ってきたアイテムからは、期待通り重要な情報が見つかったようです
それを受けての次の調査には新キャラも登場してくる模様

女…か?
立ち姿のコマからすると、胸部には若干の膨らみがあるように見えますが

頭が悪くて胸のでかいギャルヒロインに対して、頭が良くて胸は小さなボクっ娘ヒロインとすると
それなりに対照的なヒロインの位置づけになりそうですが

どっちかな?


火ノ丸相撲

鬼丸の9月場所新番付は前頭三枚目
十三枚目からずいぶん上がりましたね

その番付表を持って火ノ丸が向かうのは、墓参りでした

レイナの初運転でとはなかなか大変でしたね(;^ω^)

レイナめっちゃ猫背w
いや緊張してるのはわかりますけども

素直に一番左の車線走ってればいいのに、右の車線いっちゃってるあたりがもう心配すぎるのである
いやもうすぐ右折するところなのかもしれませんけども


今までもこうして番付表が出る度にお墓に届けてたんですかねえ
2か月ごとに、上がった時も下がった時も

いや、下がった時は持っていかなかったかな?

墓参りの後は親代わりの祖父母宅にも
雰囲気にごまかされますが、どう見てもレイナの親紹介なのである…

夏の間は何もなかったとか言って、今回進展してるじゃねえか

相手の実家で楽しく団欒して、花火とかして、そんで同じ部屋で寝てるとか
どう見ても進展してますね

ただそれは傍から見たらと言うだけで、本人たちに全くそんな気はしていないのでしょう


どうやらこうしてみると、覚悟が必要なのはレイナの方であるようにも思えますね

先週の感想で触れた「帰る場所」というのは、まずはレイナが火ノ丸にそれを言えるほどの覚悟を固めなければならないということになるでしょうか

おばあちゃんが何やら持ってきたディスクは「火ノ丸の」の後があえて隠されているようです

「気が早いって怒られそう」「母親に似てるような気がする」
ここから推測するに、火ノ丸のお嫁さんになる人へ、とかそんな感じでしょうか

亡くなる直前に準備された火ノ丸母のビデオレターですかね
火ノ丸宛ではなく火ノ丸を大切に想ってくれる人へ向けたメッセージ

レイナが覚悟を固めるのに、それはなかなか打って付けなものなのかもしれません


そのディクスの中身は明かされずに数日後

それぞれの意気込みを示すものとなるのか、インタビューを映した番組が流されるようです
インタビューと取材の内容も気になりますが、それよりも咲ちゃんのほうが俺は気になる

柴木山部屋に普通にいるけど、そこは長門部屋じゃなくていいのかw

それともレイナとの関係のことで何かぶっ込んだりしてくれるんでしょうか


ゆらぎ荘の幽奈さん

ゆらぎ荘のデスアイランドまさかの完結

え、早くない?
3週で終わりかよ?

先週と先々週とあんだけいろいろ考察してみたのに、特に何の意味もなく普通に終わんのかよ

マジかー

それでもあえて何か見出すとするなら、千紗希ちゃんや幽奈がそれぞれ今まで以上に本気になったというところでしょうか

薬に頼るなど本意ではないとしても、コガラシくんが自分以外に惚れた姿は見たくない
かるらが口にしたこの言葉がそのまま千紗希ちゃんと幽奈にも当てはまるわけですね

告白も含めたコガラシくんへのアプローチに対して、かるらや雲雀に比べて今ひとつ遅れている2人
その2人がかるらに認めさせるほどの本気を示した

今回のシリーズはそこに重点があったと考えられるでしょうか
雲雀が何の見せ場もなく流れ弾といかいうしょぼい形でやられてしまったのも、雲雀は既に本気になっているからなのでしょう

今回特に重要だったのは、惚れ薬はわらわのものじゃと言い切ったかるらに「させない」と応じた千紗希ちゃんでしょう
水鉄砲なコガラシくんが眼の前でそれを聞いてるはずなのに、「そんなのさせない」と言わずにはいられなかったわけですね

それに対するコガラシくんのリアクションは今回描かれてはいませんが、あとで思い出したりする形ででも触れられるとありがたいですね


巨大化千紗希ちゃんと無限回復の幽奈に、水流操作でチート状態のかるら
めちゃくちゃな戦闘状態になった3人を力づくで抑え込んだのは夢咲先生の術暴走でした

このために夢咲先生もメンツに入ってたのか?

サキュバスの能力で水鉄砲状態なのに興奮しまくったコガラシくん
そこにちゅっとかしちゃったらそら暴発するよ

もう見開きが大変なことになっております


…で、オチは夜々
紫音と合わせて下級生組全然出てこねーなと思ってたら、どうやらわざとだったようです

まったく戦闘に参加することなくバカンス状態とか予想外だったぜ…

ていうかトロピカルスタイルの紫音が結構可愛いんですけど
黄色の髪に赤い花の髪飾りがよく似合っている…
これはカラー版大勝利だな

結局優勝は夜々
惚れ薬も普通にそのうち効果が切れるものだったとか、もう俺の考察激しく無意味だったぜ

夜々にただ魚料理出しまくるだけで済んでるとか、肩透かしもいいとこなのである

くっそう…


 




COMMENT▼

No Subject

管理人さんはじめまして。今朝いつものようにTwitterのリアルタイム検索を見てたらあの実写映画のキャストが決まったとか。飛び越える為のアクロバットは吹き替えもしくは出会いのシーンから改変されヒロインも全員出てこないことがもう頭の中で出来上がってます。BLEACHのヒロインの茶渡と井上も出てきません。そして一番の問題である小野寺さん。Wメインヒロインという立ち位置なのに公開されたのは2人だけという。逆に考えましょう、小野寺さんを演じれる女優がこの世にいないと、この時代には早すぎるキャラクターだと。実写化特有の原作レイプを信じて出てこないのを祈りましょう。

マジで読み切り実写化するんじゃないか疑惑

尺と「主役二人が公開」の意味を考えるとドタバタラブコメ方向で読み切りをベースにやるような気がしてきてならない。

てか中条あやみさんてハーフなんですね・・・運動もできるようで、なかなか見事な人連れてきたなぁ・・・


>>僕勉
X「ああああああぁあぁぁ僕勉60話のぃあしゅみぃ先輩最高にエロいよぅぅぅあーんでお口開けている姿ははもはやエロ本だよぉぉお」


失礼取り乱しました。

ところであしゅみぃ先輩にあーんさせて頂けるオプションはおいくらするんですか!?
メイド喫茶HighStageさん!可及的速やかに料金を設定すべきです!!


いやーやばいわ・・・あしゅみぃ先輩マジで性的すぎない?

No Subject

・鬼滅
無限に分裂、若返る。だったら話は早いんですけどね。細切れにして赤子まで戻そうぜ?w
でもきっと4人で終わりでしょう。そして分裂して若返っているけど恐らく能力は落ちています。
「気配がとぼけていて動きが目で追えない」とかヤバすぎる…

・ソーマ
虚偽審査をしないのは料理人(審判者)としての矜持でしょう。美味いものは美味いと。
薊は恐らくフュージョン料理(多国籍料理)の点から屁理屈こねて再試合を狙うのでは?
でなければ他の2人が矜持に則り創真チームに旗を揚げるとか。
どちらにせよ、司が負けを認める展開は挟みそうな気がします。

・僕勉
あしゅみー先輩のエロさはマジけしからんですね。xitongさんが取り乱すのも致し方なし。
「背中だけじゃなくもう全身拭かせて貰います!」
「ちょ、後輩!待て!落ち着けっ!ちょっ…」

・ノア
いやこのタイミングで「彷徨えるユダヤ人」はアカンて…これ絶対繋げて騒ぎ立てる奴出るぞ…
あ、書けるか!は私も笑いました。アレはとてもいいwでも路龍は男性ですよ先ず間違いなく。

・火の丸
予告のアレが今週一番笑ったwwwwwww

No Subject

>ノア
新しい先生?
窓際の立ち絵で性別判断するなら、多分男でしょう。
あの服の膨らみは皺と言うか、風水師・陰陽師的なヤツだと思いますよ。

ふと思った事

ノーツの教授と石の千空、気が合いそうだなw

ダブルアーツが4年ぶりにジャンプ+に再掲載されてますね…この漫画、ジャンプ+で毎日やってて知ったのです

表紙の銀時、アレ唯我君か?

『鬼滅の刃』
“斬ったら斬っただけ分裂する”というのに、『斬一倍』っていう妖怪がいるらしいですが……
そういや、ヒトデやプラナリアなんかも切れば切っただけ増えていきますねぇ……その辺と同じような弱点とか?なんて、無いわー。
あ、さもなくばウルドみたいに分裂すればする程とろけておバカになっていけば楽…かも?(笑)

援軍として、“恋柱”の闘いっぷりは見られないですかね、今回は。
小鉄少年を襲っていたヤツは壺らしきものを背負っているように見えましたので、玉壺の仕業によるモノでは、と思っております。

『ぼくたちは勉強ができない』
年齢順…言い得て妙、ですね!(笑)
なんにせよ、次回は全員参加回のようですが……って、コレだとあしゅみー先輩は出番ナシか!? いや、「後輩たちにアドバイス」みたいな形で冒頭に出てくるか!? いや、どっちも違うか。 さて……。

今のトコ判明している家族構成は、リズりんとまふゆセンセは両親がご健在のようで、唯我君と文乃っちは片親のみ、うるかとあしゅみー先輩は片親のみ登場で、もう片方は不明。
んで、唯我君とまふゆセンセには兄弟姉妹がいる…と、こんなカンジでしょうか。まふゆセンセ以外は皆、一軒家に住んでいるようですね。

からかい上手のあすみ先輩ですが、唯我君が責任を感じ過ぎないようにヤセ我慢してみたり、手玉に取っているつもりが逆にドキリとさせられたり、やっぱカワイイんですよねぇ……。
ところでxitongさん、あしゅみー先輩にナニを「あーん」させたいのデスカ?(笑)

『ノアズノーツ』のヒロイン・未来ちゃん、髪下ろしたら結構美人さん!?

そういうサービスのメイドカフェってあるのだろうか

>>尾長さん
それはもちろん美味しいお汁がぴゅっぴゅと出てくる長い肉の棒ですね。
もしくは皮をむいてから食べる白い液体にまみれた長いものですね。











フランクフルトとホワイトチョコバナナの話ですよ。

盲点!表紙の火ノ丸コスはリコピンだった(゚Д゚;)

>鬼滅
まぁ仮にも下弦壱、上弦陸戦を乗り越えてきましたからねぇ…(一般解釈の)頸ではない事は
先週のくだりでも充分ですし…
…ぁ…閻夢の時みたく「実は見えてる体は全て本体じゃない」って可能性もある訳か!

>age
もうすっかり茜ちゃんが保護者に(^^;
飛び込みはハプニングかと思いきや…どうやら手塚さんの想定範囲内 やるなこのオッサン

>勉強
今週のあしゅみー先輩“優雅に舞う白鳥もその水面下では必死に水を掻いている”(byキグナス氷河)でしたねぇ
そしてお義父さん…アンタやべぇヨ(゚∀゚)b

>ノア
サン=ジェルマンが彷徨えるユダヤ人と同一ってのは初めて聞きました
っても彷徨えるユダヤ人自体知ったのはまほ嫁アニメだったりするんで浅い知識ですが(^^;
未来ちゃんは髪降ろした方が可愛いと思う♪

>火ノ丸
ああそうか…レイナはまだ気づいていないんだ・・・
アンタの役目は「背中を押す」事じゃない!「引っ張り上げる」事なんだよ!!!

>幽奈さん
ヤダ!紫音ちゃん漢前♪

>石
おっと!よく見りゃマグマ良い奴じゃねーか!!!

>ヒロアカ
ラストが不穏なんですが…こいつら本当にヒーロー?

>呪廻
中々絶妙な緊張感を維持し続けておる…

>読切 ビルドキング
しまぶーの何て言いますか、魂(ソウル)を感じる作風って大好きですよ!!!
ただ一言だけ言わせてくれツーバイフォーよ、オメーの造りは2×4じゃねえぇェ!!!

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

>実写化
なるほど。全然気にするつもりがなかったので「キャストが公開されました」っつってもフーンとしか思ってなかったんですけど、そういう可能性があるわけですか。
どんな話だったとしても多分見ることはないんですけども、BLEACHで佐渡も井上も出てないとは驚きました。

俺の中では実写化自体もう別作品みたいな認識なので小野寺さんが登場しようとしまいと特に気にすることはないでしょう。
まだコミックスを読み返せない状態は続いておりますが、そのくらい割り切れる程度には回復しました。


このタイミングでの+にダブルアーツ再掲は、古味作品の宣伝の意図があるんですかね。180ページ以上無料とか言って、その先は打ち切りなんですけども(;^ω^)


>勉強
xitongさんがまた壊れてる…

気持ちはわからんでもないですがw

あの姿には、TLでも色んな方が色んな妄想を掻き立てられていたようです。

それにしても存在が性的とか、結構なラブコメヒロインもいるもんだ…


>ノア
あの新キャラはやっぱ男ですかねえ。
第一印象では疑いなく女子だと思って記事書いてたんですが、後から冷静になった時にふと「もしかして?」とか思ったんですけど。
ひょっとして皆さん的には第一印象から男だったんでしょうか。

教授と千空が気が合いそうってのは、確かにw
ただ専門が文系と理系で真逆ですな…
それでも知的好奇心の塊という部分では共通なんでしょうね。

実写でやる意味は……?

まあ、ダブルアーツの掲載は、実写映画化決定を受けてのモノなのは確かでしょうねぇ……。
「主演二名が公開」の報に関しては、同じく「ふ~ん」で終わりでした。

自分の場合は、終了直後はよく見返して小野寺さんの可愛さ・美しさを再認識しておりましたが……その内、妙に千棘優位な点が目に付いてしまうような気がしてきて……それ以来、コミックスもDVDも見返せなくなってきた……ってカンジですかね。そして現在進行形です。
思いのほか傷がエグれているのか、それとも小野寺さんの神聖化が進行しているのか…両方かも?

話は突然変わりますが、xitongさん。
お惣菜とスイーツなのに、同じモノのように思えるのは気のせいでしょうか?

……ポーク〇ッツとか、皮付きのままのミニバナナ(練乳添え)とかでも、「あーん」してもらえますかねぇ……?(笑)

No Subject

鬼滅>四人に分裂してもアカザより席次が落ちるんですよね。
煉獄さん、とんでもなく強かったんだなとしみじみ思います。
時透って大多数を優先してただけで、人命を完全に無視してたわけじゃないので人の為を一切考えてないなんて事にならないので、そんなに影響される発言かというと微妙な気も…
柱になる条件、十二鬼月撃破は作中でも言ってましたが数でもいけるとは…鬼の質次第では実力不足でも達成不可能ではないので(炭次郎達は十二鬼月に会いすぎです)やはり試験もあるんでしょうね。

ソーマ>味に嘘をつかないは『審査員の』というのもありますが、『セントラルの理念』であるというのもあると思います。
あくまでも美味しい物以外を排除するのが目的ですから、美味しい物を認めなかったら自分達の言ってる事にも嘘をついてる事になるんですよね。だから嘘をつけない、嘘をついた時点でセントラルの理念から崩れてしまいますから。
例えばかつてソーマvs叡山でも、セントラルの中心人物の1人である竜胆先輩が食べて認めた時点である程度審査員は食わざるを得なかったんですよね。あれからしばらく経過して今更感はありますし、それに気がついていない人のが多いでしょうが、今まで味見をしたら八百長しなかった理由が描かれてる回だと思ってます(思想を体現してる料理人が美味しいと言ったならそうも言っていられない)。

そんな猥褻発言を繰り返した覚えはないのですが…

ぷるぷる…僕は悪い読者じゃないよ

>>尾長さん
何をおっしゃいます!ソーセージとバナナですよ!
全く違うじゃないですか!

じゃああれだ。
特定の日にあしゅみぃ先輩からお豆を咥えさせて頂いて、お返しに黒くて長いモノを一息に食べて頂くイベントなら問題無いでしょう!









手作り恵方巻とか特別感あっていいと思うのですよ!

おいなりさんもご一緒にドウゾ(笑)

>>xitongさん
あー、いいですねぇ、『節分』。日本の伝統行事ですねぇ。
年齢の数だけ豆を咥え……あー……食べさせてもらって、その後に長くて太い恵方巻に一心不乱にむしゃぶりつ……えー……かぶりついて貰って、と。
何だかあしゅみー先輩とだけでなく、他のヒロインたちとも一緒にヤリタイなぁ……とか思ってしまったりする今日この頃です!

えー……すいませんrexelさん。だいぶ調子に乗ってしまってました。

Re: 実写でやる意味は……?

また隠語スレになっている…

>上弦肆
そうか…
言われてみれば半天狗は猗窩座よりも下なんですよねえ。
煉獄さんやっぱすげえ人だったんだな…

>味審査
俺が理解しているセントラルの理念的には、薊が認める正式な方法以外で作られた料理以外は否定する感じなんだろうなと思ってたんですよね。味がどうとかではなくて、そもそもの味がどうとかと言うより調理方法とかのあたりからさえ否定する描写がありましたからね。
まあそれでも、組織上位の竜胆先輩とかが認めてしまえば反論しづらくなるのもそのお折なんでしょうけども。

No Subject

親と家族の関係がルートの支援か障害になるかをゆらぎ荘で考えてみました。(記憶のない幽奈は省きます)
そしたら一般人の千紗希意外、四人のヒロインの実家は障害の要素が強いのではないかと思いました。

四人のヒロインの実家は大きな組織であり、八咫鋼の力を持つコガラシを自分のところの娘の婿にしたいと考えています。
それを敢えて悪い言い回しをするなら、彼を組織強化のための道具として扱うということになります。察しのいい男として描写されているコガラシがそれに気づいていないとは思えないです。

コガラシ自身は親がおらず、幽霊にとりつかれる日々を送っていました。そんな彼が損得抜きで自分を迎えてくれる家族を心の奥で求めていたとしても無理はないでしょう。

狭霧たち四人は実家に誇りを持っていますが、その実家とコガラシの利害は一致していません。(人を守るという霊能力者的な意味では雨野家とは一致しますが)いずれ実家の発展と想い人の幸せを天秤にかける展開がくるでしょう。その時どんな選択を彼女たちはするのでしょうね。

Re: No Subject

ふーむ。
1つの視点としては大いにアリなご指摘ですね。

それぞれ実家との確執とかがあるわけではないために現状表立ってはいないものの、実はそういう可能性もあったんですね。

どうなるかはコガラシくんの今後の方針次第なのでしょう。
想い人と一緒に明確な目的を持たないラブコメ主人公ゆえに、展開可能性はいくらでもあるということですね。

でも千紗希ちゃん推しの俺としては彼女とくっつくのが一番自然に見えるな…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1410-3155bcf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター