社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

Dr.STONEが直球で少年漫画していた2017年週刊少年ジャンプ46号感想その2

2017年週刊少年ジャンプ46号感想その2

やっぱ水曜まで掛かったら駄目だな…


・Dr.STONE
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん
・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
・食戟のソーマ
・腹ペコのマリー


Dr.STONE

どストレートに少年漫画をやってるな…
あんまりストレートすぎて、俺はむしろ「あーはいはいそりゃそうだよねー」ってすっごい冷静に読んじゃったぞ
オッサン読者には眩しすぎたわ

しかしその流れからコハクもまた回想を始めたのは意外でした

姉をめぐってクロムと同じようなセリフを父親相手に言っていたんですね
何かコハクとクロムのフラグが立ったような気がしないこともないですが、扉絵とかでずっと示されてる通り
大樹と杠に対してコハクは千空に対するヒロインであるはずと考えるとクロムとの線はありえないと考えていいでしょう


その回想の中でさらっと明かされた「巫女」の役割
百物語を村に受け継いでいくことが最重要な仕事なのだとか

以前に桃太郎の話題が出てきたことがありましたけど、100のうちの1つだったんですかね

物語によって危険な猛獣のことを教えているのかとその時の千空は推察していましたが…

それにしては桃太郎が一子相伝の暗殺拳を伝承していそうだったり、浦島太郎が聖剣か何か持ってるっぽかったり
ポケットサイズのモンスターは絶対人気出ない顔だったり、
読者の知ってる物語とは若干異なっているようですけども


100ある話のうち、どれにどんな知識が込められているのかを全て把握しておいて
村や村人が何かの事態に遭遇した時、それに対処するのに最も重要そうな話を巫女が告げる…とかって感じでしょうか

100個の中には子供全員に伝えられたりする話もあったり、巫女以外の特定の仕事を担う者にだけ教えられる話とかもあったりするんでしょう

村人たちはそれぞれの状況に応じて必要な話を伝えられるだけで100個全部は知らないが、
巫女だけは100個全部をまるごと把握しておかなければならない…みたいなことでしょうか

結構な暗記力や記憶力が必要そうですけど、そこに実は識字力が関係してたりするんですかね

お告げを求める人が来た時に、「じゃあ占ってみる」とか言って部屋に引っ込んで
その間に「100個の話が書かれてる代々受け継がれてきた本」をめくりまくって調べる、みたいな


まあめんどくさそうな仕事ですけど、それでも体の弱いルリお姉さまにとっては生きる気力を持たせる重大な役目
ある意味ではこれが生きる意味であるわけですから、それが自分でなくてもいいとなれば
病状が一気に悪化してしまうかもしれないというコハクの予感はおそらく正しいでしょう

だから自ら巫女に相応しく無い者になろうとは、いい娘ですね

どストレートな少年漫画の横でヒロインの掘り下げまでやってしまうとは稲垣先生なかなかの策士です

おかげで科学者2人がエメラルドの死神へと挑む理由が強化されております
もちろんコハクの回想など千空もクロムも知らないわけですが、命がけのミッションに挑もうとする2人の頼もしさと緊迫を強調することになっているんですね

互いに認めあった男2人が、女のために命を懸ける
実に正しい少年漫画です


お手製のガスマスクが普通に有効でした、とはならなそうな感じですが、果たしてエメラルドの死神をどのように攻略するんでしょうか


火ノ丸相撲

サブタイは火ノ丸と桐仁の対決続きでしたが、内容の後半はもう焦点が火ノ丸に戻ってた感じでしたね


下手投げを使わず勝ってしまった火ノ丸でしたが、柴木山親方による通過点と目的地の話が
以前の勝負と対比的になっていたのは川田先生わざとでしょうか

かつて、その一番を通過点だと思っていた側が負けて、全てだと思っていた側が勝った勝負がありました

団体戦での佑真と、今週冒頭に登場していたバトの一番です

名塚女史のモノローグでそう解説され、読者もすんなり受け入れた内容でしたが
今回の火ノ丸と桐仁の一番では勝敗が逆になっていますよね

桐仁との勝負を望んではいながらも、必要以上にこだわらなかった火ノ丸の方が圧勝し
火ノ丸との勝負を目指して稽古を積んできた桐仁は惨敗してしまいました

両者の違いは、団体戦と大相撲という場の違いであるのでしょう

学生相撲でもある団体戦は明確な終りがありますが、大相撲は引退しない限り続くもの
それぞれ優勝や横綱という頂点を目指す姿勢は同じでしょうが、その頂に至るまでの永さと険しさが段違いであるゆえの差異だと言えるでしょう

だからこそ今週の最後には、火ノ丸に先んじて同じ頂を目指す先輩力士たちがいる

火ノ丸がたどり着こうとする頂点への険しさをさらに強調するためですね

ご丁寧に、火ノ丸よりも圧倒的に大きな体格を持った力士として描かれております
彼らは前頭筆頭あたりとか小結とかくらいの番付なんでしょうか

すごい威勢のいいこと言って「国宝」を軽んじていましたけど、天王寺より下のランクだったらどうしましょう
久世より上ってこともなさそうですけど

頑なに天王寺の番付を明かしてくれない川田先生
大関部長はどのくらいまでいってるのかな?


でも今週一番国宝を軽んじていたのはある意味蛍かもしれない…
「蛍丸」ってググってみたら実在はするのか

堀ちゃんの登場時から気配ありましたけど、蛍はずいぶんチャラくなりましたねえ
相撲やってなまじ筋肉がついてるもんだから、腕っ節にそれなりの説得力がついてるせいでもあるんでしょう
なんて極悪な奴だw

まあでもレイナのガッツポーズが非常にいい感じだったので許す


ゆらぎ荘の幽奈さん

のほほんな回で、骨休めみたいな内容でしたね
それでも、まだ本格的な絡みのなかった既存キャラ同士の掛け合いを描くことで
コミカルな場面を展開させているのは作劇の基本を踏まえたものですけども


コガラシくんに対する好意をそれぞれ打ち明けあった3人+1人と違って、人目も構わずあけすけに迫ろうとする朧とかるら
この2人が一緒になったらどうなるのかというのは誰にも想像しやすいことだったでしょう

その予想通りの展開を押さえつつ、ちょっとガチなシーンを入れてくるからミウラ先生は油断できない

恥じらいを覚えたかるらと、「コガラシくんなら」と思っている朧
それぞれの本音を知って何か認め合う形になったのは、幽奈たちピュア組との対比だったりするんでしょうか

大胆組(仮称)の朧とかるら
ピュア組(仮称)の幽奈に千紗希ちゃんに雲雀
狭霧はまだ無自覚ですけども


でも今週一番の見所は、ザ・ワールドの能力を発動していた朧だと思います
ぶつかった子供が完全にポルナレフ状態やんけw


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~

冒頭の偽物に完全に騙された人は正直に手を上げましょう

はい、俺のことです


マジ騙されたわw
あの母上が死んでるって時点で気づいてよかったはずなのに、「おや?」とは思いつつもそのまま流してしまった…
親だけに

つーか、蘭学とか勉強したけど完全じゃないってあたりが磯兵衛の将来として妙にリアルだったんですよ
医学蘭学天文学ってのは最初期に言ってたことでもありましたし、何か心いれかえざるを得なくなって勉強はしたけど
まだ全部は理解できてないってのがすごく本当っぽくてね

仲間先生に完全にしてやられました…
くっそw

しかし、見事なもんですね

ワンピの代原からブレークして連載にこぎつけた本作が、ワンピが休載してる号で完結するってのは何とも出来過ぎではないかと思います
ひょっとして編集部狙ったんじゃあるまいな


食戟のソーマ

・ひたすら繋ぎの回なもんですから書くことがあんまない…
・ひとまず叡山の策略が他の十傑まで巻き込むものじゃなかったのが残念でした
・これ巻き込む作戦だったらかなり美味しかったのにw
・もしくは自分の料理の味まで崩れてたらもっと美味しかったw
・叡山の名刺はこれ受け取ってるオッサンの手なんだよな?決して叡山が名刺差し出してる場面じゃないんだよな?
・アリス嬢に白衣まで着せて解説させてますが、どういう理屈でタクミを勝たせるんでしょうね
・ラストのタクミは汗かいてないほうがよかったような気がする…


腹ペコのマリー

・見事なまでの打ち切りでした…
・敗因はやっぱりケイドロか?
・色々残ってた伏線全部ぶん投げて終わるとはいっそ清々しささえありますけども
・コマ外に書いてある「なんだこれ」って何だ
・その上のコマにいるのは古市なのか?
・10月の打ち切りにハロウィン持ってくるあたりは田村先生らしい気もしますね
・微妙にタイトルと掛かってるのは上手い…のか?
・細かいところまで深くは考えずに描いていくのが田村先生のスタイルだとするなら、本作はそのセンスが読者にかすらなかったということですかね
・ひとまず次回作は普通に楽しみにしております


 




COMMENT▼

百物語

百物語を村に受け継いでいくこと、これが案外「箱根の村(?)」編の到着点のように思います。

村人たちはすでに復活から何世代も経て、科学を忘れた生活をしていますが、復活した初代(達?)は当然現代の記憶を持っていたはずです。その科学の記憶のある復活者達が知り得た「世界の秘密」のようなものが、百物語の形で忘れてはいけないこととして、巫女に伝えられている。

それを千空が知ることが、物語を一つ先へ進める動力になるんじゃないか。そんなことを考えました。

腹ペコなのに消化不良…

突然ですが、自分もサンデー読んでます。『絶チル』コミックス買ってます。

『腹ペコのマリー』が終わってしまいましたが、ばら撒いた伏線殆どそのままでの終わり……自分は何だか『パジャマな彼女』を思い出してしまいました。
マリーも戻って来て、ここから鷺宮さんとの関係がオモシロくなっていくトコなのに……なんて。
今回の作品は逆に、細かいトコロを考えておき過ぎて上手く回らず失速…ってな気もしないでもないですが。

『Dr.STONE』では、銅があって、硫酸手に入れたら…あと亜鉛(だったっけ?)があればバッテリー作れるんじゃ……?
あ、あと純水か。って、それは無いですね。(笑)

No Subject

>ゆらぎ荘
何言うてんすかw
ジョジョなら4部の最初のスタプラと康一君でしょうw
ぶつかって超速で元に戻すなんてモロですよw

>ソーマ
「こういうものです」って被ってるコマは叡山パイセンの手だと思いますよ。
取り敢えず、タクミ君の勝利フラグが重なってると思いますw

>磯兵衛
ワイも騙されたw

No Subject

ストーン>王道展開だから「ハイハイ」となるんじゃなく、適当感が凄いからじゃないですかね?
クロムが自分の全知識を受け継いで、自分が行くのが合理的とか馬鹿過ぎてかなり萎えましたから。自分の全知識を話すだけでも相当の日数が必要で全部受け継ぐなんて無理ゲーを合理的とか言ってギャグにしか思えない。今回必要な知識だけ教えてクロムに行かせる方がよっぽど簡単。今回の展開をしたいだけの上っ面だけにしか見えなかったので、全然盛り上がりませんでした。
コハクの方は熱くなれたんですけどね。

相撲>蛍はチャラかったですが、わざわざ名古屋まで行った事や今でも相撲を続けていて相撲を見に来てと言えるだけの力もあることから個人的にはセーフでした。

ゆらぎ>前から怪しかった朧の気持ちがはっきりして良かったです。

磯部>ナイスな誘導でした。

ソーマ>強いて言えば、普段から叡山がこういう事をしてるから、美作経由で甘い物をメインにしたらこう来るだろうと予想が出来るって事ですかね。

マリー>個人的な考えですが、最初の入れ替え設定のハードルが高過ぎて丁度良い状態に持っていくのに引っ掻き回してその間に読者が離れ、テコ入れがパニックになってたって感じですね。
最初の設定が難し過ぎました。読み切りならウケますが、連載で続けるには難し過ぎるでしょう。

No Subject

・ドクスト
名無しさんと同じ感想を覚えました。
・尾長さんへ
純水は蒸留すれば作れた気がします。
海水を真水にするのと同じ方法で集め、追加で活性炭フィルターでも通してやれば…

・磯部
騙されました。いやお母さん死んだは嘘で生きてるんだろ?と思ってたらまさかのwww
でもこの締め方は日常モノの終わらせ方としてレベルかなり高いと思います。

・マリー
いや残念でした。でも今回を糧に返り咲いてくれると信じてます。
敗因は名無しさんの言う通りTSだったからかも知れません。
私もTS漫画薦めて敬遠された過去がありますしw

2回目の投稿です

千空の言ってる事が短期間で出来るなら、『僕達は勉強が出来ない』の皆の受験勉強なんて、1日あれば充分ですしね。
一応、勉強したりしてきた立場からすると人生そのものを馬鹿にされてるような気すら感じる不快な回でした。ガラス職人の時からなんですけど。
来週からはガラス職人前みたいになって欲しいです。今週はストーンに関して不満がでかかったので。

Re: 百物語

皆様コメントありがとうございます。

…って、mickさんじゃないですか。お久しぶりです。最近はドクストがお気に入りですか?


百物語という鍵が、村編にどうケリをつけるかというところですね。石化の原因や黒幕については今のところ何にも判明しておりませんが、百物語の中に村の初代たちが知った真実の断片があったとすれば、話は一気に深みを増しそうです。なるほどこれは思いつきませんでした。
サルファ剤作りのルートマップを割りと都合よく進んでいるように感じていましたが、その深さには期待をしてみたいですね。


しかし、名無しさんやラグエルさんの指摘もごもっともですねえ。俺なんかは実際やるとしたら漫画的ハッタリと演出で勢い付けてごまかすしか無いよなーとか思っただけでしたけど、千空の知識量を一気に継承するなんてよく考えなくてもそもそもが無理な話ですね。

それを大真面目に捉えて、男同士のプライドと仲間意識で展開させてしまったから大人には白けて見えてしまったと。
ジャンプ本来の読者である少年たちにはどう映ったんでしょうね。ストレートに受け取って興奮してくれたのなら、少年漫画としては一応間違ってはいないかなとも思いますが…。

じゃ受験勉強とか1日でいいじゃん、ってのは草でしたけどw


>ペコマリ
打ち切りなのでいくつも伏線をぶん投げて終わったのは仕方ないでしょうけど、それでももう少し何とかならなかったのかって気はしますよね。
恋の魔法とか呪いとか、考えすぎて設定しすぎてしまったのだとすれば田村先生にはその手法は合わなかったということになるのでしょう。
田村先生も2作目のジンクスにハマってしまったか…

そして尾長さんは何かよくわかりませんが上手いこと言いましたねw


>ゆらぎ荘
あ、あれ…そういや4部にそんなシーンがありましたっけ。完璧に忘れておりました…

>ソーマ
名刺持ってるあの手が叡山だとすると、相手に渡そうとしているのに逆向きに持ってることにならないですかね。
いや別に重要なシーンでもないのでどっちでもいいんですけども。

>磯兵衛
あの母上が死んでる様子が全然想像つかないですよねえ。

それにしてもあの透明人間回が完結への前フリだったとは誰が予想できたでしょうか…

フ、フライングしたい……

新連載フルドライブについて思い切り語りたい……久しぶりに読んだ瞬間にビビッと来た新連載でした

上手く跳ねればマジで時期看板スポーツもありえますよこれは……と思い立ち、作品の行く末を傍観する派の私も即座にアンケを出しました

そのくらいこれは好きである
このワクワクを語り合える人、いないかなあ

Re: フ、フライングしたい……

だから早くスマホ導入をとあれほど(ry
自分のブログに書きまくれば、フライングとか気にしなくていいんですよっと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1379-23fa73cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター