社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

ゆらぎ荘の幽奈さんに感服せざるを得なかった2017年週刊少年ジャンプ41号感想その1

2017年週刊少年ジャンプ41号感想その1

何だこの表紙は…
主人公の表情何か変だろw
いや真剣な顔をしてるつもりなんでしょうが…変だろw


アンケ順
ゆらぎ荘の幽奈さん
火ノ丸相撲
シューダン!




ゆらぎ荘の幽奈さん

今週の1位はこれしかなかった…

いやこれはもうしょうがないでしょう


あの見開きには完全にやられました


なんて言ったらいいんですかね
ものすごい迫力だったというか衝撃だったというか…

合併号あたりの特別企画ポスターみたいな勢いで全員集合温泉全裸とか
ミウラ先生太っ腹すぎません?

カラーでも何でもないただの通常回でこんなの描いてくれちゃっていいんですか?

来年夏の合併号のハードルが上がりましたよ?

いや、その前に2月があるか…?


ありがたやありがたや…


そういえば、朧がゆらぎ荘に加わった時にも見開きの上半分使った温泉シーンがありましたね
かるらは京都編が終わった後に準レギュラーみたいな感じになりましたが、特に温泉市シーンはありませんでした

そこから紫音ちゃんも登場してきたので、ついでにマトラも一緒にみんな見開きって感じなんでしょうか

ひょっとしてミウラ先生、新キャラ出す度に温泉全裸を恒例にするつもりじゃああるまいな
宜しくお願いします

いやしかし、電子版のカラーで見ると一段と豪華ですよこの見開き
控えめに言って最高とはまさにこういうことですね

しかもですね、先日の身体測定回を思い出しながら見るとまた一段と興味深いんですよね

やはり攻撃力は呑子さんがダントツ
そこから狭霧や千紗希ちゃんが続くわけですが、かるらとマトラもかなりのモノを持っている様子…

それでもマトラが呑子さん相手に負けを認めているところからすると、呑子さんの攻撃力値はメーターオーバーが確実でしょうか
マトラの胸に興味津々なこゆずと、存分に自慢してるマトラは相性が良さそう…

みんなで一緒に温泉に入っておきながら、全然向かい合ったりするわけではないというあたりが流石ですね
みんな魅せ方をよくわかってますな

次のページに行ってもまだ温泉シーン

年下相手に攻撃力を勝ち誇ってお姉さん顔してる雲雀が、いかにも彼女らしいです

かるら幽奈朧の3人が並んでるだけでも割と壮観なのはどうしてでしょうか…
あの見開きの直後だと言うのに全然感覚のインフレが起きておりません





…すみません
見開きに興奮して、かなり偏った感想となったことをお詫びします


ここから気を取り直して、1ページ目から振り返っていきましょう


後輩キャラということで登場した紫音ちゃんが、早速ゆらぎ荘を訪問する回となりました
今後準レギュラーとして随時出番があるならば、ゆらぎ荘と関わらないわけにはいかないからですね
夜々と友達になったのもありますし、早いとこゆらぎ荘を訪れさせるのは必然の展開と言えるでしょう

友達になったはずの夜々の案内ではなく千紗希ちゃんと一緒にというのは、
あくまで千紗希ちゃんを応援する立場としてのキャラであるということでしょうか

芹から色々と吹き込まれてるみたいですし、ゆらぎ荘に行こうと思った理由も千紗希ちゃんのための敵情視察のようです

料理上手で面倒見良くて学校のアイドル的存在でFカップ
確かに負ける要素ないな(;^ω^)

このコマのイメージカットの千紗希ちゃんが、何か今までで一番優しい笑顔してるように見えるのは紫音ちゃんのイメージだからでしょうか
彼女には千紗希ちゃんがこう見えてる、みたいな

夜々→コガラシくんの感情は、「有能。」というものであるそうな
あえて句点を入れてくるあたりが細かい演出です

そこで文は途切れるのであって、その後には続かないことが明示されているわけですね

そしてその一言の単語で「大丈夫そう」と判断できる紫音ちゃんは、鈍感ということはなさそうです


そんで順次顔見せ
次には2人で訓練中?の狭霧と雲雀が屋根の上から現れました

しっかり2人ともにぱんつが見える体勢となっているのがミウラ先生の意識の高さですね

ていうか、2人はそんなアクション性の高いことをするのならスカートなんか履くなとw
ありがとうございます


中に入ればコガラシくんとともに、呑子さんと朧が居間でくつろいでいました
コガラシくんの隣が空いてるのを見てさっそく千紗希ちゃんを誘導しようとする紫音ちゃんは見事な後輩属性ですが、
コガラシくんの隣が空席な訳はないですね

実は幽奈がいたことがそこで判明し、紫音ちゃんは幽奈の胸をこねくり回す…

見えない相手に触ったからって土下座で謝れる紫音ちゃんはマジいい娘
芹から聞いちゃいるんでしょうが、幽霊だって認識しつつも、この娘もまた怖がらない娘なんですねえ

そんで、朧が動いたと思ったらかるらとマトラもやってくるとは大サービス状態
呑子さんの言うとおり、随分と賑やかになったものです

大天狗族と龍神眷属の空間移動術によるコガラシくんの取り合いは、手段が壮大で目的はしょぼい…w

しかし、呑子さんのちょっと本気はなかなかにカッコよかったですよ
何の酒だかわかりませんが、本命何とかって酒を五合飲んだらツノが肥大化してしまいました

五合ってことは一升瓶の半分か?
全力の何割くらいなのか知りませんけど、さすがは御三家の一角というところでしょうか

そんな光景を見て、モノローグで会話してる紫音ちゃんと千紗希ちゃん
同じコマに夜々も入ってるのは、霊力の素養はあっても戦闘力は持ち合わせていない点で2人と同じだからでしょうか

そこから唐突に露天風呂の看板が挟まれての見開き…
…は、もう触れるのは止めておきましょうか


温泉シーンの次は、ドキッ!女の子多めの食事大会!ポロリもあるよ!が始まります

物凄く濃い内容な気がするのに、ページ数はいつもと同じ19ページなんですね…
ミウラ先生恐るべし

紫音ちゃんが気がついた千紗希ちゃんの有利ポイント
いいところに気がつきますねえ

屋根の上で刃物ぶん投げて飛び回るわ、急に素っ裸になって抱きつくわ、
何もないところに穴を開けて出たり入ったりするわ、酒飲んでツノからビーム出すわ、
それはもうめちゃくちゃなメンツの中にあって、「普通」な千紗希ちゃんは癒しであり平和であると
こんな風に考えられる紫音ちゃんもなかなか素敵な娘です

これはいずれ千紗希ちゃん本人に伝えられる展開がありそうですね

幽奈や雲雀の特殊性相手に千紗希ちゃんが悩みを深めた時に、そっと告げることで勇気をあげられそうな内容です
これに気がつけたのは、千紗希ちゃんのためだと頑張ってやって来た紫音ちゃんの敵情視察の賜物と言えるでしょう

あのコマの千紗希ちゃんの表情どうですか
冒頭のイメージカットもなかなかのものでしたけども、この表情もいい笑顔してるじゃないですか

エプロン姿で、おぼんを握りしめて、手料理を美味そうに頬張る相手をキラキラした瞳で見つめて
どう見ても新妻です本当に有難うございました


そしてオチは、浴衣の結び方が緩いという露骨な伏線をしっかり回収してのノルマ
浴衣だからって律儀に下着をつけてなかったんでしょうか紫音ちゃん

最初に猫神さまに魚あげてたのが露骨じゃない方の伏線になってたんですね
後ろにいた猫神さまの爪に引っかかった結果のご褒美

叫ぶでもなく殴るでもなく、耐えるという反応を見せてくれたのが非常に新鮮でした
初体験に超動揺しながらも誰も責めたりしない上に、芹から聞いてた話を真面目に受け取って「覚悟の上」とか言えるこの娘は間違いなくいい娘ですね

その上まだ千紗希ちゃんのために諦めようとしないなんて…

ゆらぎ荘でエロいことが発生するのは仕様上の都合であるわけですけども、それを偶然とかではなく確率の高いジンクス的なものと理解した上で
それでもゆらぎ荘にまだやってくる気があるというのは、これは今後も新鮮な反応を期待できそうですね

玄人的にはポロリとかそういう現象自体ではなく、それに対するリアクションのほうが重要だったりしますからね

紫音ちゃんという逸材の秘めた可能性に今後も大いに期待していきましょう


火ノ丸相撲

第二部への応援票です

目次コメントからは川田先生のさらなるやる気が感じられますし、まだまだ期待してよさそうですね


付出し資格を得て、見事プロ入りを果たした火ノ丸
しかし、やはりその体格を理由に行く末を決めつけた評論をされるのは大相撲でも同様だったようです

ある意味第一部の開始と同じでしょうか
どこまでも体格を不安要素として語られるわけですね

それはこの第二部への心配とも重なっていると言えるかもしれません
最近では珍しい第二部という内容、コミックスの売上、展開への好き嫌いなど、読者の中にも勝手なことを言う者は多くいます

そんな連中の話を、火ノ丸のようにふっ飛ばしてくれるクソ熱い展開を川田先生には期待したいところです


黒塗りのページを背景に始まった第二部は、前頭となった火ノ丸と数珠丸のプロ初顔合わせから描かれました
…が、何かおかしいなと思っていたらやはり夢だったようです

しかしそれは、荒唐無稽な内容ではなく現実に充分起こり得る絶望の可能性でした

無差別級に挑むには小さすぎる体格故に、いつでも起き得る手足の故障
特に、投げを決め技とする火ノ丸は、それに耐えようとする相手の動きや重量によっては取り返しのつかない事態になることもあり得るのだと


必殺の右下手投げを耐えようとした数珠丸によって、右腕がありえない方向に曲がってしまったあの瞬間

もちろん悪気などない数珠丸や、柴木山親方に加えて、レイナの表情が壮絶なことになっていますね

もしかしたら本人よりもショックを受けているかもしれないような瞳と汗
中でもわずかに浮かんでいる小さな涙の粒が、この表情における最大の効果となっています

この粒がなかったとしても、目の前の事実に衝撃を受けている表情は成立しているのですが、
この涙があることで、火ノ丸に対するレイナの感情が最大限に表現されているのです

「それ」によって今から火ノ丸にどんなことが起こるか

取り戻すにはどれほどの代償が必要になるのか

そのためにどれほどの機会が失われるか
そのためにどれほどの可能性が奪われるか
そのためにどれほどの未来が潰えるか
そのためにどれほどの希望が崩れるか

火ノ丸本人と同じく、それらを一瞬で想像・察したことによる涙なんですね
あれがなければただ右腕の骨折という事実のみに対するショックを表す顔なんですが、
あの一粒があることで、その事実が生み出す絶望までも即座に理解したことが表現されているわけです

だからこそ、あの小さな小さな一粒が、この表情における最大の効果を果たしているのです
これぞまさしく最小限の労力で最大限の効果

川田先生お見事です



…で、飛び起きた火ノ丸
右手の無事を確かめて夢だったことを悟ったようですが、前頭の地位まで登ってきていることは夢ではないようですね
関取って呼ばれとる

あの悪夢の中では前頭十枚目ということで、かつて稽古をつけてもらった冴ノ山より少し低いくらいだったみたいですが
実際の番付はどれくらいなんでしょうか

そして四股名は「鬼丸」ではなく「鬼丸国綱」なんですね
数珠丸もそうでしたけど、刀の名前全部が四股名になってたのか…

悪夢の中で草薙関とか童子切とかって名前も出てきていましたが、まさか国宝たちはみんな刀の名前をそのまま四股名にしてるのか?
鬼丸とか数珠丸とか草薙はまだしも、童子切ってどうなのよ
何か四股名っぽくないようなするのは俺だけでしょうか


あの日から二年…ってのは、プロ入りしてからでしょうか
3年先の稽古ってフレーズが第一部最後にも登場してたところからすると3年後が舞台になるのかと思ってましたが、2年後なのか?
でも高1だった火ノ丸が18歳になってるってことは3年経ってるんですかね

年が18ってだけで、学年的には高3の状態ってことかな

まあそんなことよりも注目するべきは身長ですね
157センチ…って伸びとるやん!

新弟子検査で2センチ伸びたっつって驚いてた時154センチって言ってたはずですよ
そっから2年で3センチも伸びとるやん!

あれ、でも初土俵から3年半とか言ってるな…
どっちだよ?


とある夏の、ってことは描かれる期間は作中の時間としては短いんですかね
夏の間だけの3か月くらいみたいな感じですよ

それでも、学生編が作中で半年くらいだったわけですから、その半分だけと言っても結構な濃さなのかもしれませんが

しかしそうすると、火ノ丸が本当に横綱になるまでが描かれるわけでもなさそうですね
夏場所の間だけってことだとすれば、番付がどれだけ上がるかも未知数です

前頭での全勝優勝を目指して、国宝のライバルたちや刃皇相手に挑みまくる展開が待っているんでしょうか

おそらくはどこかで本当に怪我をする場面も出てくるはずです
どれほどの熱が生まれる物語となるか、期待しましょう


シューダン!

引き続きこちらも応援票です
なかなか順位が上がらんなー

ていうかクロアカより下って…マジでかおい
何がどうなっているんだ…


先週の新キャラ登場に続いて、今回も新キャラが出てきました
ただしソウシたちにとっては旧知の相手だった模様

ナナセちゃんが加わる前に引っ越していったというかつてのチームメイト・ダイゴ
俺とお前と大五郎って何だっけ、昔のCMか何かで聞いた覚えがありますが、これは明らかに意識してるやつですね横田先生
どういう意味があるのかは、フレーズ以外そのCMを覚えてないのでわかりませんけども

そのダイゴの背番号をナナセちゃんが引き継いだ形になってるんですね

ということは、ナナセちゃんの方に接触した律とソウシたちの方に現れたダイゴ
それぞれ律はソウシに気を揉ませるような感じになることが推測されて、ダイゴの方はナナセちゃんに意識させる相手となるでしょうか

ゴールのためなら躊躇なく危険な場面にも飛び込んでいく性格らしいというのは、天性のエースストライカーを窺わせます
鴨志田も完全に警戒していることから、ダイゴは間違いなくサッカーガチ勢ですね

同じくガチ勢であるはずのナナセちゃん
ダイゴがいた頃の浜西はどんな様子だったのか、自分がやってきた頃の楽しさ優先の雰囲気は彼がいなくなったことで醸成されたところもあったりしたのか、
そんなことを思ったりしないでしょうか

ナナセちゃんを意識したキャラ造形であることは、先週と同じようにセンタリングをもらってからシュートを打つ立場になってことからもわかります
律が随分合わせやすいと言ったナナセちゃんは、一発でダイレクトを決めてたのに対して
かつてのチームメイトとしてそれなりにスタイルやクセも知ってるだろうソウシだったはずですが、パスを求めるダイゴの迫力に少し驚いた後でボールを出しました

そのボールにナナセちゃんと同じようにダイレクトで合わせながらもキーパーに弾かれ、それでもすぐ次の動作に移ることで相手を追い込んでいき、3回目のシュートでとうとう押し込む

DFがスライディングでクリアしようとしてるこぼれ球のところに、頭から突っ込んでヘディングシュート狙おうとするなんてのは確かに危険すぎる行為です
某幻の左な人とか、某よしはるとか、そういうサッカーバカと同じタイプということなんでしょうね

ただしダイゴのこの性質もまた、ナナセちゃんをあわせて考えると「男女」というものを否応にも意識させるものとなります

なぜなら、あの場面でナナセちゃんならどうしたかということがここで裏側に込められているように思うからです

ダイゴと同じガチ勢としての自覚を持ってるナナセちゃん
いくら女子だからと言っても、そりゃあゴールを決めるためなら泥臭いプレーだって望むところであるでしょう

しかし、DFの脚が突っ込んできてるとこに頭から飛び込んでいくことはできるかどうか、
1つのポイントはそこです

頭からではなく普通に自分も足から行くのか、あるいはそこまで深く考えることなくただ体が動くままに任せて頭から行って、
直後に理性がそれに気づいて「あ、やべ」とか思ったりするのか

さらに、ナナセちゃんの方は頭から突っ込むことができたとして、今度は相手側の方も大変なんですよね
女子に怪我をさせてしまうかもと思ってしまうDF側の衝撃と言うか身じろぎというか、それは間違いなくダイゴのそれよりも大きいはずです

とすると、1つの言いがかりが発生し得る可能性があります

女だから多少無茶しても相手の方が怯むと思って強引なプレーしてんじゃねーよ

もちろんナナセちゃんにはそんなつもりは全く無く、それこそダイゴと同じようにゴールを決めるのに必死になってただけのはずなんですが
ここでもまた「女子」という事実が変な誤解や制約を産んでしまうのではないかと

そういう言いがかりに今さら落ち込むナナセちゃんでもないでしょうが、モヤモヤは拭えなくなるはずですね

地区王者チームとの因縁をこういう形で作ったのならいずれ対戦があるのでしょうし、地区王者のチームなら
そんな言いがかりをつけてくるほど下品なチームではないかもしれませんが

それでも、サッカーを真剣にやろうとすればするほどに誤解を招いてしまう彼女を
ソウシやロクがどこまで支えられるか

そういうところを期待して見ていくことにしましょうか


 




COMMENT▼

No Subject

相撲>あれは夢落ちではなく、過去にあった出来事を悪夢として見てるんでしょう。
夢の出来事までが初場所から1年半、その時のケガで休場して下に落ちて、ケガを回復させて幕内復帰までが2年で計3年半。
数珠丸もなんだかんだで国宝で、ヤバいというのは分かりました。前相撲から1年半で幕内ってほとんど最短ですし。
潮に至っては幕内の最年少記録を塗り替えるとは怪物ですよ。現実では貴乃花の17歳2ヶ月が最年少の幕内入りでした。

No Subject

追伸。
ちゃんと考えたら二学年上の数珠丸と潮の年齢差が四つになるわけないし、1年半なので潮は17歳だと思います。
多分、16歳はミスでしょう。

>火ノ丸
年齢のことなら公式でミスだと発表されてましたよ
>シューダン
新キャラかわいい
この掲載順は納得いきませんな
まあクロアカ下は2週前にもありましたが・・

表紙とか呑子さんとか火ノ丸とかシューダン!とか

・表紙
確かに少し変だけど普通にカッコいいと思う

・ゆらぎ荘の幽奈さん
NONKO×LASER BEAM(物理)

・火ノ丸相撲
個人的には二週連続で数珠丸さんにスポットが当たり満足

・シューダン!
この位置はあかん……律達がラスボスになるのかなあ

No Subject

>ゆらぎ荘
ミウラ先生は神かっ!
ありがたやありがたや(ー人ー)ナムナム

>相撲
アレは、うん、過去ですね。
ただの夢じゃ無いですね。

No Subject

・表紙
主人公も変っちゃ変ですが、左下の金髪のが変じゃね?目の高さが微妙に合ってない。

・ゆらぎ荘
呑子さんのアレみてレーザービームでなく火葬砲が即で浮かんだ私は染まってますかね?w
まあそれはそれとしてミウラ先生本当にありがとうございました!

・火の丸
夢については私からはもう何も。これ以上はエグれませんからw
いやしかし楽しみですな大相撲編。バチバチ並の熱い取り組み期待してますよ!

・シューダン
いやこの掲載位置は納得いかんなぁホント。ジンクス破れないかなコレは…

Re: No Subject

皆様コメント…というか総ツッコミありがとうございます。

…なぜそういうところで読み違えるのか俺は。

いや、確かにちょっとおかしいとは思ってたんですよ。
ただの夢にしては、視点が火ノ丸だけになってないなって。やたら可愛らしい服装でブチ抜きのレイナとか、実況解説までいるとか、夢の割には火ノ丸の周囲の描写がやたら詳細だなって思ってはいたのです。
いや、でも、たぶん、とか思って感想書いたらこのザマですよorz


>シューダン
掲載位置はどうしても心配な状態を解消できないですね。もっと応援票が要るでしょうか…
前作もそうでしたけど、良くも悪くも地味な部分が目立っているのが原因ですかねえ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1369-a9b1672a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター