社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

腹ペコのマリーに怪しい雰囲気を感じてしまった2017年週刊少年ジャンプ40号感想その1

2017年週刊少年ジャンプ40号感想その1

一回前のスタイルに戻してみようかな


アンケ順
腹ペコのマリー
シューダン!
鬼滅の刃




腹ペコのマリー

応援票です

こうして本格的に話の中心に迫ったということは、先週までのマモル回はただの寄り道だったってことでいいでしょうか
何か、打ち切りの決定臭がするんですけども…

唐突とは言いませんが、一気に核心に近づいたこの感じがね
なーんとなくですけど

それとも田村先生のノリは大体いつもこんなんだったですかね


綺麗な扉絵に、パジャマパーティーやら一緒にお風呂やら、非常に見目麗しかった今週
鷺宮さんのタイガ好きが判明・確定したと思ったら、マリーもどうやらそうらしいことがツッコまれることになりました

前から予想していたとおり、悲恋?の末に「生まれ変わったら一緒になろう」と誓った願いが
こんがらがった結果の「呪い」だったようです

マリーは幽体のままで生まれ変わってないのが気になるんですけども…

そもそもマリーはなぜ生まれ変わることなくずっと幽霊だったのかっていう疑問が出てきますね
解決の出発点はそこからになるわけですが、最後まで持たないのかな…


シューダン!

これもまた応援票
どうにも今ひとつ順位が伸びないですな…

全国大会優勝を目指すというコーチの提案を受け入れた少年少女と親御さんたち
だからと言っていきなりガチな練習を始めたりするわけではないのがいいですね

少しずつ負荷を増やしていくというか、全員の気持ちに合わせて本格化させていくという方針が非常に心地良いです

これまで日常の延長だったはずの本作がどのようにしてガチスポーツものになっていくのかちょっと心配していましたが
こんな風に段階を踏んでいってくれるのならそれも和らぎますね


と思ったら、主要キャラ3人がまさかのトレセンオファー

これはあれか
あの玄人おじさんの差し金か

驚きのあまり、つい受かる前提で話を考えてしまったソウシに対して、周りが一気に野次るのが何かいいですね
仲の良さがわかるというか

「ぐっ…しまった…」とか言ってヤジに反論できないでいるソウシも、見てて微笑ましいのである

ロクは過去にもオファーされたことがあったのを断ったことがあったようです
本来の実力を隠しているらしいことといい、何かの事情があるのは間違いないみたいですね

その事情の中身を知っているのかいないのか、背中を押してやるヤマトがとっても頼もしい
俺もナナセちゃんにワサワサされたい


玄人おじさんいるー!!
別に出てこないと思ってたのに普通にいるよww
そんでまだ麦わら帽子かぶってるよwww


トレセンメンバーの中に普通に混じってゲームに加わってる鴨志田
口は極悪ですが実力はそれだけのレベルにあるんですね


で、ですよ
今週の肝はもちろん新キャラですね

女子のトレセンってのもあるらしい中で、普通に男子に混じってやって来たナナセちゃん
それ自体に今さらビビる彼女ではありませんでしたが、他意なく彼女を受け入れる奴もいました

女の子への接し方について姉から忠告を受けていたロクに対して、兄貴から同じような警告をされていた律と名乗るイケメン
ソウシが何回も嫌がられたお前呼びも、「七瀬」と言った後に付け足していることでナナセちゃんからの嫌悪を回避しています

この男…できるな


時に、律ってのはこれ名字じゃなくて下の名前…かな?
こういう時にあえてファーストネームを名乗るってのは作者の意図なんでしょうか、それとも彼のキャラクターなんでしょうか

絶妙なのくれてやる、との予告通り、見事なパスをくれた律
それをしっかり決めたナナセちゃんも流石です

いや、ていうか小学生のレベルとしてはどうなのよ

マークを背にした状態で、オーバーヘッドセンタリングからのダイレクトボレーって
技術的に突き抜けすぎてないか?

そんなのキーパーも予想できんだろw


うちのエースよりよっぽどとか言われてるのは、ナナセちゃんの技術が高いから合わせやすいのか
それとも逆に劣ってるから合わせやすいのか、どっちでしょうか

どちらにしても、律という少年
優れたアシスト能力を持ってるようですね

これはナナセちゃんに対する感情として、ソウシにとって「何か気に食わないやつ」になる展開でしょうか


…それにしてもラストのナナセちゃんの表情
すごく良いな
笑顔が弾けまくってますな
躍動ってアオリがこんなにぴったりに思うのも珍しい気がしますよ


鬼滅の刃

先週が善逸だった扉絵は、今回伊之助でした
このぶっとい腕と脚はどうですか
いくら顔が端正だからって、これ女装無理だろw
よく騙せたなw

炭治郎に待ちぼうけを食らっている伊之助
どうしても「炭治郎」って名前は覚えらんないのなーw

潜入時から気になっていた日輪刀は、宇髄の使役するネズミが持ってました
刀一本持ち上げられるネズミってどんなだよ…

ムキッじゃねーよ
宇髄と同じバンダナしてんじゃねーよw


善逸が消えた店には、宇髄が侵入していました
直近で動きがあった場所ですからまずここに来るのは判断としては正しいでしょうね

目立つな、っつってんのに後ろから脅してるのは宇髄としても急ぎたいからなのでしょう
このおっさんは、蕨姫から善逸を庇ってくれた人で、殺された女将の旦那でもあるのかな?
握ってるのは女将さんの着物ですよね

雛鶴の行方に関して初めて情報が出てきましたが、切見世ってことはこの店にはいないってことでしょうか
足抜けでも失踪でもなく「病気」と認識されているということは、店の彼らからすると異常が起きているとは思ってないんですかね

「日の当たらない北側の部屋」という言い方で、宇髄も察したことでしょう
部屋には誰もいなかったことでひとまず雛鶴のところへ行くようですが、炭治郎のいる場所とは方向的にはどうなってんですかね

鬼の匂いに気づいた炭治郎は、ちゃんと鯉夏のもとへ戻ってきていました
しかし一歩遅く、既に彼女は囚われの身

帯の中に体ごと捕まっているようです
着物を使う血鬼術なんでしょうか

おかげで紐パンが丸見えなんですが…
くっそ相手は鬼だってのにきれいに見えてしまう…
その後のM字開脚もヤバイかもしれない


「鬼狩りの子?」のコマでアップにされた「上弦」と書かれた瞳
これは今回の敵が上弦の鬼であることを炭治郎に見せるためのコマですね

煉獄さんを殺した上弦の鬼
柱でも敵わないことのある上弦の鬼

煉獄さんの死という事実が示す上弦の強さを炭治郎が認識すること
さらに、それによって読者の緊張感を一気に増やすためのコマですね

宇髄から場面が切り替わった最初の炭治郎の表情
あれは、帯に人が囚われているという異様な光景を見た衝撃だけでなく、相手が上弦だと認識したことによる緊迫も含まれているものでしょう

だから、手足に力が入らない感覚がある


ただし、そういう自分の状態を客観的に理解して俯瞰できるから炭治郎はえらいですね
さすが長男

自分が怯えていることを認め、それでも体は反応できてると考えて立ち上がる
背中から壁にぶつかったことで、禰豆子ちゃんの身も案じつつ、あえて体から離すことで逆に安全地帯に置きました

そして、「自分の命が危ない時以外は」というのは「俺が殺られそうになったとしても」という意味ですね


しかし炭治郎もそう簡単に殺られるほど弱くはない
堕姫もまだまだ本気ではないとは言え、最初の空中戦で見事に鯉夏を堕姫から切り離しました
帯の中に囚われてるのは変わりませんが、まずは救出の第一段階クリアといったところでしょうか

でも、どっからどこまでが囚われてる範囲なのか、よくわかったな炭治郎
ていうかあんな短い部分に捕まってるのかよ…


上弦の陸との戦闘が本格的に始まり、この遊郭編もいよいよ佳境に入ってきました
ただ、伊之助がいる店でまきをを捕まえていた鬼と堕姫は同じなのかなというのがまだ気になっております

帯を使う能力ってところは同じなんですけど、あの時の鬼の様子は何か堕姫と似てない感じがあるんですよねえ
俺の考え過ぎか?


 




COMMENT▼

恒例行事と新章と影武者

・腹ペコのマリー
金未来杯開催終盤に下位連載が終了するのはジャンプの恒例行事だったりします
なので今回のこの畳み方は決まったということじゃないですかね
マモルは話数の穴埋めも兼ねた主要キャラの伏線を回収するのみの回だったのかもしれない(チャラ男になった理由明かす意味で)
マリーが成仏してないのは、恋の魔法と本人のこの世の未練があったからではないでしょうかね

・シューダン!
私もナナセちゃんにワサワサされたい
律くんの存在がソウシにとってモヤッとするものになって、そんなソウちゃんをナナセちゃんが気にかかり……という負の連鎖を個人的には期待してたり
まあそんなドロッドロとした展開はこの漫画ではないと思いますがね

・鬼滅の刃
堕姫さんの美しい姿も見つつ、炭治郎君の頑張りも見たい感じ
とりあえず雛鶴さんの安否が分かっただけでも良かった(油断は出来ませんが)
にしてもムキムキな鼠への安直なネーミング……嫌いじゃない(笑)
多分もう一人の鬼についてはミスリードではないと思います、操ってる帯が一緒ですし、上弦がいる場所に上弦以外の鬼がいるというのもねえ……

やっぱり気になる

前回のコメントの処理、お手数をお掛けし、申し訳ありませんでした。有難うございました。

『腹ペコのマリー』
そうですね……マリーが生まれ変わっていない、幽体のままでいるのは、この世への・あの人への未練とか、転生した時にかの想い人の事を忘れてしまったら…そんなのは嫌だ! とかいう思いもあったりして……。
その生まれ変わっていないという事が、例の恋の魔法をややこしい事にしてしまっていたりして……。
でもそうすると、地獄の釜の蓋が開く設定はどう説明しよう…?
っていうか鷺宮さん、ホントに大丈夫ですよね?
あの展開ナシですよね……?

No Subject

・マリー
まだ半々かなぁ…打ち切り。三角関係が出来上がってから本番の可能性もまだある。
パラレルな蛇足ですが、これアンナに憑依してたらwinwinだったようなwww
*尾長さんへ
あの展開はないと思いますよ。アンナは真っ向から受ける性分ですし、マリーも許さない。

・シューダン
位置がヤバイなぁ…
ダイレクトボレーなら小4くらいでやってましたね自分w
寧ろ地面上のボール蹴る方が苦手でした(後に骨格上での不向きと判明)。
それでもオーバーヘッドの挑戦者は多数見ましたが成功者はいなかった覚えがあります。
挑戦者が多かった理由?そんなのキャプテン翼のリアルタイム世代ですからwww

・鬼滅
ところで蕨姫は「表向きの花魁の仕事」はなされていたんでしょうか?
いやプライド的に許さないだろうなと。色文字にしたのに下心はないです。ハイ。

Re: 恒例行事と新章と影武者

皆様コメントありがとうございます。
一括更新よりも、分けた方がコメント書きやすかったりするかな?

>マリー
うーむ。やはりまだこの段階では「決定」なのかどうかはわからないですかね。何とか頑張って欲しいんですが。ハンタも休載したことですし。

そういやあ地獄の蓋が開くなんて設定ありましたね。すっかり忘れておりました。エロゾンビを召喚するあの能力と、恋の魔法とがどう関わってくるんでしょうか。
あとテンプル騎士団もいましたね。

こう考えるとまだ全貌は見えてないのかな。それなら意外と大丈夫だったり…?


鷺宮さんが空気を読む展開はないでしょうね。ていうかタイガは1回すでに告白してますしねえ。


>シューダン
ワサワサの希望者が俺以外にもおった…
何ということでしょう。相手は小学生女子ですよ。

オーバーヘッドは俺も挑戦しようとしたことがあります。後ろ向いた状態で跳ねるのが怖くて、失敗すらできませんでしたが(;^ω^)


>鬼滅
蕨姫の表の仕事はどうなんでしょう。着物で捕らえる以外にも、人を操ったりとかができたりすれば適当にこなすことができるでしょうけども。
普通に考えれば、名前を変える度に下っ端からのやり直しになるはずなので花魁の地位になるまではやってたんじゃないかと思えますが、むしろ鬼を相手にした客のほうがどうだったんだろうと思ってしまう俺はゲスいでしょうか。

まきを捕縛の鬼のほうは、確かに帯は同じでしたけどそれでも口調とかが明らかに違ってた気がするのでまだ疑問が拭えないですね…

No Subject

マリー>マモルのは終了決まった穴埋めの意味もあるでしょうが、一応今回の三角関係に持ってく意図もあったと思います。
マモル回でマリーがタイガは負けてないとか恋人のフリをしても良い程度の感情を抱いてるように見えたので。一応ワンクッションになってるのではないかと。まあそれでも唐突には感じますが。
あと最後の恋愛話の前にタイガを暴れさせたかったとか。

シューダン>鴨志田は「トレセンにも選ばれない雑魚」とか言ってましたし、多分常連なんでしょう。
エースはパスをダイレクトで決めたりするセンスあるタイプじゃなく、個人技でしか活躍出来ないタイプか、好不調が激しくて仲間にも読めないタイプか。

鬼滅>シリアスな場面であのネズミは反則です。

Re: No Subject

>マリー
言われてみれば、確かに彼女役をしてやるとかはちょっと「お?」とか思える部分でしたね。
マモルに対抗しようとするマリーの気持ちは読み取れるエピソードと考えることはできたのかもしれません。

>シューダン
ナナセちゃんとはちょっと違うタイプのエースでしたね。しかし対比的な感じは見て取れるというか。

>鬼滅
ネズミはねえ…
ちょっと磯兵衛みたいな何でもあり感が漂ってますよね。
筋力のありえなさもそうですが、どうやって訓練したのかというあたりとか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1366-758e2ea8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター