社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

2017年週刊少年ジャンプ36・37合併号感想簡易版

2017年週刊少年ジャンプ36・37合併号感想簡易版

すっかり遅くなりましたが簡易版感想です


アンケ順
ゆらぎ荘の幽奈さん
腹ペコのマリー
シューダン!


・食戟のソーマ
・Dr.STONE
・ぼくたちは勉強ができない
・火ノ丸相撲
・ゆらぎ荘の幽奈さん


腹ペコのマリー

メタネタっていうか、何かもう色んなものがぶっ込まれまくっていた回でした
それでもしっかり1話完結で構成しきっているのは田村先生の見事な手腕だと思うんですけども

それでもどうしたらいいんだよこの回ww

ご希望どおりにアンケ1位にしてはみますけども、マジもう色々ギリギリ過ぎるのである

いいねがないとこうなるってのは要するに、アンケが入んないとこんなことまでやっちゃうよっていうメタギャグでしょ
ネタかぶりもやっちゃうよってことだし、水着も描いちゃうよってことですよね

こんな露骨なアンケの要求もなかなかないと思うんですけどw

それをやれちゃうから田村先生は恐ろしい…


鬼滅の刃

炭治郎の出番が一切無しだった回

しかし、代わりに伊之助と善逸がしっかり主人公してくれていました


こんなに頭使って冷静に動いてる伊之助とか珍しいなw
こんなに臆さずに鬼に立ち向かっていける善逸も珍しいw

整った顔立ちで、知ってても美少女に見えてしまいそうな伊之助の真顔と
おかしなメイクのせいで顔芸に見える善逸の真顔

対照的な2人がそれぞれ鬼と接触しましたが、果たしてそれは同一の鬼なのか、それとも上弦とかに従えられてる鬼なのか

蕨姫とか聞くと、某武装少女を思い出すのは俺以外にもいると思いたい


シューダン!

早くも試合決着
テンポ早いですね

渥美の動きによりようやくチームとしての機能を果たした西美薗でしたが、ヤスがナイスセーブを見せてくれました
高さという武器を活かした攻撃は見事でしたが、ナナセちゃん相手の時にはそれが逆に作用してしまうというのも見事です

ていうかあの場面でループシュートを選択できるナナセちゃんの冷静さもすごいような…

意外と早い決着となり、ナナセちゃんと鴨志田の接触はそれほどない感じとなりましたが、試合後にもう一悶着あるのかな?


食戟のソーマ

やっぱりどうしても1回の内容が薄いなあ…
それぞれの品が完成したってことで見開き使いまくってるから仕方ない部分はあるんでしょうけども

別に司会のリアクションは要らなかったでしょうに


トレースにより相手の品を完コピした美作が、勝利への一手として繰り出したアレンジは軍艦巻きの追加でした
どういう料理なのかは次回以降を待つとして、どういう観点から施されたアレンジなのかというのが楽しみですね

まさにそこが第2カードだけでなく連隊食戟全体の勝敗を左右するものであるはずなのでね


ときに、それぞれ対戦相手と向き合ってるラストページ、竜胆先輩だけ右側にいるのは何でなんだぜ
3組の対戦者で並び方が統一できてないですよねこれ

左右どちらかにそれぞれのメンバーを集めて対峙させれば、チームの対立感が出るはずなんですけどもね

あえてそれをしなかったということは、この立ち位置がそのまま勝敗を示唆してたりするんでしょうか

左右どっちかに立ってる方が勝つんだぜ、みたいな予告だったりして
いや、そうすると司先輩と竜胆先輩のどっちかが負けることになるのか…

それはありえないか?


Dr.STONE

人手集めの餌作りに何作るかって思ったら、飯でした
ホントの意味のエサかよw

しかし猫じゃらしからラーメンを作っちゃうとは、こりゃ小学生男子たちは試したくなりそうな感じですね
成功するかどうかは別として、夏休みの自由研究とかにやってみる奴が出てきそうな予感

作者も実際に作って食ってみたらしいですが、全然味の想像がつかんなw

食が暮らしの源であることを踏まえると、よそ者が作ったと言っても匂いにつられそうな奴はいそうですね
1人が食って美味いと言えば、心理的抵抗も大分薄れてしまうのでしょう

それでもルリお姉さまの頑固親父は認めなさそうか?


ぼくたちは勉強ができない

その場で問いただすのではなく、場面は後日に移りました

意識しまくってしまう主人公というのは実に正しい姿ですね
何かページの端っこで宣伝されてる某最長ラブコメと違って、主人公には今のところ意中の人がいない設定であるゆえにできる描写です

「勉強ができない」のタイトルをこれでもかと地でいってくれています
これこそが本作の真骨頂というか、ウリなのでしょう


そして結局は、お互いに相手と自分のために「違うんだ」ということを理解して、ひとまず決着する

戦線が大きく動いたようでありながら、実は元の状態からそれほど変わっていない、
けれどほんのちょっとだけそれぞれの気持ちに波と変化があったかもしれない…というバランス

ラブコメとしては実に正しいように思えますね


火ノ丸相撲

予想外の展開となったのがこれですよ

國崎とのガチンコがそういう感じになるのは予想の範囲内でしたが、部長との一戦をあんなさっくり終わらせるとは…
しかも電車道で火ノ丸が負けてるとか…

その上大関部長までプロ入りとな?

駿海親方何やってんすかw
背広にネクタイ、くわえタバコにコート、マフラー、帽子までかぶってめっちゃダンディじゃないすかw
ていうかアイテム盛りすぎだろww

くそう
何か知らんけどこのラスゴマの親方がめっさカッコよく決まってるんですけど
さすが夜のプレイボーイw


ゆらぎ荘の幽奈さん

コガラシくんのホワイトデーが終わって次何をするかと思ったら、新キャラの投入でした
今まで作中にいなかった後輩キャラですね

これはまた微妙なものを出してきましたね…


いや、紫音ちゃん自体は別に普通に可愛いんですよ
「ッス」が似合う女子はなかなかいないですからね
まさしく後輩キャラとして相応しいと思うわけですけども


投入のタイミングといい、途中のふいんきといい、何となく某女神の妹とかぶるようなかぶらないような…
すなわち、この娘までコガラシくんを好きになったりした日には、かつて俺が気にしまくったアレの再来となってしまうのではないかと思えてならないのです

まだそういう展開が確定的ではありませんし、今週の描写もただ製作側が探りを入れた、みたいに見えなくもないので
必ずしもそういうことになるわけではないのでしょうが…

ちょっと心配は心配ですね


 




COMMENT▼

No Subject

>蕨姫
大丈夫、ここにも居ますからノシ
と言うか、更新が無かったら、お知らせに書こうかと思ってたぐらいw

>ソーマ
最後の立ち位置、ぱいなぽーさんとこでラグーさんが考察してましたが、挑戦する意志の強い方が下から睨み上げる構図じゃないかって。
女木島さんはどっしり構えてますけど、竜胆先輩は常に挑戦していく性格だから、それが反映されてるんじゃないかって言ってますw
個人的には勝敗のメタが一番有力かなぁ(^^;

>ゆらぎ荘
多分、ヒロイン追加になると思いますが、例の作品みたいな心配はしてませんよ。
この作品に関しては。
その辺、ミウラ先生の構成と采配は神がかってますから。

>相撲
まさか部長がやらかすとはw
流石っすなぁw

お体の方は大丈夫ですか?

>ゆらぎ荘
 私も全く心配していません。
 そういった人物関係におけるミウラ先生の配慮には、全幅の信頼を置いてます。(^^)

>ソーマ

 すみません。

 爆弾落とさせて頂きます。


 単に身長の高い方を左、低い方を右にしただけでは。(核爆ドッカーーーン)

栗うさぎさん

そ の 手 が あ っ た か !

No Subject

>ゆらぎ
そりゃ好きになるんでしょう。コガラシはそういうポジですから。

正直キャラクター過剰になってるのでは?と思います。

正直ベクトルの違う作品と比べても…ですよ?
ゆらぎはゆらぎなんですから

No Subject

・マリー
自信の裏返しな気がする。首さえ繋がれば盛り返すだけの力はある作品なんだという。

・鬼滅
私は蕨姫=武装少女で直結しましたがなにか?

・シューダン
コレ…来週の締めで鴨志田がアキラを意識しちゃう予感がする…

・ソー…栗うさぎさん
そ の 手 が あ っ た か っ !!

・ドクスト
テンポ+分かり易さ重視の結果なんだろうが、叩いて脱穀するなら袋で包もうぜ?
ボーイチ先生は韓国人ですし、もともと食には造詣が深い方ですから展開には納得。

・僕勉
ラーメンってこんな艶めかしい食べ物でしたっけ?←別所でも言ってる
うるかがエロいw
ところで…塩とんこつなのは作者が好きなのか参考にした店があるのかどっちなんだろう…

・火の丸
ここで「電車道で部長が勝つ」とか予想できた人いるんだろうか…
熱い!エピローグに入ってるのにまだ熱いっ!

・ゆらぎ荘
好きになるのは確定でしょう。でもこじらせることにはならないと思います。
深入りする前に「兄として慕う」に落ち着くかなと。
それと、あさるとさんの過剰なのではの意見ですが、私も全く同感です。
ゆらぎ荘という作品をちゃんと読んでいれば、二の轍を踏むのではという不安は感じない。
故意にだと思いますが、ゆうな以外のヒロインは設定を掘り下げすぎていないからです。
もうアレは葬りましょう。過去の遺産としてそういやあったなくらいに切り替えましょう。

・書かれてないけど白菜

名作だと思う、久しぶりにジャンプに逸材が来たと感じました、成長して化ければ、凄いことになりそうですよこの人

初めまして、です。

いつもジャンプの感想、楽しみにさせて頂いております。

で、今週の…というより、ここ数回のジャンプを読んで思った事ですが……

●ぼくたちは勉強ができない
これって、最後に文乃っちが「こんな時に、ゴメンね」のパターンなのでは……?

●腹ペコのマリー
あの告白の邪魔されっぷりは、鷺宮さんが最後に「…でも、今はもう、違うんだよね」となるのでは……?

そんな風に思った、今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1362-ead51a73

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター