社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

火ノ丸相撲があまりに美しかった2017年週刊少年ジャンプ32号感想その1

2017年週刊少年ジャンプ32号感想その1

今週のアンケは超悩みました…


アンケ順
ゆらぎ荘の幽奈さん
火ノ丸相撲
腹ペコのマリー




ゆらぎ荘の幽奈さん

今週の1位は応援票です
例の騒ぎに対してミウラ先生への応援を込めまして、今週号の1位は本作だと日曜日から決めておりました
…が、火ノ丸相撲と超悩みました


かるら編に続くバレンタイン編が完結し、話としては一応一区切りとなった中で、今週の内容は日常回のようなものでした

裏の池が凍ってるからスケートしようとはなかなかに短絡的な発想なんですけど、それでも楽しめたのは
多分幽奈のせいかな…?


いや、本作における俺の推しヒロインは基本的には千紗希ちゃんなんですけどもね
氷の上に乗ってぷるぷるしてる幽奈が何かやったらと可愛くってですね

prprしてる幽奈を俺はprprしたい気持ちになりました

動けません~~の姿が超かわいいのである…
やっべ

モノクロで見ても可愛いとか思ったのに、カラーページで見たらさらに大変なことになっておりました
くっそこれはミウラ先生に完全にやられましたね

そこから滑り方を教えるために手を取って、っていう流れも見事
雲雀が手つなぎに即反応してるのがいいですね


でも狭霧への優越感ですぐ気にならなくなっちゃってるのはいいのかそれで


狭霧は狭霧で、未経験故に滑れなかったのは最初だけで、コツを掴んだら難なく滑れるようになったようです
このセンスの塊感には、雲雀がSHIT!な感じになってしまうのがよくわかります

最初はコガラシくんを巻き込んでトリプル顔騎アクセル(違)とかやってたのにねえ…


しかし今週の本作においてMVPがこゆずであることは間違いないでしょう

フィギュアスケートらしい衣装の用意から、スケートシューズまで葉っぱ術で出しちゃうとは見事

この衣装、カラーページで見ると結構キレイなことになってますよ

雲雀が、水色と白の衣装で
狭霧は星空のような濃紺と薄紫の
そんで幽奈は上下ともピンクがかった真紅の衣装になっております

これは綺麗ですな

さりげにコガラシくんも男子スケーターのスーツみたいな格好になってるのがね
小さくしか描かれてないのに完全に似合ってるんだこれが
さすがジャンプ屈指のイケメン主人公ですわ



で、ラストは冒頭でしっかり布石が敷かれていた氷の崩壊が発動
傾いた氷でジャンプしたような形になってしまった3人娘のスケートシューズがコガラシくんに向かっていく…ってコマを見た瞬間に
オチが読めました

…と、思ったんですけど違うっぽいのかな


スケートシューズも葉っぱ術で作ったものですから、危ないっつってそれを解除したら一緒に衣装の方も解除しちゃってみんなで全裸になった
っていうオチになるんだと思ったんですけど、よく見ると新たに葉っぱを飛ばしてますよね

さらに上から術をかぶせて全裸にしたってことでしょうか

それはなんかくどいような
いや結局結果は同じですから別にいいんですけどもね

それよりも、雲雀がコガラシくんのコガラシくんに逆イナバウアーを決めてるように見えるのが気になるのは俺だけでしょうか


ミウラ先生、その調子でこれからも頑張ってください


火ノ丸相撲

アンケ1位は日曜から決めてた…と言いつつ、実はかなりぐらついたのがこれでした
こんだけ泣ける内容なんだから、1位当たり前だろ…って今日1日悩んでました

結局ミウラ先生応援に決めたわけですが、それがなければ迷わず1位にしていたことでしょう


いやもう感極まりすぎるだろこれは…

感慨深いとかそういうレベルじゃあありません
まさしく万感の思いを込めてってやつですよ


先週発動した鬼丸必殺の下手投げ鬼車
久世はそのまま投げ倒されて、行司の手はしっかりと火ノ丸を指し、勝者を宣言してくれました

あの瞬間に至るまでのページをめくる緊張感と言ったら

相撲という競技の性質もあってなのか、川田先生は素直に主人公たちを勝たせてくれる人じゃないですからねえ
ほんとに勝ちか?ほんとか?ってずっと疑ってしまいました


それと、勝敗の決まる直前の一瞬に、目が合う2人の胸中ですよ

2人のあの表情をいちいち言葉にして説明しようなんてのは野暮の極みですし、言語化できるものとも思えませんのでここには書きません
2人にしかわからないやり取りがあの一瞬にあっただろうと、それだけ感じ取れば充分でしょう


そして勝者宣言の瞬間の見開きですよ
桐仁が誰より力強く喜んでるのがグッと来るんだ…

その後のページでも、周りで一番泣いてるのは桐仁じゃないですか
かーちゃんのことまで思って泣いてくれてるわけですよ
良い奴だなこいつ…!


しかし大歓声に包まれる周囲に対して、当の本人たちは極めて静かでした

投げ倒した久世に、手を差し出して礼を尽くす火ノ丸
天王寺に勝った時にはガッツポーズしてしまってましたからね
今さらそれを繰り返すようでは、この感激に濁りを生みますから当然の描写でしょう


そして息子の負けた姿を見る大和国親方
俺の予測は正しかったと思って良さそうですね

「いずれ負けを知るべきだと思っていた」というのは、すなわちそれが「生き方」に繋がるものであるからでしょう
「負けてどうするか」が「生き方」であると考えている親方にとって、「生き方」との言葉を口にしながら未だ無敗の息子は危ういと感じるところがあったのでしょうね

しかし今日ようやく負けることが出来た
それも、自分が負かしたことに折れずに再び相見えた火ノ丸に負かされた

「生き方とは負けてどうするかである」との考えをまさに体現した火ノ丸は、最初の敗北を知った息子にとっては自分もまた折れられない理由になるはずだと考えているのでしょう

問われたのはそれぞれの「生き方」
俺の予測通りの意味を親方のセリフに見出すことが出来ますね

ていうかあの内容は、勝負が始まる前の予想ではなく、勝敗を決したものって解釈で今週の感想の一部として書いてたほうがよかったかな…?



行司の掛け声を持って、完全に勝負を終えた2人
敗者たる久世はそのまま土俵を去り、勝者はそこに残る

ここまで来ることが出来た、いや連れてきてもらった人たちに最大限の感謝を抱きつつ、小さな小さな可能性だった夢への第一歩が繋がったことに土俵の上だとわかっていながら涙を止められない火ノ丸

そりゃあそうですよ

いや、久世にとうとう勝てたっていう達成感だけじゃないですよ

火ノ丸の特性は今まで描かれてきたように何と言っても「心」ですからね
その「心」には、ありがたくて、嬉しくて、それはもう色んな気持ちが次々沸き起こっているはずですから
「心」が流す涙を火ノ丸が理性で止められるはずはないんですよ

何よりも強く「心」を持っていたからこそ、ここまで連れてきてくれる人たちに巡り会えたわけですから
その「心」にあふれてくる涙がそう簡単に止まるはずはないのです


磨かれ、恵まれ、支えられた
何と美しい言葉でしょうか

国技に相応しい言葉の美しさと言っていいでしょう


そして、最後の最後に出された今回のサブタイは、「了」

決着などというありふれた安易な選択ではありませんでした

終わりを意味する古典的単語
これもまた、国技としての相撲を意識した表現のように思えます



これまでの集大成、その完成回として見事な美しさを持った内容でした


腹ペコのマリー

引き続き応援票です

ていうか今回で打ち切りじゃなかった…
よかった…

ちょっとビクビクしながら読んでましたよ

あぶねえあぶねえ…


ケイドロも終わって、教会の存続も許されて、ってことで先週までの内容を全部なかったことにした感じの冒頭
これは俺の恋の物語だっていう宣言らしく、今回はお互いが相手をデートに誘うかどうかで緊張しまくってる内容となりました

そうそう
こういうのでいいんですよ

不良相手にケイドロとか要らないんです
バトルラブコメって銘打ったからって、変にバトル入れようとしなくていいんですよ
こーゆーのでいいんです

でも先週元の体に戻った事実自体は生きてるってことで、顔はぬいぐるみで体はタイガという状態になってるそうな

これは…事態悪化しとる…のか?
好転してるのか?

体が一部でも戻ってきた意味では好転なんでしょうけど、原因も不明なままなら進展もしてないような…

あの顔と体でデートとか、マジ鷺宮さん不憫すぎるわw
どうやって隠すんだよ


デート先が博物館?かなんかのマリーアントワネット展ってのは上手いですね
現代らしさを失くさずに、上手に縦軸の手がかりを探れる展開です

それでいてデートだっつって緊張する2人と、何やら複雑なお顔のマリー

回想で出てきたあの少年が気になってたマリーは、同じ顔をした子孫のタイガも気になってるとかそういうことでしょうか

さあよーやくラブコメっぽくなってきました
ここから巻き返せますかねえ


 




COMMENT▼

>ゆらぎ
ミウラ先生頑張れ

>相撲
泣いた・・

>マリー
やっとみんなが望む展開に・・・なるかな?
デート中に不良乱入してくる予感しかしねえww

No Subject

>ゆらぎ荘
今週も流石やw

>火ノ丸
うわあああああああああああああああああああ!!!!!!!!
やったああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!

>マリー
さて、何処まで続くんすかねぇ。

No Subject

・ゆらぎ荘
言いたい奴は言っていればいいと言わんばかりの攻めw
「当ててんのよ」な二人もアレだが、雲雀はそれ以上にアウトwww
位置的に少し上なので大事には至ってないですが…
いや、至ってた方が良かったのかもな。だって1回も2回も同じだろうし。

・火の丸
これで泣けなきゃ嘘だろう…と言えるぐらい感動的な回でした。いやホント万感の思いです。

・マリー
もうここから第2部スタートでいいんじゃない?w
というか、掲載紙超えてパロってきたなぁ…久米田先生じゃんコレwww
で、今回の「痛いの…」で思ったんですが、もしかしてマリーって
屋根からタイガ見ていて好きになってたんじゃないか?
なんか、かつての想い人(タイガの先祖)と重ねているだけ…と思い込んでいる様な…

Re: タイトルなし

皆さんコメントありがとうございます。


>ゆらぎ荘
実際にはこの回を描いてた時は騒ぎが起こる前だったでしょうから、今回の内容でどうこう言うことは出来ないでしょうね。
ただしそれでもミウラ先生も編集部もスタイルを変えたりするようなことはないと信じておりますが。


>火ノ丸
感極まるってこのことですよねえ。
読み直すどころか思い出すだけで泣けてくる内容ですわ…

>マリー
不良乱入がありそうだから困る(;^ω^)
ケイドロって何だったの?くらいのテンションの違いがあるように感じられますが、ホントにあの話はどういうことだったんでしょうかねえ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1354-862de6df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター