社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

眠りの善逸がやたらカッコよく決まっていた2017年週刊少年ジャンプ23号感想その1

2017年週刊少年ジャンプ23号感想その1

何か今日は筆の進みが早かった…


アンケ順
斉木楠雄のΨ難
鬼滅の刃
ブラッククローバー




斉木楠雄のΨ難

照橋さん爆上げの回でした

変なモブのモノローグから始まった冒頭は、また何か変な新キャラかと思ったんですが
照橋さんでした

自他ともに認める完璧美少女を貫こうとすることで腹黒な面が描かれることが多く、
それと恋する乙女らしい側面とのギャップが読者の人気につながってきた彼女

しかしそんな腹黒な彼女も実は人知れず努力していたというのが今回の内容ですね
その努力をギャグ漫画らしく極端な形で描きつつ、その極端さが彼女を次第に追い詰めていくことで
見ているこちらに今までとは違う形での照橋さんへの感情移入を誘うという巧妙な構成になっております

そうして照橋さんが疲れ切ったところに主人公が満を持して登場するという王道の展開

好きな相手に救われたことを後から知ってお礼を言わなきゃいけない気持ちとともに会いたい気持ちも募ってしまった照橋さんが、
完璧美少女として冒頭から気遣いを見せてきたモブたちとの会話をさくっと切り捨てたのは恋する乙女の自然な感情

これは今までとは違う照橋さんの一面を見せる回として非常に秀逸な出来だったのではないでしょうか

そしてまたラストの柱がよくできてるんだこれが

自分を見ていてくれる人がいる嬉しさ

もちろん照橋さんにとってのその人は斉木であったわけですが、上手いのは、確かに斉木は今回ずっと照橋さんのことしか見てなかったってことですよね

基本ツッコミ役っていうポジションのせいもありますが、最初から最後までずっと照橋さんの動向ばかり追っかけていました
そもそも照橋さんがモブの変化に気が付ける理由から、洞察力が特に優れているという特性の把握やら、
そしてもちろん、連日モブたちの情報把握に根を詰めていた状況まで

テスト勉強よりもつまらなかっただろうその作業に徹夜で挑めたのは、完璧美少女としての自意識とプライドのため
しかしそれが何日も続けば疲弊していくのは当然のことです

ですが、照橋さんが完璧で特別な美少女であることを疑わないモブたちは、彼女が自分たちの変化に気がつけるのが当たり前であるように思ってしまう
だから疲れて倒れた照橋さんを受け止めた時の斉木は少し怒っていた感じだったんですね

照橋さんが目を覚ました後にもそれに気づいてなかったモブたちはなかなかひどいと思いましたが
それでも、自分が無理をしていたことに斉木が気づいてくれていたのが嬉しい照橋さんは、もうそんなモブたちのことはどうでも良くなっていたと

非常にすっきりと収まっていて、読後感が気持ちいいですね



…ページ数いつもより少ないみたいですが
何となく展開が早かったような気がして数えてみたら15ページでした

ジャンプのいつものページ数は19だったはずですが、照橋さんの作画がさっぱり安定してないあたりスケジュールがきつかったのかな?

…と思って数えてみたら、別に前から15ページだったようです(;^ω^)
あれ

青春兵器も15ページ
ペコマリは19ページ

ギャグ漫画枠は15ページなんでしょうか
そしてペコマリは一応ストーリー漫画枠なのか
結構ギャグ多めなはずですけどもw


鬼滅の刃

扉の禰豆子ちゃんが何だか悩ましいな…

と思ったらそういうことなんですかこの扉は

アオリでは、鬼を追って屋根の上に出てった兄貴を心配する表情であるかのように書かれていますが
内容を見た後だと違う意味合いが受け取れそうに見えますね


今週はね
善逸がカッコ良すぎましたね
善逸なのにやり過ぎってくらいですよ

両手両足を拘束された禰豆子ちゃんのところに即座に現れて、壱の型一閃六連を発動した後に
決めゼリフ言っちゃうとかどんだけですか

それ聞いた禰豆子ちゃんの顔が何かまんざらでもないような感じになってるじゃないですか
コマの端っこに控え目に落とされたたった2つのふんわりトーンが、彼女の心に灯った小さな感情を表しているかのようです

寝言で言ってるってことに気がついたせいなのか、その直後には複雑な表情になってましたが(;^ω^)

ちょっとカッコイイとか思ってしまったこの気持ちどうしたら良いのって感じでしょうかw


しかしそれにしてもこの善逸はずいぶんカッコよく描かれています
それはひとえに、禰豆子ちゃんの感情がよく感じられるように描かれていたからでしょう

兄の声から状況を知り、眠ったままの乗客たちをどうにか守ろうとするのに必死になって
次から次に乗客を襲おうとする鬼の触手?を爪で切り裂いていきながらも、徐々に間に合わなくなっていることに焦って
攻撃しようとした触手に自分が捕らえられて、反対の手も両足も捕まって、締め付けられる痛みに顔を歪める

善逸が現れたのはまさにそんな瞬間でした

必死になって、焦って、捕まった苦痛に顔を歪めて
言葉を発しない彼女がこうも感情を露わにするのは珍しいんじゃないかってくらいはっきりと気持ちが描かれていたわけです

だからそのピンチに現れた善逸がやたらカッコよく見えてしまうんですよね
禰豆子ちゃんの両手両足に巻き付いていた触手を全て斬った上に、六連によって瞬く間にその車両の乗客たちを守る
そこに「君は俺が守る」って決めゼリフ

それを聞いた禰豆子ちゃんの感情は、「読者の想像におまかせ」とばかりに、
明確には描かれませんがしかし、小さなふわふわトーンと何とも言えない表情が示される

その直後、善逸が寝てる状態ってのがわかった時には何かギャグ顔になってますから
禰豆子ちゃんの中では上がって下がったという感じかもしれませんが、それでも上がり幅と下がり幅が同じかどうかというのは怪しそうです

これはまさかフラグ立った…のか?
読んでいての正直な感情として、禰豆子ちゃん→善逸っていう構図は何か腹立つんですが、
善逸のあの夢を知ってるとちょっと許せる気にもなってくるから困る


炭治郎に聞こえた「落雷のような音」ってのは善逸の六連ですかね
雷の呼吸の技は本当に雷みたいな音がするんでしょうか


善逸だけでなく柱の煉獄さんもしっかり柱らしさを見せてくれました
禰豆子ちゃんに起こされたのかわかりませんが、起きた途端の状況把握と判断の速さは流石の一言です

移動だけであんな激しく汽車が揺れる上に、細かく斬ってきたってどんだけ動いたんすか煉獄さん
そんで炭治郎に言った指示はすでに伊之助にも伝わってるっていつ言ったんすか
その上炭治郎が「1人で守れるのはせいぜい2両が限界」とか言ってたのに自分だけで5両受け持つとかどんだけ動くんすか

眠りの善逸が計算に入ってるのは大丈夫なのか?って気もするんですが…


ともかくこれで、実際に鬼を討つ担当が炭治郎と伊之助の2人に絞られました
禰豆子ちゃんと善逸は、それぞれ2両ずつ受け持たせるより2人で3両くらいが確実で、
でも炭治郎と伊之助では残り5両分の乗客保護は無理だっていう判断なのでしょうかね

柱としての実力を乗客の保護に向けて、最も肝心な鬼狩りに平隊士とは言え2人も行かせる指示は
この状況においてはかなり上等な方の判断と言えそうですが、しかし別の面からは賭けともいえます

急所の発見に時間がかかった場合、乗客を保護する役目は消耗戦になってしまうからですね
2人で3両の禰豆子ちゃんと善逸はまだしも、1人で5両分動く煉獄さんの消耗は結構なものがあると考えれます
その上今回の相手が十二鬼月であることを予想はしていても、下壱のランクであることはまだ知らないはずで

全集中・常中の呼吸を会得した炭治郎と伊之助がどこまでやれるのか
ちゃんと起きてはいるようですが、言動が何かおかしい伊之助の様子も気にしておきたいですね

炭治郎とは別の形で、夢の乗り越え方を見せてくれたりするんでしょうか


次週はようやく1周年突破記念の表紙&巻頭カラーがやってきました
なかなか来ないもんですから、ひょっとして45話でのそれがそういう扱いになってるんじゃないだろうな、とか心配してましたが
大丈夫だったようです

キャラ人気投票は今から結果が楽しみですねえ


ブラッククローバー

アネゴレオンと、俺そういうキャラじゃないはずなのに…が面白かったので3位です

アネゴレオンは、フエゴレオン団長の姉だからか…何か語感いいなとか思って気に入ったんですけど
今打ったら最初「姉御レオン」って変換されたのがさらにピッタリなような感じに見えてGoogle辞書マジ有能


そんで、ユノまで捕まったシーンは完全に意外でした
ユノと同じこと俺も思いましたよw

アスタが捕まって強制連行されるのは予想通りとして、ユノはしっかり逃げるんだろうなと思っていたのです
そんで案の定しっかり引き際を悟ってその場から去ろうとしていたのに、まさか捕まるとは

そんで真顔でちょっとメタっぽいこと思ってるとかw
これは完全に田畠先生にしてやられました

その上ヤミ団長からシャーロット団長までも連れてかれるとか、もう楽しみしかないじゃないですかこのシリーズ
何かアネゴレオンさんはシャーロット団長の片思いを知ってそうな予感

ノエルが一緒なのはまあ当然…か?

何にしても修行編?としてはなかなかに楽しそうな内容になりそうですね


 




COMMENT▼

No Subject

>斉木
ページ数なんて気にした事無いですけどねw
因みにマリーはストーリー系だと思いますよ。ギャグは多めですが。
それにしても照橋さん、そろそろ自分に素直になっても良いと思うんだが、流石に無理かw

>鬼滅
表紙はアオリ通りだと思いますけどね。
この時点ではまだ。
それにしても善逸は株の乱高下が激しいな(^^;
伊之助と炭治郎への指示と言い、煉獄さんすげえなw

>クローバー
これ温泉ってレベルじゃねえwwwww

ギャグ漫画は少なめは基本

磯部磯兵衛も少なかった時期があった気がします

斉木楠雄のΨ難
照橋さん可愛かったですねえ
照橋さんの作画が安定しないのは……まぁいつものこと? (笑)

鬼滅の刃
私は善逸の株が上がってるようで上がってない気がするのですよこのシーン

確かに禰豆子ちゃんは俺が守る、までなら株は爆上げなのですけど、寝てることにより上がりすぎた株にバランスをとっている

今週のこの描写はそんな感じがした気がします

ブラッククローバー
アスタ、ユノ、レオ、ノエル、ヤミ、
シャーロット、このメンツで面白くならないわけがない!

ノエルはとばっちりのようにも見えるのですが、個人的には少し違う理由もあるかも? とか考えたり

つーかシャーロット来るなら
ソルマロンちゃんも来てほしかった……

No Subject

・斉木
斉木はなんだかんだ言っていても照橋さんを認めてはいるんですよねぇ。
だから今回みたいに際には手を差し伸べてしまう。もう諦めて落とされろ斉木w

・鬼滅
期待通りの展開!来たぜ眠りの善逸!カッコ良いけど良くなり過ぎない、それが善逸クオリティ!!
禰豆子は今後、ちょっと気になる男の子として見るぐらいはフラグ立ったかもしれませんね。
そして前々から思ってたんですが今回で確信しました。
煉獄さん表情筋が完全に壊れてますよねwww

・ブラクロ
今週一番面白かった作品。頭からケツまで笑いっぱなしwww
ココのドコに「道」があんだよwwwwwww

Re: No Subject

皆様コメントありがとうございます。

>斉木
今週はまた照橋さんの作画は安定してませんでしたね。照橋さんの顔の変化を追いかける記事の最新版を書こうと思ってるんですが、時間取れないせいで全然書けません。
こういうタイミングで書き上げられるといいんですけどねえ。

あと、相卜の出番も欲しかったな~とか思ったり。


>鬼滅
善逸の夢の中は今どんな感じになってるんでしょうねえ。
夢の中でも襲われていて、「起きた状態」で無双して禰豆子ちゃんを庇ってるんでしょうか。

若干フラグが立ったようにも見える禰豆子ちゃんですが、このシリーズが終わった後の様子は要注目ですね。


>ブラクロ
アネゴレオンの語感の良さは異常だと思いますw

登山道っていうか火山地帯にしか見えませんが、誰でも彼でも連れてきて修行って言えるほどに姉御はここに行き慣れてるんでしょうか。

しかし楽しみすぎるメンツですねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1338-ba8c5476

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴21年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

今一番の推しは鬼滅の刃。次いでワートリ。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
ゆめかたつの曲解的漫画考
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター