社会の毒 ―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

読んだらもう1回作品を見返したくなる、そういうレビューを私は書きたい

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

沼駿先生の優しさにぐっと来た2017年週刊少年ジャンプ12号感想その2

2017年週刊少年ジャンプ12号感想その2

鬼滅の刃感想で結構力尽きたので、今回はここまでです
できれば打ち切り作品の感想まで書きたかったですけど…


今週のアンケ順
鬼滅の刃
左門くんはサモナー
U19



・新連載 ポロの留学記
・食戟のソーマ
・僕たちは勉強ができない
・ゆらぎ荘の幽奈さん


左門くんはサモナー

女子会回ってことで、左門くんたちの出番は最小限に女性キャラばかり登場した今回

何か久々にてっしーのてっしーらしさを感じたというか、見事なツッコミ力を再認識した回でした
あと、沼先生のネーム力と斜め上の語彙力をね


しかしサタナキア半端ねえな…

アンリを説教する時のテンションの変わりようが恐ろしすぎるのである

女子ってこんな急に態度変えられるもんなの?
デフォルトで二重人格なの?


人の話にすぐツッコんじゃう聞き上手じゃない奴は残念女子なんていう話を聞いたてっしーが
人知れず悩みを深めるところから始まった内容でしたが、何か最後には宗教ばりに洗脳されて変なものを買わされるという事態に

まさか今の某宗教法人関係騒動を遠回しにネタにしてるわけではないでしょうが…


いや、でも別にそんなことはどうでもよくてですね

今回このマンガをアンケ2位にまで入れた理由は、実は本編の中にはないんですよ

沼先生の目次コメントなんです


「ツッコミは人の話をよく聞く人じゃないとできないと思います」


どうですかこれ

本編であんだけツッコミ女子は残念なんていう前提で正ヒロインを悩ませる話を描いておいて、
巻末コメントではそれを全否定して彼女を肯定してあげているんですよ

本編ではその場の雰囲気にすっかり呑まれた結果要らない買い物をしてしまった上に
カスとクズに軽く馬鹿にされるという悲しい結末になってしまったてっしーでしたが、
作者がこんなところで彼女を肯定してあげているわけですよ

この沼先生の優しさにね

かなりぐっと来ました

だからアンケ2位です


1位は何の躊躇も迷いもなく鬼滅の刃でしたが、今週それに続く作品は、作者が自キャラへの愛を見せてくれたこのマンガかなと

ひょっとしたら、ツッコミ女子は残念なんてのは本当にどっかの雑誌に書いてあったりすることなんですかね

たまたまそれを見た沼先生が、そんなわけはねーよ、みたいな感じで描いた話だったとすると
さらに印象的ですね

今後てっしーのツッコミに一層キレが増したというのは、てっしーが今まで以上に人の話を聞くようになったとも受け取れます

菩薩系ヒロインのツッコミ力増加は、読者としても大歓迎です


マイサーモンはアラワーしかないでしょう


U19

応援票的な3位です

能力発現から発動、転校騒ぎの破約まで今回で終わるかと思っていたら
まさかの能力発現まででした

1話の引きで発現しかけてたところから2話目で発現するところまでって、ペースとしてはかなりのスローです

試みとしては評価しますし、担当編集も今までのジャンプのやり方とは全く違うために票が取りにくいこともわかっているでしょう
それでもあえてゴーサインを出したのなら、ある程度の猶予期間があるんだと思いたいですが…

そういうのも含めての応援票です


内容は、1話に引き続き「子供のわがまま」を全面に出したものとなりました

転校の理由は「ふさわしい学校に通ってそれなりの生活ができるようにするため」だとか
親に楽をさせてやれるとか、親2人が揃ってニコニコしていたのはそういう理由もあったようです

でも、本人の気持ちはもちろん転校なんかしたくない

主人公もここで告白するのは確かにズルいですよねえ
ここがそれを言うべき最後のタイミングだったことは間違いないんですけども

結果として通じ合ったことで、余計に離れ難くなった2人を「大人」は武器まで使いながら容赦なく引き裂く

露骨なまでの悪描写ですね
子供相手に普通にそんなことができる大人ばかりで本当に社会は成り立ってんのか?っていう疑問が浮かんできますが

建前を維持するのがものすげえめんどくさいんだろうなあとか想像してしまいます
決まってる規範通りの言動をしてないと、すぐ誰かに密告されてランク落とされるんだろうなあって

その鬱憤を子供に対して発散しようってやつもいるんだろうなあとか

で、それに対して能力が発現しちゃった奴らがガレキなのかなとか

今のところそんな感じで世界観を想像しております


で、主人公に現れた能力は運命を示すかのような赤い糸が小指から出てきました
裁縫好きっていう性格と、ヒロインへの想いを具現化したかのような感じなんでしょうね


さあこれで何をどうすることができるんでしょう
突然発現した自分の特殊能力をどのように認識して受け入れて扱おうとするのか
能力ものではその描写が結構重要なところだったりしますので、次回はそこを見せてもらいましょう


新連載 ポロの留学記 権平ひつじ

トレジャー出身で、そういえば金未来杯で優勝もしてた権平先生の連載デビュー作です

またものすごくテンプレ的に低年齢向けの内容を持ってきたなと思ったんですが…
まとめサイトの感想レス見てて気付かされました

これ青春兵器ナンバーワンとかぶってる…?

ジャンプは時々こういうもろかぶりな作品を同時に載せることがありますけど、今回もそのパターンでしょうか
ナンバーワンほどバカになりきれずに中途半端ないい話を繰り返すだけなら単なる下位互換にしかなりませんが、どうなんでしょう

…と思ったら、北区先輩の感想を見ると他にもかぶってるっぽい作品はあるみたいですね
じゃあ別にそれほど気にするところじゃないのかな




よほどかわいいヒロインでも出てこない限りはアンケ入れることはないだろうな、というところまで思ってしまいました…


食戟のソーマ

センターカラーで両チームの料理お披露目
これはいいカラーの使い方ですね

料理の感じがよくわかります

これを描き切ったtosh先生も流石ですわ


審査を仙左衛門がやるのかと思ったら、自分らで食って決めてみろと来ました
最初からそのつもりだったのなら別にナイフとフォーク持つ必要なかったんじゃ…w

しかしこの時点で、こちらにも仙左衛門の意図が伝わるのがよかったですね

創真たちは何がなんだかわかっていないようでしたが、読者には仙左衛門が何をしようとしているのかすぐにわかるようになっています


互いの品を食べ合って、自分たちの作った品と比べてどちらが優れていると思うか自分たちで判定させる
案の定お互いに相手チームの勝ちだと判定しました

下から突き上げられる何かによって、感じているようなリアクションのえりな様と田所さん
創真とタクミの男2人は正面からぶち当たってきた何かの衝撃によって服が破れる

くそう
分割された結果どっちも中途半端な感じになってるじゃないか…

感じてるのも服が破れるのも、どっちもえりな様と田所さんでよかったのに…
もしくは全員にどっちも使っちゃってよかったのに…


しかし、えりな様でさえも自分の負けを認めるという事態は、よく考えたらものすごいことですね
チームとチームの勝負だったとは言え、あのえりな様が自ら負けを認めるとか

神の舌を持つえりな様までも、というところにはモブも驚いております

ときに、「神の舌」に「ゴットタン」ってルビ振るのってカッコ悪くないですか?
言葉の響きとして何かすごくダサい気がするんですけど…俺だけ?

これに限ってはあえて横文字にしなくてもいいんじゃないかと思っているのですが


相手の勝ちだと言って譲らない両チーム
基本的に負けず嫌いなはずの彼らがこうまで自分の負けを譲らないのは、全員が戸惑った「会話禁止」との縛りの中で
どちらもそれだけの品を作り上げたことを評価しているからでしょう

極上のジャズバンドのセッションとか、えりな様にしてはものすごくわかりやすい喩えでしたよ

タクミもタクミで、城一郎が主導した突飛な品を前衛芸術として評するのは上手いと思いました

こうして4人それぞれがお互いの実力を肌で感じ取ること
極端な縛りと自分たちでの判定というのはそのためのものでした

それによって生まれるのは十傑たちにはない連携なのでしょう

負けず嫌いな面が膨れ上がって、顔を合わせればすぐに言い合いを始めたり
一度負けた叡山をことごとく軽んじたり

それぞれの実力に対しては一定の理解があるんでしょうが、連携して1つの品を作ろうとしてる様子は想像がつかないですね
中学時代からの付き合いである司先輩と竜胆先輩なら、何かうまいこと協力してそうな感じはありますが


続いて話の焦点が当たったのはえりな様

今回彼女が型にはまらない調理を行動に移せたのは、間違いなく創真と城一郎に当てられたからでした
実力差をものともせず正面からぶつかっていく創真の姿に、それを嘲るでも軽蔑するでもなくさらには容赦もすることなく受けて立つ城一郎の姿に、
当てられたというか、ある意味憧れたからなのでしょう

自分の親子関係を振り返れば、父親の前ではいつも緊張して震えて、本音なんか口にすることもできずに
父親もまた、自分の話を聞こうとする姿勢は見せずにいつも一方的に自分の言いたいことばかり喋って終わってしまう

そんな関係だったから、ぶつかり合うなんて想像もしなかったわけですね

しかし、それを仙左衛門が否定しました

親子なのだから我儘を言うことくらい覚えなさいと

これはえりな様とともに、仙左衛門にも訪れた意識の変化を示しているセリフです


幼少のえりな様に対する洗脳行為を知り、薊を追放した仙左衛門
それは言い換えれば、えりな様が実の父親と向かい合う時間を奪うものでもありました

もちろん、あのまま洗脳行為を放っておくべきなどとは露ほども思いませんが、
それでも、薊を追放し、その存在に関して緘口令まで敷いた仙左衛門は、薊をえりな様の父親とは認めずにここまで過ごしてきたわけです

そんな仙左衛門が、えりな様の迷いを見抜いて「親子なのだから」と声をかける

えりな様に何をしたかはともかく、薊が父親である事実を認め、えりな様が自らの意志でその呪縛から逃れることを願った言葉と言えるでしょう


えりな様の「父」にあたるのは自分であると周囲に認識させ、薊の存在については抹消しようとしたかつての仙左衛門からすれば
大きな意識の変化ですね

総帥の座を追われ、忙しい毎日から解放されたことでゆっくりと物思いに耽ることができたゆえでしょうか

ただし、そう言ってる時の顔が目をつぶってるところからすると、必ずしも100%そう思ってるわけでもなさそうですね
仙左衛門の本心としては、えりな様を自分に都合よく利用しようとした薊を許すことなど到底できるわけもなく、
今すぐにでも学園と薙切家から永久に追放したいと考えていることでしょう

しかし、こうなってしまった今を考えれば、えりな様が自らの意志をはっきりと示すことこそが最善であるのだと自分に言い聞かせているかのよう

だからえりな様も、自分のよく知っているお爺様の言葉としては意外すぎて驚いた顔をしているのです


そして時間は進み翌日へ

連隊食戟のための特訓第一段階を終えて、仲間の力を身をもって知った創真たちと、ここに来て今までの自分を打ち破る契機をようやく得たえりな様の前に
薊と十傑が再登場しました

決戦の詳細ルールを決めるための合流ですが、派手に行こうっつってた中身が説明されるわけですね
実際の双方のメンツもここで明かされるのでしょう

どんな感じになっているやら…




あ、あと人気投票結果についても触れておきましょうか

えりな様が1位っていうのは確かに意外でしたけど、2位に緋沙子ちゃんが来てるのもさらに意外でした
マジかw

そんで3位にアリス嬢って…
女子ばっか上位に来てるのはどうなんだよw

あと気になったのは、城一郎なんです
いや11位って順位は別にどうでもいいんですけど、幸平城一郎って書いてあるんですよ

これが何かすごい新鮮だなーってw

いつもは才波城一郎って表記されてたり呼ばれてたりしてますから、幸平姓で書いてあるのが何か見慣れませんでした
いや本名は幸平なんだからこっちで合ってるんですけどねw


かと思ったら、「ゆきひらのははおや」に1票入れてる人がいるじゃないですか
顔も見えない写真の1コマでしか登場してないのに投票する心意気がいいですね

作劇上はあえて詳細を明かすのを先延ばしにしてるような雰囲気さえある超重要人物ですからね
そこに投票しようというのはかなりこのマンガを好きな人じゃないかと見た(;^ω^)


で、こういう投票では大体ふざけるやつがいて、やっぱりいましたねYさんに入れてる奴
ボーボボだの出久だの銀時だの他作品のキャラに入れてるアホもいます
磯兵衛はまだわからんでもないんですけど

それよりも、tosh先生の潔子さんに投票する気持ちのほうがよくわかったりして

でもそれよりも気になる投票がね、あるんですけどね



小野寺さんに投票した人、怒らないから手を上げなさい


僕たちは勉強ができない

第3話で早速お宅訪問イベントとなりました

主人公家族の顔見せのためなんでしょうね
読者にではなく、ヒロイン2人への顔見せですよ

当人たちの思惑とは別のところで動ける兄弟たちと早いうちに会わせておくことは
この後の展開の幅を広げることになるからですね


だから今回の内容もそれほどの中身はありません
ただひたすらにヒロイン2人を可愛らしく描いた上で、ほんの少しだけフラグが立ったように見せるだけ


2人それぞれの天才描写は、理系っ娘の方はともかく文系っ娘のほうは何か変な気もしましたが
深く考えずにそういう描写を楽しめばいいんですかね


ゆらぎ荘の幽奈さん

ガチラブコメ流れをまだまだ続ける本作
今回はいまだどっち付かず状態となっている狭霧の話でした

説明セリフを入れつつも、よくわからないモヤモヤに悩む狭霧の心情を丁寧に描いています

これがいつか恋にも転じるのだろうとは読者の期待するところなのですが、あるいはそうした明確なものがないままに
何かのパートナー的な立場にもなったりするかもしれませんね

ラブコメ戦線はすでに3人のヒロインがいて充分な戦力がありますから、狭霧をそうしたところとは違う描写ができるヒロインとして配すれば
主人公とヒロインの描写の幅が広がっていいかもしれません

どちらにも対応可能なように、まずは狭霧の中でモヤモヤをはっきりさせるための回が今週だったのでしょう


それをはっきりさせた後にはすっかり調子を取り戻した狭霧が、コガラシくんと拳を合わせて見事な相棒感

ここから恋愛関係とは違う雰囲気に持っていくことも、そのまま恋心を芽生えさせることも、どちらにも展開できる状態ですね


その後には転んだ雲雀が狭霧の服を脱がして今週のノルマ

「ごめんね2人とも」って謝ってるのはおかしいと思うんだ
明らかに謝る対象は狭霧だけだと思うんだ


 




COMMENT▼

色々なところでボロクソに叩かれてるU19の
評価が高くて嬉しい。この先のストーリー展開が気になる。この漫画はバトルよりストーリーで魅せるタイプの漫画な気がする。
左門くんは3人目のババアキャラか…ってなった。サキュバスとアンリでもう十分。ていうかサタナキアってサキュバスとキャラ被ってる。この話サキュバスでも同じような話作れたよね。サタナキアは純粋無垢なキャラにして欲しかった。

No Subject

>左門
僕もアラワーですね。
次点は歳の聞き方かな。
何世紀てw

>ソーマ
さて。
えりな様はちゃんと言えるかな?

簡単に感想

左門くんはサモナー
パロディない回の方が良い、キレが違う

U19
丁寧なのは伝わるが、展開がかなり遅い

ポロの留学記
青春に勝てるかが一つのハードルかなあ

食戟のソーマ
カラーは結果発表に使って欲しかった

ぼくたちは勉強ができない
勉強に焦点を当てない方が面白かった

ゆらぎ荘の幽奈さん
コガラシと狭霧の関係性、好きだなあ

マイサーモン

アラワーですねやはり、素晴らしいセンス

No Subject

・マイサーモン
アラワーですね。今週はコレしかないでしょう。
むやみやたらにツッコミしてると嫌われるのに性別は関係ないw

・U19
スローペースですね。3話で判断かな?能力と結末が意外なモノであると期待します。
奪取に成功、駆け落ちして反勢力と合流くらいがベター。ベストは完全に想像の外を行く展開。

・ポロ
青春と違いギャグ路線ではなくストーリー路線なので、私はそこまで似てないと思います。
2話3話の出来次第では乗る、とそこまでの可能性も感じました。

・僕勉
う~ん…なんか…薄くない?記憶に残らない残らない…

・ネバラン
「折ればいいよ」には笑った。そして感服した。これは最適解ではないでしょうか?

・アマルガム
ここであのお姉さん出してくるか。
お疲れ様でした。作者追いしますのでPNそのままでお願いしますねw

・デモンズ
締め方も似てるなぁ…

・ゴラッソ
来週決定でしょう。うぅむ予想がピッタリ当たった…我ながらすげえ気がするw

・腹ペコのマリー、略して「腹リー」
まあシンプルに「マリー」が妥当かなw
とにかくメッチャクッチャ楽しみですっ!!!!!!!

腹ペコのマリー

・腹ペコのマリー
後2日……あと2日……アトフツカ……アアアァァァ!(絶叫)

待ち遠しすぎて始まる前からステマとダイレクトマーケティングの嵐です、明後日の号から久しぶりにアンケート出します

あ~楽しみ!あ~幸せ!
と善逸ばりに発売日前に荒ぶってみました

ちなみに荒ぶった原因はラグエルさんのマリーのコメントに気づいたからで~す

・青春兵器ナンバーワン
今週高かったのに感想がなかったのに気づいたので何となくコメント

ハチ君の忠誠心には毎度舌を巻いてしまいます

ちなみに今週のマイナンバーワン(私考案)は青春~!と零一をかばい騒ぐハチ

え?

だって普通に期待大でしょう腹リーは?

マイナンバーワン…誤解を生みそうなのでマイ青春が適切と具申致します。
「結局お前が犯人」で。

期待大

分かります、私の場合は期待通り越して看板待ったなしとすら考えているレベルです
前作のべるぜバブも大好きでした

多分超絶贔屓がある可能性があるので現時点でご報告しときたいと思います

PPAPさんが荒ぶってる

ラグーさんも期待値高いか。

まぁあの先生なら仕方ないな。
僕は冷静に待ちますが、やはり期待はしてますね。

なんだっけあの読切…

べるぜバブ終了後に掲載されたTSモノの読切で衰えていないのは確信しましたからね。
それからいつか戻ってくると信じていました。タイトル確かタイガーが絡んでいた様な…

検索したらすぐ出たw

「タイガー兄とドラゴン」
でした。検索ついでにこんなのも検索してみた。
http://sclpsn.blog.fc2.com/blog-date-20150105.html
おおう…この時点でTSへの抵抗口にしてたよこの御仁…

タイガー兄とドラゴンについて

あの時期は確かNEXTで番外編を単行本約1巻分連載してたので、田村先生は多分バリバリ現役だったと思いますよ(・・)

Re: タイトルなし

皆様コメントありがとうございます。

>U19
展開の遅さは誰でも指摘するところと思いますが、俺は疑問を呈したりとかはあえてしたくない派です。
従来までのジャンプのやり方に疑問を抱いてる立場としては、新連載作品でここまでじっくりとした話作りをしてくるのは一つの試みとして受け取りたいなと。

>左門くん
そういやサキュバスいましたね。キュバ嬢ならたしかに今回の話にもそう違和感なかったですけど、女子会回というのに沼先生忘れてたのかな?

>僕勉
内容が薄いのはもう作品の性質でしょうね。世界観やキャラを深く掘り下げていくようなタイプではないということでしょう。
深読み好きからするとどうしてもヤキモキしたくなるような感じというか。

そのヤキモキが一般読者にも広まるようでは致命的ですが。

>アマルガム
記事内に書けなかったのでここで少し。
1話のお姉さん再登場は演出としてとってもよく決まっていたと思います。
ただしそれは、打ち切りという事情によって再登場までの期間がちょうどいいくらいになったという側面もあるかなと。

前作も終了間際になって勢いが出てきていましたが、果たしてそれは作者がスロースターター的な性質を持っているのか、あるいはよく言われるように終了が決まったことで構想していたネタを色々とぶっ込むようになったからなのか。

ツーアウトにはなりましたが、次の作品を待っております石山先生。

>デモンズ
アマルガムは曲がりなりにも「描き切った」感がありますが、こちらはどう贔屓目に見ても完結はできておらず途中で「ぶった切られた」ものですね。
とにかくひたすら地味すぎてどうしようもなかったというのが全体的な印象です。

>ゴラッソ
数年後に飛んじゃうとは思ってもみませんでした…
もうちょっと待ってあげてもよかったんじゃないかという気がしてなりませんが、ジャンプでサッカーはどうにも上手く行きませんねえ…
この終了は予想してなかったし、したくなかった…

>田村先生
期待しかないのは俺も同じだったりして。

以前の読み切りをプロトタイプにしてるのかはわかりませんが、楽しみですね。
TSものではありませんように…(;^ω^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sclpsn.blog.fc2.com/tb.php/1322-3c159158

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新着記事+関連エントリー

人気&オススメ記事1

タグクラウドとサーチ

プロフィール

rexel

Author:rexel
ジャンプ歴20年。ジャンプ最新号を読んでる時は、ゾーンに入ってると思う。

ジャンプヒロインズは俺の心のオアシスです。
中でも小野寺さん照橋さんを応援しています。そして邑楽派。



コメント返信の方針を考え直し中。



ついったー。

RSS リーダー

月別記事アーカイブ

マンガ・アニメ系サイトリンク集

以下のリンクから他にもマンガやアニメについて記事のあるサイトをご覧頂けます。

○ブログランキング集

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ

○姉妹サイト
ジャンプマンガの描き方教えます
○アンテナサイト
ジャンプ感想サイト更新チェック

○マンガが読めるサイト
ジャンプトレジャー新人漫画賞受賞作品一覧
絶版マンガ図書館

○マンガ・アニメ感想考察系サイト
(更新停止)
たらさいと
アスまんが
アニメな日々、漫画な月日
台風ゆめかたつ
つながりこそがせかいをつくる
現実逃避
 ┗サイト紹介
あまぐりころころ
働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

○毎週ジャンプ感想を読ませてもらっているサイト
決闘王F.Kのブログ
君と僕の歌う詩
楽しければよかろうのブログ
北区の帰宅部
 ┗サイト紹介

○マンガ作者サイト
内水庵
おさむ日誌(休止中)

最新画像一覧

カウンター